« 2018年11月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019年1月12日 (土)

丹沢山 桧洞丸の今日の天気(2019年1月)

元旦、山は霧氷。日の出が幻想的と、ジュンママからメール。
やがて快晴の空が拡がる。青と白のコントラストが美しい。
ーーーーーーーーーーーー
ーーーーーー
ーー
1月2日、晴れ、早朝の大空にここ
細く欠けた月と、寄りそう星が巡る歳月を思わせる。
鈴木さんの写メールです。

市街地も、北麓も、雲ひとつない。

Image2_2

この時期、なにが楽しみと言えば、星。
この寒さに、打ち勝つのは、星を見たい思いだけ?
吸い込まれる宇宙の深さ。
想像を飛ばし、遮断され、尚も発する思索。ナノスピード?で、何時間飛べば、あの星にたどり着けるか?アニメの世界のように、一瞬であの星、あの星の間を駆けめぐり、もうひとつの太陽を探し、もうひとつの地球を探してみる?
たった一瞬で180度の宇宙を巡る、人の
思考ほど凄いスピードはない。UFOもかなわないかも。
首を左右に振るスピードで思索を振るのだ。止まるのもシャットダウンも自由自在。
足元の地球を見、我が足を見、続く富士を見、アルプスをみる。
そして宇宙に遊ぶ。もの思わせる一瞬が、山河にはある。
もの思う深さ、身を折り畳む寒さ、地獄の寒さが、思索に拍車をかける。厳しさは、歓喜に、比例する?

ーーーーーーーーーー
ーーーーーー
ーー
1月3日、晴れ。
Image1

朝の富士山。良い気分です。ひとかけらの雲もないと言うのも珍しいです。
写真は、2日、3日と小屋番サポートの鈴木さんでした。

Image4

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーー
ーーーー

1月4日晴れ。
今日は、舘さんのボッカ。
写真撮影に、Tさんがやってくる。今日は、雲もなく、南アルプスまで一望のもとに。

日中は、暖かし。

ーー
ーーーーーーーー
ーー
1月5日晴れ。

Dsc_3683_3

桧洞丸ならではの、原生林の日の出。この景色を観るには、木を求めて、移動しなければならないほど、昨年も24号台風で大木が倒れた。

奥澤さんの、撮影です。


ーー
ーー
ーーーーーーーーーーーー
1月6日、雲が多く散っている晴れ。
対馬さんが写メールを送ってくれました。
Dsc017821

剃刀みたいですね。
ーーーー
ーー
ーー
1月8日、雲が拡がり、予報に反して、寒い1日。


ーーーーーー
ーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーー
1月9日、晴れの予報で、今は星空。ポツン。

4時半過ぎました。5時半には、曇り。さて、太陽は出そうにない。
どっこい出ました。青空になったが空気がとても冷たい。風がないのが救い。
ーー
ーー
ーー
1月10日、晴れ。雲は、あるが、一日はれ。非常に寒い。毎日、このところ毎日凍結。

ーー
ーー
ーー

1月11日、晴れ。暖かい陽射しの1日。
雨のない関東、今日で14日かな15日かな?
ーーーー
ーー
ーー
1月12日、連休の始まり、予報では晴れ後夜は雪?次の13日は、晴れだそう?その通りに行けば、今季初めてまとまった雪が、降ると言うことか?
夜だけ降るなら、10センチかな?まるで御願いしたような雪景色が広がるか?
クッションマークの連打ですが、予報も七転八倒して、ゴロゴロ変わる。そこ
はたして現実は、如何に!

6時半、曇りです。ところが、昼過ぎ、陽射しがあり、北麓では春か?雰囲気。東京は、雪が降っていると言うのに
解らないもの。
それでも17時ごろ、フロントに、雨粒がーーーー。
山からはメールなし。ストーブ点けたり、食事の支度で忙しいのかな?
ーーーーーー
ーーーー
ーーーー
1月13日、夜中に雪、朝晴れ。
富士山が美しい❗


Dsc_3852_5

Image6


Image1_1_2
何の都合か、横向きで入りますね。この写真だけ!


Image1_2

雪が渦巻いて居るような、面白い写メールです。
鈴木さん、奥澤さんの撮影です。雪が降る騒ぎで中止した方も多かったですが、予報は当たらないので当日の朝に決めてください。と、助言して、毎度ながら、きたかたは、積雪2センチ。気温-7℃。素晴らしい霧氷を体験して、大喜び。
やれやれ❗

ーーーーーーーー
ーーーー
ーーーー
1月14日、快晴で暖かし。
朝は、霧氷がついて、大室山も、九合目辺りから真っ白。
ーーーー
ーーーー
ーーーー
1月15日、曇り、霧氷か雪か、


Dsc_3893_7


毎日、霧氷かな?
霧氷が散るのか雪なのか?
??突如吹雪❗
登山者、3名。早くおりましょ。
と、思ったら青空。

夜は突風。忙しない天気。

それに、驚いたことに昨日、梅の花が咲いた。
青根で、一月に梅が咲くとは、異常でしょ!
二月三月が普通です。不気味です。

20190115_170234

ーーーーーーーー
ーーーーーー
ーーーー
1月16日、快晴から、曇り。
午後山は雪。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1月17日、快晴、一日中日射しが強かった。登山道は、ところどころで豹柄の残雪模様。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1月18日、晴れ。一日晴れました。 
夜、地震がありました。弱い揺れで風かと思いましたら、千葉が震源地でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1月19日、晴れ。一日中晴れ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1月20日、雲が散っているが、晴れ。朝の内は桧洞丸から大室山にかけて、雲がたなびいていた。
昼から快晴。
雪は、北東に豹柄に残っている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1月21日、晴れ。一日晴れるかな?
風が吹きました。一日中晴れて、夜は立派な月夜です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1月22日、晴れ。
山の斑雪も、すっかり消えました。
冷たい風が時折、吹きました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1月23日、朝の内は雲がおおく、陽射し無し。昼前青空が広がる。昼過ぎ風が強い。
寒さ本格的。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1月24日、晴れ。一日中晴れたが、夕方は手のひらを反した寒さ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1月25日、あさはくもが散っているが晴れ。さて、雲が消えるか?広がるか?

20190125_143254
14時、山梨県道志川ぞいからの映像。雲か霧か、北面の谷筋には雪。
低い雲が、霧になって、霧氷の世界に成りそう。 
おっと❗
霧氷ではなくて、雪が降っています。
風がなく、暖かめ?大雪ではないので、ビックリするような
雪景色は、無いかもしれないが、霧氷は、綺麗だろうな!
流石に、小屋に着いたら真っ暗け。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1月26日、今日は竹ファミリーのボッカ。5時前で、まだ外を見ていないが、一応予報は晴れ。北麓も山頂も、寒い🌁⛄🌁(ギャラクシーにしたらこんな絵文字が内蔵されている。せっかくだから使ってみた)

半月が南東寄りの空に架かっている。
雲ひとつない晴れ。
そして、昼すぎまで青空が勝っていたが、雲が増え、ふわふわと雪がぱらつく。夜は最低気温が-12℃。朝晩はは冷えます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1月27日、未明の空に痩せた半月が架かっている。
今日も快晴で明け、昼すぎ崩れるパターンかな。
今日は、舘さんと先輩が石油と練炭のボッカ。
寒いので、冬は燃料の心配に明け暮れる。二人で70kかな。
林道の崩落が直らないので、矢駄尾根を日陰沢からですね。

災害日本、昨日は、熊本県と、青森県で小規模な地震が
あって、テレビで放映されていた。
ビクビクします。

今日は、一日中よい天気。風もなく、雲一つ湧かない。暖か‼️
泉夫妻が久し振りにきて、BBさん奥澤さん、今日のボッカの、舘さんに先輩と、にぎやか。
登山道は、犬越路に向けて、かなりぞろぞろ。
富士山の迫力に歓声( ̄□ ̄;)!!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1月28日、晴れ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1月29日、晴れ。日中の日射しは強く、暖かい。夕方は一気に冷える。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1月30日、晴れ。一日中晴れて、暖かし。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1月31日、薄曇り日中晴れ間山は4時頃から雪。
6時には、牡丹雪。ジャバジャバ降っている。1晩降ったら積もりそう。北麓は、23時2分前積雪4センチ。

ゆ桧洞丸の今日の天気 2018年12月

12月1日、日が替わる頃は霧。
3時、星空。夜景も、山脈も見える。細くもなった月は真上。
今日は1日良い天気。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
12月2日、4時半まで夜景がみえ、蛭ガ岳の上に、湯気の塊のような巨大な、雲があり、早く崩れるかな?と、思ったら、もう霧。
今日は1日、曇りと、霧でした。氷雨も、一時降りました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
12月3日、3時まで霧。3時20分の空は、星は見えない。山波は霧を絡めて、見える。中央線、藤野辺りの夜景が、うっすら見える。
予報は、薄色雲マーク。予報といえば、
昨日の予報は、大ハズレ。
相模原の天気は土日とも晴れ。初めは、 天気とくらす桧洞丸の天気がCランクだった。それが土曜日に、突然Aランクに変わった。アレアレ?両方晴れだから晴れだろ!と、思ったら何と!曇りで霧から。小雨がぱらく悪天候、寒さに震えて来る登山者、総👎ブーイング!
それは、そうだよね。天気とくらす、桧洞丸の天気が、Cだったのに、Bを飛ばしていきなりA。
誰だって気は確かか?ふざけるな。と、思いますよね。

さて、そんな今日は、
日の出らしき太陽が出現。然し、この雲の多さを、
どう判断するか?

Dsc_1295


なかなかの、雲でしょ❗
さて、気温は、いきなり+5℃。今時信じられない。
暖かいです。
只今14時、高曇で、丹沢全山見渡せ、真上の雲の色が
濃いので、霧でも湧くのでしょうか。予報さんには悪いけど、ランクはBですね。もしかしたらAかも。
誰も小屋に逃げ込まない、快適な登山日和です。
16時半、
同角の頭の北斜面を横切って霧が流れて来て、臼ヶ岳の裏を廻って蛭ガ岳の山頂にまとわりついている。雲の合間から見える青空も、5時に近くなると、グレーに変わってきた。昼下がり、風が出たがまあまあ良い天気の1日でした。
夜は、どうなるか?夜はどうでも良いわ!
昼間晴れれば。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
12月4日、日が替わる前から、霧。木から落ちる雨垂れの音、雨樋から落ちる、水の音。眠気を誘う音と言うより、降るならチヤッチャと、降れ!と、云いたくなる、気色悪い音!
仕方ない、我慢するか?

5時。霧。夜通し吹いていた風もおさまった。6時には、霧雨も止んだ。朝までの降水量は、1時間に、1ミリか2ミリという有様。
さて、日の出は如何に?
太陽は、出ませんでした。気温は、4℃。暖かい異常気象。
最高は、2時で10℃。朝止んだ風がずっと吹いていま
す。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー挿しは
12月5日、日が変わって、風が止んでいる。24時間、聞きたくも無い風の音楽を聞かせられ、
ピュウピュウ、ゴーゴー、ガタガタ、ほとほと神経が参った。外を見たら、何?!星!晴れるっての❗
1週間前は雨マーク?。一昨日辺りから半太陽マークになり、当日は快晴??はっきり言って、今の予報の技術力では、1週間前の予報は無理だよ。当てにする人間もバカだな!
検索を繰返しながら2時間経った。
稜線には、正確にいえば主脈には、雲がからんでいる。
この山なんだろ!あの霧の山とは、明かに区切れている。晴れて居すぎる。
2時半、面白い!と思い、北側を見ると、蛭ガ岳半分雲からでて、雨上りの凄い夜景。この頃パチッとした夜景が無いんですよ。霧、曇り、小雨。昨日博打的に蛭ガ岳に泊まった登山者いたら、ラッキーだった。スカイツリーが、点滅している。初めてみた。誰か確認して。2018年12月5日、2時過ぎスカイツリーが点滅掛けていたか?!
面白くなって
主脈と、主稜の違いを検索したら、主脈は葉脈と同じ、葉の中心をまっすぐに伸びた太い線。と言うことらしい。主稜は、高い峯と峯の、繋り。という事らしい。

さて、只今6時16分、濃霧。6時から晴れる予報です。楽しみに待ちましょう。
日の出はありません。30m先が見えません。
今朝の、最低気温は、+3,5℃。今日も暖かい。
最高は、10℃。

予報に反して、天気が悪いせいか、小屋の前を通った登山者四名。
その内2名は、チップ金の両替。
彼ら、口をそろえて言うには、
『開いてて良かった~!昨日で小屋閉めと、ホームページに書いてあった!』
度肝を抜く御言葉。どこのホームページなのか!何時のホームページなのか!?!?!
当事者も知らない名言だか迷言を吐きながらきえた。問い詰めて見ると、判然としない。昨日遅い時間で、こんな時間に、非常識と、思って電話掛けなかったです。
夜中に電話掛けて、両替してくれるか聞きたかったの?
確かに非常識ですね。でも、たった今、ありもしない事を、言って小屋番を脅して?両替して消えるのも、相当非常識かも。
疲れる😣💦⤵。

ネットの、問題では、2~3年前、
『この小屋は、悪徳商法だな!泊り4000円と書いておいて、6000円も取るのか!』
と、凄い剣幕でごねている。
説明しても、分からない。
そこで、調べて見ると、
『丹沢の山小屋』と言う、サイトで、記載者の、姓名、所在地、目的など明確にされず、最終更新日の記載もなく、30年近くも、放置されたサイトだった。
他の山小屋も、料金、内容ともズタボロの間違った時代遅れ。確か魚拓は録った。

わたしも、昔、検索もできなかった。然し、これからの老人は、ネット社会にことさら、乗るべきだ!
と、叱咤され、パソコン教室に通って早、10年。ホームページを立ち上げたと、いえども、ムカつくほど変化して行く、IT社会に乗りきれるワ~ケがない。それでも、そこは、金と暇をかけた価値はある。無いよりまし。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
12月6日、小雨、後、霧雨、後、霧。止んだり降ったり。今日も、気温はたかく最低気温は、+3,5℃。最低気温は、12℃。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

12月7日、霧はとれたが、ういい雲が
びっしり。山波は見えるが、夜景はモヤモヤ。もうすぐ6時になる。
気温は、+3℃。スカイツリーが点滅している。
あのタワーは、やっぱり大きい‼モヤッタ街灯りの中で、分かるものね。この先、ずっと点滅するのかしれない。
日の出は、どうかな~?2日、グレーの霧の中にいたら、飽きた。太陽は、飽きないのに、何で雨霧は飽きるのかな☀
9時半、陽が射してきた。
風もなく、温暖な登山日和でした。最高気温は、10℃。でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
12月8日、日が替わる頃、風の音で、目が覚める。
窓を明けて見ると、風雨。夜景が光り、通り雨かと思えば、1時間も続き、吹いている。雨は1時でやんだ。
天気とくらす桧洞丸は1時間前に削除される仕組み。
なかなか、策士。あたらない!と、言う現実を避けられますね。
相模原の天気のヤフーのページ、ウェザーニューズは、月マーク。突風を予測出来ないのかな?
30分で攻めてきた霧も消え、叉、夜景が光り出した。が、風は止まない。南西の風です。
快晴予報の土曜日が、荒れますね~。
さて、改めておやすみなさい。

と、言う訳で、日の出なし、霧。山の予報も平地の予報も、総なめ外れ。それでもまた、Aランクで頑張っている。登山者のブーイングが聞こえてきそう。

夕方になり、霧の動き有り、霧氷が着いた。
山の予報は、相変わらすAランクで頑張っているが、蛭ガ岳の山頂に黒トカゲみたいな真っ黒なへんな雲が這いつくばっているし、分からない行方です。

もうすぐ20時、外を見ると、星空、星のふりして、夜間飛行が点滅する。霧の中の点滅は、蛍かと思う、時に幻覚かと、一瞬考える。
日の出まで、10時間、長いね~。
雲が厚く、日の出はなし。やがて晴れ間も広がり。登山日和となる。
夕方、粉雪がぱらつく。地面が白く成る程は、降らない。
夜景が綺麗でしたが、霧に隠される。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
12月9日、
日が替わる前から、夜景、星、山波が見える。風もなく、このまま日の出にこぎ着けるか?昨夜から気温が下り始め、1時、
-7℃。今季最低気温。しかし、風が無いため、ビリビリした寒さはない。
霧氷が着いている。昨夜の霧が霧氷になったまま寒いため消えない。風がないので、貧弱な霧氷。

Dsc_1300

昨夜の、霧の中の霧氷。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
12月10日、5時の空は、霧。気温、-7℃。
明るくなって、外を見ると、アラレが降ったらしく。
地面が斑に白くなっている。
何時にふったか分からない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
12月11日、5時の空は久しぶりに星空、と言うより月が目立つ。月?月はどこ?星!凍った窓ガラス越しに見ると、明けの明星が10倍にも輝く。登山者が無理に戸を開けると壊れそう。どこもかしこもガチガチに氷り着いている。と、言って、開けないでいる。
夜景も山波も見えて日の出.が望めそう。気温は、-10℃。最低気温を更新中。
9時から雲が増えて、1時、空が暗くなるが持ち直す。
午後4時、雪がふる。積雪量は1センチ未満。
夜になって、気温が高くなり、木の枝から溶けた霧氷の塊がガラガラと、音をたてて落ちる。
20時、雨になる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
12月12日、霧雨。5時の気温は、0℃。
昨日の雪は夜通しの雨に豹柄です。


Dsc_1313_4

7時の影像です。

霧や小雨が続きましたが、11時頃から晴れ間あり、山波も見えて来ましたが、夜は叉、霧です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
12月13日、6時の気温は、-4℃。霧。Dsc_1302_5

7時の影像です。
ほぼ1日霧の中。時おり粉雪がばらつき、
寒い1日。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
12月14日、未明の空は、星と、夜景。
久しぶりに日の出が拝めるか?
風の音がする。窓が凍結して開かない。
叩いても駄目。こりゃ相当厳しいよ!
従って4時半の気温は、不明。

さほどでもなかった。-7℃。
立派な日の出。登山者も大喜び。
それ以上に小屋番が、うれしい。
本当に久しぶりの快晴の朝、小屋番バトンタッチの日‼
今日の登山者は、山頂直下の展望地に富士山を見に行ってなかなか、帰らない。
日の出に映える、霧氷か美しい。寒いから溶けない。
散々写真を撮る時間も過ぎて、まだ帰らない。
多分感動の時間外をが長引いているのでしょう。
帰ってきた彼らを待ち構えて、ペンキ塗り完了の看板掛けを手伝って貰う。

Dsc_1324

霧氷が
綺麗です!
朝日に映えると一段と
鮮やかです。
Dsc_1329

かなり四苦八苦。

F1000543

お礼にコーヒです。

F1000544

厚木市の消防士さんでした。
写真を公表しても良いそうです。久しぶりにお客さまの写真がでました。
消火も人命救助。看板掛けも、老人救助。
みーんな人助け。
ありがとうございます。


Dsc_1343_2

この人たちを待って、小屋番延ばして良かった。
看板のお蔭かな。

今日の富士山は、綺麗でした。桧洞丸の積雪は測ってはいませんが、1センチあるか?日陰に朝のうち有りました。
下りには、滑り安いかな?

夕方冷え込み、
叉、霧氷が成長しました。
20181214160353

です。

然し、ゲートの鍵が、何とか、なりませんか?

逆さまになって見ないと、
ワケわからない鍵です。
山歩きでセーフだった脚が、へんな体制で、バリバリ吊りまくり。無事に家にたどり着くか心配。ゲートの鍵握って遭難してもな、お笑い取りたい小屋番でも⁉
この鍵は、逆さまになるのが鍵+鍵なんかな?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
12月15日、晴れ。良い天気です。
今日は、御ひかり隊の到来でにぎやか~🎵

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
12月16日、朝は晴れ。直ぐに霧になり、霧氷がびっしり。強風が吹き、散った霧氷で雪が降ったような有様。暖かい11月と、12月の始まりが、まるで落とし穴に落とされたよう?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
12月17日、雨。
後、晴れ間。気温上昇。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
12月18日、早朝の空は、星がイッバイ。予報によれば、暖かくなる1週間とか?寒暖の差が激しく、不気味ですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
12月19日、晴れ。日中曇り昼過ぎ晴れ。

ーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
12月20日、晴れ。
一日中、温暖な日和。大分月が丸みを帯びて、夕方の空に架かっている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

12月21日、山の夕方はマイナス2℃で、富士山の、夕陽が素晴らしく、月が煌々と照っています。


20181221_221804

23時半、空を見ると鱗雲をてらして、明日辺りが満月かと思う丸い月が、煌々と光っている。
もうすぐ明日。直ぐに、日の出の時間になる。
いい天気でありますように。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーー
12月22日、土曜日、早朝、明けの明星がバッチリ輝いている。??
たった今、見た予報は、雨の最中の表示、関東も狭いようでひろいけど、横浜からきた、竹ファミリーは、晴れと!
これから、静岡、山梨と、通って行くけど、関東は何処よ?

ここですよ!

ある山仕事の職人さん、もっと真面目にやれ!と、言いたい!
笑ってしまう。

その天気予報を確認すべく、又、外をみる。雲も消え、完全に晴れ。と、報告します。
予報で中止した登山者の方は気の毒。
私は予報は、当たりません!と、ハッキリいった!
今季、山に40日いて、本当に当たらなかった。
当たらないので、当日の朝、決めてメールを下さい。と、言って山に来た人も、数いた。


天気も、山状況も、よく言う山勘が必要。
観察力とプラスアルファ。風、雲、音、匂い、空気、ありとあらゆる感を駆使して、第6感やら、7感やらを研ぎ澄まして、山に向かう必要がある。
事故、遭難に遭わないためにも。

ところが、
11時、消えた雲が、拡がり、時々小雨。モヤモヤ暖かく、春のよう。山は6℃と言う有り様。

ーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーー
ーーーーーーーー
12月23日、曇り、霧。今日は残念。明日に期待。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーー
ーー
12月24日、月曜日の朝、5時の空は月と星で、物陰がくっきり。
予定通りの、快晴が目の前に待っている。
素晴らしい日の出を満喫してください。
何よりも嬉しい山の快晴。近年にない連休の晴れです。
日中の気温は3℃、夕方はマイナス2℃で、割合温かい。

北麓では、午前までポカポカ、昼好ぎう、1時半頃から冷たい風が吹く。ココウゲの稜線が、よく見える。
何ごともなく、無事連休も、終わり、
皆さんも、元気に家路に着かれたでしょう。 
夕べの月に星。今日の快晴と、最後の休日が晴れてなによりでした。


20181224072210_2

迫力の富士山をお土産に
皆さん歓声あげて大満足❗
今日の日にありがとー😉👍🎶

〰️ーーーーーーーーーー

ーーーーーーーー
ーーーー

12月25日、朝、山頂付近は、霧氷。
白い雲の間から青空が見える。晴れと言えるかどうか?10時すぎ、青空が拡がり、これは晴れですね。
ーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーー
ーー
12月26日、曇り後晴れ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーー
12月27日、はれ。朝晩寒し。すごい星空。

ーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーー
ーーーー
12月28日、寒い朝。風が吹いている。
竹ファミリーのボッカ、奥澤さんも登り、
やや、正月休みの気配。
富士山が寒さでピリピリ光っている。

Dsc_3470
奥澤さんの撮影です。

明日も良い天気!もうすぐ新年。昨日の今日は、何も変わらないようにして、変わって行く。

ーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーー

12月29日、晴れ。昨日ほど風が吹かないで、楽。
お天気が良いと、通行人?が多いな~。
ーーーーーーーー
ーーーーーーーー
ーーーーーー
12月30日、晴れ。

Dsc_3502_8

天気が良い、珍しい年末。
景色は、天国、寒さは、地獄!

ーーーーーー
ーーーーーー
ーーーー
12月31日、平成の12月は、終わっても、5月まで平成でいるのでしょうね。

人は、自分が作った規則?に、かなり左右されて、いきるよね?

今年、最後のボランティアは、ワイヤーの回収でした。
これは重労働。奥澤さんの、功績。
コツコツ凍結した土を砕き、半埋まりのワイヤーを回収。
山を知らぬ人は、
なにを酔狂なと、言いそうだが、まとまった時間がなければ、
出来ない作業。貴重な休みを奉仕しました。感謝一言。

BBさんからも挨拶があった。
2週間に一度、20リットルの水道水を運んでくださいました。
どんなに助かったか!
倉庫製作の泉夫妻、不思議なご縁でした。
おかげで大掛かりな整備ができました。
柱切りの剣君、地均しの塚崎さん舘さん鈴木さん。解体、束石の平井さんたち、柱繋ぎの眞田さん、柱たての飛田さん奥澤さん。ブロック運びは私、とりあえずの測量。ペンキぬり。下手な監督。意志伝達がならず滅茶苦茶。
良く此処にたどり着いたものだ。
丸一年11月20日、泉さん最後の仕上げ。
私は役目を終えて、下山の予定が、結局 40日滞在。方法の低で?バトンタッチ。

色々有りました。

やっぱり最後は、ありがとう!でした。


Dsc_1329_2

最後の霧氷。
未だ居ようかと、思わせる、寒波の華。

Dsc_1322

山小屋も、ありがとう!看板も、すっきり!

2019年1月10日 (木)

桧洞丸遠望…山中湖

桧洞丸から富士山を見ると、山中湖が見える。と言うことは、山中湖から、桧洞丸が見えると、言う事だ。
山中湖には、散々行っても、気にした事がなかった。
今度、ついでに見てみようと、行ってみたが平野からは、手前の丘が邪魔して見えない。反対側の岸辺の旭ヶ丘に周りこんで、東を見ると、予想以上に小さく山塊が見える。

20190105_151633_014

おまけに、ギャラリーだのアルバムだのと、まぎらわしい表示の中にストックしている写真が表示されなかったり、携帯も、故障だの、システムの変更だのと、操作が変わる。

頭の体操レベルではない。過労に拍車が掛かる。目玉も腐りそうでルティン買ってきて呑む。


Dsc_3641


そうこうするなか、奥澤さんに話すと、三国山から撮った丹沢山塊の写真が写メールで来た。流石大きい。
一番目立つのは、熊笹の峰の大きさ。壁のように立ちはだかる。道志街道がら見ても、この山は巨大。
岩山で、北丹沢ジャンダルムみたい。大雪のときは、並みいる猛者が、撃沈した。

20190105_131349_2


全く、山より山だ。

最後は、すっかり雲の消えた、富士山を見て帰った。暖かい1日だった。
切通峠から見ると、良く見える。と、登山者が言っていた。
さて、いつ行くか?

流石‥赤十字

2年間、野外卓の修理と、大雪に寄る山小屋の雪おろしで、傷だらけの屋根のペンキ塗りをしたために、
できなかった寄付を再開した。

Screenshot_20190109062154_internet
暫くしたらこんな封書から、こんな領収書が出てきた。
ビックリ。
毎年、やっていて、初めてみた。今までは、募集を募っている、県や市に送っていた。今回は、局員が
『赤十字では駄目ですか?色々あって探すのがか大変です。』と、いうので、こうなった。
小さな振り込み用紙だけより
『ん!そうなんだ❗』みたいな気になるから不思議。

色々な、災害が起きるが、福島から、気持ちが、離れない。
原発問題は、土と空気が続いている限り全員の問題だ。問題は、なにも解決したわけでない。
次々と問題が起きている。
目の前に手で触り、目で見る物でなければ、関心が薄く、闇に葬られていくのか?
私一人が騒いでも、とうにもならない。私一人が百万居れば、白が黒に変わるのか?
もしそうだとしたら、ひとは、全員始まりの一人になるべきだ。

« 2018年11月 | トップページ | 2019年2月 »

最近のトラックバック

カテゴリー

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ