« 10月最後の日の華 | トップページ | 囲炉裏の効用 »

2017年11月 4日 (土)

11月の連休中は晴れ。

長々と、雨に祟られた10月だったが、漸く晴れて、気分爽快。5時、暗闇の野外卓でヘッドライトを照して、
地図を広げている登山者。
晴れの今日、コース変更を検討しているのだろうか?
暑からず、寒からず、かなり遠くまで足を伸ばせそう。

 

小田原方面の灯りをバックに揺れる灯りが宙に浮いて、
夜空に放たれる、
精霊流しのように見える。数知れぬ先祖の命をステップにして、彼等もこの地と空との狭間を、行くのだな。
雄大な景色に喚声をあげる時、それが自分の存在の今に感謝している証明だもんね。
辛いだけでは駄目、楽しく無くちゃ!

 

Dsc_0394

 

2~3日は、ボランティアの数人が終結、
スワンチャンのペンキ塗りや、寅さんと、植生保護作業。ポパ妃の沈没箇所の発掘作業。磯さんの接客パワーと盛りだくさん。

 

nifty.com/photos/uncategorized/2017/11/04/dsc_0388.jpg">Dsc_0388

 

私もペンキ塗りたい!
と、頑張っていたが、午後なので、穴堀!

 

Dsc_0393

 

スワンチャンの
ペンキ塗りの映像がないわ⁉
携帯だった。スマホでないと、アップ出来ないんだわ。
後で編集。

 

所で日の出!舞い上がった割には雲が厚い!
ショック😱⤵⤵ドボン。

 

 

Dsc_0407_4

 

昨日ダイヤモンド富士を撮ったこの人、

 

 

Dsc_0402 この人達。

 

 

 

Dsc_0400_3

 

この人達もみなさん写真を送って下さるそうです。

 

ありがとうございます❗

 

 

そして4日、晴れ時々曇りの夕方、雨が降った。21時ごろ、雨が上がり、月が昇った。

 

神の川の谷から攻め上げる雲海を照らす月。
巨大なフラッシュを焚いたように、その光りを返す雲の耀き。街灯りがぐらぐらと揺れ、黒い山稜を浮かせている。
虫の知らせで、窓を開け、急いでシャッターを
切る。3人位、起きてきたようだ。
ダウンを引っかけ外に出る。

 

正に、山なればこそ。

 

この宙の中、何に申し上げるかはしらねども、只、ありがとうございます!

 

明日になれば、あ!足イテ!というでしょうが、たった今は、感謝で言葉もありません。

 

 

写真は、パソコンの前で、アップします。

 

 

5日、4時半の気温は、-4℃。
夜景と星の空が5時、雲海が湧いてきた。

 

初氷。霜柱は何回もあり。

 

 

今日も良い天気。
ペンキ塗りのラストスパート!名人と
二人で、母家、まさかの全 部完了!

 

Dsc_0432_5

 

連休中、最後の勇姿でした。
酒井さんに始まり勝さんで終わりでした。
皆さんありがとうございますした。

 

 

 

Img_2633_2

 

 

今ごろ気付いたねのですが、メールに入っていました。
とらさんのダイアモンド富士です。

 

狙いましたね。
珍しいと思いますね。雲があってその隙間から命中しています。扇状の光線が時と光りと雲のスクラムですかね!か

 

 

 

 

Dsc01676 1日遅れ、3日のダイアモンド富士。

 

 

 

 

« 10月最後の日の華 | トップページ | 囲炉裏の効用 »

桧洞丸青ケ岳山荘から」カテゴリの記事

最近のトラックバック

カテゴリー

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ