昔の写真

2008年5月18日 (日)

今年以前の白ヤシオ

0001

シロヤシオの項目で明日大木のスキャンを

しようと申してから、だいぶたってその明日が

やって来ました。皆さん興味あるらしくこの項目

0006のアクセスが多いので、しかたない!とどこかに

しまった写真を又暇かけて探して・・・・半分馬鹿

0002

な事を言ってしまたと何時も後悔しつつ・・・。

下から見上げると巨大な傘を広げたような大木

0007

です。

白ヤシオが咲き終わろうとするころ咲き始める

三つ葉躑躅。白ヤシオと交差して咲くころが

0003華やかさが際立つ・・・・・・・・・。

正に天上の楽園!此処にこの世界が広がって

0004いる事が摩訶不思議という思いになる・・・・。

誰かに教えたいと思ったふた昔・・・だったが。

この写真はピンボケですが比較対象がないので 

大きさが分からない。この樹は人が立って歩け

るぐらいの大きさ 、上を見たまま花に釣られて

ずっとくだって行ったら 、崖の上に出た・・・。

向こうに道が見える・・・しばし思案してトラバース

に掛かる。ところが崖に首からぶら下げたカメラ

がガチンガチンとぶつかる。写るんですは懐にいれ、もう一つの

カメラは、紐を口でくわえて、岩ざれの山肌をはいつくばって 

横切った事がチヨー思い出。 

Photo 思い出といえば、この日、家を夜7時に出発。

急な出発で買い置きの電池もなく、ヘッドランプ

をつけてみると青息吐息の弱々しい光、無いよりましかとリュッ

クにいれ、嫌になったら帰ろうと煮え切らない気持で出かける。

霧が立ち込めて星明り月明かりも無い中に、崖の淵をトラバー

スするときは絶対必要と思ってヘッドランプを消して足の感覚と

勘を頼りにヤタ尾根を登る。あさっては東北行き、この日の夜

だけ我輩に与えられた暇があるのみ。

途中、鹿と接触しそうになりつつ稜線に出て、夜目にもほの白い

シロヤシオを「写るんです」のフラッシュたいて撮ったのがこれ。

やっぱりそれなりの感じ。12時半ごろついたか・・・そのまま

しらしら明けるころ出発し、ハウスに着いたのが8時、日曜日

ですぐ御客さん、2時になったら死ぬほど眠くなったぞよ・・・。

はっきり申し上げてアホなことをして生きているようです。

今年のシロヤシオは石棚山稜1100メートル地点でもう咲き始

めましたが17日の雹でオジャンじゃないでしょうか。今日は

いい天気でしたが、このところちょっと寒いようで、例年なみの

下旬から6月の上旬でしょうかね現実はどうか分かりませんよ。

2007年10月18日 (木)

羽蝶蘭・若宮

Dsc01300_2 この写真は当園符丁の若宮で、

とても気になる花のため何年かにわたり

写真を撮ってある。三番目に載せた写真は

すでにプリントしてあってどこかにしまってしまったため探すのに

・・・・・・何日も係り・・・。ブログつくりに懐疑的になる時。

Dsc00378   ちょっと無い巨大輪花でそのため巧く開けない事がおおくPhotoガク片に圧迫されて花びらが痛む。

それが2番目の写真で花びらの淵が茶色に変色している。

この花を作るには肥料を押さえなるだけ大きくならないように

しなければならない、まるで大きく見栄え良くと言う従来の花作り

とは逆のやり方になる。一番上の写真は久しぶりにきれいに咲き

始めたところ、間もなく売れてしまった。真ん中が満開になるところ。

花はぐんぐん育ってやがてご覧のように500円玉を越すようになる。

花びらが反るようになり、ようするに暴れる。従って肥料を控える

のはそのため。

花の大きさは2センチを超えると大きい方である。10円玉の大きさ。

500円玉も話に聞くが見たことは無い。この花は番外と思う。

毎年花が咲く頃今年はどんな風に咲くか巧く開けるか気になる花の

一つがこの花である。同じ花でも毎年微妙に違う。ひどく違う時も

ある。生き物だからあたりまえなのだがそれが嫌になる人と

面白いと思う人がいる。どちらがよい悪いの問題でなく奥の深さに

向かっていくエネルギーの問題になるのかしれない。

2007年10月15日 (月)

羽蝶蘭・花うさぎ

Dsc00285 はなうさぎ(当園符丁)の昔の写真が出てきたぞー。

うれしー・・・!2004年だって、ということは

4年育てている事だ。その前のことは分からない。

が・・・写真では二本写っているね~ということは2003年には

有ったということか?

2005年の写真が一番きれいだったか知れない。

0001_4 広告に使ったのはこの時かな。

2005年のこのときはパソコンにデジカメから

入れないでプリントしてしまった。それをようやく探し出して

スキャンしたら粒子が荒れて見難い。残念。Dsc01265

これは今年。下に一輪の咲き分けじゃあな~

褒められない。5花ぐらい白が咲いてくれたら

合格。

分球した子のほうがいい芸をしていた。

なにしろ大きい球根ができない個体。

安房の血が入っているとは思えないくらい。

一番よくなかったのは去年。赤ばっかり咲いて、酔も強く乗り、

上のほうに一輪白が出た。良く咲かない花は写真は撮らない

然しこうして花の追跡、記録、観察を、続けてみると

花の癖、つまり個体性、天候や肥培の影響などを

知る事ができる。良く咲かないといって写真の記録を

パスすると今頃後悔する。

花の行く末、人の行く末、まるっきり分からない。

面白いと言えば面白いが其処まで達観できないところが

ご覧のとおりのお粗末。Dsc00286

◎蛇足・・・・良く似たタイプがもう一つある

これはぜんぜん増えない育たない。

有るのか無いのか蛇の足・・・ダ?

(写真探すのに何日もかかって嫌になってしまった)

その他のカテゴリー

5.6分間の遭難 | いよいよ咲いた | お盆の頃 | この色 | これも咲き分け | さつき | そのまんま東 | どっちが | どっちが本当 | どっちが本当? | どっちが正確か? | ひと夏の成果 | ふんわり咲き分け | まぐれ | やっぱりメタボ | イカリソウ | クレッション | グルメ・クッキング | シロヤシオツツジ | ストーブ列車 | スポットライト | チンドンヤ | ドライフラワー | パソコン・インターネット | パッチワーク | フィナーレ | ペット | ボランティア | ライトアップ | リサイクル | リサイクル万歳! | リサイクル時代 | 三つ葉躑躅 | 三ヶ木文化村? | 丹沢北麓お天気情報 | 丹沢山塊および近郊産 | 丹沢山塊桧洞丸 | 丹沢産 | 予想外 | 五葉躑躅 | 人の語りは1部 | 人命救助 | 今年の咲き具合 | 今年は不作 | 伊豆の三つ葉 | 余禄 | 余計なお世話 | 先生 | 全体図 | 六月の太陽 | 分かった方はコメントを | 初花の楽しみ | 加入道入山口 | 北丹沢山麓探訪 | 原因不明 | 去年と今年 | 参考写真 | 咲き分け | 咲くまでの経過 | 回顧主義 | 因果応報 | 城山かたくり | 執念 | 培養品 | 増やしましょう | 多忙な休暇 | 天晴れ | 奇花の中の奇花 | 学名 | 学問・資格 | 安房千鳥系 | 宝くじ | 実生の経過 | 実生の自生地 | 宮崎は東だらけ | 宮沢賢治もどき | 害虫 | 小さい塔婆 | 小屋番便り | 山の花・変種 | 山小屋業務 | 山歩き | 山野草の庭 | 山野草の庭は目の薬 | 山野草の花き温室から | 山野草・園芸 | 岩沙参 | 広告作用 | 庭植え大正解 | 当園符丁 | 当園符丁其の1 | 必然 | 忘れた頃に | 愛らしい | 感謝 | 携帯・デジカメ | 整理整頓 | 文明の利器にギブアップ | 新入生 | 新花の色 | 旅行・地域 | 昔の写真 | 時は巡り | 本咲き? | 本心 | 桧洞丸 | 桧洞丸青ケ岳山荘から | 植生保護活動 | 此れが犬越路の関所か | 此処にも川津桜 | 残りの9部 | 水と火 | 洞メモ | 潜在能力 | 片隅農業 | 犬越路 | 珍百景 | 現在過去未来 | 環境問題 | 用土と栽培法 | 異常気象 | 登場 | 的様 | 神の川から犬越路 | 秋の虫 | 秋球の成果 | 箱根米躑躅」 | 簡素 | 紀伊上臈ホトトギス | 経緯と観察 | 経験と雑学 | 絶滅危惧種か | 緑のSOSサイン | 羽蝶蘭は丈夫 | 肥料が大切 | 育ってました | 色々な花 | 花き温室 | 花き温室のうちょうらん | 花のあれこれ | 花の意思 | 花の感情 | 花の撮影天気次第 | 花の記憶 | 花もダイエット | 花鳥風月 | 芽吹き | 草木の心 | 葉芸品多数か | 要因 | 見飽き無い | 観察 | 記念切手 | 謹賀新年二十一年 | 貰った花 | 趣味 | 躑躅の里で | 遅咲き羽蝶蘭 | 野草のもみじ | 長寿番付け」 | 降りしきる緑 | 雪割草の芽吹き | 青ケ岳山荘ホームページから | 青ケ岳山荘ボランティア部 | 青ケ岳山荘ボランティア部写真展 | 青ケ岳山荘事務所 | 青ケ岳山荘事所 | 青ヶ岳山荘 | 駒草の庭造り |

最近のトラックバック

カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ