« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月

2019年10月 1日 (火)

丹沢:桧洞丸の今日の天気―'19.10.1~

10月31日、薄絹のような雲がひいているが、晴れ。窓に露がびっしり・・・・。季節を感じる。

さて、今日はどんな天気に移行してゆくか???

-----------------------------------------

-------------------------

10月30日、快晴。早朝は寒い。納得の気分。今日明日で10月も終わり。やれやれという気がする。道路の崩壊でやれやれは現在進行形なのに、この大変な台風月が、早く過ぎてくれれば、安楽に向えるような気がするから、不思議。

さわやかな空に、昼頃は雲が広がる。雨が降ることはない。

--------------------------- 

-------------

 

10月29日、小雨。記事の編集を1時間もして、クリップボードが使えないとか、記事はドロン。

夜、濃霧。

-------------------------------------

------------------

10月28日、晴れ。

BBさんの情報によれば西丹沢の通行止めは解除された。

めざましい復興です。北と違って被害が少なかったということでしょうか。

青根の住民は三ケ木方面に出るとき、狭い道をびくびくしながら迂回します。自分の話ですが............。

台風以後、その前からですが、道志ダムを久しぶりに渡ってみました。地響きを立てて放水しています。水煙に息をのむ。

思わず立ち止まって、写真を撮りました。水は上から波紋を伴って流れてきます。流れてくる分を放水しないとたちまち満杯です。

いつもは、うえから見て、左から放水するのですが、今日は右から放水しています。ダムから下の水は少なく、川底がえぐられたような感じで、左右の岸の岩が黄土色にむき出しです。ダムは堆積土砂が限界状態に一杯です。

然し、考えるまでもなく、あの被災地の土砂災害。すべてあの土は山から野から畑から流れていったものです。

山を抱える木の倒壊、枯れ死。地肌を守る草の消滅。空を渡る雲の流れ、酸性雨。異常気象。生き物による山の破壊。人間も含めて。

山は、野は、水を蓄える力を失い。鉄砲水となって、舗装道路を下る。舗装道路。なんと便利な道路。何もかも固めて水がしみていかないと思ったりする。

然し、この便利さを失わないために、我々はなにをしなければならないか、我慢する必要もあることは確か。然し工夫や、対応、前進が課題。何よりも、前に、自覚することかもしれない。それでなければ、進めない。

@@

後記編集だけれど、あの、テレビで連日放映される水と泥流の被害。人々は堆積した土との戦いをした。2019年10月12日被害の19号台風は人の命も奪った。では具体的に何をどうすればいいかということになると、いつも、具体策は出ない。然し、一昔10年前のころ、自然保護を取り入れた企業が、何回か檜洞丸を訪れた。決まって雨の降る夕方や明け方だった。彼ら2人ぐらいで移植ごてを持ち、雨が降って山の斜面を流れる水の目を読んで、水切りして歩くのである。これも昔、あるドラマで、水を治めるものは国を治めるという言葉に出会った。転がる小石を手を出して思わず止める。山を歩きながらささやかともいえる道の整備。土砂の事前防止。その初期段階に着目しているのである。

地道に耕作する農夫の尊さ。何もかもセメントで固めないで、毎年、畦畔を刈る人々のありがたさ。さやかな行いが山をも崩したり、人に恩恵を与えたりする分かれ目を作っている。何に着目するか、国はそれによって決まるかもしれない。

 

--------------------------------------

------------------------------------------------------------

10月27日、晴れ。

今日も、桧洞丸は、良い景色。

 

 

ーーーーーー

ーー

10月26日、曇り、晴れ間広がる。

久々に綺麗な映像です。

Dsc_7296

奥沢さんの撮影です。

ゴーラ沢が心配でしたが、水嵩はなく、難なく渡れました。

富士山は、雪です。

ーーーーーーーーー

ーーーー

10月25日、雨。

5時が本降り。14時、小降り。強風はなし。

千葉県、高滝ダム17時半、緊急放流の、報道。然し、結果、放流せず。何よりです。立て続けに、千葉の災難です。

さて、神奈川県、相模原市緑区は、21時過ぎ、北麓の空に、星が出始めました。

明日の予報は、晴れとか。

ーーーーーーーーーー 

ーーーー

10月24日、霧。雨。

ーーーーーーーー

ーーーー

ところで、ある山小屋で、台風後の、桧洞丸~蛭ヶ岳間が、確認出来て居ないと表示されていますが、17日アップ。その、山小屋、秦野ビジターセンターや神奈川県自然環境保全センター公園課などから、問い合わせあり、20日に偵察、通行可能の報告をしています。色々な、都合があるでしょうが、電話番号は、地図にも載っています。歩く必要があれば、電話して下さい。

@

@

10月23日、晴れ。洗濯日和、登山日和、農業日和。さて、どれにするか?

 

ーーーーー

10月22日、未明から雨。雨足強く風を伴う。四時半やや落ち着く。

これ以上被害が及びませんように。

水も怖いが、風も恐ろしい。

無くてはならない、水の有り難さ、有り難さと迷惑は、紙一重。

大切にしなければならない、水元を、お粗末に生きたから…。

本日は、国民の祝日。即位の礼。

テレビは、その映像で持ちきり。

天皇は、水の研究者。相次ぐ台風。

雨の中の式典で、天の啓示か、緑と水の関連の研究をして頂きたい。

ーーーーーーーーー

ーーーーーー

 

10月21日、霧、曇り。

最新被害情報。

Kimg1757_1

桧洞丸から蛭ヶ岳間

Kimg1763

鎖場

写真提供は、館さんです。@

 

次は犬越え路、橋は全部流されています。

Img_20191020_213013

用木沢犬越路間、崩落です。

Img_20191020_212945

2ヶ所あります。やや山手に登って、トラバースします。

偵察は、先に眞田さん。20日、日曜日の奥澤さんBBさんです。

写真提供は、奥澤さんです。@@

次は、公園橋から石棚山~桧洞丸です。BBさんの偵察です。

Kimg0566_20191021133201

問題の徒渉地点です。

Kimg0578_20191021133001

山手から公園橋にむかって、パチリです。

その後、桧洞丸の山頂まで、従来と、変わりなし。勿論問い合わせ有りました、テシロの頭も異常なし。

写真提供は、BBさんでした。@

@

さて、一番気になるツツジ新道です。

特記すべき変化無し。@@

その他

姫次から、神の川まで。

異常なし。

神の川林道は、県道76号のことですが、崩落、土砂崩れ。

箒沢林道は、陥没あり。山北~藤野線の続きです。

Kimg0594

車が1台おちています。山北藤野線県道

76号線です。

Kimg0593

目に付く場所がら、写メールが飛びかっています。奥にはキャンプ場があり、片側からジャンジャン通っています。

台風です。

気をつける一語に尽きますね。

 

今回の台風後にあたり、登山者他、方々から問い合わせが、有りました。

ツアーの登山者もいて、身の安全を考え、超健脚の館さんに、話しました。ボッカがらみの偵察ですから、大変です。陥没、土砂崩れの神の川を乗り越え、小屋で荷を下ろして、蛭ヶ岳に向かい、袖ひら、風巻、神の川林道、青根の到着です。

20191020084146_1

凄い土砂崩れ。

20191020082738

陥没。

20191020083606_1_20191021151101

乗り越えて〰️。小さな白い点がガードレールの上に見えます。白いビニールで、雨避けに、荷をくるみ、悪路を乗り越えて行く、館さんでした。

分かりにくいです。

20191020083236_1

ここで、THEエンド。此れから歩き。

Kimg1746_20191021173501

凄い泥流。

Kimg1747_20191021174001

日陰沢公園橋。

又、此処を帰ってきた。

偵察は、大変です。超健脚の館さんに声をかけたら、ボランティアの皆さんが、どっと発動しました。此にはビックリ❗

青ヶ岳山荘では、精鋭に恵まれていることを改めて感謝しました。

久々にメールを乱発信。共に山のボランティアをしている気分でした。

長いこと山と、登山者の為に、つくしてきた彼らだからこそ。

大雪の、トイレ道掃き。トイレ入り口の台風で倒木の撤去。伐採。土嚢積み、草刈り、経験と、学習と、勘と根性と、何より体力有っての賜です。心が有っての賜です。

改めて深く感謝します。

―――――――――

―――

10月20日、日曜日。霧、晴れ間、霧風。

館さんのボッカ。

登山道偵察。桧洞丸から、蛭ヶ岳。

BBさんは、公園橋から石棚山、桧洞丸山頂から、犬越路方面。奥澤さんが再度ツツジ新道ゴーラ沢確認。全て通過。詳細は、明日。

偵察者は、青ヶ岳山荘ボランティア部員。写真、詳細は、明日。

これで連休も、だいなし。

――――――――――

―――――

10月19日、小雨、霧、曇り、薄日と、変わっています。

早朝エリアメールが、けたたましい音で大雨の警戒解除。

警戒と、解除は、音を変えても良いのでは?

―――――――

――――

10月18日、濃霧、雨。冷えこんでいます。

―――――――――

――――――

10月17日、曇り、霧、雨。

眞田さんが犬越路偵察です。

犬越路に向かう木橋は、全部流され、崩落が、2ヶ所あり、危険です。コースを選択して、登って稜線に出て小屋まで、異常ありません。

と、言うメールです。

崩落地点の写真メールを挿入しましたが、何が原因か、所定の場所に、入らなくなりましたした。以前のように最下方にアップされています。

眞田さん情報、有り難うございました。

11月の連休に向かって、登山計画の皆さんは、大変役立つと思います。

――――――

10月16日、霧、小雨。気が滅入る天気です。

続々と偵察のメールが入りました。

BBさんからです。

中川から、西丹沢の通行止めは、解除になりました。神の川方面は、Tさんに任せ、私は石棚山の偵察にむかいます。

 

と、言うメールです。

竹ファミリーも、石棚山に向かうかもしれないです。残るは、犬越路ですね。

―――――

――

10月15日、早朝は、晴れ、曇り、霧。

今日は、どんな天気になるのでしょうか。雨。曇り、雨。

413号線に、大雨による土砂崩れで、全面安通行止めが、県道76号線との分岐点にゲートが敷かれています。

林道は、音久和の集落地点で、泥流があり13日には、行けなかったが、神の川キャンプ場で、経営者が川に流される事故があり、ダムとキャンプ場をヘリコプターが、3時半ごろ、往復していたが、遺体は、昼頃発見されたそうです。

残念な事故です。

捜査の車などが多く通り、現場までは行けると思います。

登山者から、蛭ヶ岳~桧洞丸間の登山道の状況の問い合わせが、丹沢山に、宿泊している登山者から、14日、問合せがあり、青ヶ岳山荘では、ボランティアが西丹沢から、桧洞丸まで視察しましたが、それは、13日のブログに、記載しています。桧洞丸から蛭ヶ岳には、時間の都合で、向かって居ません。

又、神奈川県から、宿泊者の安否、トイレの様子、石棚山の問合せがありましたが、当山荘のボランティアは、ツツジ新道いがいは、手が回って居ません。ツツジ新道は、崩落があります。通れないことはありません。

ビジターセンターの近くの道が、崩落しています。車は、通れません。

箒沢も、土砂崩れがあり、バスは、中川辺りまでのようです。順次回復すると思います。バスは、新松田の営業所に、問い合わせですね。

桧洞丸から蛭ヶ岳間は、20日に、当山荘のボランティアが視察に、行く予定です。神の川が通れないと、青根から姫次に入ることになりますが、姫次方面の最奥集落も、土砂崩れがあるので、まるっきり歩いてバス停まで周回となると、出来る人は、館さんしか居ません。

林道も、山か谷かのようになっているかもしれないので、苦労するでしょう。ショベルカーが入らないと、大変です。

稜線は、風がなかった台風で、倒木がなく、被害はないのですが、大雨で、谷になる部分が、凄いのです。鞍部、峠、えぐれた登山道が、滝に変わる。あっという間に山を崩す。

ヤマレコ見ても、今のところ、対象外の役に立たない物あり。

別のところは、9月の情報を載せていて、びっくりさせられたり。

いずれにしても、自分で見に行けないので、20日まで我慢です。

――――――――

――――

10月14日、小雨。降ったり止んだり。相模原緑区でも台風19号の被害が、じわじわと明るみに、出始めた。停電、断水、土砂崩れ、行方不明。通行止め。

―――――――――――

――――――

10月13日、日曜日、台風一過の快晴。

早速偵察BBさん、と、奥澤さん。丹沢偵察、大変小屋の写真を送ってくれました。

有り難うございました。 

小屋は無事。建って五十数年、たった一度も風の被害を受けたことがない。風を避ける場所。大丈夫だろうと、思ったとおり、大丈夫だった。

20191013_153011_20191013155101 

ようやく写真挿入完。

台風被害は、丹沢のお陰の青根は無傷。

少し離れた、林道や、国道は土砂崩れの被害。復旧作業に、動いています。

電気水道が、止まらず、有難い限り❗

と、喜びも束の間。地域によって停電。断水。通行止め。

人は、大変です。逆境によわい。

最初から、逆境に生きる山の花は、まるで、風呂上がり見たいに艶々しています。

写真が指定の場所に入らず、最下段になる

台風のせいかな❔爆笑😆💣✨

 

 

 

――――

――――――――――

10月12日、雨。雨足に強弱あり。

未明強風あり。

台風の上陸は、予報通り、夕方か?

――――――――――――――

――――――

10月11日、雨。一日中降ったり止んだり、濃霧。

ここ数日、19号台風の予想で、大騒ぎ。記録的、大型で、強力とか。又、山の木々が折れ、オーバーユースの登山道が、雨を集めて、川となり、滝となり土を堀込み、削り、木の根を拐い、倒し、水源を破壊する。一番恐ろしい、オーバーユースの二次三次の被害。

そして、放置し続けて、破壊が進み、だんだん手に終えない状態におち、一番経費が、掛かる事態になってしまった。

青ヶ岳山荘のボランティアが、ボツボツチビチビと、牛の歩みで、歯をくいしばり汗水流し、木の根に土嚢を積んでも焼け石に水。無念に尽きる。目に見えない大気汚染も。じわじわと攻めてくる。

この山は、いつまで、我々に水と空気を送り続けてくれるのだろう?

オーバーユースと言えば、山を破壊する人間が、登山者が、如何にも悪いように思われるが、心身の保全の為、やまをめで、いたわり、感謝して自然と触れ合う登山は、人の生活で切り離せないものがある。

つい最近も、久しぶりに、松⚪⚪さんに会った。痩せている人で、奥さんの看病疲れか、とても弱っていた。最後に別れてから、2年以上は経つとおもう。一瞬、人違いかと思った。痩せていた人が、がっちりして、一回り大きくなったように見えた。表情は生気に溢れ、ビックリした。

事情を聞くと、癌が発見され、手術をして、医師に、肺活量を上げる為、山を歩くようにと言われ、鎌倉の公園から、歩き始め、桧洞丸に登るまで1年半掛かったと、言う。

「最初は、辛かった。全然歩けなくて」

此方は、言葉がなかった。

山は素晴らしい。万能薬だ!と、頭で思っても、こうして現実を見せられると、ぐうの音も出ないのだ。

病んだ人間を、癒すのは、自然の力だと思う。

会社の為、家族、自分の為に働き続け、漸く定年後、山を歩く年配者の、足元を整えてやることは、山を守る事でもあり、かさむ医療費をの削減にも繋がる大げさに言えば、今正に、国家一大事業のような気がする。

お恥ずかしい話が、具合悪い人間は、山に来るな!遭難騒ぎは迷惑だ!短絡的に結論付けていた。

然し、違うと、今更ながら思う。山を守ることは、人を守ること。

しみじみ思う。憂さ晴らしに山を蹴散らし、走る登山は、止める事。健常者は、細い尾根道でストックを使わないこと。山が傷むばかりでなく、転んだ時、とっさに手を使えない。

山に何故神社をまつるか、考える必要があるかも。

 

――――――――

―――――

10月10日、晴れ後、雲おおし、霧、夜には雨。

―――――――――――――――――――――――――

10月9日、快晴。

―――――――――――――――――――――――

10月8日、日の出あり。

20191007054410_1

やっぱり綺麗‼️

霧で何も見えない。帰る。と、斜めのお客様。日の出をみて、ご機嫌が直り、予定の縦走に、出発。小屋番が知らせに走った時、素直に、出て来ていただけたら、もっと凄い赤だった。

もたもたして、小屋番もシャッターチャンスをにがしてしまった😵💧

それでも、この程度の綺麗です。

然し、気温は、急に下がり、朝は5℃、寒いです。

―――――――――――

――――――

10月7日、曇り、きり。はれ。

変化激しい。

―――――――――――――――――――――――――

10月6日、日曜日。小雨、霧。曇り。

肌寒く、漸く10月の気分。

 1日天気が悪かった。晴れ間もあり。

今日は、館さんのボッカ、カツニイの見回り。雨模様の中、ご苦労様。

お客様は、T先生のお仲間です。

20191007_055614

楽しい仲間‼️エネルギッシュ❗

――――――――

―――――

10月5日、快晴。

竹内ファミリーが、ボッカ登山。

なんと気持ち良い朝でしょう!

山は予想通り、日の出がバッチリ‼️

――――――

10月4日、朝は雨☔。後、9時には晴れ。山は霧。晴れ間あり。霧も流れる。

暑かった。

夜になって、霧が取れ、星と、夜景が、ピカピカではなく、ビカビカ、グラグラ光っています。……寒!

明日は目も眩む日の出🌄!

――――――

10月3日、晴れ。連日のはれ。

関東は、このところ雨が降っていない。

ヘッジトリマーの働きが、途中。

 

20191003_143236_20191003143601

20分しか電池がもたないので、ご老体には、丁度いい時間。完成まで、何日かかるか?

何日係ろうとも、やってくれる人が、一番尊い。30年も、やってきた。垂れ桃の大木が、去年の台風で、胴回りから、捻れて折れた。

一抹の寂しさと、共に、ほっとしたのが、不思議だった。

然し、毎年木に登り、枝伐りするのが大変になっていた。なんたって、脊柱管狭窄。じわじわ回復して、まだ生きてる。館さんに、一度伐ってもらった。30年、の苦労!充分だ!と、言う気がした。

然し、全部木を切る気にならないい。種まいて、40年も育てた樹も一杯ある。

それは、その人間の歴史だから、ひとには、分からない。

 

午後、山は霧が出る。

夜中、風が出て雨が、パラパラ。明日の朝は、雨の予報が、早々今日のうちから降り始め。

――――

――

10月2日、晴れ。真夏日。

2時半には、まだトンネルは、開通していなかった。帰りには、開通。午後5時。

然し県境側の山手は、まだこんなで一方通行。大変です。

20191002_215602_20191002221001

トンネルの名前は、横山隧道だったかな。通る瞬間、感動的。

なんとなく、大変だったよね。ご苦労様見たいな………。

 

台風18号が、沖縄とか。関東は、進路を免れると言うが、被害を受けるところは大変。

413号線の、この決壊も、去年の台風被害だった。

――――――――――

――――――

10月1日晴れ。

朝晩、涼しい季節になったかと、事務所回りの、草刈り?と、言うか、庭木の剪定をしましょうと、ヘッジトリマーを出してみたら、断線か、掛からない。

コードは、大丈夫だと、思い本体を分解してみたが、異常なさそう。

じゃあコードだな?と差し込み口にさして、他の電気部品をセットしてみたら、点かない。

やっぱりこのコードのどこかが切れている。散々使って、あっという間に、ヘッジトリマーの歯で、コードをプツン❗

その度に繋いで、カラフルなコードに変身。

20191002_094102

こんな。

満身創痍。何年も使ったからね。

さて、困った。本体を元に戻そうてするが、左右の部品が噛み合わない。悪戦苦闘を少々して、諦め、コメリに持って行き、見積は無料と言うので、頼んで、ついでに、コードレスの小さいヘッジトリマーを買ってきた。

20191002_095240

軽いけど、電池入れると其なりに重い。何より、ずっとスイッチを押し続けていなければならないのが、かなり、負担。

試し伐り。

 

ジャングルのような庭が、さて、⁉️

今日は、スマホのアンテナが、立たない

20191013_211233_2019101321290120191013_211011

 

 

 

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

最近のトラックバック

カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ