ライトアップ

2010年10月 1日 (金)

読売新聞が・・・。

 写真展を地元の新聞で取りあげないかと思ったらヌ・ア・ン・ト大手

読売新聞が取り上げた。丁度25日。当方の写真展を取材したわけ

ではないが、時期的にバッチリ。

青ケ岳山荘のサイトを見てください。普通ならボランティアのページに

添付するところよっぽど嬉しかったのかねー。トップに載せたものね。

オホホホホ。

Simg_1111

公園では、この花を毎日のように見て過ごしました。

まるでラミネート用紙みたいに固いんです。

今はなんとなくありがとう。

山の動物

暗い山道はやっぱり面白くない。特に夏はヘッドランプに集まる巨

大な蛾が、ばたばた顔にぶつかってきて、不愉快。標高が下がる

にしたがって、汗噴出す。こういう状態になるということは林道が近

いという意味。河の水の音が聞こえる。最期の岩ガラ道。暗闇に浮

Img_0944

く白い車ジャーーーン。ほっ!さてエンジンをかけて見る。オーーシ

!!。この前はバッテリーをあげて、悲惨だったが、取り替えてもま

さかと思うんだな。自分の置かれた状態と環境。天気と装備。欠か

せない分野に、車の整備が有る。合羽よりも、バッテリーだ。分岐

点からはひとなみに?40分で下ったから、こりゃあどこか痛くなる

ぞ。暗くなって写真撮る事もできないとやっぱり早いな。

Img_0945

エンジンをかけ、一週間分のゴミとリュックを積み、着替え、汗が張

り付いて服が脱げない。ギシギシ。アークロウ。いいねー・・・夜の山

の中は。誰も居なくて。いざ出発。

Img_0947

ガッ!!何だ!!カモシカだ。あっと言う間に山に登っていった。

ガラガラガラ・・・いつまでも山から小石が落ちてくる。この暗闇の

中を、延々と登っているんだな。良く落ちないよ。手探り?足探り

だろう?

Img_0948

凄い崖だよ。

Img_0949

あっ!又でた。凄い毛並み。?????待てよ?なんかおかしい。

猪ジャン!。でかい猪。猪なんて本当に久しぶり。まだあんなにもっ

さり毛を生やしているんだな。感じとしては、ゆっくり、林道から谷に

飛び降りていった。次は細くて黒い物。なんだか確認できず。31日

には入るときは、鹿2頭と黒い細い物。早くて分からない。

Simg_0951

どれ 、水を飲んで・・・なんか、固いな。

神の川のゲート奥の林道、20キロで走ると必死だな。したのゲートま

で24キロか。合計1時間30分かな。この恐ろしい林道を、40キロで走

ってみたいもんだ。相当肩こるでしょう。今回行きに2回、車が岩に乗

り上げ、ガガリーーーン。オブチ壊れになるぞよ。出会いまで4キロ。

したのゲートまで、18キロ。家まで合計43キロ。でした。珍しく計った。

2008年8月18日 (月)

夜観る花は

今日は紫の蓮華ショウマを撮ってみた。やっぱり白色より綺麗か?

Dsc02492 灯りを点けて光線上のありゃーピンボケだらけ

と駄洒落!

Dsc02488 ピンボケも紗をかけたと思えば

それなりに観れる。

Dsc02501 それなりに幻想的でこの世の

花とも思えない。

白花の桔梗。二重咲き。

Dsc02499 それに、これは珍しいでしょう。

日本のハーブ、ハッカの花。間近でしげじ下見た

のは初めて・・・・・。あいらし!

去年よく咲いた風蘭の株は休み。Dsc02496

今日はやま鳥がチョコチョコ家の前を横切り、

車のライトにセミが飛び出しDsc02474

網戸に張り付き、

蛾とも思えぬ蝶のような・・・・・

Dsc02480ものがライトの下に張り付き。

これはナナフシか? 賑やかな夏か、秋か・・・・・

一緒に花見!

Dsc02489やっぱり今一番目立つのは・・・夜目にも白い

どんどやき! ・・・・・・・・かな?

ライトアップに苦労の夜でした。

その他のカテゴリー

5.6分間の遭難 | いよいよ咲いた | お盆の頃 | この色 | これも咲き分け | さつき | そのまんま東 | どっちが | どっちが本当 | どっちが本当? | ひと夏の成果 | まぐれ | やっぱりメタボ | イカリソウ | クレッション | グルメ・クッキング | シロヤシオツツジ | ストーブ列車 | スポットライト | チンドンヤ | ドライフラワー | パソコン・インターネット | パッチワーク | フィナーレ | ペット | ボランティア | ライトアップ | リサイクル | リサイクル万歳! | リサイクル時代 | 三つ葉躑躅 | 三ヶ木文化村? | 丹沢北麓お天気情報 | 丹沢山塊および近郊産 | 丹沢山塊桧洞丸 | 丹沢産 | 予想外 | 五葉躑躅 | 人の語りは1部 | 人命救助 | 今年の咲き具合 | 今年は不作 | 伊豆の三つ葉 | 余禄 | 余計なお世話 | 先生 | 全体図 | 六月の太陽 | 分かった方はコメントを | 初花の楽しみ | 加入道入山口 | 北丹沢山麓探訪 | 原因不明 | 去年と今年 | 参考写真 | 咲き分け | 咲くまでの経過 | 因果応報 | 城山かたくり | 執念 | 多忙な休暇 | 天晴れ | 奇花の中の奇花 | 学名 | 学問・資格 | 実生の経過 | 宮崎は東だらけ | 宮沢賢治もどき | 害虫 | 小さい塔婆 | 小屋番便り | 山の花・変種 | 山小屋業務 | 山歩き | 山野草の庭 | 山野草の庭は目の薬 | 山野草の花き温室から | 山野草・園芸 | 岩沙参 | 広告作用 | 庭植え大正解 | 当園符丁 | 当園符丁其の1 | 必然 | 忘れた頃に | 感謝 | 携帯・デジカメ | 整理整頓 | 文明の利器にギブアップ | 新入生 | 新花の色 | 旅行・地域 | 昔の写真 | 時は巡り | 本咲き? | 本心 | 桧洞丸 | 桧洞丸青ケ岳山荘から | 植生保護活動 | 此れが犬越路の関所か | 此処にも川津桜 | 残りの9部 | 水と火 | 洞メモ | 潜在能力 | 片隅農業 | 犬越路 | 珍百景 | 現在過去未来 | 環境問題 | 異常気象 | 的様 | 神の川から犬越路 | 秋の虫 | 秋球の成果 | 箱根米躑躅」 | 簡素 | 紀伊上臈ホトトギス | 経緯と観察 | 経験と雑学 | 絶滅危惧種か | 緑のSOSサイン | 羽蝶蘭は丈夫 | 肥料が大切 | 育ってました | 色々な花 | 花き温室 | 花き温室のうちょうらん | 花のあれこれ | 花の意思 | 花の感情 | 花の撮影天気次第 | 花の記憶 | 花もダイエット | 花鳥風月 | 芽吹き | 草木の心 | 葉芸品多数か | 要因 | 見飽き無い | 観察 | 記念切手 | 謹賀新年二十一年 | 貰った花 | 趣味 | 躑躅の里で | 遅咲き羽蝶蘭 | 野草のもみじ | 長寿番付け」 | 降りしきる緑 | 雪割草の芽吹き | 青ケ岳山荘ホームページから | 青ケ岳山荘ボランティア部 | 青ケ岳山荘ボランティア部写真展 | 青ケ岳山荘事務所 | 青ケ岳山荘事所 | 青ヶ岳山荘 | 駒草の庭造り |

最近のトラックバック

カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ