去年と今年

2010年5月15日 (土)

病院ですよ病院!

時期的にもちょっと山に行こうかと、診療所でハルシオンを貰った。

ついでに市の健康診断を受けた。年に一回の無料健康診断だ。

去年の数字は・・・・・今年の現在の血圧は・・・・・・。終わって、や

れやれと、仕事モドキをしているところに電話。

「何処にいるんだーー!」

偉い客。店番が居るのに呼びつける。

「病院、病院。診療所でーす!」その後すぐ折り返し、

「暇かかるって!」

うそ!。逢いたくない。あぁーあ!もっと早くこういう嘘がつけたら楽

な人生だったのに。今頃気がついたってもう遅い。

「先生、実は此処がまた具合悪いんです・・・」

先生、無視。せっせと書類に記入中。

(もうナ、お前は耐用年数が切れているんだから部品は無いの。

これ以上無理して破綻しているお国の保険財政に負担をかけない

ように・・・・。)

何処から聞こえてきそうな言葉が、頭の中を駆け巡る。

それとなぁく・・・・・かわいそうなことを又、言ったかな。ハルシオンの

君にも可哀相なことをした。皆どうしてこんなに〇〇いんだろう・・・・。

そうか、赤穂浪士の解説に有ったな。自分の命は言うに及ばず、家

族、地位、名誉、財産、失いたくないものを人は持ちすぎて、みな身

動きが取れない。分かるよなーーー。そして一番大事なものを捨て

ている。その命、何のための命だ??。命授かったパワーの流れ。

止むに止まれぬ心意気のほとばしり、自分で無ければできない使命

と、うぬぼれきれる熱意。それを、自分自身に聞いてみたことがある

か。その答え、イエスでもノーでも出るのは涙。不甲斐無い自分を見

て涙し、片や嗤われながら命かける覚悟に涙する。どっちに泣くかは

その人間の勝手。

そういえば

結局赤穂浪士の四十七士はほぼ、失いたくない物を持っていない

武士だけが最後に残ったという。赤穂浪士のドラマには賛否両論だ

が、人間と言うものの弱さを、そしてエゴを見抜き切っていた、そし

てそいう人間を合法的に放してやった内蔵助と言う人間が・・・・・・・

面白い。

如何に生きるかは、如何に死ぬかだから。

Simg_2117

適材適所。ナニワイバラにも意味があるみたい。

2008年7月 7日 (月)

花の比較

Dsc02370 見覚えあるこの花がこれ         

菊葉のジャンボ!

似てるなヤッパリ。去年より良いか?

Dsc01269逆さまにするとおんなじなんだな。

それにこの菊葉!花みたいに綺麗なのジャー。

芽が出たときから花のようでご満悦。これ背中?

Dsc02269_0写真はまだありまするーーー と言いつつ・・

出して見せるほどでもなかったか・・・と思う。とい

う事でこの4枚の写真は同じ花です。念のため。

Dsc02208

写真だけ見ていると、複雑な花は解らない。

ついでにもう一枚

これは全体図。展示会廻りのお客さん

Dsc02305_2

こんなに背の高い菊葉見たこと無い。菊葉は

皆小さいですよーーー。とのたまう・・・・??

確かに他の花と変わらず大きく育っている。

Dsc02377_2

チビな菊葉は下の花のように並葉が一枚も

出ないタイプではないでしょうか?

ところで紅菊・・・・だんだんそれらしくなったか

どうか。・・・・去年は立派だったなーーー!

今年下の写真のように育つのには暇が掛か

Dsc01259

りそう・・・・・・。

はなもぼつぼつきりたいころで・・・

天気には勝てない!

その他のカテゴリー

5.6分間の遭難 | いよいよ咲いた | お盆の頃 | この色 | これも咲き分け | さつき | そのまんま東 | どっちが | どっちが本当 | どっちが本当? | どっちが正確か? | ひと夏の成果 | ふんわり咲き分け | まぐれ | やっぱりメタボ | イカリソウ | クレッション | グルメ・クッキング | シロヤシオツツジ | ストーブ列車 | スポットライト | チンドンヤ | ドライフラワー | パソコン・インターネット | パッチワーク | フィナーレ | ペット | ボランティア | ライトアップ | リサイクル | リサイクル万歳! | リサイクル時代 | 三つ葉躑躅 | 三ヶ木文化村? | 丹沢北麓お天気情報 | 丹沢山塊および近郊産 | 丹沢山塊桧洞丸 | 丹沢産 | 予想外 | 五葉躑躅 | 人の語りは1部 | 人命救助 | 今年の咲き具合 | 今年は不作 | 伊豆の三つ葉 | 余禄 | 余計なお世話 | 先生 | 全体図 | 六月の太陽 | 分かった方はコメントを | 初花の楽しみ | 加入道入山口 | 北丹沢山麓探訪 | 原因不明 | 去年と今年 | 参考写真 | 咲き分け | 咲くまでの経過 | 回顧主義 | 因果応報 | 城山かたくり | 執念 | 培養品 | 増やしましょう | 多忙な休暇 | 天晴れ | 奇花の中の奇花 | 学名 | 学問・資格 | 安房千鳥系 | 宝くじ | 実生の経過 | 実生の自生地 | 宮崎は東だらけ | 宮沢賢治もどき | 害虫 | 小さい塔婆 | 小屋番便り | 山の花・変種 | 山小屋業務 | 山歩き | 山野草の庭 | 山野草の庭は目の薬 | 山野草の花き温室から | 山野草・園芸 | 岩沙参 | 広告作用 | 庭植え大正解 | 当園符丁 | 当園符丁其の1 | 必然 | 忘れた頃に | 愛らしい | 感謝 | 携帯・デジカメ | 整理整頓 | 文明の利器にギブアップ | 新入生 | 新花の色 | 旅行・地域 | 昔の写真 | 時は巡り | 本咲き? | 本心 | 桧洞丸 | 桧洞丸青ケ岳山荘から | 植生保護活動 | 此れが犬越路の関所か | 此処にも川津桜 | 残りの9部 | 水と火 | 洞メモ | 潜在能力 | 片隅農業 | 犬越路 | 珍百景 | 現在過去未来 | 環境問題 | 用土と栽培法 | 異常気象 | 登場 | 的様 | 神の川から犬越路 | 秋の虫 | 秋球の成果 | 箱根米躑躅」 | 簡素 | 紀伊上臈ホトトギス | 経緯と観察 | 経験と雑学 | 絶滅危惧種か | 緑のSOSサイン | 羽蝶蘭は丈夫 | 肥料が大切 | 育ってました | 色々な花 | 花き温室 | 花き温室のうちょうらん | 花のあれこれ | 花の意思 | 花の感情 | 花の撮影天気次第 | 花の記憶 | 花もダイエット | 花鳥風月 | 芽吹き | 草木の心 | 葉芸品多数か | 要因 | 見飽き無い | 観察 | 記念切手 | 謹賀新年二十一年 | 貰った花 | 趣味 | 躑躅の里で | 遅咲き羽蝶蘭 | 野草のもみじ | 長寿番付け」 | 降りしきる緑 | 雪割草の芽吹き | 青ケ岳山荘ホームページから | 青ケ岳山荘ボランティア部 | 青ケ岳山荘ボランティア部写真展 | 青ケ岳山荘事務所 | 青ケ岳山荘事所 | 青ヶ岳山荘 | 駒草の庭造り |

最近のトラックバック

カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ