現在過去未来

2013年9月11日 (水)

虫の声

Img_8713s

毎年今頃になると、虫がなく。何の虫かはっきりは分から
ないが、コオロギという話だ。どこで啼くのかと思っていた
ら、お勝手の水槽の中で、啼いている。一匹を外に出して
やると、せっせとどこかに行ってしまった。もう一匹いる
とは知らなかった。このちびも、出してやろうかと思ったが
そのままないてもらうことにした。

「秋のムスガ、ツンツロリント啼いて、お前のことがスンパ
イデ・・・」と言う父親のことを思い出すからだ。

「外にだす?」という家族に
「じいちゃんが会いに来たんだから、このままでいい}と言
い虫の声を聴いている。虫が泣けば、虫の知らせと思い、親
は、子を思い、子は親を思う。どうということも無い話。

 Img_8712s

まさか父親が虫になってきたと、思うわけではないが、思い出に引
っ張られて、親を思っていたいのだろう。この頃しきりに、親を思い
出す。

つい先日、他県に渡った。道すがら吃驚するような、私的に、重要
文化財に出会った。

Img_8707s

どうこの天然自然!この木のしなり!Img_8709s

それにどう!この強烈な素朴さ・・・・!首のない仏様だかお地蔵
様だかに純粋にか、無理やりか、首をつける強烈な自己主張。
愛らしく、めちゃくちゃどうでもやってやるぜ!みたいな。絶句する
ような、微笑みたいような、爆笑してしまうような。訳の分らない、
人の心。子供がやったのでしょうが、やらせたのは大人でしょう。
親なんですよね。そして、子どもなんですよ。親は親を思い、子
を思う。そしてまた親になって子を思い、親を思う。延々と続く連
鎖。そして刻み込まれてゆく歴史。しばし去りがたし。

2007年9月28日 (金)

羽蝶蘭の写真

Dsc00171

快気・10年前の花まだ生きている。Dsc00172                                                                                                                                                                  

  Dsc00323                  

これはさよなら。

                                                          

Dsc00211_2

これも売っちゃった。

綺麗な花だったな~。

八重咲きの咲き分けで菊。次の花も同じ。

Dsc00212_2

Dsc00278

これは枯れた。今年の猛暑。

紫善哉。↑

Dsc01244 去年は兜にあかがでたのに・・・。

  これは元気。                  

Dsc00378

若宮・此花500円玉からはみ出すのに写真撮ってあるのにな。今も元気。

Dsc00386

紅爆・ちじんじゃったけどいきてる。

訳の分からない花。

Dsc00356 な~んて美しい錦秋。現役。7年選手。

獅子かと思ったら兜の仁王。不安定。      

Dsc00255

 Dsc01378 

J・トップの好きな花が生きていた。

Dsc00420_4鹿鳴館・麗しのDsc00421ングセラー。 

写真は撮っておくもんだ、花が無くても写真で楽しい・・・。(‘0‘) ♪♪   

日本で一番えらいと自称のJ・トップ きのことりはどうするのかぁ~       

その他のカテゴリー

5.6分間の遭難 | いよいよ咲いた | お盆の頃 | この色 | これも咲き分け | さつき | そのまんま東 | どっちが | どっちが本当 | どっちが本当? | どっちが正確か? | ひと夏の成果 | ふんわり咲き分け | まぐれ | やっぱりメタボ | イカリソウ | クレッション | グルメ・クッキング | シロヤシオツツジ | ストーブ列車 | スポットライト | チンドンヤ | ドライフラワー | パソコン・インターネット | パッチワーク | フィナーレ | ペット | ボランティア | ライトアップ | リサイクル | リサイクル万歳! | リサイクル時代 | 三つ葉躑躅 | 三ヶ木文化村? | 丹沢北麓お天気情報 | 丹沢山塊および近郊産 | 丹沢山塊桧洞丸 | 丹沢産 | 予想外 | 五葉躑躅 | 人の語りは1部 | 人命救助 | 今年の咲き具合 | 今年は不作 | 伊豆の三つ葉 | 余禄 | 余計なお世話 | 先生 | 全体図 | 六月の太陽 | 分かった方はコメントを | 初花の楽しみ | 加入道入山口 | 北丹沢山麓探訪 | 原因不明 | 去年と今年 | 参考写真 | 咲き分け | 咲くまでの経過 | 回顧主義 | 因果応報 | 城山かたくり | 執念 | 培養品 | 増やしましょう | 多忙な休暇 | 天晴れ | 奇花の中の奇花 | 学名 | 学問・資格 | 安房千鳥系 | 宝くじ | 実生の経過 | 実生の自生地 | 宮崎は東だらけ | 宮沢賢治もどき | 害虫 | 小さい塔婆 | 小屋番便り | 山の花・変種 | 山小屋業務 | 山歩き | 山野草の庭 | 山野草の庭は目の薬 | 山野草の花き温室から | 山野草・園芸 | 岩沙参 | 広告作用 | 庭植え大正解 | 当園符丁 | 当園符丁其の1 | 必然 | 忘れた頃に | 愛らしい | 感謝 | 携帯・デジカメ | 整理整頓 | 文明の利器にギブアップ | 新入生 | 新花の色 | 旅行・地域 | 昔の写真 | 時は巡り | 本咲き? | 本心 | 桧洞丸 | 桧洞丸青ケ岳山荘から | 植生保護活動 | 此れが犬越路の関所か | 此処にも川津桜 | 残りの9部 | 水と火 | 洞メモ | 潜在能力 | 片隅農業 | 犬越路 | 珍百景 | 現在過去未来 | 環境問題 | 用土と栽培法 | 異常気象 | 登場 | 的様 | 神の川から犬越路 | 秋の虫 | 秋球の成果 | 箱根米躑躅」 | 簡素 | 紀伊上臈ホトトギス | 経緯と観察 | 経験と雑学 | 絶滅危惧種か | 緑のSOSサイン | 羽蝶蘭は丈夫 | 肥料が大切 | 育ってました | 色々な花 | 花き温室 | 花き温室のうちょうらん | 花のあれこれ | 花の意思 | 花の感情 | 花の撮影天気次第 | 花の記憶 | 花もダイエット | 花鳥風月 | 芽吹き | 草木の心 | 葉芸品多数か | 要因 | 見飽き無い | 観察 | 記念切手 | 謹賀新年二十一年 | 貰った花 | 趣味 | 躑躅の里で | 遅咲き羽蝶蘭 | 野草のもみじ | 長寿番付け」 | 降りしきる緑 | 雪割草の芽吹き | 青ケ岳山荘ホームページから | 青ケ岳山荘ボランティア部 | 青ケ岳山荘ボランティア部写真展 | 青ケ岳山荘事務所 | 青ケ岳山荘事所 | 青ヶ岳山荘 | 駒草の庭造り |

最近のトラックバック

カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ