« 拡大写真① | トップページ | 桧洞丸の今日の天気。 »

2014年12月29日 (月)

桧洞丸の今日の天気。前代未聞の夜明け

2014年12月30日

只今2時半。桧洞丸に関しては、西からの風です。ここだけは、予報と違う。
吹雪です。
雪のつぶは、特大。

昨日の写真、入るかな?
、、、、。入らないね、、、、。

さて、只今4時。窓を開けると小田原方面の夜景が輝き、稜線が見える。さてこのあと
どう変わるか?5時、霧。風が止んだと思ったら、細い雪が、降っている。今の所、積雪3センチ。

Img_8579s
山塊が全部雲の中。眺めている桧洞丸だけを別にして。

登山者が、起きて来ない。夕べの風で眠れなかったかな?
さて、本業が始まるので天気情報は、1時休止。
御飯が冷めるぞ!

6時半。霧雨。
11時外を歩いて、雨とは解らない。霧。屋根の雪が溶けて、雨垂れが忙しい。
このまま明日の快晴に向かうのか?
騒ぐほどの荒れではなかったかな。中止の6人が、気の毒!

雪を求めてカメラマンが二年ぶりにやって来た。
雪が無いのに驚いている。

日が変わる前、既に星空。稜線がくっきり。余り立派でない夜景も広がっている。
馬鹿馬鹿しい!

この時期、雨が降るのが変なのだ!勘が悪いのがポイント。
一生懸命教えてやったのに、やれやれ終わった。

その凄い気流の変化をやっぱり残しておこう。オレンジやピンクに染まる霧氷は比較的、見ることができる。見ることができないのはこの雲の動きとの共演。太陽と雲と霧氷の三つ巴で、絶景が広がる。雲が太陽光線を操る。雲がなければ只の個体。空中に浮かぶ只の線。もちらん位置関係もあることは言うまでもない。

7時6分、

Img_8585s
雲が忙しく動き始めた。7時6分

Img_8583s
空が明るみ始める・・。蛭ヶ岳の小屋がのぞいた。

Img_8586s

7時15分。

Img_8600s

あらら、又こんなになった。7時21分

Img_8604s
7時24分

Img_8606s
7時26分。動いたよ!

Img_8607s

同じく26分全体図ですね。

Img_8608s

7時27分。ひいては寄せ、寄せては返す波のように・・・!小屋が海に浮かぶ屋形船のように見える。

Img_8610s
27分忙しく動く雲の流れです。太陽が顔を出す寸前です。ここで、飽きてちょっと小屋に戻りました。

Img_8620_1s_2

窓から見ると、真っ赤!??こりゃ大変!カメラを持って飛び出してゆく。
7時37分です。太陽が雲の上からのぞき始めると・・・花盛りという感じです。

Img_8625s
7時38分。完全に昇りました。

Img_8619s

光が飛んでいます。

Img_8632s
7時40分。色があせ始めます。

Img_8638s
7時41分振り返ると青ケ岳山荘も陽を浴びって真っ赤!何となくありがとう!!

Img_8641s
7時46分、太陽が昇るにつれて・・・めきめき、しらっばっくれていきます。

Img_8642s
あ~ぁ!終わっちゃった。ただの貧弱な霧氷。8時7分のフイナーレ。

Img_8654s
時々おいでになるカメラマンのT さん遭遇しましたね~~~!

ラッキー!!!

当分楽チンになる。

« 拡大写真① | トップページ | 桧洞丸の今日の天気。 »

小屋番便り」カテゴリの記事

最近のトラックバック

カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ