« 思いでに残る。楽しい人達‼ | トップページ | 課題 »

2017年12月30日 (土)

桧洞丸から確認地点・道志街道・大渡から見える台風被害。

413号線を走っていて、あそこはどこだ!??地点を通った。

Simg_7848

巨大な法面の吹付。Hを半分に切ったような形。
これを山から見ると・・・。こんな。

Img_6385

これ!巨大なHの文字を下半分切り落としたような楔形の山肌が目立つ。
あそこは、道志街道の大渡(オワタ)付近。

グーグルで航空写真を検索してもこのぐらい大きいとはっきりと出た。
月夜野と大渡の区間だ。この区間から檜洞丸と熊笹の峰の稜線がくっきりと見える。大渡に近づくに従って、金山谷に向かう稜線の落ち込みが見える。大渡の集落の下を通り過ぎると国道は一気に右に曲がる。つまり手前の尾根を背にして谷に入る。これで、大渡の地点から檜洞丸は見えなくなる。

月夜野に入って街道から見え隠れする熊笹の峰が奥に見る桧洞丸よりは巨大な山に見える。

最初はこんな。

ズームしても左の端に桧洞丸は顔を出さない。

Simg_7885

少し進んでゆくと見えてくる。風巻の頭が黒木を載せて手前に立ちはだかる。

Simg_7893_2

手前右手の太陽を背にした山が大室山。その谷合の奥に見える中央の山が熊笹の峰。犬越路もぎりぎり右端に映っている。檜洞丸は風巻の間から小さく映っている。熊笹の峰より小さく見える。檜洞丸が高い山と一目でわかる時が冬。他の山が白くなくても、桧洞丸だけが雪をかぶっている。遠い山だなー、大きい山だなーと感慨にふける。

左の桧洞丸をズームするとこうなる。

Simg_7897

さらに少し進んで角度が変わってズームするとこんな状態。

Simg_7852

惨め。数年前まではこんなでなかった。

Simg_7903

歯が欠けたような空洞地点に細い木が立っている。

左の尾根をズームしてみると
Simg_7904

山頂から金山谷に降りてゆく尾根だが、こんなに下がったかと思うほど下る。左の端ぎりぎりで、平坦が始まる。鞍部の地点ということか。

Simg_5892

全体図がこういう形。これがオワタで見える桧洞丸の全部。

平坦になりかけている左の端が金山谷乗越の地点だろうか。

山小屋からは大渡は見えない。山頂からも北に寄らなければ見えない。

然し、これだけ稜線が見えるということは彦右ヱ門の崩落地点を下がっていけば見えるだろう。

Simg01571

桧洞丸がこんなにボロボロになり始めたのは極く最近だ。

Simg_2301

これは、2015年の10月に倒れた。倒れた幹の切り口は腐りも入って居ず、実に美しいブナの大木で、山頂の北寄りに立っていた。信じられなかった。原因は竜巻状の突風だ。

この木1本だけが狙われたように被害に遭った。

Img_6364

あれから2年、この木にはキノコが生え、何の役にもならず、わずかばかりの虫の糞と、キノコに分解されて綿のような風に飛ぶ土に還ってゆく。土に還ることもないかしれない。なぜならば台風で流され、人間の靴について下界に運ばれる。山頂はえぐれていっている。

Simg_7283

まるで死んでも死にきれない怨霊の姿をさらして・・・。最初は枝が突っ張って倒れても
盛り上がっていた。今は、がらんとしている。


Simg_7118

2017年、今年、台風18号21号22号と立て続けに丹沢を襲った。

Simg_7127_2

22号は大したことがなかったが、18号は桧洞丸から臼が岳周辺の大木をなぎ倒した。2011年以来か??

この木は、山頂付近で屈指のブナの大木で小屋のすぐ上にある。

この木は21号の被害で倒れた。10月23日未明と思う。空気を切り裂く金属音が3時までした。

切り口は無傷で捩じり取られたように風とは反対の向きで倒れている。

その折れた枝の太さを見るとわが身を捩じるほど悔しい。

Simg_7114_2

山頂から南の方向に大木が折れている。折れ口が新しい。これも、ここでやられたものだ。

Simg_7119

これも山頂南側。折れ口が初々しい。これも今年の台風被害。ちょっと見渡しただけでこれだけある。

山頂には古い土の塊と化しているようなブナの大木があった。

枯れが進んではいたが、まだ最後の芽吹きを残していた。それも2015年に倒れた。富士山を遮っていた楓も台風で倒れた。今、山頂に立つと倒れた楓の残骸を富士とともにみる。展望展望と騒ぐが、手近にスカイツリーにでも上ったほうが安くあがる。

展望も大事、しかしそれ以上に自分の命が大事。水を与える樹が大事。今の水源が孫子の代まで保証されたものではない。今が見えるだけ。その今も見えない我々になったのだ。

台風は不可抗力というが、そうか??とこの頃思う。同じ経路を3回もなぞるのはおかしい。風は熱に向かう。この大都市に熱がないということはない。そして大気汚染。見えないようで、これは現実。昔に還るか?不可抗力以外、不便には戻れまい。工夫と対策。必ずあるはずだ。

大気変動の意味、理由、研究課題ではないのかな。

空はつながっている。一時騒がれたが、PM2・5、あのあたりから目に見えて木々が弱っていくのがわかった。知り合いのパイロットが中国の上空を飛ぶと、鉄が腐ったようなにおいがする。山で感じることがないですか??と聞かれたことがあった。

昨日の今日では影響は目に見えない。数か月、数年単位だろうか。

写真を挿入していて、数年前の写真がパソコンに入って居ない。USBメモリに保存してしまった。編集にちょっと時間がかかる。植生保護ボランティア部としても成り行きは記録しておきたいので探します。

今年も色々と、ありすぎるほどあった。忙しいというべきか・・・有意義というべきか、なんというべきか・・・。

今年のご縁に感謝して人並みにありがとうございました。と申し上げます。

« 思いでに残る。楽しい人達‼ | トップページ | 課題 »

桧洞丸」カテゴリの記事

最近のトラックバック

カテゴリー

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ