ペット

2010年10月 7日 (木)

不思議な金魚

 貰ったヒメダカ、ドジョウ、コメットサン、と言う名のキンギョかな?

色々有ったのに、長い歳月でとうとうどれも居なくなった。悪餓鬼に

突き殺され、猫の餌になり・・・水換えで行方不明にし・・・あーぁー

こういうものは、金を出して、買うべきものではないと、思っていた

が、ちょっとつまらないかなと思って、コメリに行ってコメットサンと

朱文金とか言う小魚を買った。最初は、一匹一人でさびしいのか

悠々伸び伸びなのか生きていた。それでいいものを、人と言うも

のは馬鹿なもので、仲間を増やしてやろうとばかりに、近くの方が

上げるというので、貰ってきて、瓶の住居に放し入れた。

Img_1198

ところが、どっこい!もらってきたキンギョきっとコメットサンという

物だろうが、先住者を追い掛け回し、くっついて泳いで仲がいいね

、などと馬鹿な事を思っていたが、何の事ない先住者はチビだった

せいも有って、ストレスでか、死んでしまった。ショック!。それがわ

からず又買ってきたら、又同じ事がおきた。?????!!!!。

これはいじめか、雄雌の葛藤だ!。と思って同じような大きさを買

ってきて入れた。仲間殺しのボスが一番上のお方様。次の朱文金

とか言うものが真ん中。これも散々ボスに追いかけられていた。そ

こでもう1匹コメットサンを買ってきた。喧嘩としても3匹なら分散され

るかと、思った訳。そして、ちょっと気分転換に手を休めてチラチラ

見ていておかしな事に気がついた。この朱文金が、体に赤と、黒の

模様のものだがいつも水面に口を出してパクパクえさを求めている。

飲み込んだ空気を時々プカァ・・・と吐きながら延々とパクパクやっ

ている。パクパクするたび、飲み込んだ水を吐くから、スクリュー?

の原理でか自分が段々後ずさりして行く。

「お前馬鹿か?そんな事をして、草臥れて死んじゃうぞ」と独り言を

言っていた。えさを呉れても、他のもののように、餌に飛びついて食

べるわけではなくパクオパクくり返し。たまたまパクパクやっている

ところに、餌にぶつかって、飲み込んだ。と言う様子に見える。これ

は目が悪いんだな。キンギョにも人にも、こういうことがあっておか

しくないよな。それでも約5ヶ月。彼らはすくすくと育っている。素焼き

の瓶を割って、中に沈めてやった。いい隠れ家だ。シメシメ。

一番最後に、同じ模様ではつまらないからなと、散々選んで買った

口紅さん。

Img_1232

動くものですから・・・ピンボケです。かろうじて分かって頂けますか。

口の先が、赤いのです。赤い背中の入りもバランスが取れているで

しょう!。花を見る人間は、魚の模様も見るのです。見ていて、気分

が良くないと駄目です。いらいらするようなバランスや色の配分に偏

りがあるのは傍におく必要がありませんね。ほっとしたり、美しいな

ーと思ったり、かわいらしいなーと思ったり、頑張ってますねーと、は

げまされたり・・・・・。些細なひと時些細なものが地球を動かすので

す。・・・・・・・・・・ドウ!この飛躍の仕方!。キンギョ空を飛ぶか!。

2007年9月12日 (水)

花鳥風月

ガッ!ガラスが割れてる!鳥か!?台風一過、久しぶりの直撃なのに被害は少ないほうと思いつつ落ち着いてよくよく見まわると、ハウスの天窓近くが割れてガラスが散乱している。一枚だけ。鳥かな??と考える。ハウスの中によく鳥が入る。入るのはいいが出ることができず、ガラスにぶつかる。雉などが入ると一発でガラスが割れる。この春にも小鳥が入って脳震盪を起こして倒れた。また飛び上がってはぶつかりばたばたしている。ひろって外に出してやろうと思って、そっとDsc01151てにとって歩き出したら、かわいそうとそっともっていたなまじな情けが仇になりてのひらからパッと勢い良く飛び出し、バッシーンとガラスにぶつかり今度は朽ち葉のように地面に落ちてピクリともしない。死んだかと思ったら生きている。Dsc01150_2手のひらに載せていそいで外に出るが飛び立つ気力も無いらしくじっとしている。目も開かない。このまま夜を越したら死んでしまうかもしれない。そう思って鉢の中に枯れ草を拾ってきて輪に巻いてその上に大きな鉢をかぶせて雨に当たらないようにして隙間も作り、万全!とおもっていれてやるが死んだようにぐったりしている。これでは体温が奪われて死んでしまうかも・・・不安になり毛糸のセーターを持ってきてしく事にして、とりあえず手の平に載せて温めておく。まだ夜は寒い。いつかと思えばまだ羽蝶蘭も咲きそろわない6月1日。孵ってそんなに日がたっていない感じ。羽根はふんわりしているが本当に細い。そばで観るせいか実に綺麗な羽根をしている。青い羽根や黄色い羽やグレーのものやいろいろな色がある。そっとなでてやっていると死んだようなまぶたに張りがでてきて、ふと写真を撮ってやろうと言う余裕がでてきた。「元気でたか?どう・・・?飛べそうか?」となでてやるがあいかわらず。あたりが暗くなってきて棚の下のにわかねぐらにいよいよ入れるかと思った其の時、ピピピピーと10羽もいようか鳥の群れが西にとんでゆく、一瞬!小鳥の体に緊張が走りばねのように飛んだ!胸が高鳴り「飛べー飛べー!飛んでいけー!落ちるなー!」夢中で叫んでた。仲間と一緒に中空に消えた。むこうの林のこんもりが快適な天然の布団なのか?ほっとして、すこしさみし。今年はセミの大豊作。カブトムシも大豊作。カブトムシの背中をなでてやるとなぜか万歳をする。後ろ足で立ってほぼ垂直になる。言葉も分かるらしい。この小鳥も何鳥なのか名も分からない。ただそばに来るから見るだけ。10年ぐらい前、腹の白い小鳥が棚の隙間で孵った。つがいで餌を運んでくる。初めは電線で止まり次は電話線に降りてきて止まり、次は棚の下の桟に止まり棚の脚のブロックの隙間に入ってゆく。この間にどのくらいきょろきょろ回りを見回すか知れない。蛇を警戒しているのだ。何度も蛇にやられているのだ。観ているとじれたくなるほどきょろきょろする。「ほらほら早くしないと蛇に見つかるよはやくはやく・・・」と言ってしまう。客が動いても飛び立ってしまう。初めは我慢していたが「すみませんお客さん、今鳥が餌を運んできたので動かないでいてください。ほらほら大丈夫だよ早く早く・・」と言うとあっという間に餌を呉れて飛んでゆく雛が大きくなるとその運び方の回数の多くなる事・・・・凄いもの。こうなると我が家の一員、ペット気分。客も「あらまぁ~いいわね~自然だね~」と言ってじっとしていてくれる。やがてある朝しーんとなる。巣立ったのかな?蛇かな?と思いつつ日が経つ・・・。電線でピッピピ・ピッピピ毎日煩く延々と鳴く鳥がいる「煩い鳥だな!」と言いつつふと良く観るとあの腹の白い小鳥なのだ。「へー・・・。そうなのか、お前なのかお礼言っているの?無事巣立ったの・・・そうかそうか分かったよー分かったよー」鳥はそれっきりこなくなった。脳震盪の小鳥のように綺麗な鳥ではなかった。今度の小鳥は御礼に来ないのかな・・・・?。花鳥・・・つぎは風と月と言う事か・・。

その他のカテゴリー

5.6分間の遭難 | いよいよ咲いた | お盆の頃 | この色 | これも咲き分け | さつき | そのまんま東 | どっちが | どっちが本当 | どっちが本当? | どっちが正確か? | ひと夏の成果 | ふんわり咲き分け | まぐれ | やっぱりメタボ | イカリソウ | クレッション | グルメ・クッキング | シロヤシオツツジ | ストーブ列車 | スポットライト | チンドンヤ | ドライフラワー | パソコン・インターネット | パッチワーク | フィナーレ | ペット | ボランティア | ライトアップ | リサイクル | リサイクル万歳! | リサイクル時代 | 三つ葉躑躅 | 三ヶ木文化村? | 丹沢北麓お天気情報 | 丹沢山塊および近郊産 | 丹沢山塊桧洞丸 | 丹沢産 | 予想外 | 五葉躑躅 | 人の語りは1部 | 人命救助 | 今年の咲き具合 | 今年は不作 | 伊豆の三つ葉 | 余禄 | 余計なお世話 | 先生 | 全体図 | 六月の太陽 | 分かった方はコメントを | 初花の楽しみ | 加入道入山口 | 北丹沢山麓探訪 | 原因不明 | 去年と今年 | 参考写真 | 咲き分け | 咲くまでの経過 | 回顧主義 | 因果応報 | 城山かたくり | 執念 | 培養品 | 増やしましょう | 多忙な休暇 | 天晴れ | 奇花の中の奇花 | 学名 | 学問・資格 | 安房千鳥系 | 宝くじ | 実生の経過 | 実生の自生地 | 宮崎は東だらけ | 宮沢賢治もどき | 害虫 | 小さい塔婆 | 小屋番便り | 山の花・変種 | 山小屋業務 | 山歩き | 山野草の庭 | 山野草の庭は目の薬 | 山野草の花き温室から | 山野草・園芸 | 岩沙参 | 広告作用 | 庭植え大正解 | 当園符丁 | 当園符丁其の1 | 必然 | 忘れた頃に | 愛らしい | 感謝 | 携帯・デジカメ | 整理整頓 | 文明の利器にギブアップ | 新入生 | 新花の色 | 旅行・地域 | 昔の写真 | 時は巡り | 本咲き? | 本心 | 桧洞丸 | 桧洞丸青ケ岳山荘から | 植生保護活動 | 此れが犬越路の関所か | 此処にも川津桜 | 残りの9部 | 水と火 | 洞メモ | 潜在能力 | 片隅農業 | 犬越路 | 珍百景 | 現在過去未来 | 環境問題 | 用土と栽培法 | 異常気象 | 登場 | 的様 | 神の川から犬越路 | 秋の虫 | 秋球の成果 | 箱根米躑躅」 | 簡素 | 紀伊上臈ホトトギス | 経緯と観察 | 経験と雑学 | 絶滅危惧種か | 緑のSOSサイン | 羽蝶蘭は丈夫 | 肥料が大切 | 育ってました | 色々な花 | 花き温室 | 花き温室のうちょうらん | 花のあれこれ | 花の意思 | 花の感情 | 花の撮影天気次第 | 花の記憶 | 花もダイエット | 花鳥風月 | 芽吹き | 草木の心 | 葉芸品多数か | 要因 | 見飽き無い | 観察 | 記念切手 | 謹賀新年二十一年 | 貰った花 | 趣味 | 躑躅の里で | 遅咲き羽蝶蘭 | 野草のもみじ | 長寿番付け」 | 降りしきる緑 | 雪割草の芽吹き | 青ケ岳山荘ホームページから | 青ケ岳山荘ボランティア部 | 青ケ岳山荘ボランティア部写真展 | 青ケ岳山荘事務所 | 青ケ岳山荘事所 | 青ヶ岳山荘 | 駒草の庭造り |

最近のトラックバック

カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ