« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月23日 (土)

桧洞丸の今日の天気。花鳥風月:2016年4月23日から

P2016_0507_112400

「オイこら離せ!」バタバタ・・。

今日のヒガラは暴れん坊。かわいくない!

5月7日、快晴。

-----------------------------------------------------------------------

5月6日高曇り。のち晴れ、夕方4時過ぎ小雨。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

5月5日、快晴。言葉もありません。4時の気温は4℃。

R0010501

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

5月4日、風雨で明け、7時、青空がのぞく。雨はやみ、雲の流れが速い。風強し。

5時半の気温は、10℃。でした。

R0010428

低気圧一過、連休とは思えない静かさ。騒がしいのは風の音だけ。芽吹きが始まって・・・・早い季節の回転です。
写真は寅さん。

---------------------------------------------------------------------

5月3日、5時半、晴れ。毎日毎日いい天気で、明日は予報通り雨が降るのかな??

今日は、ノユさんボッカ2往復。80k 超え。恐ろしスーパーマン!!今日は久々の寅さんペァです。

----------------------------------------------------------------------

5月2日、高曇り。後、晴れて爽やかな日和。

----------------------------------------------------------------------

5月1日、晴れ。奇跡の連休晴れ。

P2016_0501_095942

またまた、小屋に飛び込んで、バタバタ・・・!今年も小鳥の巣作りの季節が始まったかnote
今日もいい天気。明日もいい天気らしい。明日は眞田さんとノユさん、斉藤さんだそうです。

-------------------------------------------------------------------------

4月30日美しい日ノ出。

P2016_0430_045647_2


雲一つない快晴!太陽に感謝しよう!この土の地球にもね。

館さん、寅さんは昨日。ノユさんと、愛ちゃんは今日来る。タズケデ!cancer

--------------------------------------------------------------------------

4月29日、快晴。5時半、半月が南東の空にかかっている。久々のすっきり青空!登山日和!だんだん登山者増えてきたが、定員内。ありがたい。布団一枚一人でお休みいただける。体調崩して、飛び込みの無いように祈るばかり。みなさんげんきで頑張って下山してください!特に明日が心配。ツツジ新道に早咲きのミツバツツジがどこいらまではいあがってきたか、お楽しみに・・・・。

東から来たボッカさん、大山のほうは雲が掛かっています!と言っていたが、あらま!ほんとだワイ!

たちまち、薄曇り。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
4月28日、雨。小雨で昼過ぎにやむ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

4月27日、薄曇り。6時の気温は、北麓で、15℃。里山の木が初夏の色合い。

----------------------------------------------------------------------

4月26日。北麓の空は雲のない晴れ。昨日より暖かい。8時には15,2℃。

事務所の庭の、シロヤシオの花が咲いた。実生して30数年(ちょっと待って!???正確には45年か?)まだ、1メーターにも満たない。普通の木ならば電信柱よりも太くなっているだろう。今年はようやく満開。種から育てても育つのは1%もない。0,001%かもしれない。粉を蒔くようにまいて、移植するたびに枯れる。忍耐と、努力と、気まぐれな、運の植物だ。ようやく咲いたシロヤシオを見て、涙が出る思いだ。

山ではシロヤシオのアップがなかなか難しい。風が吹く、揺れる。手が届かない。足元が危ない。そのほかにもサイズが適正でない。下では、露出を気にしてとれば、OK!ようやくそのつもりのバッチができる。感慨無量。

その1

落第で削除。

その2これも落第。

撮り直し。

Img_4429

これらしい。

バッチ部長の注文は厳しいのだ!

今日は、猛暑になった。14時の気温は23,4℃。

----------------------------------------------------------------------

4月25日雲の多い晴れ。北麓の6時の気温は15℃。7時に下がり、13,6℃。 9時には16,6℃。すっかり晴れました。

ここの所、お天気のページに写真が挿入できなくなった。原因は容量オーバーだ。さて仕方ない、当面は、重複していそうな写真の削除を遡って、。毎日コツコツ・・・。面倒くさくなると記事の削除を試みて、この数日前からようやく写真の挿入ができるようになった。

山で、花情報を気にしている人がいたとして、シロヤシオの花の進行状況を見ている人がいたら、申し訳ない。なんとかして、送信できなければ・・・・と、数日、朝一でこの作業。
書くだけならば、問題ない。然し決定的威力を持つのは写真。百聞は一見にしかず。

ところが2007年からの記事は、歴史があった。文字と言えども簡単に駆除は出来ないなと、確認読みをしていると、へ~!こんなこと思っていたんだっけ~こんなことがあったんだな~と古新聞ではないが感慨に浸り、はかどらないことおびただしい。ばかばかしいほどおかしかったり、編集がしたくなったり、枝葉に余分な仕事がいくらでも増える。

例によって、自分が3人は必要だ。パソコンの7から10へまた7に、馬鹿なころを繰り返し、ようやく、更新ができるようになって、それと言えども完ぺきではない。馬鹿が生きてゆくには苦労をするという現実だ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

4月24日、小雨。外に出てよっやくわかる程度。夜降ったらしく、路面はぬれている。
昼過ぎから止む。

P2016_0424_164308_2

熊笹の峰からの岩場で、早々コイワザクラが咲いていました!ビックリ!早すぎないか??束になって満開状態。山の植物は、平地では、氷のようにすぐ溶ける。どんなにかわいいと思っても、採ってゆくのは辞めよう。小さいのに岩場でながーく咲く花だけど、1500メーターの標高地点にしか生きられない。キクザキイチゲも標高が決まっている。不思議だね~。

写真は子方でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

4月23日、曇り。山麓の新緑が凄い!朝、曇りだったが、晴れて山も、薄陽が射す。 風が少々、さわやかな日和。平地では、汗ばむ暑さ。日中の気温は7℃。

2016年4月 9日 (土)

お褒めのサイト

ボランティア部員の平野さんが、
「青ヶ岳山荘は褒められていますよ!評判好いですよ」と再三言ってくれる。

「うそー!うちをほめる人なんかいないよ、知り合いのネットを見たって褒めていないもん」という会話を再三していた。

で、数日前、何の気なしに青ケ岳山荘で検索して見てみると、昔の?小屋のボロ状態、違う電話番号、化石化した料金表と、相変わらずのサイトに出遭う。が、今まで見たことがなかったこんなサイトに出合った。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

:歩きはじめたら:というものでURLは

http://nikoman.exblog.jp/21070774/ でした。開口2番??こんな文字が!!

小屋の朝食
トン汁が最高に美味しかった。
小屋番さんは「うちはお代わりはないからね」って言う。
「お代わりが欲しかったらご飯を炊く前に行って欲しいから」
残った残飯の処理を考えての方針のようです。
自然を愛し、環境を大事にする小屋番さんの人柄がうかがえます。

小屋の寝床は2階にあるのですが、布団の清潔なことに感動しました。
山小屋の布団と言えばあまり綺麗とは言えない煎餅布団が多いのですが、こんなに綺麗な
山小屋の布団は始めて見ました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

仰天!!お褒めの言葉!確かに対面で皆さんがよく言ってくれることに、
「よく眠れました。山小屋でこんなに眠れたのは初めてです!」が圧倒的に多い。ほっとする。

もしかして、平野さんの言うことは本当かなと検索をしてみると、ありました、ありました・・・happy01

今年、2015年かれこれ6年になるが、人様のご厚意に甘えてほぼ小屋を放置していたが、皆さんが辞め、仕方なく

「自分の小屋だか仕方ない。小屋を建てたオヤカタさまが元気なうちは頑張ってやるか!」
と始めたものの、いの一番かび臭い布団に辟易。取る物取敢えず布団干し!
掃除洗濯、土方に大工とエスカレートしていった。

Img_0814

2010年いの一番が洗濯。夏の日は洗濯日和!

Img_0735

来る日も来る日も掃除洗濯布団干し!!

Img_0739

別の意味でぼろ雑巾を纏ったような小屋。まだ、ソーラーはそのまま。

Img_7154

悪戦苦闘の連続で、かくしてフカフカ布団、夏は毛布入れて敷き3枚、掛け2枚の出来上がり。新しい寝具も30枚あげました。

Img_0712

カビカビカビ、何もかもカビ。コツコツ毎日掃除。今までありがとう。

Dsc08389

上から流れてくる土砂が、小屋の壁を埋める。それを土嚢袋に詰めて崩れたところに、充てる。手当たり次第、目の前に必要とされていることから始まった。

Dsc07651

暇なときには、相模原公園で、山の緑化活動の為に、写真展。

Img_0680

来る日も来る日も、お掃除。素晴らしい写真なのにカビが生えて化け物状態。白カビ、黒カビ、紫カビ、グレーーカビ、時折ピンクカビ。きれいな色ほど不気味。

飾ってくれるときは、イソイソ、持ってきてくれる。ご無沙汰の後に、ごみ状態になっていると、顔をそむけて、こそっと帰る。
Dsc08508

始末とはよく言った言葉。始まりと終わり。それでひとつ。半欠けは不良品。

下げるごみガラスは、山のようで・・・・重かったーーー!!

Img_7224

自炊場の整備。こぼした食材の跡がカビだらけ。

Img_7235

トーチで焼いて、ワイヤーブラシで磨き・・・・。消毒兼整備、下地塗。乾拭き。

Dsc02557


「小屋主と言えども、人がやったソーラーに手を付けないでもらいたい。私が登って行ってやる!!」と、小屋番手伝いに叱責され、待つこと2年。破けた土嚢袋に草が生えたまま、小屋の正面が乞食状態。

いつまでたっても、来そうにない。一生待っているわけにもいかず、登山者も待っているわけでない。仕方なく、ソーラーを陽の当たるほうに、移動。やってみたら簡単。杭も15センチ?しか刺さっていなかった。押したらぐらっと揺れた。大変だー大変だーと言われたが、一事が万事、簡単で、何よりも面白かった!!!

Dsc07389

外したソーラーパネルの杭が、手動洗濯脱水機に早変わり。

Dsc08165

清掃、土方の本番。ちょうどこの時に、Hさんが来て半分杭打ち。残りは吾輩。一人。

Dsc08184

コツコツ毎日毎日、

Dsc00139

雪降る前に完成したのに・・写真が見つからない!??

Dsc08592

2児のパパ、この人にも・・・・

Dsc08365

この人にも・・・・世話になったな~!

小屋番の掃除病は、エスカレートし、大雨の時には、雨水で毛布の洗濯。

Img_7120

小屋のトタン屋根は布団干しの最新兵器。

Img_3524

雪が降っても、太陽が照れば、枕干し。布団干し、清掃洗濯病は末期症状。手伝わされる常連さんに嫌がられるほどなってしまった。

「この前も、干したじゃあないですか、もういいですよ!」
クワバラクワバラ・・・。
それでも、一晩経てば、
「イヤー・・・ぐっすり、よく寝れた!」で、一件落着。

Dsc07786s

雨が降れば、大工。炬燵が、湿気とガスと歳月でボロボロ!修理。

Img_7241

テーブル磨き、保護材の塗装。

Dsc07779s

裏の、資材置き場。台風直撃、毎年、毎年、同じ繰り返し。なんとかせねば。

Dsc07938

ひと夏経てば、台風でペンキがはがれボロボロ・・・・!しかるに、ペンキ塗り。

Img_1365

中に貼ってあったボッカさん募集を外に出した。効果は上がらず。

Img_2840

ごみ拾いもエスカレート。最後は、ビニール、空き缶、酒瓶と分別、小分けにして練炭の小袋に入れ、ボランティアさんを待つ。

Img_3680

晴れた日は、雨もりの補修。

Img_6741

雨の日は小屋の中の羽目板張り。

次々と、突撃!


Img_5759


最後は、休憩室と個室の修理と整備。角材で筋交いを入れる。これは、残念ながら宿泊の工事者に1日、手伝ってもらった。完成まであとは一人で2週間かかった。

と、一言でいえば簡単。この部分を解体するのに3日、縁の下はマイナスの絶景。末期症状かと思い、このまま蓋をしようかと悩んだ。然し、乗りかかった船と、大手術。ごみとカビを掻き出し、柱を入れ替え、炭を5表投入!一気に悪臭が消えた。見えないところでは、これが一番うれしかった。本当にうれしかった。ほかにも炭を投入した。炭の威力はすごい。

夏に始まった解体も、一事下山して、また登り、コツコツ継続、やがて秋になり、11月の連休前、追込みには、時計を見ながら、12時までやって、それからカレーの仕込みだ!と計算して、計画通りに終わり、この日、個室宿泊第一号は、小屋前の杭打ち協力者のHさんでした。2013年11月2日でした。連休前に完成でした。あまりにも思った通りに物事が進むので・・・・これが宿命。うまくいくのは宿命。???と思えど、ふと不気味。

次の年、大雪が降り、小屋が埋まったのですがこの角材の筋交いのおかげで、盤石の自信がありました。当然、平気でしたが、庇部分が沈みました。

であるからによって、次は、庇、、西の部分の整備です。次々と、際限もなく小屋は続くのでアール!

2015年は柱立替に挑戦。これは別窓で開く。過激な8月柱立てにhttp://kakionsitu.cocolog-nifty.com/blog/2015/09/8-6222.html表示しています。

Dsc00695s

実は小屋番になり、ボランティア部を立ち上げ、この写真が一番最初だったのです、神奈川県の公園課に請願して経路を整備してもらいました。

Img_2201_1s

これが、自分が一番初め小屋番で山には行った時の、状態でした。
工事している、山崎土木さんです。

波乱万丈の山小屋50年。まだまだ続きそう・・・。

小屋入りしてから早いもので7年たった。

ようやく登山者に是非ご利用くださいと知らぬうちに言っている、経営者になっていた。

今までは、言えなかった。

編集も続く。

2016年4月 1日 (金)

 桧洞丸の今日の天気北麓、花、。2016年4月からです。

4月22日、北麓は曇り。5時の気温は11℃。地面はしっとり。空気はひんやり。空はどんより。

Img_4375

去年は雨が多かったので、今年は不作かと思っていたら・・・蕾も小さかったから・・・なんと、びっちり!日陰のシロヤオツツジも咲き始めた。もしかしたら、山の上のシロヤシオも期待できるかも。今年も、どこかしらが絶景か!??広い山だから・・・。

6時、やにわに東の空が明るんで、晴れるのか???

@

@

4月21日、北麓は曇り。朝、7時の気温は12℃。昼過ぎまでいい天気。午後小雨。

@

@

4月20日、北麓は晴れ。今日は店長さんが入山。神の川は桜が満開でしょう。山は寒くて登山者が大勢いたそうです。11時、山の気温は7℃。風がありました。

北麓は17時で、15℃。風があります。

R0010381

バイケイソウが、斜面を飾り始めました。寅さん撮影。

@

@

4月19日北麓は晴れ。気温は14℃。

R0010376

キクザキイチゲ時期なんですね~~!写メールは寅さんです。

@

@

18日、檜洞丸の早朝は、すごい星空。台風一過。展望抜群。3時半の気温は、7℃。寅さんの報告でした。

R0010298

星降る夜とはこのことかな?これだから山はやめられない。写真は寅さん。

ブログの写真が容量オーバーになり、さかのぼって必死に駆除!ようやく写真挿入がかないました。

@

@

4月17日北麓は曇り。気温は15℃。やや西寄りの南風が吹いている。夕べから少し吹き始めて、今朝方から突風めいて強い風。山はなかなかの風かもしれない。

山から連絡がないのは、雑用に追われているからでしょう。強風の下山路としては源蔵尾根がいいでしょうが、林道が長い。

山も強い風で、台風めいている。登山者様子見て、下山待機。午後下山。

北麓から見上げる山は、霧。そこ以外は快晴。18時、月は三日月。やや2日ぐらい丸みあり。本日の最高気温は20,8℃。山は、10℃。

@

@

4月16日は晴れ。いい天気。

@

@

4月15日、晴れ。北麓も山も晴れ。今日は登山日和ですね!

@

@

4月14日、北麓は曇り。霧。夜中に降った雨はやんでいる。6時の気温は14℃。昼ごろから晴れ、大室が夕方まですっきり、見渡せる。日向は暑いほどの気候。19,8℃。風はあったが、温かい一日。夕焼けが曙色。

ちょうどパソコンに向かっていたら、21時半ごろ地震があった。すぐに止んだが、これが九州の地震だった。大規模な地震になっている。余震がすごいらしい。

@

@

4月13日、水曜日。北麓は曇り。ミツバツツジは色あせ、桜は散り、遅咲きのミツバツツジが蕾を膨らませている。普通なら、四月下旬に満開のミスミソウも、終わった。木の芽が猛然と、ほころんできた。庭の夏椿が、葉を展開させて、大きい葉だけにひどく目立つ。

そうだな~松の芽摘みをしなければ~、梯子はかけっぱなし。最後にてっぺんの芽を摘んで、山小屋入りだ。ぼつぼつ小屋入りの準備。

今年は4月が登山者が多く、水が底をついた。福島君、ボッカ隊来ないかな~??

おっと、気温は、8,5℃。日中の気温は昨日もなかなかあがった。然し、いつも出かけたり、外仕事で、日中は温度計も見ない。よほど変わった天気の変動がなければ朝の計測で終わり。事務所は事務所で忙しい。百姓だって、山小屋の仕事。食材は山に持って行って、登山者の食事になる。山に行っている間、草だらけになって、悪戦苦闘の日々だが、大地で、陽の光を浴びてできた野菜は、味が違う。旬の野菜では店舗からの購入品はとてもまずい!と感じる。自分のためかな。余って無駄にしたり足りなかったり、しかし今年は、館さんが、ボッカの帰りに持って帰って役立ててくれるだろう!穴掘りを約束通りにしてくれた。野菜が好きそうで、山から下りてきて、畑からもいでそのまま食べたトマトの味が衝撃だったという。

しかるに、ハウスの草むしりをして、トマトをダーーーンとを植えることにした。トマトは水かけがいらない。楽ちん。時々世話をして、帰りにドバっとお土産・・・・とらぬ狸の皮算用。

@

@

4月12日、北麓は晴れ。山際にも雲がなく、ほぼ快晴といえるが、紺碧の空とは言えない。青にやや乳白色が掛かっている。暖と雨を数日繰り替えすと、草木は猛然と進み、花は一気に咲いて、散り急ぐ。満員電車にひしめく人並みのように、後からあとから花がやってくる。

晴れると気温は下がるのかな、朝、6,4℃。

@

4月11日、山頂はやや薄日で、明ける。穏やか。稜線がよく見える。

写真の挿入ならず、もしかして、容量いっぱいになってしまったのか知れない。シルバー様は何かあれば、パソコン教室。

北麓は、高曇り。あっという間に桜が散っている。

@

@

4月10日、薄曇りから、高曇り。気温8,5℃。晴れた一日。

@

@

4月9日、北麓は晴れ。薄絹の雲が棚引いている。6時の気温は9,5℃。久々の土曜日の晴れで、車が渋滞している。パニック。

穏やかな天気、11時、気温19℃。

P2016_0409_094907

山もさわやか!!だそうです。久しぶりですね。土曜日の青空!!

@

@

4月8日、北麓は霞立ち、晴れ。咲いたばかりの花は枝にしがみついてい、頑張っている。6時の気温は13℃。

Img_4342

今週末、無事に山小屋につけるか心配。落石、倒木がすごいかもしれない。

7時半、薄曇り。北の里山の稜線は雲がかぶってきた。夕べは、星も出たのに、変わり方が早い。

遅くなって、小屋に到着。竜巻のような風の被害がないか、心配だったが。小屋は無事だった。霧が薄いらしく、明るい。

夜になって、星空。久しぶりに土日が、太陽が出るか・・・・・!??

@

@

4月7日6時の気温は9,8℃。小ぬか雨。北麓の春は、怒涛のように押し寄せてきた。ミツバツツジはどこの家の庭にも咲き始めた。春が早いよきっと。

4時から突風突然。竜巻状に吹いて、近くの木が裂けている。

Img_4338

山が心配。登山道に枯れ大木が倒れていないか。飛んできた枝で、小屋の窓が割れていないか・・・・心配しきり。

西風から西南に変わった。昼過ぎ、気温が上がり夕方で、20℃。湿度が高く、気持ち悪い。

Img_4281


今年初めて、文句ない咲き方。ボリューム満点。然し雨が多い4月の上旬、花の命も短いだろうな。

@

@

4月6日、北麓は晴れ。雲が筋引いている。東の山際と、西の山の上はグレー。
6時の気温は、4,9℃。日中の最高気温は19℃。

@
@

4月5日、北麓は霧雨。7時の気温は8,8℃。

@

@

4月4日、北麓の朝は雨。7時の気温は、12℃。 10時から晴れ。夕方までいい天気。日中の最高気温は22℃。相模原の桜並木は満開だった。立派な名所です。

Img_4322

@

@

4月3日、北麓は深い霧。珍しいほど目の前から霧。夜半雨が降ったらしく、草が、びっしより濡れている。6時の気温は7℃

小屋番便りが届きました。

山も濃霧です。屋根の雪は、すっからかんに消えました。
今日は珍しく、団体さん。奮闘していることでしょう。掘りごたつがきっと活躍!!!
山は、なかなかの風雨で、またまた低体温症の登山者が・・・。無事で何より!

今日の北麓は、どこかで火災が起きたのか、ひっきりなしにサイレンの音がする。濃霧で、煙も何も見えない。館さんが足止めされているかしれない。国道沿いなら渋滞だろう。

日向のミツバツツジが、朝、一輪開いていた。

火事は、青根小学校でした。神奈川県下、唯一の築76年?の木造の小学校。生徒は今、6名とか。いやいや、後でわかったけど新入生ひとり入れて、4人とか。

P2016_0403_171545

時代と、一言でいうには、思うこと多すぎるかも。しばし沈黙。15時ごろかな、新聞社のヘリか?、小学校の上空を5回ぐらい旋回して、東へ帰った。それでも今日は、昼過ぎから気温が上がって12℃。 9時ごろ、星空が広がる。明日は曇り、雨の予報??

@

@

4月2日、北麓は霧雨。6時の気温は7℃。9時、外に立って、しばらく居ないとわからない程度の小糠雨。花も雨に打たれて・・・。うなだれるものに生き生きする蕾。

@

@

4月1日、北麓は晴れ。薄絹状の雲が部分的に棚引いている。6時の気温は8℃。
いよいよ花の便りが、聞かれる4月。北麓では初めて3月に桜が咲いた。遅霜が心配だが、いずれにしても暖春??ということのようです。

P2016_0401_164621_2

説明がなければ、わかりませんね。バイケイソウのあかちゃんという、写メールです。よくも見つけたもんです。まさに春一番!おはようございます!と言うべきか、こんにちわ!というべきか。ようこそ!でしょうか。然し、早い春ですね。

相模原市街では、桜が満開。桜祭りがいつも散ってから。今年は、15日までは葉桜がモンモンしていることだろう。ところがどっこい!さっき相模原市の住人から電話があって、明日桜祭りだそうです。そうですよねーーーいくらなんでも・・・こういう気象に合わせ、早く花祭りをするところも増えている。一事が万事、季節が早い。雪割草も3月にちょっと咲いて足踏みをし、満開は四月の半ばだが、今は、満開。

ふくみ咲。



満開の目安は、新葉が展開していること。城山のカタクリの里もすごいようです。このところ天気が穏やかなので、皆さん出かけてみてください。橋本駅からカタクリの里行きのバスが出ています。念のために調べてくださいね。

ミツバツツジも蕾が相当膨らんで、神の川では、キフジやフサザクラが満開かな?山桜はもう少しかな?

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

最近のトラックバック

カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ