« 虫の声 | トップページ | 臼ケ岳はブナガ岳か? »

2013年9月12日 (木)

桧洞沢

小屋に入るから、もう、しばらくパソコンと対面出来ない。

P9010261s

寒くなって、震えながらきれいな水を見ても、いまいち。

P9010319s 

見るだけでも、残暑厳しい夏に限る。

Dscf0543s

でも、11月の、連休に登る人がいる。

P9010301s

そのパーティは、心の友人たちだから、何とか情報を手に入れて
知らせたいと思っていた。

そんな今年、運よく、Yさんが登ってきて、撮った写真を見せてくれた。

Dscf9422s

有難い!でも小屋番が始まるからから、せっかくの写真も表示
出来ない。そこでありがたいココログ!一気に表示して山に行こう。

Sさんが台風直後に歩いて、えらい目にあった沢も、写真で見る
限り、落ち着いている。
詰めが、危ないかと経角沢方面に逃げない方がいいらしい。
倒木がすごくて大変と木の葉さんも言っていた。金山谷の崩落は
脅威だが、今は整備されて、桧洞丸から蛭ヶ岳方面の、険しい
道も去年の秋までの話になった。

写真を、見せてもらって昔がしのばれる、真冬に一回、夏に二回
昔登ったが、結構暴れた形跡は見える。でも、本当にきれいなと
ころだ。日本の庭園の根源だとIさんが言っていた。沢登りではなく
ちょっと、険しい河原歩きだ。

重ねて、Yさんに感謝。金山谷の詰めは、ヤマレコの:暑い丹沢の
夏は沢歩;きを検索してみてください。写真がはっきり出ています。

« 虫の声 | トップページ | 臼ケ岳はブナガ岳か? »

青ヶ岳山荘」カテゴリの記事

最近のトラックバック

カテゴリー

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ