« ツツジ新道の発見??。 | トップページ | 桧洞丸の今日の天気 »

2015年1月24日 (土)

あの四角いものは何・・・???

山頂直下、熊笹の峰に寄った地点からも、見えるが、桧洞丸の青ケ岳山荘から北北東の方面を見ると境界の山間に集落が見える。袖平から風巻の方面に寄ってみると、山腹にかなり大きい看板らしきものが見える。なんか大きい企業の宣伝か??

なんという文字が書いてあるのか、ズームしてみるがわからない。

Img_7723s_2

ここは何処だろう??道路か線路か白い直線が、山に突き当たって消えている。ということはトンネルに入っているということだろう。ここは藤野のあたりに間違いはない。トンネルは小仏に向かう手前の小さなトンネルだろう。と推察していたが、道路を走ってこんな大きい看板は見たことがない。
だんだん気になって仕方がない。

Img_8875s_6

山を下りて、所用で日連れから勝瀬橋に向かう道で山手に白い看板が4枚見えた。あれだ!!と思って写真をズームで撮ってみたら!火の用心!がくっ!意外だった!
Img_8876s_2
あそこに行ってみようと、住宅の間を縫って、坂道を登ってゆくと行き止まりまで行って、展望のいい場所にたどり着いた。
丹沢が一望に見える。

全体図がこれだが、手前になる袖平が桧洞丸より高く見える。その左のくぼみから、蛭ヶ岳が顔を出している。肉眼ではよくわかるが、写真ではわかりにくい。
Img_8878s

少々アップしてみると、右から大室山、犬越路に降りて熊笹の雄大な稜線をたどると、桧洞丸が見える。肉眼で見ると、遠く小さくても雪をかぶっている度合が違う。

Img_8879
袖平から焼き山に向かう稜線のくぼみから見える蛭ヶ岳。手前の山が高く見えても、雪をかぶっている度合が違う。ズームすると分かる。これは小屋の屋根ではないのかね。

Img_8909s

だんだん歩いて、左にずれると手前の山に隠れていた丹沢三峰が現れてはっきりわかる。
Img_8886s

イタドリ沢ノ頭というところを行くと看板の設置場所に行くのかもしれないが、見晴らしの方が優先で、看板の足を裏から撮ってみる、という興味は微塵も起きなかった。

相模湖の水の色が素敵!

帰り際振り返ると、看板の頭が、山の木にめり込むようにして見えた。神奈川と山梨と東京埼玉の山々が鬩ぎあう場所、ここを乗り越えれば棡原、奥多摩になる訳かな。写真の旅も、地図の旅も、実際の旅も楽しいよ!

あの、弧猿山 慶昌寺跡も面白かった。  弧猿て何、何々なに・・・・・。

@ 










« ツツジ新道の発見??。 | トップページ | 桧洞丸の今日の天気 »

北丹沢山麓探訪」カテゴリの記事

最近のトラックバック

カテゴリー

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ