« 桧洞丸から確認地点・道志街道・大渡から見える台風被害。 | トップページ | 2018年の春の彼岸は大雪。 »

2018年1月 7日 (日)

課題

詳細を語ると差し支える人が出てくるので、部分抜粋。新年早々、こんな文字に出会った。こんな文章の一説というべきかな。

(人間は、死を意識するたった一つの生き物)

というような文章だった。いうなれば異次元の話だ。死んだ先はわからないから異次元だ。わかるのは、物として部分のところだけ。死んだ先の身体の変化。物は腐るし、焼却すれば、水と、わずかばかりの次元の違う物になる。誰もが承知していること。

(目に見えないことは語るな)

という言葉を聞いたことがある。いくらでも想像や、編集ができるからの警戒だろう。手っ取り早く言えば、宗教にかかわる詐欺行為を抑止するためだろう。

これを買えば、難を逃れる。この壺を買って飾ればご先祖は救われる。ご利益がある。つまり霊感商法だ。この類も、手を変え品を変え、消滅することはなさそうだ。今は、おれおれ詐欺に押され気味だが、無くならない。

色んな話で、一番嫌なのは、だれだれが言って居る。こういう肩書を持つ人が言って居る。つまり、手っ取り早く言えば、自分の経験を自分の言葉で自分が語っているのではないのだ。他人を引き合いに出す。つまり、絶対の自信がなく人は語り、生きている。異常な驚異的戦争体験などをしたした人は、昔の偉い(何が偉いのか?経験を骨惜しむ、人間が人間に与えた称号、資格と肩書きを重視した分野か?)偉いとされている人間を引き合いには出さない。

自分に自信がないから、あの人が言った、この人が言って居ると、言う。そんなことならあの人この人の書籍の紹介をズラズラとして、私は同じ考えです。で、好いだろう。いずれにしたって、肩書を持つ人間の波長を味方にして語っているのだから。

それでは、元も子もないか。

又、見えない分野。魂ということも語っているが。これもどのくらいの人間が語って、しかも克服できない課題か。なぜか??簡単なことだ。(見えないから)つまり見えないことは語るな。という部分になる。かしこい人は、これを否定しない。然し、肯定をしない。同じ賢い人間でも悪賢い人間が利用する。

普通の人には見えないとか、わからないとか言うが、これは、どんな人間も大なり小なり持っている。しかしその人間の知恵か方針で、その分野を語ることに蓋をしている。無難に生きる道を選んでいるのだし、それを克服するエネルギーの不足かもしれない。克服などという生易しい次元ではないだろうが・・・・。

何をこんなに力むかと言えば、人間は死を意識するたった一つの生き物ではないからだ。

1600年代のクリークバックスターという工学博士が植物の意志と感情の研究をして成果を上げている。人の揚げ足を取りながら、その筆の先で、先人の偉業を引き合いに出して、私という、程度のレベルで語るのだが、自分も同じ経験をしている。

様々な超常現象を経験して、これは何だろうと、混乱していた。一時は舞い上がった時期もあった。然し、いろいろ調べたり、見たり聞いたりしていくと、とっくの大昔からあった話だった。自分が経験すること考えたことが初めての世界かと思ったことが、とっくの大昔からあった現実にがっくりと失意のどん底に落ちた。先人は山のようにいるのであった。そしてそれは、克服できない世界だった。人は、うぬぼれる。自分が知った一部分をこの世のすべてかと思う。そして語る。その語りも有象無象とあとを絶たない。だから宗教戦争も起きる。

自分が言いえることは死を意識する生き物は人間ばかりでないということ。それだけ。それ以上語っても、それこそ、わかってもらえる範疇ではない。人の言葉を引き合いに出さずいつか語りたい課題だが、語らず終わるかしれない。

続く。

« 桧洞丸から確認地点・道志街道・大渡から見える台風被害。 | トップページ | 2018年の春の彼岸は大雪。 »

人の語りは1部」カテゴリの記事

最近のトラックバック

カテゴリー

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ