« 2013年9月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年10月

2013年10月10日 (木)

相模上臈ホトトギス

このところ、サガミジョウロウホトトギスが盗掘されたと嘆いている
ネットを2つ見た。その一つが、丹沢駆け巡りだ。山を大切に思う
人のブログである。

上臈ホトトギスには紀伊上臈ホトトギスと、相模と駿河があること
を知っているが、それ以外にあるかどうかはしらない。それぞれ
が産地名がついていて、駿河は静岡、相模は神奈川、正に丹沢
山中の個体を言っているものだろうが、紀伊上臈ホトトギスが花
も大きく、葉は照り場で、一番丈夫。、一般の園芸店で売ってい
るが、駿河は、その次、相模となると暑さに弱くまず、平地では
活着しないので、売っている山野草店は知らない。

もともと、山野草は暑さに弱く、特にこの頃の気候では、壊滅に
合う。それは、旅先などで、安い山野草を買ってきて見れば、
あっという間に現実を知ることができる。まして、標高1000を超え
る山から、温熱地獄の、大都会に、盗掘し、いたんだ根をだらだ
らつけて、すでに死にかかったような草花を持ちおろすのだから
結果を見るのに時間を待たない。そんな馬鹿を繰り返す人間が
いる。

上臈と言う符牒は美しい貴婦人という意味だそうだ。意味は少
し変化して使われているかしれない。kakionsituの写真を探せば
出てくるだろうが、今回はパス!

そのホトトギスの相模は、花の大きさが何センチ何ミリ葉裏に
微毛があり花茎はどうとか?花の中の斑紋は濃いの薄いの・・
・延々と学者と研究調査の話に加わってみると、頭が痛くなる。
多量の植物を扱ってみると、その地域性による個体の中の、さ
らなる個体差、「どっちよ!」と叫びたくなる混沌とした判断。花一
つにしても、100年も歳月が必要だと思える訳の分からない世界
にうんざりして「あ、そう!」と片付けたくなる。

高々10年か20年、二つ三つの花を調べて、判断できる世界では
ないな。毎年、気候による変化まで見て、広範囲に知らべて、よ
うやくいくらか雑談できる程度かと思う。

私は、自分が植物だとして、名前が違うの、そうだのと延々と議
論されるのが、楽しいかと
思ってしまう。その花と共に暮らす、地域の人間が、山仕事の行
き帰りに、出会う花に、ピンタボ、とか、ジジババとか訳のわから
ない名前を付けて親しんでいるのが、もしかして、正解なのでは
と・・・・ふと、思う。

??

臼ケ岳はブナガ岳か?

春だった。登山者がやってきて、ブナガタケ・ブナガタケと連発する。
「ブナガタケってどこ?」と聞くと、「すぐそこですよ、ほらココ!」と
地図を出して、指をさす。

なんとそこには、臼ケ岳があった。
「臼ケ岳ジャヤン!」
「えー!!ブナガタケですよ!ちゃんとカナがふってあるじゃあな
いですか!!」

Dsc00407s

見てびっくり、そこには、まさに絶妙な間隔で、いかにも山の名前に
カナを振ったと、いう感じでブナと、赤い文字でカナがふってある。
並み居る全員が腰をむかすほど驚いた。それは臼にふったカナで
はなく、この地点はブナの群生地であるという府なのであって、ふり
の地図上の場所が正に臼ケ岳はブナガタケと呼ぶのだと思わせた。
「うわーーー!知らなかった!ショックだーーー今日6回ぐらいみん
なに連発してきたーガーーー!!ショック!!」
と、本人は頭を抱えている。

それにしても、今まで気が付かなかった。臼が岳は、臼が岳で、何
十年もそう思い込んで、無意識に、地図を見ているから、そこに
ブナがあろうとツツジがあろうと臼が岳は臼が岳なのである。人間の
無意識というのは、あって無きに等しい。そのぐらい、頼りないもの
だ。見ていないのだ。だから気が付かない。

慣れた人間でも、注意深く地図を見ていれば、臼が岳の上に、符牒
のように、ブナという赤い文字があるということを知って、吃驚するよ
うな質問にも、混乱しないで答えることができる。

人というものの、不確かさを改めてかみしめた。
嗤っている場合ではない。
大野さんに忠告しようと思いつつ、まだいっていない。

« 2013年9月 | トップページ | 2014年1月 »

最近のトラックバック

カテゴリー

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ