学名

2010年4月23日 (金)

わぉ!

見ていてくださいましたか。ありがとう御座います。当方はお気に入

りに設定いたして、拝見しております。

従いまして、丹沢の花もかなり目を通しておりました。分からない物

が結構ありました。こちらは、自分が扱った、植物の栽培に多少の

自信があるだけで、それ以外のことは、予想外に暗いのです。間口

は狭く奥行きが深いというタイプかもしれません。

もう昔の話でしたが、奥野さんがガイドブックに、バイケイソウをコバ

イケイソウと書いてしまい、ある植物学者からきつく注意されたという

話を聞いたことがありました。其れは今でもいわれる有名な話で

本人はもとより、私たちともども、かなりショックな出来事でした。

本人の口からもその話を数回聞かされました。それ以来、人目

に晒す、物を書くというとき、無意識で分かっていた物が、突然、そ

うだっけか!???!??とパニックに落ちる。夜中に飛び起きた

りする。人を頼って確認してと渡すと、ウン間違いない!という。安心

して、活字にするとなぜか表示してから気がつく。HP・ブログなど年

中!!。えー間違っているジャン!というと。何そんなことも知らな

かったの!なんて平気で言う。自分です、全て自分の責任です。

それから、植物の写真は載せても、名前は一切載せるなと言うお達

しがあったとある筋の話。ナッサケナイヨー!

恥はかきたくないが苦労もしたくない!そういう体制を選んだんだよ

!恥ずかしくないか!。馬鹿でもプライドを持って生きようと言う、姿

勢でいたい。じわっと冷や汗をかきつつ、本をめくる・・・。たった一つ

分かっただけでも、嬉しいじゃん。私たちは?これは何でしょう。ご存

知の方いますか、少し図鑑をめくってみましょう。でいいと思う??ダ

メ?間違っていましたごめんなさい。5冊の本で調べた結果こういうこ

とでしたが、これで正しいのでしょうか?この程度かな、我々に与えら

れた分野は・・・・・・・・・・・・・???ダメ?

この前、ある植物を見た帰り、〇〇図鑑ぐらいじゃあ載っていないだ

ろうな、といいつつ帰って来たけれど、それでもと、紐解いてやっぱり

載っていない。気になった、そのときが出発でしょうと思いますね。

奥野さんが、非情とも思う経験をしたのは、彼が、著名人だからでし

ょう。大衆が注目する存在の大きさだからでしょう。誰も何も言わな

いのは、黙って笑ってすごされるどうでもいい存在か、語る価値の

ない人と言うことでしょう。又言って逆恨みされるマイナスの不安を

避けているともいえますね。エネルギーが無いのか、節約して生き

ているのか、ズタボロに消耗して生きている当方としては、見てい

て虫唾が走る。馬鹿でも一生懸命な、自分が好きだ。馬鹿馬鹿し

いと思いつつ、其処から抜けることが出来ないから仕方ない。間

違いだらけの人生で、自己嫌悪に落ちても死んでみせる訳にも行

かず・・・点々テン・・・・・・。

人畜無害と言う生き方に、時に羨望を感じつつ、そのときはきっと

死ぬときだろうね。

私は、この先も、丹沢駆け巡りのサイトをわからないながも拝見し、

丹沢の花をクリックすると思います。ありがたいと思っています。

すみません、どんな風に解釈されるか・・・自分のことだって時々

訳分からないのですからどう思われても・・・・・・・・ねぇ。

その他のカテゴリー

5.6分間の遭難 | いよいよ咲いた | お盆の頃 | この色 | これも咲き分け | さつき | そのまんま東 | どっちが | どっちが本当 | どっちが本当? | どっちが正確か? | ひと夏の成果 | ふんわり咲き分け | まぐれ | やっぱりメタボ | イカリソウ | クレッション | グルメ・クッキング | シロヤシオツツジ | ストーブ列車 | スポットライト | チンドンヤ | ドライフラワー | パソコン・インターネット | パッチワーク | フィナーレ | ペット | ボランティア | ライトアップ | リサイクル | リサイクル万歳! | リサイクル時代 | 三つ葉躑躅 | 三ヶ木文化村? | 丹沢北麓お天気情報 | 丹沢山塊および近郊産 | 丹沢山塊桧洞丸 | 丹沢産 | 予想外 | 五葉躑躅 | 人の語りは1部 | 人命救助 | 今年の咲き具合 | 今年は不作 | 伊豆の三つ葉 | 余禄 | 余計なお世話 | 先生 | 全体図 | 六月の太陽 | 分かった方はコメントを | 初花の楽しみ | 加入道入山口 | 北丹沢山麓探訪 | 原因不明 | 去年と今年 | 参考写真 | 咲き分け | 咲くまでの経過 | 回顧主義 | 因果応報 | 城山かたくり | 執念 | 培養品 | 増やしましょう | 多忙な休暇 | 天晴れ | 奇花の中の奇花 | 学名 | 学問・資格 | 安房千鳥系 | 宝くじ | 実生の経過 | 実生の自生地 | 宮崎は東だらけ | 宮沢賢治もどき | 害虫 | 小さい塔婆 | 小屋番便り | 山の花・変種 | 山小屋業務 | 山歩き | 山野草の庭 | 山野草の庭は目の薬 | 山野草の花き温室から | 山野草・園芸 | 岩沙参 | 広告作用 | 庭植え大正解 | 当園符丁 | 当園符丁其の1 | 必然 | 忘れた頃に | 愛らしい | 感謝 | 携帯・デジカメ | 整理整頓 | 文明の利器にギブアップ | 新入生 | 新花の色 | 旅行・地域 | 昔の写真 | 時は巡り | 本咲き? | 本心 | 桧洞丸 | 桧洞丸青ケ岳山荘から | 植生保護活動 | 此れが犬越路の関所か | 此処にも川津桜 | 残りの9部 | 水と火 | 洞メモ | 潜在能力 | 片隅農業 | 犬越路 | 珍百景 | 現在過去未来 | 環境問題 | 用土と栽培法 | 異常気象 | 登場 | 的様 | 神の川から犬越路 | 秋の虫 | 秋球の成果 | 箱根米躑躅」 | 簡素 | 紀伊上臈ホトトギス | 経緯と観察 | 経験と雑学 | 絶滅危惧種か | 緑のSOSサイン | 羽蝶蘭は丈夫 | 肥料が大切 | 育ってました | 色々な花 | 花き温室 | 花き温室のうちょうらん | 花のあれこれ | 花の意思 | 花の感情 | 花の撮影天気次第 | 花の記憶 | 花もダイエット | 花鳥風月 | 芽吹き | 草木の心 | 葉芸品多数か | 要因 | 見飽き無い | 観察 | 記念切手 | 謹賀新年二十一年 | 貰った花 | 趣味 | 躑躅の里で | 遅咲き羽蝶蘭 | 野草のもみじ | 長寿番付け」 | 降りしきる緑 | 雪割草の芽吹き | 青ケ岳山荘ホームページから | 青ケ岳山荘ボランティア部 | 青ケ岳山荘ボランティア部写真展 | 青ケ岳山荘事務所 | 青ケ岳山荘事所 | 青ヶ岳山荘 | 駒草の庭造り |

最近のトラックバック

カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ