« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月25日 (日)

2011年思い出ののツツジ

2016年9月25日、本日晴れ!久しぶり今年は8月20日から一か月、秋雨前線と台風の襲来で、始終、小雨や曇りやの日々だった。この前一日まぐれの晴れがあった以来。

今日は、ボランティアさんが来るので、時間待ちにお気に入りに登録しているサイトを開いてみた。山の散歩道。美人です。

http://sanpo.yamanosanpomichi.com/

この年のツツジは私が小屋番やって以来初めての豪華なツツジだった。前の年もよかったが、この年の花を見ていてくれたということが何よりうれしかった。

然し、この年、大きな台風が直撃して、シロヤシオ群生地が茫然自失の大打撃を受けた。信じられないほどの倒木だった。

山全体が、花の木だから倒れたといっても、それは初めて見る人には、
「がぉ~!」という花の群生地に変わりないが、この年を最後に、あの凄さに会えるわけではない。毎日小屋にいるわけで、最高を狙うことも、今だと思う時を狙うこともできる。一日違っても、あらま!・・・みたいになるのが山。花冷えの年で、毎日早朝花を見に出かけて、風邪をひき、えらい目にあった年だ。

久しぶりに、今年がまぁまぁの花盛りだった。

知らせたい人々の顔がちらついて、胸苦しかった。然しみな事情があるから
「来るならいまだ!」と発信してもそれは無益!

人の出会いも、花の出会いも必然で、その人にその力があれば花に巡り合うし、無ければ花も何もない人生。他のものがあるだろう。
「日帰りでもいいので走って見に来て」
「今日しか来れない!」と、本当に走ってきた彼女はスプーンヒ((笑))これも思い出追加。

久しぶりに、Isさんのネットも拝見。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/userinfo-40170-prof.html

ついこないだの山の道中が出ていて、ほのぼのする。

また、いつか会おうと思いつつ・・・。感謝祭記念バッチに挿入する写真を探して、昔の写真をようやく見つけて、そうだったな~と、ひとしきり懐かしい。

2016年9月22日 (木)

今日のニュース。

7月の項目から抜粋。

7月8日、朝は霧雨。日中曇り、午後、気まぐれ雨。

「太陽」が3個ある惑星=340光年先で発見―欧米チーム

時事通信 7月8日(金)3時2分配信    

 地球からケンタウルス座方向に約340光年離れた所で、「太陽」が3個ある惑星を発見したと、米アリゾナ大などの欧米チームが7日付の米科学誌サイエンスに発表した。南米チリにある欧州南天天文台のVLT望遠鏡を使い、赤外線で惑星を直接捉えた。

 この惑星は質量が木星の約4倍で、表面温度は約580度。形成されてから約1600万年と推定され、非常に若い。惑星から見て太陽に当たる恒星は大、中、小の3個ある。3個が一緒に昇って沈むため昼夜が変わる時期と、順番に昇ってほぼ昼間が続く時期があるという。

 この不思議な仕組みは円軌道の組み合わせで起きる。中心は大きな恒星で、惑星は周囲を約550年かけて公転している。一方、大恒星は中小の恒星ペアと重力で結び付き、お互いに回り合う関係にある。 

 複数の恒星が回り合う連星系の場合、惑星が形成されても重力の作用ではじき飛ばされると考えられてきた。しかし実際に見つかったことで、惑星を伴う連星系は予想以上に多い可能性があるという。

今日のニュース。以上でした。340光年離れた所のものを見るのに、どのくらいの時間がかかるのか、光の速さで見れたら、340年なのか、340万年なのかさらに一桁上なのか、音はもっと遅いから、昔、話した言葉を音速を光の速さで追いかけて、何度でも聞くことができる。そんなことを言った覚えはありません。と言ったって、言った事実は宇宙を回遊しているわけだ。面白いというべきか、不思議というべきか。

面白いことに、(あらま!勝手に太字になり勝手に元に戻った??)話は違うのですが、面白いことに変わりはないと思いますが、先日寂聴が、

「天国は、退屈そうだから、死んだら地獄に行きます」と言っていた。ところが、病気になり、ひどく、痛い目にあって、
「地獄はまっぴら、死んだら天国にまっしぐら」と言っている。吉本興業が、勧誘に来そうな面白さ。仏道に入ったら、間違ったことを言ってはいけないとか、軽愚痴をたたくなとか、人間が決めた、さまざまな規約があるような気がする。然し、本意か不本意かは、しらねども間違っていようがいまいがお構いなしに、縁側で、老人同士のお茶飲み話のように、言いたいことを言って、ガハハーーー!なんて笑って「じゃあまたねー!」なんて暮らせる・・・・いいですねーーー。地獄がどんなところか行ってもいないのに、地獄のほうが、今日は赤鬼が来るか、青鬼か?なんておもおしろいでしょう!なんて言えるとは面白いのを通りこしている。青鬼が来て、目玉を一つくりぬかれたとか、赤鬼が来て、指を2本、斬られたとか、否、3本でもいいんですよ!それが地獄でしょう。ただ鬼が来たというのを見ているだけならば、違う次元から鬼を見物しているだけの話。好奇心のある人なら、面白くてたまらないでしょう。だから芝居が繁盛するんです。
そのうち、天国も、かなり危ない恐ろしいところ。というかもしれない。所詮、天国も地獄も人間の念。この世での、実感、体験や、人の話で、痛い苦しい、恐ろしいが地獄となっている。
じゃあ天国はなにか、と言えば、楽しい、美しい、快適、つまり人間の欲望を満たすものだろうか??しかし、寂聴ではないが、退屈しないか?美しいものを見たと思うのは、汚いものを見たゆえの判断で、おいしいものを食べたのは、空腹であるからともいえる。常に満腹で、これ以上食べたら吐いてしまいそうだとなれば、
「さあさあ、もっとお食べ」は、拷問になる。そもさんせっぱみ!たいなことになっても仕方ない。悩むな、考えるな、今にベストを尽くせ!そういったって、脳みそがあるんだからいらぬ考えを繰り返す。寂聴の、傍若無人天衣無縫、規格外が、これからも楽しみ。こんな問答は辞めるとして、地獄的、極楽的、両者混沌とした地球がまだまだいっぱいこの宇宙にあるとしたら、そのほうがドラマチック。天国的か地獄的かまだまだ分かりませんが。科学が進歩して、特殊な望遠鏡で確認したのだそうです。

この地球、バランス崩しているよね。いまだ、食糧難にあえいでいる国、学問も基本の基本水さえも、無い国。そして終わらない戦争。死んで地獄に行かなくても、地獄は一杯・・・・。

2016年9月19日 (月)

ボッカのおかげ!??

360度撮影可能な面白いカメラで、北アルプスの尾根からの映像です。

Img_0483_2

梅雨明け10日、誰でも年に一度は、一番天気の落ち着いている、夏にアルプスに行きたい。しかし今年は雨だらけ。
帰ってきて、必ずいう言葉は、丹沢歩いていたので、楽でした。

しかし今回は、2テント泊で西穂から奥穂までの縦走で結構大変だったみたい。それでも、
ボッカのおかげで、足場の選択が楽でした。

運が良くて、天気も最高。何よりでした。・・・・・だと!

今日は愛ちゃんが来て、いろいろ話が弾み、人の生き方いろいろ、重い荷物を背負って汗まみれになって、何が楽しいの?から、山の景色を知らない人間はアホ見たい、まで・・・・人生さまざま花色々ですね。

ここで、たった今、自分は生きて、光っている実感なんでしょうね。憧れの彼方に、手を伸ばしたら、人差し指がタッチした、とでもいう瞬間かも???!!!

2016年9月 5日 (月)

MEGE CRISIS

9月4日日曜日,NHKの放送で、メガクライシス (巨大危機 異常温暖化)なるテレビ放送をしていた。

温暖化が叫ばれて久しい。記憶を遡って30年以上も前から、我々一般の耳にも温暖化が届いていた。

人類は何で滅ぶか、温暖化、否、低温化、細菌、野生生物と・・・学者は騒いでいた。学者でなくても危機感はあった。じわじわと、変化し、最終的には一気に落ちる。一度放出したガスは回収の手段がないと言われていた。極地を守るオゾン層は何億年もかけて生成されたものという。

私は、学者でも研究者でもないから、まして何億年前の地球を見たこともないから、明確な変化は語れない。然し、丹沢の50年はみてきた。

Img_4587

(青が岳山荘の前から、南方向の原生林。1963年5月25日とある)

北極のメタンガスの温暖化による放出が危険なだけではない。どこもかしこもという気がする。悪循環というのはまさにその通りで、便利な生活を、捨てることはできないのだろう。経緯を知ろうともしないで、部分を切り抜いて目の前に置いてどうこう言ったって知れている。

「こんなことは今まで生きてきて初めてだ!」と、被災地の老人が語る。

茶化すわけではないが、私なんか、初めての経験だらけだ。あの、食糧難の戦後、疎開した、叔母の子供たちと、一個のじゃがいもを 争って、食べた日の記憶。闇米を買ってはいけないという規制を守って、というより手に入らなかったのだろう、餓死した若いおまわりさん。今、浮浪者でも餓死はしない。期限切れで捨てられるコンビニ弁当で、生きていける。

家の前を流れていた用水路は、清水のようにきれいだった。車がなかった。その時代からバスが増え、車を洗う水が用水路に流れるようになって、ギラギラと油が川面を流れるようになり、その変化は、一気に加速した。早かった。

車がなければなんなのさと言えば馬車と、リヤカーだった。冬、橇で締めつけられた雪面は、つるつるに凍って、通学時にそのうえで、よく転倒した。いかに転ばないで歩くか、それが通学時の課題の一つだった。

語れば、限がない。車を持つなどということは考えられないことだった。それがどう!!一軒に何台かの車を持つようになった。すべてが、初めての経験の連続だ。

あの戦後の、進駐軍が押し寄せた時代。オンリーとかになった教師がいた。受け持ちだった。

列車の窓から、色の白い人形のような、進駐軍なのだろう、どこに行くのか、若い米兵がびっしり乗っていて、乞食のようなチビな我々に、キャラメルや菓子を投げてよこした。はたまた、蔑みの表情で、鼻をかんだちり紙を投げた。それを、気が狂ったように拾う仲間がいた。
「やめろ!」流石に子供ながらののしっても、拾った子供は、かたくなにちり紙を握りしめて捨てなかった。多分、親が、何でも拾って来いと、言って居たのだろうと思う。その時の、子供心に情けない思いは、忘れられない。
「こんな国は、嫌だ、こんな国に生まれて来たくなかった」そうおもった。それが今は、海外から、快適な国と言われている。移住さえもある。何もかもが、初めての、ビックリ経験の連続としか言いようがない。きっと、ビックリは続くのだろう。

というわけで、50年前の桧洞丸の小屋の前から撮った原生林を表示しておこうと思う。

さて、丹沢の写真を探し、スキャンをするか、手っ取り早く写真にとってアップするか、ちょっと悩む。写真が光って、見難いですね。目的は記録で、芸術ではないので、これで、ok!
他にも、ウワッ!というのがありますが次回。今ならば、動画か、スイングパノラマなのですが、昔は白黒。カラーもなくて、使い捨てカメラもなく、・・・・あぁ…歴史ですね~!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、ここで、やっぱりテレビ番組の詳細をちょっと記録しておこうと思う。これは、ココログがアウトになってアメブロに記入したものを、関連性が強いここにまとめようと思った。

11月23日坂上彰のテレビ番組で、地球温暖化をやっていた。北極の永久凍土の溶解。閉じ込められているメタンガスの噴出。炭疽菌の出現。氷の減少で海水面の温度上昇。すざましい悪循環だった。当然気象も変化する。

本来、日本にいなかった虫、蚊の渡来。天狗熱。マラリア。温暖化により、天狗熱の発生は、北上し、青森に到達しているという。巨大台風の発生。今年のトリプル台風。大雪。

人が死ぬ原因のトップが細菌と言うが、2位に、人間が原因とも言って居た。直接原因は殺人だろうが、間接を入れたら、人間がトップのような気がする。

我欲と、快楽を追及して、やみくもに走り続けた結果、今、騒いでいる。

 

トランプ次期大統領が、パリ協定の離脱表明。温暖化対策の一部を失った。

 

昔、(跡見よソワカ)ということを何かの本で読んだ。ソワカとは般若心経の中の末尾にある一文で、娑婆訶という文字を当てている。ある親が子に対して

「後を振りかえって、後の人が困るような有様でないように」という、生き方の姿勢と、慎みを教えた言葉という。それが誰だったかさっぱりと忘れた。情けない。

然しこの言葉は、ずっと心に残った。

この期に及んで、今私たちに何ができる??!!

よく聞く言葉に、

「私一人が何かやったって、何の役にも立たない」・・・・だ。塵でもあるまいし、生き方に理由をつけないほうがいい見苦しい哀れだ。塵以下になる。自分だったな。

私一人が100億人集まってやったことかもしれない。関心を持つこと、見ること。いつだって始まりはそれ。そしてとりあえずは不必要な照明を消そう。こんなことは誰にでもできる。

毎日、マイフォトの削除を繰り返し、使用している写真の量を半分に減らした。今日は久々に写真挿入がかなった。記念すべき日。視力の重労働の日々だった。約、10年の間にココログも変わった。迷惑メールも来ない設定だし、とても、いろんなことに煩わされることもなく、業務にまい進できた。ありがたいと思う。

@

@

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

最近のトラックバック

カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ