フィナーレ

2010年9月29日 (水)

何を見て生きてきたのか

昔、白馬に登って、白馬から鑓の稜線を歩いたとき、赤い岩山の、

花畑、丁度運がよかったとしか言いようが無いが、山の頂から山

腹にかけて雲が流れていった。その雲が丁度網目のように無数

の輪が鎖のように 繋がっていた。まぁ、簡単に言えば白いレース

のように山を覆って流れた。山肌が、その鎖目から透けて見え、

振り返れば、白馬は、霧を抜け、削いだような、急峻な姿をさらし

ている。青い空に陽の光があふれて、唖然とする美しさだった。

ようこそ!丁度この時にお待ちしておりました。そういうメッセージ

だった。鑓までのなだらかな岩の道を歩きつつ、コマクサやトウヤ

クリンドウの花畑に、今まで何を見て、この年まで生きてきたの だ

ろうと思った。今までの人生が、空洞のように虚しく思われた。猿倉

のアプローチの長さに南アルプスの、広河原ほどに参ったが、どち

らも、2度と行ってはいない。然し今、桧洞丸を歩いて、何を見て今

まで生きてきたのかと、愕然とした。この美しさ、そしてこの 荒廃。

Simg_2796

愚かな事に、急峻な岩山が、値打ちに思われた時期があった。

また標高にこだわった時期もあった。然し、多少山を歩いてみて、

こんな山あるかな?と周りを見渡すところにきている。見晴らしが

いいだけでは、それだけだ。動きの無い同じ景色を見続ける事は

結構つらい。雲が流れるとか、日が沈む、そういう動きの1瞬のつ

ながりが、美しいので、その1瞬の、如 何に短いか。山に落ちる太

陽の動きの早さ。頭上にあるときは、止まっているように見える太

陽が、水車のように、音を立てて沈んでいくような動きだ。この山

には、それを感じさせる、深さがある。そのものを飾る、脇役が居

る。ちりばめられた、脇役の豊富さがこの山の価値だ。今ほどそ

れを感じることは無い。

Img_0887

木道から覗くイチゴ。

Simg_0895

ご神木。

Simg_0907

熊笹の峰ではないが、此処にもある姫紗羅の林立。木道が、被写

体に成って居るが、木道が無いほうが美しい稜線だった。

Simg_0891

霧が出れば、何も見えない岩山と違い、この林の木々の遠近は

他にはありえない景色となる。昔、何時間もこの道が続かない物

かと思った時があった。行けども行けども終わりの無い、長い長

い道を、どのくらい願ったかしれなかった。職場はつらく、この山

を下りるという事はそこに帰ることだった。なだらかな稜線が、霧

に霞んで、行く手の見えないことにどのくらいの幸せを感じたかし

れなかった。ずっと続いてくれ!。そのときの唯一のささやかで、

叶わない願望だった。いくら嫌でも其処に帰っていかなければな

らないことは分かっていて、分かっていて、尚そう思った。立ち止

まれば、さほどに感じられなかった風が骨に届く棘を指す。じっと

止まってはいられない自然の厳しさが、安きに流れたい心身に鞭

を打つ。右も左も選べない、ただ歩いてゆくしかない。幾ばくかの

・・・否や人が与える事のできない癒しと、深いやさしさ、戒めと、

無言の語りを与えられて、歩いた。虫けらのようだと自分の存在を

嘆いたあの時代。唯一、かけがえのない、山との対峙。そういう時

を積み重ねて刻んだ。

 Simg_0929_2

  霧が湧き、忙しく消え、又立ち止まり包み、そして消える。今もこ

の山を蝕むCO2の霧が、変らぬ名優だ。深い霧は一歩集中力を

欠くと、ここは?ふと恐怖心が湧く。つかみどころの無い稜線の中

の緊張感と、研ぎ澄まされた神経の踊り場。その舞台。その形態

は能の舞に似ている。1ミリの感覚の狂いが行く先に、何百メート

ルの差を生じさせる。落ち葉の堆積した深い霧の稜線、新雪に覆

われた稜線。

 五右衛門沢の稜線に迷い込んで、死んだ人が居たが、無事な

多くの登山者に自分の幸運を侮るなと言いたい。木道は必ずし

も、あなたの命を安全に導く確証の物ではない。人は山に向かう

とき、山に敬意と恐れを持つことから発しなければならない。それ

は正に自分の命を手にとって眺める行為だ。非日常的な登山を、

当たり前の事と思うな。どのような相手であろうと、このことは一

歩も譲れない。

Simg_0931

何十年の歳月と共に、もろもろの要因が、樹を枯らし、

Simg_0933

何処にカメラを向けても、今枯れ木の写らないところを探すのが難

しい。

Simg_2792

熊笹に覆われていた山稜は、木の根が浮き上がり。

Simg_2797

霧が出ても、枝葉の茂りが薄く、明るい空が透ける。暗いほど鬱蒼

と茂った、木々はしのぶ由も無く・・・。昔は、昔は、昔は・・・・・。失

ってみて今始めて、この山の昔が、どれほどの価値であったか、身

をよじるほど悔しい。更なる先祖は、きっと昔の山と言う私の言葉を

聞いて、笑うだろうな。ひのきぼらまる。この変な名前。おそらくは

この山に入れば、洞穴に入ったように暗かったに違いない。

 

人は何のためにこの星に生まれ、何を目指し、そして何処に行き

たいのだろうか。

何を見て生きてきたのか

昔、白馬に登って、白馬から鑓の稜線を歩いたとき、赤い岩山の、

花畑、丁度運がよかったとしか言いようが無いが、山の頂から山

腹にかけて雲が流れていった。その雲が丁度網目のように無数

の輪が鎖のように 繋がっていた。まぁ、簡単に言えば白いレース

のように山を覆って流れた。山肌が、その鎖目から透けて見え、

振り返れば、白馬は、霧を抜け、削いだような、急峻な姿をさらし

ている。青い空に陽の光があふれて、唖然とする美しさだった。

ようこそ!丁度この時にお待ちしておりました。そういうメッセージ

だった。鑓までのなだらかな岩の道を歩きつつ、コマクサやトウヤ

クリンドウの花畑に、今まで何を見て、この年まで生きてきたの だ

ろうと思った。今までの人生が、空洞のように虚しく思われた。猿倉

のアプローチの長さに南アルプスの、広河原ほどに参ったが、どち

らも、2度と行ってはいない。然し今、桧洞丸を歩いて、何を見て今

まで生きてきたのかと、愕然とした。この美しさ、そしてこの 荒廃。

Simg_2796

愚かな事に、急峻な岩山が、値打ちに思われた時期があった。

また標高にこだわった時期もあった。然し、多少山を歩いてみて、

こんな山あるかな?と周りを見渡すところにきている。見晴らしが

いいだけでは、それだけだ。動きの無い同じ景色を見続ける事は

結構つらい。雲が流れるとか、日が沈む、そういう動きの1瞬のつ

ながりが、美しいので、その1瞬の、如 何に短いか。山に落ちる太

陽の動きの早さ。頭上にあるときは、止まっているように見える太

陽が、水車のように、音を立てて沈んでいくような動きだ。この山

には、それを感じさせる、深さがある。そのものを飾る、脇役が居

る。ちりばめられた、脇役の豊富さがこの山の価値だ。今ほどそ

れを感じることは無い。

Img_0887

木道から覗くイチゴ。

Simg_0895

ご神木。

Simg_0907

熊笹の峰ではないが、此処にもある姫紗羅の林立。木道が、被写

体に成って居るが、木道が無いほうが美しい稜線だった。

Simg_0891

霧が出れば、何も見えない岩山と違い、この林の木々の遠近は

他にはありえない景色となる。昔、何時間もこの道が続かない物

かと思った時があった。行けども行けども終わりの無い、長い長

い道を、どのくらい願ったかしれなかった。職場はつらく、この山

を下りるという事はそこに帰ることだった。なだらかな稜線が、霧

に霞んで、行く手の見えないことにどのくらいの幸せを感じたかし

れなかった。ずっと続いてくれ!。そのときの唯一のささやかで、

叶わない願望だった。いくら嫌でも其処に帰っていかなければな

らないことは分かっていて、分かっていて、尚そう思った。立ち止

まれば、さほどに感じられなかった風が骨に届く棘を指す。じっと

止まってはいられない自然の厳しさが、安きに流れたい心身に鞭

を打つ。右も左も選べない、ただ歩いてゆくしかない。幾ばくかの

・・・否や人が与える事のできない癒しと、深いやさしさ、戒めと、

無言の語りを与えられて、歩いた。虫けらのようだと自分の存在を

嘆いたあの時代。唯一、かけがえのない、山との対峙。そういう時

を積み重ねて刻んだ。

 Simg_0929_2

  霧が湧き、忙しく消え、又立ち止まり包み、そして消える。今もこ

の山を蝕むCO2の霧が、変らぬ名優だ。深い霧は一歩集中力を

欠くと、ここは?ふと恐怖心が湧く。つかみどころの無い稜線の中

の緊張感と、研ぎ澄まされた神経の踊り場。その舞台。その形態

は能の舞に似ている。1ミリの感覚の狂いが行く先に、何百メート

ルの差を生じさせる。落ち葉の堆積した深い霧の稜線、新雪に覆

われた稜線。

 五右衛門沢の稜線に迷い込んで、死んだ人が居たが、無事な

多くの登山者に自分の幸運を侮るなと言いたい。木道は必ずし

も、あなたの命を安全に導く確証の物ではない。人は山に向かう

とき、山に敬意と恐れを持つことから発しなければならない。それ

は正に自分の命を手にとって眺める行為だ。非日常的な登山を、

当たり前の事と思うな。どのような相手であろうと、このことは一

歩も譲れない。

Simg_0931

何十年の歳月と共に、もろもろの要因が、樹を枯らし、

Simg_0933

何処にカメラを向けても、今枯れ木の写らないところを探すのが難

しい。

Simg_2792

熊笹に覆われていた山稜は、木の根が浮き上がり。

Simg_2797

霧が出ても、枝葉の茂りが薄く、明るい空が透ける。暗いほど鬱蒼

と茂った、木々はしのぶ由も無く・・・。昔は、昔は、昔は・・・・・。失

ってみて今始めて、この山の昔が、どれほどの価値であったか、身

をよじるほど悔しい。更なる先祖は、きっと昔の山と言う私の言葉を

聞いて、笑うだろうな。ひのきぼらまる。この変な名前。おそらくは

この山に入れば、洞穴に入ったように暗かったに違いない。

 

人は何のためにこの星に生まれ、何を目指し、そして何処に行き

たいのだろうか。

2010年9月27日 (月)

あるかなしかの風のように

小屋を出て、目に付く物は、菊。鹿が嫌いな草のようだ。ラッキー。

禿山よりも、どれほどありがたいか。アザミだって無いよりまし。痛

くて登山者が敬遠すれば、山の土は休まる。登山と言うものは、山

があっての登山だから。

 

きれいだなー。

Simg_0866

ササゲがついているような植物。マメ科の植物だろう。

Simg_0867

アーーーこの樹は枯れた。小枝に枯葉がついているから、今年だな。

身に応えるねー。

Simg_0869

木道には菊、この花シロヨメナと言うがヤマシロキクと同じ物か

細部の写真を撮って調べなきゃあな。当方の植物の名は、牧野

図鑑をベースにしています。色々あるし、どれが正しいか、もしか

してその土地の方言が、一番正しいか知れないが、とりあえず統

一。ヤマシロギクでした。これは城川先生も同じ。別名にシロヨメ

ナ。つまり同じ物。

Simg_0872

金網の向こうにトリカブトが、バラバラ。鹿が花を食べるので絶えて

ゆく。つまり種で増える分、食べられるという事。昔は一面トリカブト

だった。毒草で有名だが、鹿は花を食べるのだ。

ここでうろうろしていたら、ピッと言う鹿の警戒音。2頭が首を伸ば

してこっちを見ている。望遠にして覗いても、お前何処!。これは

何?見たいな映像に、カメラうろうろで、もとの状態に戻し、被写

体を捕まえてから見失わないように引っ張る。どのくらい、離れて

いるか。40メーターかな。この太いヒメシャラの木の下だ。シャッ

ターを切ってみてみたら、居ない?・・・・あ、背中だ。えさを食べて

いる。又警戒音。声のほうを見ると、あ、あの鹿だ。角が、二股に

成っている。小屋の南面でテリトリーを張っていた集団が、居なく

なったと思ったら、此処に移動していたか。何故だろう。そうか、

あの種取ストラップの設置で、逃げたんだ。

Img_0565

なるほどな、鹿も生き物、人より必死で生きている。此処にたむ

ろすようになるのは人になれきった、年長の鹿。角の生えたばかり

の小さい鹿の集団は、ビクビクしている。こっちが気が付かなくて

も、ピッピと鳴いてわかってしまう。仲間に危ないぞ!。と言う知ら

せが、人にも、ここにいるよと言う知らせになってしまう。

Img_3023

6月の写真記録はこれ。角がまだ1本。小さい。

首を上げた鹿の胸元に、首をさげて草を食べる鹿が1頭。その左

に、2本の樹が立っていて、其処に1頭。横並びで、写しきれない

が、7頭か10頭居る。7頭までは数えた。鹿の捕獲が始まったから

もしかしてと思ったが、敵も然るもの、足がある。警戒音なに?を発

した雄は、背中の大きさが、見て取って育っていた。3ヶ月だものな

ー。育つよ。写真を構えるが、一隊列は、東南に向かって走り去っ

た。調査隊が鹿を見ないというが、あの歩きで鹿が見れたらよっぽ

ど慣れた鹿。普通ならば、まず逢えない。山を調査で歩くときは、山

の微風のように、逆らわず、草のように立ち止まり、木のように動か

ず、じっと見る。足音も立てず、動物が、なにこれ?新種?見たい

に興味を感じてやってくるように、プラ~と、足音も立てずに、彷徨

う。すると熊鷹も現れる。目の前に止まって、あんた誰?みたいに

ジロッと振り返る。どこかは言わない。今度絶対写真とって来る。

でも、どこで撮ったかは言わない。熊も居たなー。足跡発見。写真

を、撮ろうとしたら、又バッテリー切れ、いらぬ写真を削除して、撮

る事もできない。これに懲りて、フイルムとつまりカードだよ、それ

とバッテリーの替えを買った。熊はどこか言ってもいいな。犬越路

の稜線。と言うわけで、脱線しつつ、西の山稜をプラ~・・・・。日が

暮れるのは分かっている。暮れれば・・・!勝手に・・・。いくら日が

暮れようと金を呉れようと、何でこの天国をツカツカ歩くか!。馬

鹿じゃああるまいし、折角登ってきたんだ、誰が簡単に降りるもん

か。プラ~・・。

Img_0882

これ虫の卵かと思って、博物館の守屋さんに聞いたら虫こぶではな

いかと言う回答をいただいた。びっしりよ。

この樹よ。シナノキだね。葉っぱがハート型。

Simg_0885

立派な樹なのに弱っているからかなー。シナノキの幹は縦にひび

割れる。木道のご神木もシナノキ。この樹も、根元が腐って、空洞

化が始まっている。この稜線の林相がいつまで保たれるかなぁ・・。

2008年7月13日 (日)

何なのよーこの花

Dsc02377

この花の付けに複葉が出てきた。チビなのに生

意気!ぐらいに思っていたら

延びてきた!エーッ!

Dsc02394_2

なんなのよー!冗談じゃあないよー!

何始める積りよーーー!!!!こんなに葉っぱ

伸ばして・・・・枯れちゃうジャン!止まれ!

Dsc02395_2 角度を変えて・・・ホィ!

葉っぱの中が赤い。花かと思えどそうじゃない。

これは葉に色が乗っているわけだ。

Dsc01331_3

このハッパに赤い点がある。

それが今年は複葉にドバンと出た。

こんなチビなのに此のまま葉が伸びていったら

こんな小さい羽蝶蘭じゃあ分球は望めないな・・・。ということは

この花はこれで終わりだな。ショック!

なんなんだーこの花ー・・・花ばかりじゃあないな人間も凄いよ!

Dsc02414 これだもん!肘でボッキリ!・・・・・・。

お見事!この花増えないで増えないで・・・大きく

もならず、マニア好みの花なのに・・・・どれ?って

Dsc02431これ! 写真捜してスキャンするのがいやなので

ベスト羽蝶蘭の掲載紙を写真で撮ってパソコンに

取り込みました。凄いめちゃくちゃな事を思いつく

でアラウ!恥も外聞もありゃしない。イワノサキ笑うだろうな・・・・。

それに折れた茎にセロテープ張るのもアイデアだろう?水が入ら

ないようにという積り。世も末だ。

こんな事をしつつ羽蝶蘭は最盛期をややすぎて正にフィナーレ。

その他のカテゴリー

5.6分間の遭難 | いよいよ咲いた | お盆の頃 | この色 | これも咲き分け | さつき | そのまんま東 | どっちが | どっちが本当 | どっちが本当? | ひと夏の成果 | まぐれ | イカリソウ | クレッション | グルメ・クッキング | シロヤシオツツジ | ストーブ列車 | スポットライト | チンドンヤ | ドライフラワー | パソコン・インターネット | パッチワーク | フィナーレ | ペット | ボランティア | ライトアップ | リサイクル | リサイクル万歳! | リサイクル時代 | 三つ葉躑躅 | 三ヶ木文化村? | 丹沢北麓お天気情報 | 丹沢山塊および近郊産 | 丹沢山塊桧洞丸 | 丹沢産 | 予想外 | 五葉躑躅 | 人の語りは1部 | 人命救助 | 今年の咲き具合 | 今年は不作 | 伊豆の三つ葉 | 余禄 | 余計なお世話 | 先生 | 全体図 | 六月の太陽 | 分かった方はコメントを | 初花の楽しみ | 加入道入山口 | 北丹沢山麓探訪 | 原因不明 | 去年と今年 | 参考写真 | 咲き分け | 咲くまでの経過 | 因果応報 | 城山かたくり | 執念 | 多忙な休暇 | 天晴れ | 奇花の中の奇花 | 学名 | 学問・資格 | 実生の経過 | 宮崎は東だらけ | 宮沢賢治もどき | 害虫 | 小さい塔婆 | 小屋番便り | 山の花・変種 | 山小屋業務 | 山歩き | 山野草の庭 | 山野草の庭は目の薬 | 山野草の花き温室から | 山野草・園芸 | 岩沙参 | 広告作用 | 庭植え大正解 | 当園符丁 | 当園符丁其の1 | 必然 | 忘れた頃に | 感謝 | 携帯・デジカメ | 整理整頓 | 文明の利器にギブアップ | 新入生 | 新花の色 | 旅行・地域 | 昔の写真 | 時は巡り | 本咲き? | 本心 | 桧洞丸 | 桧洞丸青ケ岳山荘から | 植生保護活動 | 此れが犬越路の関所か | 此処にも川津桜 | 残りの9部 | 水と火 | 洞メモ | 潜在能力 | 片隅農業 | 犬越路 | 珍百景 | 現在過去未来 | 環境問題 | 異常気象 | 的様 | 神の川から犬越路 | 秋の虫 | 秋球の成果 | 箱根米躑躅」 | 簡素 | 紀伊上臈ホトトギス | 経緯と観察 | 経験と雑学 | 絶滅危惧種か | 緑のSOSサイン | 肥料が大切 | 育ってました | 色々な花 | 花き温室 | 花き温室のうちょうらん | 花のあれこれ | 花の意思 | 花の感情 | 花の撮影天気次第 | 花の記憶 | 花もダイエット | 花鳥風月 | 芽吹き | 草木の心 | 葉芸品多数か | 要因 | 見飽き無い | 観察 | 記念切手 | 謹賀新年二十一年 | 貰った花 | 趣味 | 躑躅の里で | 野草のもみじ | 長寿番付け」 | 降りしきる緑 | 雪割草の芽吹き | 青ケ岳山荘ホームページから | 青ケ岳山荘ボランティア部 | 青ケ岳山荘ボランティア部写真展 | 青ケ岳山荘事務所 | 青ケ岳山荘事所 | 青ヶ岳山荘 | 駒草の庭造り |

最近のトラックバック

カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ