« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月18日 (金)

久々の小屋入りに救世主!

連休の天気予報は悪いけど、連絡もなくいきなり雨の中を来る人がいたら・・・・・raineye

用心してちょっと早めに小屋入りを試みる。いけなかったら、逆キャンセル。

P2016_0318_135215

まず第一の関門、倒木除去。これ一本じやぁない。

P2016_0318_141614

第二の関門、落石。せっかくもらった梃棒を忘れた。
そこへ現れましたる救世主!石をよけてくれました。北の落石は手に負えず、迂回した先にも落石。これ一個じやぁない!

穏やかなお顔をされて・・・・お名前を聞き忘れました。ありがとうございました。

P2016_0318_153422

やっこらしょ!稜線。


P2016_0318_164425

第2野外卓。雪はありません。日陰に少し。

P2016_0318_164441

上を見ると、ありますね~~~少しです。

今日は風がすごい!平地も吹いています。

P2016_0318_170519_2


国道です。(笑)そんな感じ!木道ですよ。この頃、間違い打ちが面白い。変換ミスも面白い!

P2016_0318_171808

山頂です。まだら残雪です。通り過ぎて振り返って撮っていますね。

P2016_0318_172037

小屋に到着。5時過ぎ、出発から到着まで時間がかかりました~寒いです。風は北風が巻いていましたね。屋根の雪が物語っています。

明日、予約の母娘連れ様はいらっしゃるでしょうか??用心しておいでになればアイゼン要りませんよ~~。雨なら中止ですね~!
小屋の中、熱帯地方にして待っていますー!
他人のせいにしてはいけません。小屋番が寒いのです!

ではでは・・・・連休に会いましょう!sprinklesun

以上、小屋番コカタ の写メールと報告でした。

2016年3月 1日 (火)

桧洞丸の山頂や、北麓の天気。2016年3月から。

3月31日木曜日、北麓は晴れ。月きっちり欠けて半分、南の空にかかっている。陽が伸びて、懐中電灯で照らさなくても、温度計が見えるようになっている。5時の気温は5℃。

いよいよ今日で、3月も終わり。ここ数日、晴れたが、割合曇りや小雨、が多かった気がする。四月になってもまだまだ雪の日もあるかしれないが、それでも、コツコツ春に向かう。明日に、楽しみばかりがあるわけではないが、季節は、否応なく廻ってくる。寒い冬には暖かい春を楽しみにし、夏には水に親しむことを待ったり、秋の涼しさや、紅葉と、収穫を待ち望んで、やがて、冬の霧氷の景色を、今年はいつ来るかと数えるようになる。どこかしらに楽しみを見つけて、否応ない歳月を繰り返 してゆく。まだ雪が降るのだろうか・・・・.。

Img_4254

3月31日に、せどの枝垂桜が咲いてきた。点々と咲いている、身延山に行った時に記念に買ってきて、早、30年過ぎた。接ぎ木はすぐに咲くよ、と言われたが、実生を買ってきた。咲くまで本当に暇が掛かった。早咲きの枝垂桜だから早いのだろうな。電柱よりも太くなった。みるたびに、信仰の山の、地を掃かんばかりに風に揺れていた桜の群生を思い出す。手を合わせる気持ちを共にいただいてきたような気がする。

枝垂桜でない、ソメイヨシノというのか、わからないが、とてもつぼみが膨らんできた。落ち葉が散るの、日陰になるのと言われて、桜も切った。相模原のある商店街で、散る木の葉の掃除が大変だ。虫が木の枝から垂れてくると、苦情が多く、桜並木を切ったところ、暑くていられないという苦情が出たという。右の道も、左の道も、真ん中の道もどのみち歩んでもいいことばかりはない。ものの考えようと、無形の世界に逃げるばかりでなく、現実道路に例えても、整地や工夫、さまざまにして楽しみを見つけて、生きていかねば。



北麓では、ミツバツツジが膨らんできた。東国三つ葉ツツジとは違う個体だろう?
白やシオの蕾は堅い。今年はどんなだろうか??去年は金山谷周辺がすごかった。山も広いから、どこかしら絶景になるだろうが、あのツツジ新道の分技点の大木は狂いなく咲いてくれる。今年も楽しみ・・・。

珍しい!鶯が桜の下で啼いている。鶯らしい声になった。どこかで修行してきたらしい。

@

@

3月30日、6時半、北麓の空は晴れ。うすい雲が掛かっている。気温は10,3℃。

檜洞丸は、12時半で、5,5℃。



熊笹の峰到着。うすーーーく富士山。

R0010140

うそみたいに雪が消えています。

R0010139

ビックリですね。山脈重なる向こうに、白嶺!

写メールは寅さんでした。

@

@

3月29日、北麓の天気は、快晴。やや南西に三日月が出ている。黄色が濃い。5時半の気温は、3℃。 桧洞丸情報は、夕方になります。本日のパトロールは眞田さんです。 今日は、富士山がバッチリかも!?

雲が多くて駄目でした。と、メールあり、がっかりしながら写メールを見ると、きれーーい!



確かに雲がありますが、ちゃんと霧氷に飾られた富士山です。ありがとうございました。

明日は、寅さんのボッカです。どんな景色を送ってくれるでしょうか!楽しみです。

@

@

3月28日曇り。晴れ間あり。日中好い天気で体感温度は上がる。夕方雨。雷雨。9時には止んでいる。

@

@

3月27日、北麓は、曇り。9時陽が射す。雲が切れてきた。北麓の気温は1,5℃。日中は13、5℃。

今日の山は真冬。

1457856069205

熊笹方面です。積雪量は少ないですが北面だけあって真っ白。



凄いエビのしっぽ!

1459066798792

降って溶けて・・・忙しいです。霧氷ですね。地肌が見えています。
コースによって違いますね。

ツツジ新道などの、西日の当たるところは溶け方が早い。

山の写真は館さんの写メールでした。

山頂は真冬、里は春。遅霜が心配。



遅霜が軽かったために、萎れもせず、今のところ元気。

Img_4229

満開になった。



ちょっと遅霜にやられた!花びらの外側が茶色に変色。

ここのところ寒かったものね~~~!Img_4226

昨日は、合間を見て、松の選定。柘植はこの後。この子たちは、お天気情報に役立ってくれる。雪の日は、こんもりと葉の上に雪を載せて、何センチ積もっているか、一目瞭然。大事な仲間。柘植はもらって30年。松は実生からぞだてて、30年。もうちょっとかな。アカヤシオは箸ぐらいの買ってきて40年。白ヤシオは実生して45年。みんな皆、我が子。正直なんでこんなに苦労しなきゃあイケナイノダ!と自問自答するときがある。我が子だからだな。

ただ、残念なことに、挿し木で育てたコアジサイの開花を見ることができない。山に行ってしまうから。行けばずっと小屋番。山の途中で見て満足している。

かわいいよ!
@

@

3月26日、北麓は曇り。里山の奥は霧雲。6時の気温は1,8℃。

日中、陽が射す。 大室山に、積雪が、見られる。夕べの雨が雪だった様子。地肌が白い。

@

@

3月25日、北麓は快晴。見渡す山際に雲一つないので、朝6時の時点では檜洞丸も快晴か??
然し、当たらない予報だなーーー???今日は霜がうっすらと降りて畑の土の表面が少し硬い。パリパリ。早く咲いたアカヤシオが遅霜でやられる季節。そばに寄ってみると、花びら半分がシオッとしているが、大丈夫そう。気温はマイナス0,9℃。久しぶりのマイナスですねー。日が照らないと空はいくらかグレー。本当の快晴か、うす雲が潜んでいるか7時過ぎてみないと・・・・。大室山は山頂付近が霧氷だった。雪が降ったというより、山頂付近に雲が掛かったという感じ。

1日いい天気。夕方、何時だったかなー?北麓では雨がぱらついた。

@

@

3月24日、北麓は、霧雨。6時の気温は3℃。 一日中寒い。

@

@

3月23日北麓は曇り。朝の気温は2.5℃。10時過ぎの気温は9℃。 久しぶりに店長が、桧洞丸のパトロール。変わりありませんでした。 三木さんから、頂いたコーヒ豆を挽く間にバタバタと忙しく、次の用事に向けて、出発。 山は、人も少なく、静かでした。景色は見えず、 つまらなかったみたいです。 その後、畑の落葉焚き……ゼンゼン……燃えな~い!湿っている。昨日は、晴れて、風が吹いた。 1日晴れでは、ダメなんだな。ぐづついた天気が続いた証拠。

@

@

3月22日、4時、北麓の西の空は黄色い。月の明かりだろうか??雨ではないが、真っ暗で不明。星は見えない。7時、気温は3,9℃畑に霜がちょっピット降りています。夜中は寒かったのかな。空には綿をちぎって散らかしまくったような雲が、びっしり。雲の多い晴れというところです。

夕べ早く休んだので3時半に目が覚めた。山ならば、遅いくらいの起床。下界ではもじもじ布団の中でスマホ検索。気温は詳細不明だけれど、1℃?もう連休も終わり、どっと安心。山の天気はどうでもいい気分。登山者少なかった。天気が悪すぎた。少ない予約も都合でドタキャン。倒木と落石と格闘して、ようやく小屋につき、雨と霙と、にわか雪に見舞われ、ドタキャンに見舞われ、過酷な連休小屋番業務完了。
T さんSOSお手伝いありがとう。

感想は、会いたかった~~10歳の娘に・・・!だそうです。

@

@

3月21日北麓は曇りで、気温は8℃
3時過ぎ、山からまさかの積雪3センチ!の写メールあり。

P2016_0321_151809

すぐに溶けるんでしょうか、下草の中に潜ってしまうのでしょうか。判然としませんね。

東京の毛利庭園では桜の開花宣言。日本も上下に広いですね。5日早いんだそうです。始末の悪いお彼岸の休みでした。

@

@

3月20日明け方、北陸は小ぬか雨。6時の気温は9,8℃
今日のTさんは伊勢原はなかなかの本降りでした!.と出発。
8時、雨が止んだ代わりに、丹沢の裾野の里山が霧に覆われてきました。
10時晴れ。山は昼過ぎ、霙が降る。北麓は、夜小雨が降る。せわしない天気の1日が終わる。

Img_4193

マメブシ(素敵な方言)が、雨に濡れています。鶯が小雨の中をケチョケチョ啼いて、雉がばさばさ飛んでいます。写真はT さんでした。

@

@

3月19日土曜日。北麓の朝は生暖かく、4時半の気温は12℃。汗かいて寝ていました。
4時半は真っ暗。5時でも真っ暗。外に出てみると、小雨が降ったようで草が濡れています。しばらく外に立ってみると小雨です。しばらく経っていないとわからないぐらいの小雨です。5時45分、高雲。薄明りの空の県堺の山の上に、雲が棚引いています。回復の方向のように見えます。雲がちぎれています。
6時半西南西の方向から北東に低い雲が流れていきます。低い雲から。、時折雨粒がポツーンと落ちます。青空が広がり始めています。
9時はっきり小雨という雨が降り始めました。さっきの青空はどこえやら??。気温は14℃
さて、百姓を止めて、お天気の変化の送信をするか!また大幅に変わった状況になれば、アップします。

12時薄日、天気雨。午後1時やにわにかんかん照り。気温一気に24℃。(日向ですが)変わりやすいという天気。ほぼ青空。山も晴れてきました。

P2016_0319_140335

西日の当たる山肌は驚くほど雪が解けていますね。

宵のうちに美しい月がかかりました。北麓の今日の最高気温は19℃。山頂は連絡なし。

@

@

3月18日、北麓の空は高曇りかと思えば、明るくなったら快晴。太陽が、山梨境界の 山襞をくっきりと陰影をつけています。気温は4.8℃。連休も予報に反して晴れてもらいたいですね。 14日から気温にプラス・マイナスを省略します。必要に限り、表示します。春めいて、ほぼ北麓はプラスです。時たま寒い日が来るともいます。その時はマイナスの但し書きを入れます。

桧洞丸の夜は風雨に変わりました。詳細は新しいページに表示しました。

@

@

3月18日、否17日でした。シルバー拍車かかってます。北麓は快晴。5時の気温は1.5℃。

今日の最高気温は14,3℃でした。

山の雪は今日の陽射しでどーんと溶けるでしょうね。

@

@

3月16日、ヤタオネから上る登山者一名。ピストンということです。然し、途中撤退でした。
林道は日陰沢橋まで雪はなく。ヒワタ橋は真っ白。左手奥に蛭が岳の裾尾根がみえます。

R0010028


上に行くにしたがって湿った雪が積もっています。

R0010040

熊笹の峰です。野外卓で一休み。稜線は風に吹かれてか?思ったほどの積雪はありませんね。野外卓の足が長く見えます。
こんな日にボッカとは、トホホ!です。チエーンアイゼンは効かず、ズルズル。12本爪に履
き替え、雪漕ぎ、30センチ前後。思いズルズルの雪でした。

R0010089_3

最後の登り。山頂が見える。あの木が見える・・・!枯れて、何十年たつのかな??

R0010092

山小屋の山の雪は、まだらに溶けています。蛭が岳から袖平の稜線もたっぷり雪があります。

お天気情報の写真としては、山小屋が入って稜線が見えるこのスポットが最高です。山頂付近がどのくらい積もっているか、主脈はどうか、風の吹き方はどうだったか、すべてが解る。檜洞丸の小屋で山に登ろうと思って検索する人がいたら、ここはどこ??という人は少ないでしょう。
私が見ても、どこからどこを撮った写真なのかわからないものがある。そんな写真は何の役にも立たない。
うまく指導標を入れて山をとる。芸術的以前の着実な仕事の分野。それから美しいのかっこいいのがプラスされればその人の腕。

自慢するわけではないが青が岳山荘のボッカさん、ボランティアさんは、やっぱり優秀。登山者が何を求めているか。はっきりわかる積雪情報をわきまえている。

R0010091

これは、小屋の前のベンチです。椅子の足が埋まっています。これで、どのくらい降ったか、一日たってこのぐらいの積雪量だということがわかるわけです。
1メートルの吹き溜まりというのは、今日の時点ではなさそうです。コース誤りか、相当下まで降りたところの部分的なところでしょうか??信用できるのは写真です。

Img_0400

大変なボッカだったみたいですが、写真を撮って少々遊ぶ時間はあったみたいで・・・以上寅さんの写真でした。

Dsc_0994

では、ツツジ新道。分岐ですね。これはボランティア眞田部員。積雪量は30センチ前後ということです。この写真も指導標が入っていて、一目瞭然。この日は、福島君ボッカ隊は見合わせ、2名の見回りでした。明確な情報ありがとうございました。

寅さん、帰りは余裕でようやくヤタオネの林の美しさをしみじみ堪能したようで、Y の住人様のヤタ 好きがようやくわかったと言っていました。

@

@

3月15日、北麓の6時は、曇り。気温0,3℃。 水溜まりに薄氷が張っている。 畑は、ところどころ白い。山頂の積雪量は多そうだ。7時すぎ太陽が出てきました。快晴です。朝早いと空はグレー。曇りかと思いました。1日晴れましたが、空気は 冷たかったです。藤野では突風が吹いたそうです。山はかなり降ったようですが、詳細写真は、明日掲載します。ヤタオネから入ります。

@

@

3月14日、曇り。5時の気温は2,8℃。里山は黒くなった。 7時、雨が降りだした。12時ごろ、霙。

@

@

3月13日、4時、北麓の現在の気温は、プラス0,7℃。曇り。星空ではないので多分曇り。

1457856037561

今日は朝から寒く、曇って、霧氷はみられるだろうと思ったが、まさかの富士山!
雲海に冬富士とは、ちょっと珍しいかも。
1457856069205

なんとなく、熊笹に出たら、ここだけぱっくりブラックホール的景色。
1600M界隈は雲が切れていたんですね。それなりの冬山の迫力。

1457856047495

すっからかんに消えた雪も金曜日の降雪、予報に反して土曜日も降り、すっかり雪景色。久々に雪山を堪能。ラッキーな館さんの写真でした。小屋の見回りとボッカ。そして写メール。ありがとうございました。

まだまだ雪は降りそうです。3月が一番不安定で雪が多い丹沢です。現在山頂付近は10センチ内外の積雪です。予報では3月の連休は雪の予報ですね。山好きはショック!

雪景色は見れて、吹雪の中を歩かないでもいい地点を探して、アタックしたらいいですよね。日本も広いから!

@

@

3月12日、北麓の4時半は真っ暗。おそらく曇り。星も見えない。天気の回復を信じて山に入る人がいるかもしれませんね。予報は晴れですね。現在の北麓の気温はプラス0,2℃。

Img_4117

7時小雪がぱらつき始めました。山は真っ白。国道は真っ黒。平丸の道端で登山の支度をしている人が一人。雪景色を見てすぐ下山が正解でしょうよ。

Img_4118
あまり早く咲くと、遅霜でやられる。寒さに強いエゾ紫ツツジ。霙にぬれながらめっぽう逞しい。

昨日は出先のスーパーでも東北地震被災の黙とうを促したアナウンスが流れ、テレビはそのことに関した映像で埋まっていたが、明日は、がらりと変わるものね。それは、次々と新たなニュースを放送してゆく都合で仕方ないことだけど、ひとしきり考えてしまった。青ケ岳山荘のボランティア部でも野外宅のチップ金と合わせて毎年2万円ぐらい東北の被災地に寄付を続けてきた。約10万 円の寄付ができた。それも去年で打ち切りになった。受け入れ態勢の閉鎖だそうだ。復帰が万全になって終わるわけではないのだろうが?今、命あって山に行ける。その当たり前が幸せの日々だ。

さばを読む。日々の暮らしのちょっとした余分。その引き回し。それをうまく活用したいと思うのが人として普通。空気のように見えないのが普通。無くなって解る普通の幸せ。登山もそうだと思う。平地より危険。然し、無事に下山できた。当たり前。普通。それを普通で、当たり前とも思わない無意識。それが様々な事故を呼ぶ。五感は感じるために人に、あるいはすべての生きものに与えられた。たまには感じてもいい。生きものなんだから。

@

@

Img_4097

3月11日、北麓の朝は霧。夜中に、雪がばらついたようで、黒木の葉に雪がばらりと乗っている。路面に水溜まり。気温は、プラス0,3℃。

6時,又細雪が降り出した。 結局一日中霙っぽい雪で、里山の上は真っ白。路面は真っ黒。

明日は、山の上は下よりは積もっているでしょう。 日中の気温は雪が降っていてプラス2℃。はてな??みたいな気分。

@

@

3月10日、北麓の5時半は曇り。ようやく雨が上がった雲の様子。気温はプラス2℃でした。

もしかして、まだマイナスになる日があるかもしれません。最初の予報が雨でしたから、曇りに変わって、やれやれです。

@

@

3月9日北麓の朝は小ぬか雨。7時の気温は9,5℃でした。1日中小雨でした。

@

@

3月8日、北麓は晴れ。7時の気温はプラス8,8℃。
川を挟んで見える、山梨県側の山にはいかにも春のように靄が立っている。今日は寅さんのボッカ。桧洞丸の雪は北の日陰の沢筋を残して皆無。富士山はすぐ雲に隠れて、今日は見晴らしがいまいちでした。小屋の温度計は、正午で、11℃。

登山者2~3人とすれ違った。

北麓の最高気温は17,5℃でした。

@

@

3月7日、北麓の只今5時は小雨。気温はプラス10℃。今年、朝の気温としては、最高かな?ようやく雨が降った。2月26日の雪以来の10日ぶり。杉の木の下も濡れ、水たまりができているので、夜中から降っていたようです。やれやれ乾燥が止まりました。

こんなに気温が高ければ、山も雨ですね。今年の寒さでは杭はまた抜けたか、抜けないでいるか・・・?小屋入りして始まる杭打ちの仕事。登山道の杭も腐ってボロボロ。この前といっても1月、パークレンジャーさんが小屋によってくれて、その時に鹿柵を突き破って、登山道に倒れた枯れた大木の報告をした。その時に、綱も切れて、腐ってしまった柵のロープを小屋からトラロープを持ってきて、引いているのだが、嗤いを誘うほど惨め。ロープに腐った杭がぶら下がっているところもある。いつ、整備したものだろう。トイレの経路を、整備したのは2010年、その時は、登山者がトイレの近道をしたくてあらぬところを横断し、行きつ戻りつするのを防ぐために、ほんの要所の杭打ちとロープがけの整備もしてもらった。それ以前からのロープと杭だから、いつの工事の整備だったか記憶にもない。いたるところの杭はボロボロ。ロープは腐ってところどころ消失、ところどころトラロープ。

去年の暮、公園課の職員の方に道すがら会ったので、立ち話をした時、

「荒れているツツジ新道も承知しています。順次行います」と言って去った。石棚山方面の整備中だったので、間に合わせ程度の土嚢袋や、すぐ霜で抜けるような短い杭のステップなどが、転がっているツツジ新道もいよいよ本格的な整備が始まるのだろうか???

毎年、檜洞丸の西面のツツジ新道の遭難事故は多い。時々死者も出る。転落事故が多い。色々問題があるのでしょうが、登山道を作って危ないから入るなというのも(チンプンカンプン)な気分だしね~。

@

@

3月6日北麓の5時前の気温はプラス4,4℃星が出ています。ややぼやけています。昨夜から雨の降った様子はありません。無風。予報は未定にして変更有。
413号線を駆け抜けるオートバイがうなる音がする。

北麓は日中、陽も射し、外仕事日和。夜も雨は降らず。植木に水をやる。本日も百姓。

@

@

3月5日晴れ、雲あって、東の空が朝焼け。天気が崩れるらしい。5時の気温はプラス4℃。

Dsc_0296

山の雪は本当に、皆無というほどなくなりました。予報通り今夜は雨が降るのでしょうか・・・・それとも霙か雪か・・・・春ですから変わりやすいです。春めくとそわそわするのか、登山者が晴れか雨かと迷い、予約をしたり、キャンセルしたり忙しい気分です。
本日の山はすぐに霧。午前中の気温は4℃寒い夜の気温はマイナス8℃でした。

写真はYの住人様でした。

「西に向かう谷筋から頻繁に落石の音が響いていました」という報告でした。

後でわかったことですが、この日は、東丹沢で落石死亡事故があったということです。
霜が溶け、岩が崩れてくる春先、落石危険個所の通過は厳重注意しましょう。

@

@

3月4日、晴。 外仕事に埋没。

@

@

3月3日、今朝は、4時半に目が覚めた。夏なら明るいけど、流石にまだ真っ暗。 久しぶり目も眩むという程の星空をみた。快晴が約束。 北麓の気温は、後で確認します。電灯照らしてまで、見たくない。

北麓は6時の気温はプラス0.8℃です。

@

@

3月2日、北麓は晴れ。6時、気温はマイナス1,3℃。 霜が降りて、バケツに氷が張っている。 丁度半分に切ったような半月がやや東寄りに架かり。太って行くのかと思っていたら、痩せて行くのか! だんだん東に寄っていく。 今日は、山がよく見えて大室山の雪も谷の窪みに、点々と残っているのみ。 予約キャンセル。日曜日は雨の予報。山はまだ雪だな?

@

@

 

3月1日の北麓は晴。6時の気温はマイナス1,4度℃

Img01461

花は、咲きそうで、咲かない。

Img01463

梅は散った。

里の花は、これから。まだまだマイナスの試練に耐えて居なければ……。

Img01462_2

家のまわりに、花を植えてみて、華やかな外来種より、山の花に感動するようになった。
山懐に出かけて、道端でみる草花や、山波が、何よりも贅沢な時間のように思える。
ふきのとうだとか、よもぎ、スミレ、その他大勢のように、気にも止まらない存在が、ほっとする。
時間を掛けなければ、その価値が見抜けない。草花に出会って道端に立ち止まる。そんな時間が面白い。

いよいよ3月。春を待ちながら、山小屋が気になりながら、里での仕事が滞りなく終えることができるか・・・イライラそわそわする、これがストレス。畑の始末始動、ハウス、植木の世話、除草、パソコン地獄の挑戦、、看板彫、松の芽摘み、柘植の選定、野菜の苗を買ってきて植え、山でのなが~~い暮らしに必用なボッカの品の点検、ここまで一連の作業が終われば、ようやく小屋入りができる。

デスクトップにバイケイソウの新緑に埋まる山小屋を表示して、元気付けている。

今は戻したウィンドウ7が、すっかり変わって、今までは出来ていたFTPツールでファイルを削除できなくなってしまった。昔のホームページビルダーが対応外になったというのだから、仕方ない。新ソフトを買っても、終わらないパソコン地獄と戦っている。今日は、確定申告。次々と次々と押し寄せる仕事。
@

@

 

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

最近のトラックバック

カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ