山野草の庭

2013年3月21日 (木)

山野草の冬姿。

  この筋状のものは岩タバコの茎。咲いたまま放置して冬になって、先端の丸長い茶色のものは花の種。この茎を無理に引っ張ると、ポロンと取れる場合もあるが、岩タバコの葉の塊を引き抜くこともある。

枯れた花茎の付け根は、このようになっている。この緑の縮まった塊は、岩タバコの葉っぱである。冬中、岩の隙間や陰で、水をかけないで、放置しておくと、春にはじわじわと縮が伸びて、立派な葉っぱになる。水をかけたり、雨に当たるところに出すと、腐る。

Img_5082_3

種をまくと、びっしり生えるが、花は、並花になってしまう。波花って何かとお言うと、そこいらじゅうの山にある、色の悪いただの岩タバコだ。濃い色とか、赤い色とかは、奇小品価値として猛然と増やされて、今は珍しくないほど、流出している。園芸品種かと言えば、園芸品種ってなによと言われれば???。

人口法灰を繰り返して、化け物のような花を作出したわけではない。人の顔色が白い人と黒いひとがあるように、ごくまれに緑の人がいたとしたら、珍しいのだ。そういう花が丹沢にあったということだ。それが、白花岩タバコであり、白花岩シャジンだったりする。はっきりいって、私が採取したのではなく、人の話によるものだから真偽のほどはわからない。然し、ウチョウランの仁王系は丹沢であることは確か。

Img_5079

白というのは珍しいには違いないが、どうしたって、色素が抜けている分、日光に弱い。それに珍しいだけで、美しいのはやっぱり赤い花だったり桃色だったりだ。この写真は岩シャジンの花殻だ。種はきっと。どこかに飛び散ったろう。

Img_5080

付け根をかき分けてみると、ほら!ジャバジャバと吹き出ているじゃあないかい!!これは普通の紫。白花は、葉っぱまで白っぽい。鋸歯のふちが色づかない。別にそんなことはどうだっていいのだ。問題は何かというと、元気に育てていかせることなのだ。世話ができたら、種をまいてみることだ。ジャンジャン増える。世話が良ければ、2年で花が咲く。

岩タバコは葉ざし、種は・・・つまらない。

草むしり

Img_5040

これは13日の写真、今はだいぶくたびれてきた。茎が伸びて・・・。

Img_5085

そして、実生が伸びてきた。

 

実生探しが楽しいのだ。

Img_5087

ドドドどーするこの量。然しな-・・・・喜んでいるとエイザンスミレだったりするのだよ。獰猛なのエイザンスミレは・・・・・・だからずいぶん毟って捨てた。一か所で咲いてくれればいいのだけれど、猛然と、あちらこちらに飛ぶのだ。それで、巨人のように育って辟易する。

でもさ・・・・?ちょっと待って?見つけたぞ!

ほら、これって元葉だよ。下に古葉を入れて分り易くしたのだけれど・・・・・全然わかりにくいな。くたびれて、少し巻き込んでいるけれど、丸い双葉だよ。やっぱり・・・・それでえいざんすみれが増えてしまったのだ。エイザンスミレがだめで、ミスミ草がいいという思いはどこからきているのだろう?人間のわがままだな。下向いて咲く花は、いまいちなのだかもな。

な、かわいいだろ。こういう石の隙間とかが好きなんだよ。なんかさ、花の割には、肩みせまそうにするよね。で、なまじな世話をしない方が元気だし・・・まさに野生だよな。山野草の庭向きだな、やっぱり。草欠きでバリバリ草をかきむしってはいけないよ!

2013年3月12日 (火)

春支度

植木も最初のうちは小さいのだが、だんだん大きくなる。選定も人を頼んでいたりしたが、やってみると、結構楽ちんにはかどる。特に下から
「その枝その枝!」と切り落としたい構図を伝える大変と言ったらない。それからすると、指揮官と工事官が同じだから早い!然しー去年からすると身が重いかなーーー??

Img_5023_2

「やってみる?」

「うん」というわけで交代。

Img_5017

「もっと上に登って、その枝を落としたら?」

「嫌だよ、こんなことで死んでいられないよ」

「ふーん死ぬかな」

「けがするのも嫌だよ、自分でやれば!やりたいんでしょう」

春になっても鶯は鳴かないで、変な声が木の上から聞こえる・・・。ガーーーミ・・・ガーーー・・・ミカラスでもないな。

2011年7月 6日 (水)

なんだ?・・・!!

あれ?何?あっ!!イワタバコが咲いている。

桃色だ。

あかばなかとおもって傍に行ってみたら、アカバナは葉っぱが

展開しているだけ。

全然気がつかなかった。これが山野草の庭の醍醐味なのだ。

忘れている内に咲いている。

何の世話をしなくともかれることはない。野生化してしまう。

何たる幸せか。

Sdsc02599

傍によって見たら、

岩ナンテンも咲いている。元気悪く咲いている。ま!勘弁して

やろう!。どっちがダヨ。両方だろ。

ごめんね。と言うと、うんというもんナ。よっぽど嫌なときは言わ

ない。

全く人と同じ。

さて、思いのほかに天気が良いか知れない。又、山の死に逝く

巨大な植物に会いに行こうか。断末魔の声を発して呼んでいる。

Sdsc02600

足があれば・・・彼らに足があれば・・・逃げれるものを。

この苦しさ

この憎しみ

この悲しみ

この情けなさ

Simg_1499

断末魔の爪を立てて空中をかきむしるような、この木の姿が・・・。

今を語り、未来を暗示しているような気がして長く心に残っていた

が・・・・。

あれから半年以上経つんだな。

2011年4月25日 (月)

柘植の木下で。

柘植の木の下を覗いたら、いつの間にか、カタクリが咲いている。

Sdsc00253_3

増えている・・・。

Sdsc00255_2

何これ!。

Sdsc00252_4

きれいですねーーー。ミスミソウの葉の上に、日陰ツツジと、桃の

花びらが散ったんですね。

Sdsc00259_3

どう!この愛らしい雰囲気。

Sdsc00262_3

糸葉芍薬の蕾。この固さでは、今年此花にお目にかかることはなさ

そう。

Sdsc00258_2

霜にやられた生き残りの、タイワンクマガエソウは今頃、青息吐息

で出てきた。

Sdsc00261_3

珍品、岐阜のミツバツツジ。この花とも何年一緒に居られるか・・・。

2010年10月14日 (木)

最後の胡瓜になれませんでした。

庭の端に行って見たら、何と!大根が伸びてる。目を転じると

Simg_1252

何とホトトギスが色付いて・・・・。

ピンボケ。

哀れな庭。咲いた花を見ても貰えず・・・・。ご主人様が忙しすぎ。

この、庭のご主人様は、凄い身勝手。自分で植えておいて、

「今な、忙しいから面倒見れないけれど、頑張れ!」と言うのです。

「いいかその気になれば、生きていけるからな、もうちょっと頑張

るんだよ」と言うのです。そうするとおまじないに掛かったように、な

ぜか生きるのです。ご主人様はブログと言うものをやっていて、時

々、花を写しに来ます。

Img_1257

ところがこのところ暗くなってから帰るので、ふと思いついて写真

を撮るのが夜です。フラッシュに光ってしらばっくれた花を写して

めげずにブログに載せます。恥じも外聞もないという有様です。

Img_1258

ノカンゾウが好きのようで、生かされています。どうも、昔尾瀬で見た

ニッコウキスゲを思い出して、私で間に合わせているようです・・。リンドウも咲きました。

Img_1260

蝦夷ムラサキ躑躅もほんのり色付きました。

源平シモツケがフラッシュで色が飛びました。そんな事にはなん

のその、アップです。恥じも外聞もありませんねー。

Simg_1259

私もとうとう最後の胡瓜になれませんでした。シクシク・・・・。

2010年10月 9日 (土)

最後のきゅうりになれますか

 何と言っても10月。雨でも降ればめっきり寒い。イワシャジンも咲

いてきた。

いい色です。

実生のイワシャジンで厳密に言えば鳳凰の血が入っていますね。

ガク片の跳ね上がりがね。

Simg_1237

ダイモンジソウも躑躅の中から這い出して・・・。おまえはむしっ

てすててもいきてくるねー。

おなじみ小菊。名前は知らない。調べる気もしない。ボーットする

のが幸せなのですよ。

Simg_1235

ヤヤヤヤァー生まれてみたものの・・・この先の厳しい季節にも

のになれないだろう。

Simg_1236

お前はドウよ!。最後のきゅうりになれるかな・・・。此処に別の

文字が入ったら、演歌だな。プフフ!。

2010年7月 9日 (金)

庭木の利用

山草の庭造りには、木が欠かせない。黒木が一本。中ぐらいの落葉

Simg_3453

樹が、1本あればかなり楽しめる。(昨日途中まで刈り込んだ柘植

の木真ん中の段が刈り込み完了になっていない下にクマガエソウ

が確認されるでしょうHIHIHIーーー)柘植には風ランを縛り付けたり、

びっしり隙間無くのびた常緑の葉は、雷雨や雹からクマガエソウや

ミスミソウの花を守る。夏は、ミスミソウを日陰にしてくれるし、岩シャ

ジンも陽ざしから守られる。イワシャジンは加湿を嫌うから、石を組

んだところに、周りの草が被らないようにしなければならない。イワ

タバコも言うに及ばず絶対日陰。東を向いた北に植える。西日が

S_029

当たっては良くない。急所を押さえておけば、山野草は丈夫。コン

クリートジャングルでは、急所の抑えようも無いから、諦めるところ

はさっぱりと諦めたほうが 勝ち。

いつか相模原の住宅街に夏場に行ったことがあった。碌に木も無

い舗装道路が網の目のように入り組んで、あつい!。ところがとあ

る家の一角は、冷蔵庫のように涼しかった。???周りを見ると

太い木が3本、屋根より高く伸びていた。いずれも黒木。木の幹に

は風蘭が、罪人のように縛り付けられていた。まんざら嫌でもなさ

そうに・・・。其処に一歩入れば天国だった。そして一歩出れば温熱

地獄。

昔、木の葉が落ちて、掃除に困ると商店街から苦情が頻繁に起

きていた。ある年、街を上げての催しごとがあり、いよいよ苦情の

並木が根こそぎ切られた。商店街は、暑くて暑くてたまらない。商

品も傷んで赤字になった。と苦情を言ったという本当の話。

///答える言葉を知らない。無理に言わせて貰えば馬鹿!。と。

さて、今年は、アカバなコイワタバコが成績悪い。原因究明して、

少々手を入れてやろう。麗しのハノッチ(庭造り生徒)はお屋敷

の大木の下でお忍びの花観賞を、しているだろう。電話偵察し

てみないと・・・・。生徒いわく、刈り込みはとっても大変だけど満

足感が、たまらないんだよねー。右倣え!。いつまで続くか同級

生!。

2010年5月17日 (月)

接木の失敗は成功の元?

山でも里でも藤の花が真っ盛り。

昔、接木に失敗した藤の花が放置されて、そのまま育ち大蛇の

様に曲がりくねって、枝打ちに四苦八苦する毎年となる。

切ってしまおうかと思えど、花のときがあまりに綺麗で、つい頑張

ってしまう。一時はこの下にテーブルをもって行ってお食事タイム

と、つまり名実共に花見である。

Simg_2145

失敗も成功のもと?。

Simg_2148

火だねがあれば大火事になる。??????!!!!!!

????

意味不明・・・・・・。この人なにを言いたいのでしょうか・・・。

見たくも聞きたくも無い話をしてしまって、さて困りはて、何とか一ひ

ねりして、爆笑につながらないかと突拍子も無いことを言い始めて

いるようです。人にためになる話か、さもなくば笑いを、提供しなけ

ればならないと思い込む、この大乗仏教的?サービス精神は何処

から来ているのか?N・S先生に聞いてみたいですねーーー。

2009年9月 7日 (月)

庭の千草も

昼は人様が活動する時間。

店が閉まってから出かけても用は成さない。

写真を撮ろうという気になる時間がない。人なみに

食事もしていれば、短くなった日がかげる。

これでまたしばらくご無沙汰の事情が生じた。

岩沙参が咲き始めて、1週間はたつ。

初花の一輪は感動的だった。

懐中電灯を持って外に出ると、虫の音がわんさか。

あらー・・・イワヒバにピントが合っているわ。

99_012

どれもう一回!・・・・。OK!

 

99_015

ついでに二重咲きの白桔梗をパチリ。

99_016

で、2季咲きといおうか、3季咲きと言おうか春に咲き

夏に咲き、冬に咲く。蝦夷紫つつじ。姫蝦夷紫でないから

鉢植えから落第して、我が家の庭に落ち着いた。色はもっと

ポーズピンク。

99_017

これは何だ?と思う花。夜になって、萎れかかった

ヤブカンゾウです。不思議な映像です。なー。

又ひとしきり、秋の山野草が目の保養となる季節が到来した。

目くじら立ててというようにオルトランを撒きまくり、スミチオンを

掛け散らかして虫の駆除に努めたら、今年は花芽をチョっキリと

やられずに咲き始めた。

どう見ても、こおろぎが家の中に入ってきてまで

りんりん鳴いている。

子供が庭の千草もぉ~て・・・・歌にあるけれど千草って

どんな草?だって!むぅぅしぃのぉ~ねぇ~もぉ~・・・・

て歌にありますわな。言われてみればありますわ。 

 

 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

5.6分間の遭難 | いよいよ咲いた | お盆の頃 | この色 | これも咲き分け | さつき | そのまんま東 | どっちが | どっちが本当 | どっちが本当? | ひと夏の成果 | まぐれ | イカリソウ | ギャンブル | クレッション | グルメ・クッキング | シロヤシオツツジ | ストーブ列車 | スポットライト | チンドンヤ | ドライフラワー | パソコン・インターネット | パッチワーク | フィナーレ | ペット | ボランティア | ライトアップ | リサイクル | リサイクル万歳! | リサイクル時代 | 三つ葉躑躅 | 三ヶ木文化村? | 丹沢北麓お天気情報 | 丹沢山塊および近郊産 | 丹沢山塊桧洞丸 | 丹沢産 | 予想外 | 五葉躑躅 | 人の語りは1部 | 人命救助 | 今年の咲き具合 | 今年は不作 | 伊豆の三つ葉 | 余禄 | 余計なお世話 | 先生 | 全体図 | 六月の太陽 | 分かった方はコメントを | 初花の楽しみ | 加入道入山口 | 北丹沢山麓探訪 | 原因不明 | 去年と今年 | 参考写真 | 咲き分け | 咲くまでの経過 | 因果応報 | 城山かたくり | 執念 | 多忙な休暇 | 天晴れ | 奇花の中の奇花 | 学名 | 学問・資格 | 実生の経過 | 宮崎は東だらけ | 宮沢賢治もどき | 害虫 | 小さい塔婆 | 小屋番便り | 山の花・変種 | 山小屋業務 | 山歩き | 山野草の庭 | 山野草の庭は目の薬 | 山野草の花き温室から | 山野草・園芸 | 岩沙参 | 広告作用 | 庭植え大正解 | 当園符丁 | 当園符丁其の1 | 必然 | 忘れた頃に | 感謝 | 携帯・デジカメ | 整理整頓 | 文明の利器にギブアップ | 新入生 | 新花の色 | 旅行・地域 | 昔の写真 | 時は巡り | 本咲き? | 本心 | 桧洞丸 | 桧洞丸青ケ岳山荘から | 植生保護活動 | 此れが犬越路の関所か | 此処にも川津桜 | 残りの9部 | 水と火 | 洞メモ | 潜在能力 | 片隅農業 | 犬越路 | 珍百景 | 現在過去未来 | 環境問題 | 異常気象 | 的様 | 神の川から犬越路 | 秋の虫 | 秋球の成果 | 箱根米躑躅」 | 簡素 | 紀伊上臈ホトトギス | 経緯と観察 | 経験と雑学 | 絶滅危惧種か | 緑のSOSサイン | 肥料が大切 | 育ってました | 色々な花 | 花き温室 | 花き温室のうちょうらん | 花のあれこれ | 花の意思 | 花の感情 | 花の撮影天気次第 | 花の記憶 | 花もダイエット | 花鳥風月 | 芽吹き | 草木の心 | 葉芸品多数か | 要因 | 見飽き無い | 観察 | 記念切手 | 謹賀新年二十一年 | 貰った花 | 趣味 | 躑躅の里で | 野草のもみじ | 長寿番付け」 | 降りしきる緑 | 雪割草の芽吹き | 青ケ岳山荘ホームページから | 青ケ岳山荘ボランティア部 | 青ケ岳山荘ボランティア部写真展 | 青ケ岳山荘事務所 | 青ケ岳山荘事所 | 青ヶ岳山荘 | 駒草の庭造り |

最近のトラックバック

カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ