« 丹沢・桧洞丸の今日の天気。霧氷や初雪情報 11月から | トップページ | 山小屋の看板建て替えに集合! »

2017年12月 9日 (土)

飲食無断キャンセルと時代の流れ・・・。

今日、12月9日、ヤフーニュースを見ていたら無断キャンセルの被害が出ていた。忘年会シーズンに、気楽にネットで予約して何の連絡もなく無断キャンセルをするということだった。札幌駅前の映像が出ていた。

顔が見えない。その罪悪感の無さが要因という。確かに世の中便利になるとちょっと失礼が幅を利かせる。専門家の話によると、つまり弁護士の言うことですわな、予約の段階で、契約は成立している。キャンセルしても料金を払う義務はある。だそうだが当たり前の常識。相手が承諾したらその限りでない。山小屋がその一例。悪天気でキャンセルは容認されるのではないの?青が岳山荘はそうしている。だから天気を読むことは必死。

時代の流れをたどってみると、山小屋の場合、大昔は手紙で予約が来た。往復はがきが多かった。電話の普及が一般的でなかった。その頃は、キャンセルがなかった。

その後電話の普及によって事態は一変した。キャンセルお手の物。時代はさらに流れネットの普及がさらに拍車がかかり、利用者はやりたい放題わがまま放題の時代になる。メールアドレスで予約し、キャンセル料を払いたくないから、アドレスを替えて連絡を取れないようにする。悪党に便利な世の中になってきている。悪党はずるがしこい。

日本は不思議な政治感覚があって、被害者よりも加害者を擁護する風潮がある。泥棒にも三分の理、などや水は3尺流れれば清まるとか、慈悲だとか布施だとか、接待だとか、功徳だとか、変な仏教思想を政治に引用して、被害を受けて困る人間よりも禍害を与えている人間を保護する法律が幅を利かせている。これは、平等の原則に欠けるのではないか。守りを強くすると、過剰防衛だと来る。

真面目に手作りの食事などを出している山小屋はたまったものではない。インフラが整っていないから、冷蔵庫がない。作った食事はどうするか・・・・。どうにもならないのは捨てるしかないことが起きる。

札幌はまだいいよね。ふと思ってしまう。平地だから冷蔵庫がある。青が岳山荘は山の上。貧乏だから冷蔵庫がない。繁盛している山小屋は、インフを整えている。貧乏でまじめにやっているほど困るのがいつの世代も同じだろうか。こういうところの人間を今の日本は保護はしない。

富士山は予約の前金だそうだ。これもネットで確認か??ネットネット、時の流れなのだ。

山小屋がインスタント食はこんな理由が大きいのだろうね。

« 丹沢・桧洞丸の今日の天気。霧氷や初雪情報 11月から | トップページ | 山小屋の看板建て替えに集合! »

青ヶ岳山荘」カテゴリの記事

最近のトラックバック

カテゴリー

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ