« 課題 | トップページ | 2018年桧洞丸の花の季節・花鳥風月 »

2018年3月22日 (木)

2018年の春の彼岸は大雪。

今日は、春の彼岸の次の日の22日。今年の春は、鶯が1回啼いただけ。突如気温が20℃になったり、21日は7℃とか、それは市街地の話で、山懐に食い込んでいる青根の地では0℃だった。

嘘!みたいに突如花の蕾が膨らみ、咲いた花もあった。

Simg_8043

3月12日には、北東に向かっている山肌が谷筋にチョンチョンと残雪。大室山の雪も消え、鶯が鳴いた。

あ~~~春だな~~と思いつつ3月のドカ雪が心配と思わないではない。

Simg_8047

見渡せば、あまりの寒波にお茶の木は枯れ、椿の葉は枯れ、

Simg_8051

キンカンは全滅。


Simg_8054_3

ブルーベリーの枝はアウト。何十年振りとかの大寒波とか。

Simg_8058_2

それなのに、急激な気温上昇に毛布のようなガクにくるまって、冬を乗り越えたコブシが、あっという間に開き、

Simg_8059
黒ボケの、プチプチ蕾が膨らみ、

Simg_8053_2

アカヤシオの眼も覚める色がのぞいた。

Simg_8072

ところがどっこい!やっぱり来ました雪。咲いた梅に雪。

3月21日朝、昨日からの雨が雪に変わった。


Simg_8066

寒さに強い北海道のエゾ紫ツツジ。

Simg_7974

昼過ぎには毎度おなじみモンスターの出現。今年3回目。

が・・・何せ今回の雪はすれすれの気温で、だらだらと溶けつつ降って、あっという間に溶解。

積雪は最高で20㎝。夕方には霙状態になった。
山は、雨ということはないから、さぞかし凄いことになっているだろう。多分60センチ前後か?2日降り続いたからもっと行って居るか??オソロシヤ!!

21日、奥多摩で13人のパーティが下山不能に落ちてSOS。季節の変わり目が一番恐ろしい。天国と地獄が背と腹、一体化している。美しい景色は天国、それを見る行動は地獄。

22日の今日は朝のうちはまだ雨。昼前に晴れる予報。然し気象衛星の情報を見るとうす雲がびっしり・・・・・!

22日、9時14分。雨は止んで霧。雲の切れ間からまだまだ、勢力争いに勝てそうにない太陽の光が力なく光っている。もうチョイ!

Simg_8077

雪につぶされながらエゾ紫ツツジも咲き、

Simg_8075

実生40年のシロヤシオツツジも折れそうにしなりながら耐えている。

激動の、よく聞いた数十年振りの冬がようやく終わり時か・・・・!!

日本全国、何十年ぶりの気候変動に振り回さた冬でした。

@

@

« 課題 | トップページ | 2018年桧洞丸の花の季節・花鳥風月 »

青ケ岳山荘事務所」カテゴリの記事

最近のトラックバック

カテゴリー

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ