旅行・地域

2010年10月19日 (火)

尾崎咢堂記念館

 待てよ、折角だから、あれも荷揚げしておこうと、最後の買い物

に出かけた。何かといえば、ゴミになったドラム缶を細かく切って、

下げ下ろそうという魂胆だ。そこでコメリに行って見ると、鉄板を切

るはさみなるものは、ドラム缶など切れないという隣で買い物をして

いた男性の話。

「たがねだよ。切るんだったら」と言うわけでその鏨なるのものを探

していると、地か足袋を履いた男性がいた。

「あったりーー!」と思って

「タガネってどれですか」と聞くと

「タガネでドラムかんきるったら、重労働だぞ、パンパンはねられて、

半日も掛かるぞ、サンダーだ。サンダーがなければ、鉄鋸だ」ゲッ!。

無駄な買い物をしないでよかったか・・・・。仕方ない、ひたすらお礼

を連発して店を出る。

さて今日は空振りか。

久しぶりに友を訪ね、尾崎記念館に勤めていた彼女に

「今日は長い事気に成っていた尾崎記念館に行ってみようと思う」

といえば、

「いってみな!」と薦める。

Img_1299_2

何処が入り口かなーと歩いてゆくと、一人の男性が現れる。

「見学ですか」と仰せで、案内にしたがって中に入ると、拝観料なる

ものは不用なのであった。

職員を務めておられる、この方はとても丁寧に分かりやすく説明し

て下さり、恐れ多い気持ちであった。

Img_1296_3

もしこれが一人で見て廻ったものならば大概ちんぷんかんぷんで

ふーん。で終わったかもしれなかった。

Img_1297_2

中でも感銘深かったものは、卒翁と言う号を記す晩年の彫り物で、

「人生の本舞台は、常に将来に在り」と言う言葉だった。言うなれば

私ごときは、この年で、ぴーぴー音を上げている。それが90過ぎの

偉人が、将来を語っている。これからが本当の人生だというのであ

る。ガクッ!とします。深く頭を垂れて記念館を後にしました。

明るい内に全景をパチリ!。

車に乗るところでお名前は伺わなかったのですが、職員の方が

後を追って、資料を差し出してくださった。

最近特に、自分が何処に暮らしているかよくよく見回してみると

その盲目的であることに、恥じ入るばかり。世界的に話題を今

も提供する、ワシントンへ桜の寄贈で知る人ぞ知る。数々の功

績の歴史の人物です。

2010年10月 4日 (月)

相模原公園

  相模原公園のグリーンハウスで写真展を長期におこない、今まで

行く事はあっても、じっくり見て廻る事は少なかった公園を今回、初

めて半分ほど廻ってみて、凄い癒しの場であり、交流の場であり、

文化芸術の教育の場である事を思った。ハウスには、私たちが

Simg_1081

日常触れることのない、植物が四季折々に咲いているし、外には

Simg_1131

水鳥の遊ぶ池。近くには小さい動物園も併設されているという。

Simg_1096

珍しいこんな花、

Simg_1097

こんな花。

Simg_1099

中には滝を見る景色と一休みのベンチ。

Simg_1140

ほっと一息。

Simg_1117

帰る道すがら、美しい不入り植物の数々。教育の場の展示場には

このとき、食虫植物の展示だった。

Simg_1103

実物と、

Simg_1122

図形解説。色々な食虫植物が並ぶ。

外に出れば、

Simg_1143

巨大な噴水池の両側におおい立つ常緑樹の並木。ジョギングする

人、スケッチする人。高台に上って、振り返ると

Simg_1145

グリーンハウスと時計台。このときは水彩画を描くグループが、絵

画展を行っており、その対面が桧洞丸の惨状を訴える、写真展だ

った。此処で、赤ちゃんを連れた若い夫婦が、抱いたこどもの写

真を撮っていた。

「撮りましょうか」と声をかけると嬉しそうに応じた。仲良く寄り添っ

て、いとし子を抱く若き父、寄り添う母、良く撮れたか不安に思っ

て、訊ねると

「ばっちり!」と満面の笑顔で答える、母。

「おしあわせにねー」と笑顔を向けて去る我が背中に

「ありがとうございますー!」という声に追いかけられて・・・進む。

Simg_1150

郷愁を掻きたてられる路地のある風景の設定。

Simg_1157

5時になると止まる水のきらめきの流れ。

Simg_1158

その流れの止まる池を見届けて・・・。自分が何処に居るか分か

わからないほど広い公園を地図を見つつ帰る。道すがら、犬を

連れた散歩の人々。犬に話しかければ我がことのように、微笑

む人々。なんと言う憩いの場だろうか。車に乗った途端に、雨が

降る・・・・。例によって・・・。

行き交う人、公園の人々、皆優しく・・・・深く感謝。天候にさえも。

2008年4月20日 (日)

都会の自然

Dsc01765              

野暮用の帰り、時間が余って寄り道。

知る人ぞ知る、東京の一角。

Dsc01773

  餌を呉れるれる人が多いらしく

人影によってくる。

Dsc01776

花の色は濃いばかりが価値じゃあない・・・。

いかが!このコントラスト。

Dsc01774

露出した木の根がなぜか表面が剥けている。

それでも丹沢の登山道より健康。

Dsc01783

枯れたのか、伐られて久しい古株の根元に

びっしり生えている実生のもみじ・・・。

毎年この状態でいるわけでは無かろう・・・?今年めて

こうなったという訳でもなかろう?これは此の先どのように

扱われていくのか・・・。完璧な人工林?のようだから

オマエッチ!いかされるのか?むしられるのか?

と、1人考える・・・・・。雨の後、林の中から水が滴り流れる・・・。

その先端まで、苔がびっしり生えて土は流れず水は濁らず

完璧。林の中は木の枝が散乱している。ご立派!

なんでも目くじら立てて綺麗にすればいいというものではない。

これが水を蓄えやがて肥やしになり、土を守り・・・。

結局目の行くところ、最後は庭師もどき。

2008年2月20日 (水)

北丹沢遠望

 正確に言えば7ヶ月ぶりに413号線を山中湖方面に向けて車を走らせた。道志7里と言われる長い一本道をただ走っていくと、冬ならではの犬越路から檜洞丸の稜線がいかにも奥深い山らしく雪を纏って見える。この景色が結構いけるのだ。雪が多いほどかっこいい。      Dsc01620   

西日があったってまぶしい中を行く。

Dsc01621

進むに連れて桧洞丸が左手に見えてくる。だんだん見えるに従い、臼が岳に下る切れ込みがガクッと落ちる。この景色はすぐ大群山にさえぎられるようになる。それも通りすぎ山の間から見える富士が2箇所ある。然し今日は逆光で写真には写らない。富士は山武士峠(違った、山伏だった)をすぎてからややあってがーんと出現する。見飽きたといっては罰が当たる。当然あるべき積りでいるから見えない時のつまらないことといったら無い景色なのだ。Dsc01622

途中誰かに影響されて道端の雪まで撮ってすすむと、いよいよいい景色が広がる。Dsc01628 ピカピカ光ってきれいなのだ。    

この樹の葉はなんだろうと思ってみたら蔦だった。

Dsc01627 かなりの大木。

この樹がいいのだよ。

                                                                                                      

Dsc01625 良く見る山中湖の景色。カメラマンがびっしり観光客も結構いる。

今日の富士山は雲と言う名わき役も連れていず、イマイチ。

Dsc01626_2 山中湖の氷は半分凍っていて、氷が寄せる波に揉まれて、がしゃしゃーん、がしゃしゃーんとかなり豪勢な音を立てていた。

ダイヤモンド富士をとる気はさらさら無い

とっくに日も翳った。ひたすら帰って、道志の湯か?

さて!見るもの見たし、目が悪いから明るいうちに早くかえろ!と・・・。

Dsc01630 御まわりさーんあれは救助の対象ですかぁーーー?

と最後にちょっと遊んで・・・。

あんまり雪があると413号線は走れない。無ければ山がつまらない。

何時か機会があったら、山の皆も北から桧洞丸を見てやってください。

以上憂さ晴らし紀行でした。この頃地球温暖化の言葉に責められて、用も無いのに車でうろうろしては宜しくないのだ!と言うべき罪悪感にさいなまれて、脅された亀のようにちぢまっていました。やれやれ。

その他のカテゴリー

5.6分間の遭難 | いよいよ咲いた | お盆の頃 | この色 | これも咲き分け | さつき | そのまんま東 | どっちが | どっちが本当 | どっちが本当? | ひと夏の成果 | まぐれ | イカリソウ | ギャンブル | クレッション | グルメ・クッキング | シロヤシオツツジ | ストーブ列車 | スポットライト | チンドンヤ | ドライフラワー | パソコン・インターネット | パッチワーク | フィナーレ | ペット | ボランティア | ライトアップ | リサイクル | リサイクル万歳! | リサイクル時代 | 三つ葉躑躅 | 三ヶ木文化村? | 丹沢北麓お天気情報 | 丹沢山塊および近郊産 | 丹沢山塊桧洞丸 | 丹沢産 | 予想外 | 五葉躑躅 | 人の語りは1部 | 人命救助 | 今年の咲き具合 | 今年は不作 | 伊豆の三つ葉 | 余禄 | 余計なお世話 | 先生 | 全体図 | 六月の太陽 | 分かった方はコメントを | 初花の楽しみ | 加入道入山口 | 北丹沢山麓探訪 | 原因不明 | 去年と今年 | 参考写真 | 咲き分け | 咲くまでの経過 | 因果応報 | 城山かたくり | 執念 | 多忙な休暇 | 天晴れ | 奇花の中の奇花 | 学名 | 学問・資格 | 実生の経過 | 宮崎は東だらけ | 宮沢賢治もどき | 害虫 | 小さい塔婆 | 小屋番便り | 山の花・変種 | 山小屋業務 | 山歩き | 山野草の庭 | 山野草の庭は目の薬 | 山野草の花き温室から | 山野草・園芸 | 岩沙参 | 広告作用 | 庭植え大正解 | 当園符丁 | 当園符丁其の1 | 必然 | 忘れた頃に | 感謝 | 携帯・デジカメ | 整理整頓 | 文明の利器にギブアップ | 新入生 | 新花の色 | 旅行・地域 | 昔の写真 | 時は巡り | 本咲き? | 本心 | 桧洞丸 | 桧洞丸青ケ岳山荘から | 植生保護活動 | 此れが犬越路の関所か | 此処にも川津桜 | 残りの9部 | 水と火 | 洞メモ | 潜在能力 | 片隅農業 | 犬越路 | 珍百景 | 現在過去未来 | 環境問題 | 異常気象 | 的様 | 神の川から犬越路 | 秋の虫 | 秋球の成果 | 箱根米躑躅」 | 簡素 | 紀伊上臈ホトトギス | 経緯と観察 | 経験と雑学 | 絶滅危惧種か | 緑のSOSサイン | 肥料が大切 | 育ってました | 色々な花 | 花き温室 | 花き温室のうちょうらん | 花のあれこれ | 花の意思 | 花の感情 | 花の撮影天気次第 | 花の記憶 | 花もダイエット | 花鳥風月 | 芽吹き | 草木の心 | 葉芸品多数か | 要因 | 見飽き無い | 観察 | 記念切手 | 謹賀新年二十一年 | 貰った花 | 趣味 | 躑躅の里で | 野草のもみじ | 長寿番付け」 | 降りしきる緑 | 雪割草の芽吹き | 青ケ岳山荘ホームページから | 青ケ岳山荘ボランティア部 | 青ケ岳山荘ボランティア部写真展 | 青ケ岳山荘事務所 | 青ケ岳山荘事所 | 青ヶ岳山荘 | 駒草の庭造り |

最近のトラックバック

カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ