« ヤマケイワールド・トップ小屋番 | トップページ | 丹沢北麓大雪の記録 »

2014年2月12日 (水)

前代未聞の大雪・あわや遭難!

ドコモ・・・携帯電話ではありませんよ。ドコモ大変。

ドコモ大雪。

辞めなと言っても頑として出かけ、進退不能の猛吹雪。稜線直下でビバーク。凍傷。

次の日、晴れたから好いようなものの、小屋があっていいようなものの・・・・。
はた迷惑。心配して携帯をどのくらいかけても通じない。遭難か???居ても立っても居られない。
辞めろといくら言っても自信満々の微笑??気持ちはスーパーマン。現実に会えば参ったおじさん。

P1020576s

で、もっどってきた北麓も大雪。やめなと言ったら止めること!いい年してといわれるよ!二日目はこんな。吹き溜まりが怖いのだ!入口がない!一応雪掃きの意思はあれども・・・。理想と現実は大違い。

P1020572s

稜線は吹雪で目の前30センチの視界。青根発、25時間後、檜洞丸山頂付近から振り返ると、雪砂漠。

自然に勝てるわけがない

P1020580s

おいしいおいしい鍋焼きうどん。生きて、食べられる幸せ・・・!
当たり前のことなのに、ため息が出る?????!

神の川に置いた車が春まで出なくて、3回見に行った。雪の林道をてくてく歩いて・・・。

最終責任がある立場か否か、それが明暗を分ける。

山に、無謀と言える。登山でも、小屋番であれば称賛される?
ただの、観光登山であれば、非難される?無事に帰ってくれば英雄?この違いは何か?
登山者を守り、のちの登山者に情報を提供できるかできないかの違いか?????。

« ヤマケイワールド・トップ小屋番 | トップページ | 丹沢北麓大雪の記録 »

桧洞丸青ケ岳山荘から」カテゴリの記事

最近のトラックバック

カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ