花のあれこれ

2010年3月20日 (土)

早いもんです

3月も20日を過ぎ4月の桜が木になり始める頃となる。4月と言えば

年度変わり、早いもんです。去年は今頃は親の年忌の支度で大変

だった。そのとき足を伸ばして角館の桜を見た。桜も悪くは無かっ

たが、もっと凄いものがあった。

20095_275

これトイレ。

20095_282

これ、ヘドロ。わらで造ったスリッパ的履物。

何でヘドロって言うのなんでヘドロって言うの、なんで、なんで、

んで!!。其れで頭が一杯。聞きまくっても誰も知らない。

此処まで来て、ヘドロの意味も知らないで帰るなんて、クヤシーー。

20095_293

これは踏み俵。この中に足入れて竹馬みたいに足を交互に紐

で引っ張って、雪を踏んで前に進む。人動除雪機。

20095_278

京から流れてきた公家の都。こまちで、一直線。私の先祖の家です。

口からでまかせ。うそまかせ。どうぞ。行ってたもれ。

此処で会う人にところどころ、公家面がいます。正に皇族と言う面

立ち、うちにも近い縁に一人いる。及ばぬわが身が、むかつくが

正に、それ。

2008年6月27日 (金)

菊葉の魅力

Dsc02268

割合早く咲いた菊葉が満開になった。菊葉も花

の様で大きな花の塊に見えボリューム感一杯。

ちょっと上から見ると、又雰囲気が違う。

Dsc02269

ちょっと露出が適正でなかった。

この花は割合順調にも増えて、子どもも実に美し

く咲き始めたところで縁あるところに出かけていっ

Dsc02193_2

た。 それがこれ

後はチビの菊葉。此の先肥やしを呉れすぎられ

Dsc02243

て増えたり縮んだり枯れたりする危機に見舞わ

れながら、君達は生きのびてていけるか・・・・?

かい主の頭が錯乱状態にならぬように祈りたま

え!

Dsc02244

ナンマイダー・・・・

アーメン・・・・あとは?・・・・・・・・・後は知らない。

世界に5大宗教があるというのに2個しか知ら

ないのか・・・・情けない!・・・・あ!払いたまえ

清めたまえ・・・なに!神道か、それは5大宗教に入っていない

んだって!・・・・日本の宗教は世界から見れば・・・5番じゃあな

い事だけは確かだな・・・・・・・どうする菊葉・・・・生き残れないぞ

そんなことも知らないでーーー情け無い!・・・・ほーらまーた

1人芝居が始まったぞ・・・・・。

2007年12月 2日 (日)

刺か髭か

Dsc00328 JPSさんコメントありがとう。あのコップ鉢を見る人がみんな。「そんなことして羽蝶蘭腐らないのかよー」でした。何で腐らないと思ったかと言えば水耕栽培の用土だからです。普通の赤玉や、鹿沼だったら腐ったと思います。来年はもっと幾色も作って、検証してみようと思います。正直こんなに面白いPhotoとは思いませんでした。

今思えば、主役はコップと用土で花は二の次でした。が、この花は面白い花なのです。この二枚の写真は方向を変えて同じ花を撮ったものですが、2・3花めまでは黄色い複輪がのり、花が咲き進むに従い側裂片が発達し淵が細かく裂けて髭か棘か?と言うようになってくる 。ここういう花は結構ある。

Dsc01356_4今年もこんなはなをみて吃驚した。

この花は初め小ぶりに咲いてごく普通の花なのだが変わったところと言えば黄色い複輪が少々のるぐらいだ。普通、分球の成績を上げるため、花を早く切る。ご存知のように花に行くエネルギーを球根に回すためだが、このときこの花を放置して花を永く咲かせておいた。するとめきめきと淵の切れ目が発達してごらんのようになった。花びらを契っているのはうちの場合花粉を付けたと言うしるしで、ちぎってからあぁーしまった。珍しいから写真を撮っておくんだったという有様。それでも一応写真を撮っておいた。あくまで記録写真。ピンボケの言い訳。・・・・・・・此花も何時か山のように増えてコップ鉢の実験用にされるのだろうか。どうでもいいか!みたいな花から実験に回される。じゃあ毎年このように咲くかと言えばさに有らん。髭が立つ事は少ないのです。球根の大きさと、肥培の具合らしいのです。この小さな花にどれ程一喜一憂することか?ちんぷんかんぷんになる事か計り知れない・・・・・・。まるで目の敵みたいに花を早く切るというのもなんか花が好きなのか商売が好きなのか・・・・これもふと考えてしまうコトのうち・・・。

JPSさーん来年は色々試してみますんで、たのしみにまっていてくださーい。

その他のカテゴリー

5.6分間の遭難 | いよいよ咲いた | お盆の頃 | この色 | これも咲き分け | さつき | そのまんま東 | どっちが | どっちが本当 | どっちが本当? | ひと夏の成果 | まぐれ | やっぱりメタボ | イカリソウ | クレッション | グルメ・クッキング | シロヤシオツツジ | ストーブ列車 | スポットライト | チンドンヤ | ドライフラワー | パソコン・インターネット | パッチワーク | フィナーレ | ペット | ボランティア | ライトアップ | リサイクル | リサイクル万歳! | リサイクル時代 | 三つ葉躑躅 | 三ヶ木文化村? | 丹沢北麓お天気情報 | 丹沢山塊および近郊産 | 丹沢山塊桧洞丸 | 丹沢産 | 予想外 | 五葉躑躅 | 人の語りは1部 | 人命救助 | 今年の咲き具合 | 今年は不作 | 伊豆の三つ葉 | 余禄 | 余計なお世話 | 先生 | 全体図 | 六月の太陽 | 分かった方はコメントを | 初花の楽しみ | 加入道入山口 | 北丹沢山麓探訪 | 原因不明 | 去年と今年 | 参考写真 | 咲き分け | 咲くまでの経過 | 因果応報 | 城山かたくり | 執念 | 多忙な休暇 | 天晴れ | 奇花の中の奇花 | 学名 | 学問・資格 | 実生の経過 | 宮崎は東だらけ | 宮沢賢治もどき | 害虫 | 小さい塔婆 | 小屋番便り | 山の花・変種 | 山小屋業務 | 山歩き | 山野草の庭 | 山野草の庭は目の薬 | 山野草の花き温室から | 山野草・園芸 | 岩沙参 | 広告作用 | 庭植え大正解 | 当園符丁 | 当園符丁其の1 | 必然 | 忘れた頃に | 感謝 | 携帯・デジカメ | 整理整頓 | 文明の利器にギブアップ | 新入生 | 新花の色 | 旅行・地域 | 昔の写真 | 時は巡り | 本咲き? | 本心 | 桧洞丸 | 桧洞丸青ケ岳山荘から | 植生保護活動 | 此れが犬越路の関所か | 此処にも川津桜 | 残りの9部 | 水と火 | 洞メモ | 潜在能力 | 片隅農業 | 犬越路 | 珍百景 | 現在過去未来 | 環境問題 | 異常気象 | 的様 | 神の川から犬越路 | 秋の虫 | 秋球の成果 | 箱根米躑躅」 | 簡素 | 紀伊上臈ホトトギス | 経緯と観察 | 経験と雑学 | 絶滅危惧種か | 緑のSOSサイン | 羽蝶蘭は丈夫 | 肥料が大切 | 育ってました | 色々な花 | 花き温室 | 花き温室のうちょうらん | 花のあれこれ | 花の意思 | 花の感情 | 花の撮影天気次第 | 花の記憶 | 花もダイエット | 花鳥風月 | 芽吹き | 草木の心 | 葉芸品多数か | 要因 | 見飽き無い | 観察 | 記念切手 | 謹賀新年二十一年 | 貰った花 | 趣味 | 躑躅の里で | 遅咲き羽蝶蘭 | 野草のもみじ | 長寿番付け」 | 降りしきる緑 | 雪割草の芽吹き | 青ケ岳山荘ホームページから | 青ケ岳山荘ボランティア部 | 青ケ岳山荘ボランティア部写真展 | 青ケ岳山荘事務所 | 青ケ岳山荘事所 | 青ヶ岳山荘 | 駒草の庭造り |

最近のトラックバック

カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ