記念切手

2008年3月31日 (月)

これも花

花の世界は何処にもある。記念切手の中にも花がある。

記念切手を集め始めたのは二十歳ごろか?色彩の美しさに

魅せられた。当然手紙に張られた切手が始まり

小遣をつぎ込むようになった。今でも変わった切手や

きれいな切手は取っておく。

Dsc01690_2 ほーら見てよ!この花の美しさ!!

リアルだよなーーー。

つぎは・・・

Dsc01691 風蘭・・・!でござる!ウルップソウや

うすゆき草じつに細密に書かれて

図鑑なんか足元にも及ばない感。

Dsc01692 右の花はえびねだぞー・・・・えびねともなると

近年に近い。羽蝶蘭がないのが玉に瑕。

このえびねはミクラにおいえびねかなーー

色と言い反り方といい・・・・

それにこの黄花石楠花、随分濃いなー普通こんなに濃くないよ。

日陰躑躅じゃあないんでしょう?。

屋久島かな?蝦夷ならもっと淡いし・・・???蝦夷黄花石楠花

を一度みたことがある本州では暑さのために、絶対と言って

いいぐらい咲かなかった。蝦夷躑躅も咲かない。一度この花も

見たことがあるが一種独特のぽてっとした花形でラッパ状に

開かない。なーんとなく色々思い出してしまったなーー。

切手収集の歴史の古い事は古いらしい。

Dsc01693 論より証拠。

ゼロ戦みたいな切手あるな。

昔はこの金魚の切手をよく使ったんだよねーー。

1枚だけ100年前の切手が有った。地味ぃーーな色。

この切手のお陰でその場その場で整理が出来ない封書が

素敵な切手を貼ったまま、山のようにたまってしまった。

何が何でも整理整頓!と思って切手はがしを始めた。

二つの仕事のうちの一つの山小屋が、留守に泊まった

登山者が利用料金を送ってくれた現金書留がたまっている。

もちろんなかみはからっぽにして・・・。

切手をはがしはがしふと中を見たのが仕事を?増やすハメとなる。

それは桧洞丸青が岳山荘のホームページの雑記帳に書いた通り。

雑記帳では写真がのせられないので説得力に欠ける。

で、こっちのブログに、移動したわけ。

青が岳山荘が仕事柄遭難救助に力を尽くした話だが、手紙を

見ていて、傑作???がでてきた。

   山にあこがれ山に行き

   山と遊んで早二十五年

   十五の時に桧洞丸初登はん、(クラブ新人歓迎

   二十の時に初荷揚げ(ゲヤのタルキ

   二十五の時に山が縁で結婚し(桧洞頂上にて申し込み

   三十の時に子連れで初登はん

   三十五の時にゃ何したか忘れた、

   四十になって荷揚げでリタイヤ

   つくづく年を感じてしまします、

   これからもゆっくりゆっくり末永く

   おつきあい願います(もうビッコは見せないと

   心に強く言い聞かせてあります)

   (足)      平成3年六月

                 ○ ○ 米 ○ 

思わず笑ってしまう   三十五の時にゃ何したか忘れた

忘れたならはじめっから書かなければいいと思うんだが

彼のことだから五年ずつ調子よく流して言ったところ

三十五まで書いてしまってからハタと詰まったんでしょうね。

消すにも勿体無い、何故か毛筆でした。

これが無ければ捨てられた手紙かもしれない。

いかにも米ちゃんらしい名文で素晴らしい。

この素晴らしい彼が、人命救助で素晴らしい働きを

しているのです。

それもアリエネーー!みたいな落ちで。

                      (以下次回に続く)

   

   

その他のカテゴリー

5.6分間の遭難 | いよいよ咲いた | お盆の頃 | この色 | これも咲き分け | さつき | そのまんま東 | どっちが | どっちが本当 | どっちが本当? | どっちが正確か? | ひと夏の成果 | ふんわり咲き分け | まぐれ | やっぱりメタボ | イカリソウ | クレッション | グルメ・クッキング | シロヤシオツツジ | ストーブ列車 | スポットライト | チンドンヤ | ドライフラワー | パソコン・インターネット | パッチワーク | フィナーレ | ペット | ボランティア | ライトアップ | リサイクル | リサイクル万歳! | リサイクル時代 | 三つ葉躑躅 | 三ヶ木文化村? | 丹沢北麓お天気情報 | 丹沢山塊および近郊産 | 丹沢山塊桧洞丸 | 丹沢産 | 予想外 | 五葉躑躅 | 人の語りは1部 | 人命救助 | 今年の咲き具合 | 今年は不作 | 伊豆の三つ葉 | 余禄 | 余計なお世話 | 先生 | 全体図 | 六月の太陽 | 分かった方はコメントを | 初花の楽しみ | 加入道入山口 | 北丹沢山麓探訪 | 原因不明 | 去年と今年 | 参考写真 | 咲き分け | 咲くまでの経過 | 回顧主義 | 因果応報 | 城山かたくり | 執念 | 培養品 | 増やしましょう | 多忙な休暇 | 天晴れ | 奇花の中の奇花 | 学名 | 学問・資格 | 安房千鳥系 | 宝くじ | 実生の経過 | 実生の自生地 | 宮崎は東だらけ | 宮沢賢治もどき | 害虫 | 小さい塔婆 | 小屋番便り | 山の花・変種 | 山小屋業務 | 山歩き | 山野草の庭 | 山野草の庭は目の薬 | 山野草の花き温室から | 山野草・園芸 | 岩沙参 | 広告作用 | 庭植え大正解 | 当園符丁 | 当園符丁其の1 | 必然 | 忘れた頃に | 愛らしい | 感謝 | 携帯・デジカメ | 整理整頓 | 文明の利器にギブアップ | 新入生 | 新花の色 | 旅行・地域 | 昔の写真 | 時は巡り | 本咲き? | 本心 | 桧洞丸 | 桧洞丸青ケ岳山荘から | 植生保護活動 | 此れが犬越路の関所か | 此処にも川津桜 | 残りの9部 | 水と火 | 洞メモ | 潜在能力 | 片隅農業 | 犬越路 | 珍百景 | 現在過去未来 | 環境問題 | 用土と栽培法 | 異常気象 | 登場 | 的様 | 神の川から犬越路 | 秋の虫 | 秋球の成果 | 箱根米躑躅」 | 簡素 | 紀伊上臈ホトトギス | 経緯と観察 | 経験と雑学 | 絶滅危惧種か | 緑のSOSサイン | 羽蝶蘭は丈夫 | 肥料が大切 | 育ってました | 色々な花 | 花き温室 | 花き温室のうちょうらん | 花のあれこれ | 花の意思 | 花の感情 | 花の撮影天気次第 | 花の記憶 | 花もダイエット | 花鳥風月 | 芽吹き | 草木の心 | 葉芸品多数か | 要因 | 見飽き無い | 観察 | 記念切手 | 謹賀新年二十一年 | 貰った花 | 趣味 | 躑躅の里で | 遅咲き羽蝶蘭 | 野草のもみじ | 長寿番付け」 | 降りしきる緑 | 雪割草の芽吹き | 青ケ岳山荘ホームページから | 青ケ岳山荘ボランティア部 | 青ケ岳山荘ボランティア部写真展 | 青ケ岳山荘事務所 | 青ケ岳山荘事所 | 青ヶ岳山荘 | 駒草の庭造り |

最近のトラックバック

カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ