« H,26年雪のつつじ新道情報。 | トップページ | ツツジ・フォトグラフ »

2014年3月22日 (土)

神の川林道詳細

風が強いが、快晴の日、3月17日に続き、21日二度目の神の川の雪崩の状態を見に行く。入道雲のような、巨大な白い雲の塊を見ながら、音久和を通り過ぎる。

Img_0005s

国道413号線から神の川方面県道76号に向かう。音久和で入道雲のような大きな塊を見ながら、神の川林道を進む。山北に通じる県道76号線である。山北に回ると山北藤野線という大きな看板があって、びっくりする。

Img_0033s

エビラの滝が雪ツボの中に落ちていた。

Img_0036s_2

小型雪渓の末端は、クレバス。その隙間から騒がしく音を立てて水が流れている。雪に被害をあちこちに見ながら、西を目指すと、小瀬戸、大瀬戸のトンネルを過ぎ、砂利採集場の向こうでいきなりバーンと雪崩。ここで車を降りてテクテク・・・・。

Img_0007s

あらら、オートバイだわ。さっそくお休みで、山に来ましたか。

Img_0032s

ひと山越えて振り返ってみるとこんな。完全にガードレールが埋まっています。山手は2メートル、谷手はガードレールを乗り越える高さ。これが溶けるのはまだしばらく時間がかかりそうです。

Img_0009s

で、2山目を乗り越えてゆきます。そうすると向こうの道が明るく日が当たっているのが見えます。

Img_0026s_2

日当たりのいい道を歩いてゆくと山の神です。これは、通り過ぎてから振り返って撮ったものです。

Img_0015s

こんな看板が出ています。日の当たる道を歩いてゆくと、河原が左手に見えて、堰堤が、見えます。

Img_0017s

強風に、水が舞い上がって、ぴかぴか光っています。

Img_0012s

長者小屋の跡地付近です。

Img_0019s 

いよいよゲートです。ここは日陰沢橋です。神の川ヒュッテと、異常に立派な公衆トイレのある場所です。ここは完全に雪が溶けていますが、ところ、どころ、雪が残ってシャーベットです。サワサワとシャーベットの下を水が流れています。

監督の車は健在でした。行くなと言っても平気だよと、出かけて、ビバーク、凍傷になって、おまけに車は雪の下。三回目の車の様子見。やれやれ!

機械も健在でした。

また、雪崩を乗り越えて帰ります。 登山者が7人、山から下りてきました。車が2台雪崩の手前で止まっていました。白い車は相模原ナンバーでした。近場は幸せ!

終わり。

 

« H,26年雪のつつじ新道情報。 | トップページ | ツツジ・フォトグラフ »

桧洞丸青ケ岳山荘から」カテゴリの記事

最近のトラックバック

カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ