芽吹き

2008年4月 9日 (水)

シラネアオイ

昨日一昨日の小型台風のような雨風に泥まみれのような葉の中からシラネアオイの花芽がのぞいてる。オッキイハナ。 Dsc01753

この花は、東北の山地の樹木の中に自生しているもの。冬の乾燥と霜に弱い。冬は落ち葉を山のようにかけてやるか、植える場所を選ばなければならない。寒いところの植物だからと言って関東の寒さと種類が違う。関東の寒さは路地の大根が溶ける。東北の雪の中の大根は活き活きとして春を迎える。雪洞は理想的チルドなのだ。

春は日の光が差し込み、冬は雪の湿度と適当な寒さに守られ、こうして春を迎える。温室に保護したシラネアオイはいまだ路地のものより芽吹かない。刺激が足りないのだ。今年は春先やたら雨風の多い年だった。したがって野山の木々の芽吹きが早い。ある著名な盆栽やさんが盆栽の木の根元を箸で、トントンと叩いてやる。と言う話を聞いたことがあって、その時は笑う人もいた。然し何故か心に掛かって今長々植物を眺めていると、なるほどだよな!と思う。

山野草の庭と銘打ったからには、多少の知識と経験の中で現場から送る写真です。

2008年4月 6日 (日)

三つ葉躑躅

Dsc01722ついに三日前まではこんなだった。

かなりこの状態が続いている。

いつひらくかーいつひらくかー の方が楽しい。

Dsc01723

今日2・3輪こんな。

明日はどおか。

あさっては満開か。

Dsc01725

アカヤシオは草臥れ加減。

おつかれーー。

来年頑張れ!

Dsc01727

珍しくもない叡山スミレ。

可愛いじゃん。

Dsc01728

これがなーーー

これがなーーー

これがすきなわけ。

この色が好きなわけ。

土のしたから太陽が昇るようなこの色!この塊が

涙が出るほど嬉しいわけ!

ツンツカ・ツンツカ、角が出て、やがてバーー!っと広がるわけ。

名も知らぬギボシ。・・・・・・なもしらぬのよ。

名も知らぬ道行く人。すれ違う大勢の人。皆名も知らぬ。

この花の名も知らぬ。それでもすれ違うあの人この人よりは

親しいかも・・。じっと見つめても、こらー!ガンつけたな!

とも言わず、気持悪いと立ち去りもせず・・・。???

ン?立ち去るものもいたか???あの枯れた花・・・・!

立ち去ったのかも。

2008年4月 5日 (土)

山野草の庭・日陰躑躅

日陰躑躅だけは三分咲き。

Dsc01720 レモンイエローより軽いかナーー。

今年は去年の暑さのせいでか、いろんなものの

花つきがいい。気分のいい色・・。

Dsc01719_0 糸葉芍薬は、花がなさそう。

昔暇かけて、植え込んだものがよく咲いて、

毎年惚れ惚れと見ていたが、株分けして失敗。

新しいものを買って来て去年また植えたが、

牛蒡のような長い根で、咲くまで暇が掛かりそう。

アツモリソウとか、こういう類は動かしたら駄目。

その他のカテゴリー

5.6分間の遭難 | いよいよ咲いた | お盆の頃 | この色 | これも咲き分け | さつき | そのまんま東 | どっちが | どっちが本当 | どっちが本当? | ひと夏の成果 | まぐれ | やっぱりメタボ | イカリソウ | クレッション | グルメ・クッキング | シロヤシオツツジ | ストーブ列車 | スポットライト | チンドンヤ | ドライフラワー | パソコン・インターネット | パッチワーク | フィナーレ | ペット | ボランティア | ライトアップ | リサイクル | リサイクル万歳! | リサイクル時代 | 三つ葉躑躅 | 三ヶ木文化村? | 丹沢北麓お天気情報 | 丹沢山塊および近郊産 | 丹沢山塊桧洞丸 | 丹沢産 | 予想外 | 五葉躑躅 | 人の語りは1部 | 人命救助 | 今年の咲き具合 | 今年は不作 | 伊豆の三つ葉 | 余禄 | 余計なお世話 | 先生 | 全体図 | 六月の太陽 | 分かった方はコメントを | 初花の楽しみ | 加入道入山口 | 北丹沢山麓探訪 | 原因不明 | 去年と今年 | 参考写真 | 咲き分け | 咲くまでの経過 | 因果応報 | 城山かたくり | 執念 | 多忙な休暇 | 天晴れ | 奇花の中の奇花 | 学名 | 学問・資格 | 実生の経過 | 宮崎は東だらけ | 宮沢賢治もどき | 害虫 | 小さい塔婆 | 小屋番便り | 山の花・変種 | 山小屋業務 | 山歩き | 山野草の庭 | 山野草の庭は目の薬 | 山野草の花き温室から | 山野草・園芸 | 岩沙参 | 広告作用 | 庭植え大正解 | 当園符丁 | 当園符丁其の1 | 必然 | 忘れた頃に | 感謝 | 携帯・デジカメ | 整理整頓 | 文明の利器にギブアップ | 新入生 | 新花の色 | 旅行・地域 | 昔の写真 | 時は巡り | 本咲き? | 本心 | 桧洞丸 | 桧洞丸青ケ岳山荘から | 植生保護活動 | 此れが犬越路の関所か | 此処にも川津桜 | 残りの9部 | 水と火 | 洞メモ | 潜在能力 | 片隅農業 | 犬越路 | 珍百景 | 現在過去未来 | 環境問題 | 異常気象 | 的様 | 神の川から犬越路 | 秋の虫 | 秋球の成果 | 箱根米躑躅」 | 簡素 | 紀伊上臈ホトトギス | 経緯と観察 | 経験と雑学 | 絶滅危惧種か | 緑のSOSサイン | 羽蝶蘭は丈夫 | 肥料が大切 | 育ってました | 色々な花 | 花き温室 | 花き温室のうちょうらん | 花のあれこれ | 花の意思 | 花の感情 | 花の撮影天気次第 | 花の記憶 | 花もダイエット | 花鳥風月 | 芽吹き | 草木の心 | 葉芸品多数か | 要因 | 見飽き無い | 観察 | 記念切手 | 謹賀新年二十一年 | 貰った花 | 趣味 | 躑躅の里で | 遅咲き羽蝶蘭 | 野草のもみじ | 長寿番付け」 | 降りしきる緑 | 雪割草の芽吹き | 青ケ岳山荘ホームページから | 青ケ岳山荘ボランティア部 | 青ケ岳山荘ボランティア部写真展 | 青ケ岳山荘事務所 | 青ケ岳山荘事所 | 青ヶ岳山荘 | 駒草の庭造り |

最近のトラックバック

カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ