予想外

2012年1月11日 (水)

驚きのバカボン!ボン!

世の中は、思うようにいかない。

大丈夫です!と太鼓判押されても、間違うことがある。大○総身に

知恵のまわりかね。ということわざもある。

優秀で、細密なものは扱いにくいという常識がある。何のことはない。

今回の、大きな目的の天気情報の提供が、電波が立たなくて、たった

一度もできなかった。

ラクラクホンとスマートホンを並べて電波を受けてみるとラクラクホンは

電波が通るのに、スマートホンは駄目だった。同じフォーマというのにだ。

考えられる???。

考えられない。

帰ってきてから、更新するというオソマツ!・・・漫画時代みたいですね。

2010年3月10日 (水)

桧洞丸青ケ岳山荘から

あー吃驚した。何の気なしに、みやま山荘をクリックしたら尊仏山荘

が出た。全身コンピューターも気がつかなかったみたい。アー学校

辞めておいてからでよかった。エッらい怒鳴られるところだったろう

!!!。

たとえ、1日とはいえ失礼しました。

只今、雪が20センチあります。重いしめった雪で、道路は地熱で圧縮

されて5センチか。

柘植の木やお茶の木の上に雪が積もり、越前くらげかたこ入道みた

い。この音は、霙の音か・・・シャリシャリという降り方。山の樹が折れ

る・・・。人心乱れて山はズタボロ。

そういえば今日、トイレ委員会があって、(山の公衆トイレの会)新年

度からチップが100円になるようです。紙は厳重持ち帰り指導とか・・。

そんなこといったって、戸をあけて見ている訳にも行かず・・・トイレそ

のものの機能低下か小屋番のウンコカミカツギにかかってくるのでは

!!

あーぁ、また娘に怒られる。行き着くところまで言ってしまった。

でもさ、カタカナニしてみたところがせめてもの朗らかタッチと思わな

い?小屋番心ちゃんの凍ったうんこにお湯かけて金槌で叩いて飛び

散るうんこあびつつ掃除する身になれば、ウンコガミグライ背負う・・

最後の サ に元気が無い・・

2009年12月 4日 (金)

此処はどこ?

  世の中、捨てた物ではない

身近なところに、こんな別世界があるとは知らなかった。

このたたずまいはまるで石棚山稜の雛形といっても過言

ではない。

Img_0080_4   

 木漏れ日の山道 ひたすらなだらか

道を覆う落ち葉ふみ

 柔らかなあぜ道を行くが如し

 

 父、母の手のひらのように

      何事かをただ受けいれる

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_0087

アキノヒノ木漏れ日がちらちら・・・。

Img_0086

此処も馬の背、奇跡の道・・・。

   

 

Img_0083

適度の勾配と曲がり・・・。

足裏に伝わる土の柔らかさ、今この感触で歩ける身近な

山道があるだろうか・・・?

Img_0100

馬の背とはまさにこのこと。幅50センチか?。

こんなところを大勢が、ズダズダ歩けば

たちまち崩れる不安が出る。

此処がどこだか誰にも言うまい・・・!!

Img_0089

涼しい怖い杉林。よく手入れされている。

Dsc04332

山はくっきりと雑木と杉に分かれる。

2009102915250000

途中であった山仕事の男性、「この山は県が買って

山の手入れをしてくれるということだよ、20年の

期限だと、地主はいくらか金を貰ったらしいよ」

と語る。

「えーーー!!県もいい事やってくれるじゃん」

「ありがたや、ありがたや、ひたすらありがたや」

これを価値あると思ってくれる人がお上にも

いたなんて、

世の中捨てたもんじゃあない。

ただありがたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2008年7月 4日 (金)

メタボな花

Dsc02344_2メタボな花とふざけていたら本当にメタボに発達

してきて不気味な様相を呈してきた。

黒紫を帯びてヤッパリ口に見えますねーーー

大地の咲分けは

Dsc02330

まだ含んでいて、さっぱり様子が分かりません。

まだに三日は掛かりそうです。

今年は寒さで色はともかく花の大きさがぐんと小

さい中でこの二つは王者の風格。

Dsc02357 寿紫王などは小さいどころか花びらがたたまって

延びれない。

この白花はほそーく咲いてしまった。間違いでは

ないかと思うほどちいさかったが

Dsc00026

花びらの厚さが普通の白と違うので、間違い

は無い。↓

Dsc02360 大輪で、側裂弁に黄色味が強く

額を跳ねのけて咲く勢いは

何時も爆発するようだと思う。

↓えてして大輪花はガクに抑えられて開けない事が多い。

Dsc00025然しこの花は花弁が厚いためにガクを跳ね除ける。

その有様が感動物なのだ

花は芽が出るときから面白い。

その他のカテゴリー

5.6分間の遭難 | いよいよ咲いた | お盆の頃 | この色 | これも咲き分け | さつき | そのまんま東 | どっちが | どっちが本当 | どっちが本当? | ひと夏の成果 | まぐれ | イカリソウ | ギャンブル | クレッション | グルメ・クッキング | シロヤシオツツジ | ストーブ列車 | スポットライト | チンドンヤ | ドライフラワー | パソコン・インターネット | パッチワーク | フィナーレ | ペット | ボランティア | ライトアップ | リサイクル | リサイクル万歳! | リサイクル時代 | 三つ葉躑躅 | 三ヶ木文化村? | 丹沢北麓お天気情報 | 丹沢山塊および近郊産 | 丹沢山塊桧洞丸 | 丹沢産 | 予想外 | 五葉躑躅 | 人の語りは1部 | 人命救助 | 今年の咲き具合 | 今年は不作 | 伊豆の三つ葉 | 余禄 | 余計なお世話 | 先生 | 全体図 | 六月の太陽 | 分かった方はコメントを | 初花の楽しみ | 加入道入山口 | 北丹沢山麓探訪 | 原因不明 | 去年と今年 | 参考写真 | 咲き分け | 咲くまでの経過 | 因果応報 | 城山かたくり | 執念 | 多忙な休暇 | 天晴れ | 奇花の中の奇花 | 学名 | 学問・資格 | 実生の経過 | 宮崎は東だらけ | 宮沢賢治もどき | 害虫 | 小さい塔婆 | 小屋番便り | 山の花・変種 | 山小屋業務 | 山歩き | 山野草の庭 | 山野草の庭は目の薬 | 山野草の花き温室から | 山野草・園芸 | 岩沙参 | 広告作用 | 庭植え大正解 | 当園符丁 | 当園符丁其の1 | 必然 | 忘れた頃に | 感謝 | 携帯・デジカメ | 整理整頓 | 文明の利器にギブアップ | 新入生 | 新花の色 | 旅行・地域 | 昔の写真 | 時は巡り | 本咲き? | 本心 | 桧洞丸 | 桧洞丸青ケ岳山荘から | 植生保護活動 | 此れが犬越路の関所か | 此処にも川津桜 | 残りの9部 | 水と火 | 洞メモ | 潜在能力 | 片隅農業 | 犬越路 | 珍百景 | 現在過去未来 | 環境問題 | 異常気象 | 的様 | 神の川から犬越路 | 秋の虫 | 秋球の成果 | 箱根米躑躅」 | 簡素 | 紀伊上臈ホトトギス | 経緯と観察 | 経験と雑学 | 絶滅危惧種か | 緑のSOSサイン | 肥料が大切 | 育ってました | 色々な花 | 花き温室 | 花き温室のうちょうらん | 花のあれこれ | 花の意思 | 花の感情 | 花の撮影天気次第 | 花の記憶 | 花もダイエット | 花鳥風月 | 芽吹き | 草木の心 | 葉芸品多数か | 要因 | 見飽き無い | 観察 | 記念切手 | 謹賀新年二十一年 | 貰った花 | 趣味 | 躑躅の里で | 野草のもみじ | 長寿番付け」 | 降りしきる緑 | 雪割草の芽吹き | 青ケ岳山荘ホームページから | 青ケ岳山荘ボランティア部 | 青ケ岳山荘ボランティア部写真展 | 青ケ岳山荘事務所 | 青ケ岳山荘事所 | 青ヶ岳山荘 | 駒草の庭造り |

最近のトラックバック

カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ