学問・資格

2010年4月27日 (火)

万葉集の植物

山友が一冊の本を置いていった。その本を見て、律していた心算の

言葉か決壊して、怒涛のように溢れてくるのを止めがたい思いにな

る。どうも我輩は、植物のことになると前後不覚に落ちるらしい・・・。

この先生は、この植物の燐茎だけを食用と言う対照で考えているらし

い。地上部が食用になることを知らないらしい。何か語り掛けたいと

思えど、プライバシーとやらが邪魔して、無言の怠けを決め込むか、

奥歯に物の挟まった物言いとなる。こっちだって余分な苦労はしたく

ない。

昔、花き温室に高齢の男性が4・5人の中年の女性を伴って現れ、

こんにちわ位の挨拶はあったかどうか、当園の棚の植物を指差し

て延々と、でたらめな解説を始めた。初めはまぁまぁと聞いていた

が段々と苦しく成ってくる。思わず

「この樹は、何々で、そちらは何々と言うものです。とても似ている

のでちょっと見ては分かりにくいのです」

とやらかしてしまった。日本のひん曲がった常識の波に乗って、こ

ずるく生きれない、馬鹿人間の面目躍起と言う場面である。実に

嫌われる存在ではある・・・・・・。場内は一瞬の後に静まり、10秒

の程の時を経て、偉そうな先生ご一行は音も無く消えた。

然し、考えてもいただきたい。たとえば貴方の名前が佐藤さんとし

たとして

「これは中国の李さんと言います」と延々と語られ、猿轡をはめられ

て、それを聞かされ続ける貴方ならどんな気持ちになりますか!私

なら、七転八倒します。私にとって植物は同等です。もしかした

らそれ以上かもしれません。

「人は何故山に登るのか、其処に山があるから」と言う名文句があ

りますが、私は、過去に自分の命の確認のためと記したことがあ

る。然、今は、それは長い歳月の過程に過ぎなかったと思うように

なった。

山といえばなんでおなじというわけではない。禿山になんかは登り

たくもない。高みにさえ上りたいのであれば東京タワーもあるし、

そんなに高くない、金さえ出せば、ヘリコプターで飛び立ち、四囲を

見渡せる。(旅客機では高度が高すぎて山は細かく見えません)

何故、山に登ったかと言えば其処に千年にも及ぶ極限を生き続

けたこの樹木と

2009110314420000

2009110314470000

そのパワーが有ったからと、いまさらながら気がついた。残念なが

ら、本当のことを言うと、山なんか、好きでもない。人間なんかもっ

と嫌いだ。善意の旗を掲げて、真にある物は自己顕示欲であり、

自分の行動を否定する者への敵意である。どんな言葉を尽くして

も、語りかけも、人一人、命のゆく流れ、そのものには叶わない

、と思い知った今、人は一番、尊いのは自分だ!。

それは、神が認める真実だといえる。それをああだのこうだのと、

七面倒くさい耳当たりのいい言い訳をするんじゃあない!!。

ごまかせたと思っても、残念ながら見え透いている。何を基準

の良し悪しかしらないが、笑われようが、見苦しかろうが、一生懸

命生きてゆく、それを非難されると思い込むその心が病んでいる

のだよ。下手な言い訳は、混迷を呈するだけ。なにがいい見本か

といえばこの本人。昔、

「この餓鬼は白粉を塗っている」と非難された。本人は就職に当た

っては

「ご病気では?」といわれた。並みの人間ならば、長所と人が羨む

物が私には欠点となった。お前ごとき者が、万人が認める優秀で

ある理由無い!。人が、美点とするものが私には欠点となった。こ

れが大衆の見解だった。ゆがんでゆく表情。長い長い生きた心地

無い歳月・・・。黒くなりたくて若かりし頃、顔に香水を塗った。シミ

になるという話を聞いて、やってみた。誰も信じはしない。話しても

せせら笑うだけ。今、老人に成って、心身醜くなり、ようやく幸せ!

?。ようやく、ようやく、大衆レベルに登りつめたか・・・あるいは・・

・堕ちたか・・・まだ足りないかな?。

この世は、そんなもん、退屈で、ところどころ不思議・・・・。

昨年暮れに銀杏並木で有名な青山をこの山友と歩いたとき、5分

も歩けば、終わる並木道に殺到して、悦楽に浸る人並みに、わが、

桧洞丸の(あえて我といわせてもらいたい)あの1時間にも及ぶ原

生林の中に身を置けるこの身の、如何に大衆の評価の規格外レ

ベルの幸せにいるかという思いに至った。

大衆が否定したい無学の我輩の否定できないたったひとつに・・・

昔から生きてきたようだ。それは植物と語れるという、分野。

きっと意味を解釈できる人はいないでしょうが、当方、人と比較し

て、何一つ勝る物はない。然し、植物と語る分野で、私を凌ぐ友が

いない。他の追従を待ちたい・・・然し、いてもめぐり合わなかろうと、

そこに執着はしていない。逢っても同じならば、自分自身だから、

逢う必要も無い。自分以上に逢いたい。心から尊敬できる者に・・・

・・でしょうね。

2009年9月13日 (日)

ウズノシュゲ

宮沢賢治童話村、賢治の学校ではこのような額が展示

されている。

9810_027

園芸屋としては、このウズノシュゲに目を留めないわけには

行かない。

何のことかと言われても私にはわかったような亦分からない

ようなきがします。という一節をみて

「わかったようなというところを聞かせてもらいたい」

と思ってしまう。

5日ばかり考えていると、こちとら泥百姓の見解とすれば、

{渦巻きの朱色の毛}でしょう。縮めて「うずのしゅげ」でしょう。

賢治は植物動物鉱物と広く興味を持って、翁草の花を

身をかがめて下から覗き上げたでしょうが、一般の百姓が

今日の食事にも事欠く日々、忙しく未明から暮れ時まで働く

道すがらしゃがみこんで翁草を覗く者が多いとは

とても思えない。言ってみれば花茎の短い翁草が下を向いて

咲くのである。実物を見てもらえば分かるが、微毛に覆われて

その花の色を隠している。身をかがめなくとも目に付くのは

花の後に発生する種子である。その大きさ花の3倍にもなり

夕暮れの疲れた百姓の目にも留まりやすい。それは

高山植物のチングルマを巨大にしたように美しい。種子が

充分に実ってくるとその毛は逆立って色を失ってくるが、初めの

うちは、実に美しいほんのりと赤い色付きがある。逆毛に

なる前は毛に艶がある。

翁草のことを確か5月に乗せていると思った。

003

あー悪い悪い、4月29日でした。このブログでは

下を向いている花もうまい具合に写っていますがどう見ても

種のほうが目立ちます。

写真は、もっと実が入り、灰色掛かった白になってゆく。

実が入ると、風に飛ぶ準備に向けて、逆毛を立ててゆき、

触ってもぐさりと抜け落ちる。

まず百姓のイーハトーブ的見解に間違いないと思うよ。

簡単明瞭単純そのままでしょう。

賢治の記念館では{ガガイモ}と言う植物の実を、つまり鞘

を置いていた。「職員が今朝採ってきた」というつる性の植物で

この地ではゴマザイ亦はゴマンジャイと言っているそうである。

このゴマザイは童話の「鹿踊り」「蛙のゴム靴」に乗っている

そうだ。因幡の白兎ではないがゴマザイの毛でこすってもらって

助かったと言う話はいかにもそうだと思わせるふわふわと

やわらかく変化してゆく美しいものである。

記念館内は撮影禁止であるが。このガガイモは

スタンプ台の上に載っていた。ちょうどオクラの実の角を

なくして丸くして長くしたようなものだった。ちょうど実に

亀裂が入り、中から真っ白い絹糸の束のような毛が

はじけて覗いていた。先端についている種は平べったく丸く

この種をもらえますかと言うと どうぞと言うのでもらってきた。

こんな。

Dsc04321

絹糸はすっかり綿毛になっていた。

9810_008

賢治の記念館には花がある。ペットボトルと蔓を使って並べてある。

えらい!!。

斜陽館には1輪の花もなかった。然し人がすごかった。

賢治の記念館の受け付けにも安達由美を超えるかと思う

美女がいて、東北人特有の色の白さは針で突いたほどのシミもなく

我輩の馬鹿な質問に真剣に答えるその大きな瞳とにらめっこ

していると、どきどきした。あまりの美しさに

亦見たくて、質問に行ったら、もういなかった。写真も撮らず、

ざんねーーーん。

その他のカテゴリー

5.6分間の遭難 | いよいよ咲いた | お盆の頃 | この色 | これも咲き分け | さつき | そのまんま東 | どっちが | どっちが本当 | どっちが本当? | どっちが正確か? | ひと夏の成果 | ふんわり咲き分け | まぐれ | やっぱりメタボ | イカリソウ | クレッション | グルメ・クッキング | シロヤシオツツジ | ストーブ列車 | スポットライト | チンドンヤ | ドライフラワー | パソコン・インターネット | パッチワーク | フィナーレ | ペット | ボランティア | ライトアップ | リサイクル | リサイクル万歳! | リサイクル時代 | 三つ葉躑躅 | 三ヶ木文化村? | 丹沢北麓お天気情報 | 丹沢山塊および近郊産 | 丹沢山塊桧洞丸 | 丹沢産 | 予想外 | 五葉躑躅 | 人の語りは1部 | 人命救助 | 今年の咲き具合 | 今年は不作 | 伊豆の三つ葉 | 余禄 | 余計なお世話 | 先生 | 全体図 | 六月の太陽 | 分かった方はコメントを | 初花の楽しみ | 加入道入山口 | 北丹沢山麓探訪 | 原因不明 | 去年と今年 | 参考写真 | 咲き分け | 咲くまでの経過 | 回顧主義 | 因果応報 | 城山かたくり | 執念 | 培養品 | 増やしましょう | 多忙な休暇 | 天晴れ | 奇花の中の奇花 | 学名 | 学問・資格 | 安房千鳥系 | 宝くじ | 実生の経過 | 実生の自生地 | 宮崎は東だらけ | 宮沢賢治もどき | 害虫 | 小さい塔婆 | 小屋番便り | 山の花・変種 | 山小屋業務 | 山歩き | 山野草の庭 | 山野草の庭は目の薬 | 山野草の花き温室から | 山野草・園芸 | 岩沙参 | 広告作用 | 庭植え大正解 | 当園符丁 | 当園符丁其の1 | 必然 | 忘れた頃に | 愛らしい | 感謝 | 携帯・デジカメ | 整理整頓 | 文明の利器にギブアップ | 新入生 | 新花の色 | 旅行・地域 | 昔の写真 | 時は巡り | 本咲き? | 本心 | 桧洞丸 | 桧洞丸青ケ岳山荘から | 植生保護活動 | 此れが犬越路の関所か | 此処にも川津桜 | 残りの9部 | 水と火 | 洞メモ | 潜在能力 | 片隅農業 | 犬越路 | 珍百景 | 現在過去未来 | 環境問題 | 用土と栽培法 | 異常気象 | 登場 | 的様 | 神の川から犬越路 | 秋の虫 | 秋球の成果 | 箱根米躑躅」 | 簡素 | 紀伊上臈ホトトギス | 経緯と観察 | 経験と雑学 | 絶滅危惧種か | 緑のSOSサイン | 羽蝶蘭は丈夫 | 肥料が大切 | 育ってました | 色々な花 | 花き温室 | 花き温室のうちょうらん | 花のあれこれ | 花の意思 | 花の感情 | 花の撮影天気次第 | 花の記憶 | 花もダイエット | 花鳥風月 | 芽吹き | 草木の心 | 葉芸品多数か | 要因 | 見飽き無い | 観察 | 記念切手 | 謹賀新年二十一年 | 貰った花 | 趣味 | 躑躅の里で | 遅咲き羽蝶蘭 | 野草のもみじ | 長寿番付け」 | 降りしきる緑 | 雪割草の芽吹き | 青ケ岳山荘ホームページから | 青ケ岳山荘ボランティア部 | 青ケ岳山荘ボランティア部写真展 | 青ケ岳山荘事務所 | 青ケ岳山荘事所 | 青ヶ岳山荘 | 駒草の庭造り |

最近のトラックバック

カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ