これも咲き分け

2008年7月12日 (土)

人気ない花

Dsc02426 鉢かぶり姫が咲いた。

花うさぎと同じ安房千鳥系。小花で何故か両方

とも大きくなれない。それでも今までで2番目ぐら

いに大きくなって気分よくさいている。白との区分がはっきりして

我ながら美しい咲きかただワイ!と思ってみる。花うさぎも人気

が出なかった。今頃騒がれている不思議???

そういえばこのタイプの花全然見かけないのはなぜだろう。

みなの者、我輩以上に下手パッチなのか・・・・?

2008年7月 3日 (木)

花うさぎ

Dsc02315 今年は情けない状態で花うさぎが咲きました。

今年はもう少し大きくなってくれればいいなと思

いますが育ちの悪い花です。インターネットを検

索されるという事で当園のブログを見てもらっているでしょうか?

とりあえず予約ラベルをそのまま入れておきます。○沢さん、

侍りびとは芸をしたでしょうか?はてな?というような事がありま

したら遠慮なくコメントをください。

2008年6月28日 (土)

当園符丁は大地

Dsc02194  この花は大輪のかぶと咲きで濃色花。どちらか

といえば出世株。

初めから大きく咲いたが、日に日に育って目を見

Dsc02253_2張るようになり物指しを当ててみると、2センチを

軽く超えてきた。

花びらも反らず、色もよくじつに美しい。

Dsc02266

それにひさし振りにドキドキゾクゾクなのは今年

2年の中休みを経て咲分ける事。ダー!!

3番目の写真を見てもらいたい。下から4番目の

花を見てもらいたい。右の5番目の花の蕾の方が大きいのだ。

という事は4番目は白なのだ。蕾も白。赤みが差していない。

ゾゾゾーーー!!うれしー!!安定度は紅白殿に及ばないか知

れないが5年で3年咲き分けたのだ。16・17・20・○18・19・×

でもな!この花は幸か不幸か全面に赤い。という事は兜と淵が

白いだけ。メリハリに欠ける。という事は如何に紅白殿が咲分け

の花として優秀な素材を持っているかという事だよな。この花を

作出した角○様に何時もかげながら感謝と尊敬。大切にします。

そしてこの花を運んできてくれた中○様。様々な方たちのご縁に

感謝。新花の方はマ!期待しないで待っていて・・・。

そのうち経過をこの章に編集して追加しますんで・・・・。気になる

人は・・・・・。時々引き返してみてください。

という訳で、Dsc02277 今日撮ったこの花の茎、左上の写真よりは良く見え

る。左の蕾が一つ小さくその上の蕾が、早く咲く

べき蕾を通り越して大きく色付いている。白で

咲く花は開きが堅い。そのためにこういう状態になる。花が咲い

てくると花の付け根が見えなくなる。そうすると写真だけでしか確

認出来ないブログ読者には訳解らないでしょうと思い今の内に撮

っておいた。この花が咲くまでは約10日は掛かりそう・・・。この

寒さではね。

2008年6月23日 (月)

大好きな羽蝶蘭

  Dsc02158       

いよいよ待望の羽蝶蘭が咲いた。1輪目が白!

超ウレシー!!去年はずーっと下が赤で、上が

   ↓                                  

Dsc02201

白だったから上の白が咲くときは下の赤が草臥

れてきた。今回は上出来。よしよし!この羽蝶蘭

は肉厚でビロード色で見ていて清清する。

肉厚という事は草も堅く、花も日を向かない。

チョキチョキ花の出た茎の方向を向く。写真を撮るのに右にピン

トあわせれば左が会わず左にピント合わせれば右が駄目。

これでも花をククッと曲げているのだぞヨ!

Dsc02199 それにこの花を見て!去年も親は咲分けた。

咲分けるのは親だけ。相当大きくならなければ

咲分けない。

去年は写真を撮らなかった。此の先は毎年記

録すべき。

その他のカテゴリー

5.6分間の遭難 | いよいよ咲いた | お盆の頃 | この色 | これも咲き分け | さつき | そのまんま東 | どっちが | どっちが本当 | どっちが本当? | どっちが正確か? | ひと夏の成果 | ふんわり咲き分け | まぐれ | やっぱりメタボ | イカリソウ | クレッション | グルメ・クッキング | シロヤシオツツジ | ストーブ列車 | スポットライト | チンドンヤ | ドライフラワー | パソコン・インターネット | パッチワーク | フィナーレ | ペット | ボランティア | ライトアップ | リサイクル | リサイクル万歳! | リサイクル時代 | 三つ葉躑躅 | 三ヶ木文化村? | 丹沢北麓お天気情報 | 丹沢山塊および近郊産 | 丹沢山塊桧洞丸 | 丹沢産 | 予想外 | 五葉躑躅 | 人の語りは1部 | 人命救助 | 今年の咲き具合 | 今年は不作 | 伊豆の三つ葉 | 余禄 | 余計なお世話 | 先生 | 全体図 | 六月の太陽 | 分かった方はコメントを | 初花の楽しみ | 加入道入山口 | 北丹沢山麓探訪 | 原因不明 | 去年と今年 | 参考写真 | 咲き分け | 咲くまでの経過 | 回顧主義 | 因果応報 | 城山かたくり | 執念 | 培養品 | 増やしましょう | 多忙な休暇 | 天晴れ | 奇花の中の奇花 | 学名 | 学問・資格 | 安房千鳥系 | 宝くじ | 実生の経過 | 実生の自生地 | 宮崎は東だらけ | 宮沢賢治もどき | 害虫 | 小さい塔婆 | 小屋番便り | 山の花・変種 | 山小屋業務 | 山歩き | 山野草の庭 | 山野草の庭は目の薬 | 山野草の花き温室から | 山野草・園芸 | 岩沙参 | 広告作用 | 庭植え大正解 | 当園符丁 | 当園符丁其の1 | 必然 | 忘れた頃に | 愛らしい | 感謝 | 携帯・デジカメ | 整理整頓 | 文明の利器にギブアップ | 新入生 | 新花の色 | 旅行・地域 | 昔の写真 | 時は巡り | 本咲き? | 本心 | 桧洞丸 | 桧洞丸青ケ岳山荘から | 植生保護活動 | 此れが犬越路の関所か | 此処にも川津桜 | 残りの9部 | 水と火 | 洞メモ | 潜在能力 | 片隅農業 | 犬越路 | 珍百景 | 現在過去未来 | 環境問題 | 用土と栽培法 | 異常気象 | 登場 | 的様 | 神の川から犬越路 | 秋の虫 | 秋球の成果 | 箱根米躑躅」 | 簡素 | 紀伊上臈ホトトギス | 経緯と観察 | 経験と雑学 | 絶滅危惧種か | 緑のSOSサイン | 羽蝶蘭は丈夫 | 肥料が大切 | 育ってました | 色々な花 | 花き温室 | 花き温室のうちょうらん | 花のあれこれ | 花の意思 | 花の感情 | 花の撮影天気次第 | 花の記憶 | 花もダイエット | 花鳥風月 | 芽吹き | 草木の心 | 葉芸品多数か | 要因 | 見飽き無い | 観察 | 記念切手 | 謹賀新年二十一年 | 貰った花 | 趣味 | 躑躅の里で | 遅咲き羽蝶蘭 | 野草のもみじ | 長寿番付け」 | 降りしきる緑 | 雪割草の芽吹き | 青ケ岳山荘ホームページから | 青ケ岳山荘ボランティア部 | 青ケ岳山荘ボランティア部写真展 | 青ケ岳山荘事務所 | 青ケ岳山荘事所 | 青ヶ岳山荘 | 駒草の庭造り |

最近のトラックバック

カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ