この色

2012年3月27日 (火)

このぶちぶち。

Dsc09301

虫ばっかり見ていると、まるで虫こぶに見えてしまう・・・

これが、黒ボケのつぼみです。・・・すごい色で、写真撮った割には

色が悪い。真面目に写真をとらないので・・・こんなもん。

Dsc09300

これは、確か西洋水仙とか言ってもらった。見た目は明日にも、

腐ってしまいそうな哀れな形態で・・・・何しろ小さいの・・・だ。

それが、めっぽう丈夫で、じわじわ増えてゆく。毟って捨てたくなる

ほど、増えないのかうれしいねーーー。

正に小さい春です。

2009年1月 2日 (金)

壁紙の花にスポットライト

Photo_2 アー苦労した。この写真を載せるのに・・・・。

実はこのブログは去年の中ごろからか?

写真が拡大されてみる事ができません。

小さい映像しかでません。至近距離で

花を見る楽しみがなくなったのです。

モダンになったのです。

そのため写真をカットして、見たい花の映像を其の分大きくして

ブログ上に載せるために何段階かの行程を経て此処にアップ

しました。

アップしたといったって知れたものです。画面いっぱい

広がるときの幸せ感は、本当にルーペで見るときのドキドキ感と

花の中にもぐりこんだ幸せ感にしばし言葉無く・・・・・・・でした。

何の事情か・・・?

この花がパソコンを開いたときに画面いっぱいにでるように

壁紙にセットしました。この色!!

また今年この花と対面できる!去年の憂鬱を救ってくれたのが

この花だった。何枚も写真をプリンターしいろんな花の説明を

しつつ、元気になって行くのがわかった。あんなに怒られながら

パソコン教室に通ったのは、ただ花・花を語りたかったから

それだけの理由。毎週毎週どこに行くのかっと思っていたら

パソコン?エステかと思った!友が言った。エステ・・・・・!

ご縁のない世界!黙っていたのはもしかして挫折するかも!という

不安で一杯だったから・・・・だ。笑われるそうおもった。

みっともないよな、実際やめようかと何度も思った。

健康害するぞ!!・・・・・・・・・・・・・・だが・・・・・・・・・・・・・・・

花・花・ただ花のお陰。我ら命の起源、水と共に生きる花と緑の

ためにだけ。花がある限り、どこに行っても生きていけるさ。花は

どこにでもある。そして我輩に付いて来る。

ところで今朝は寒かったなーパソコン打つのに指が冷たくて、手袋は

めて指先切って、打っていたがちっとも暖かくない。かえって手

が締め付けられて駄目。いま何時?3時!ようやく部屋が

あったまった。

また跡でこの花の3年前からの写真をアップします。では。

その他のカテゴリー

5.6分間の遭難 | いよいよ咲いた | お盆の頃 | この色 | これも咲き分け | さつき | そのまんま東 | どっちが | どっちが本当 | どっちが本当? | ひと夏の成果 | まぐれ | やっぱりメタボ | イカリソウ | クレッション | グルメ・クッキング | シロヤシオツツジ | ストーブ列車 | スポットライト | チンドンヤ | ドライフラワー | パソコン・インターネット | パッチワーク | フィナーレ | ペット | ボランティア | ライトアップ | リサイクル | リサイクル万歳! | リサイクル時代 | 三つ葉躑躅 | 三ヶ木文化村? | 丹沢北麓お天気情報 | 丹沢山塊および近郊産 | 丹沢山塊桧洞丸 | 丹沢産 | 予想外 | 五葉躑躅 | 人の語りは1部 | 人命救助 | 今年の咲き具合 | 今年は不作 | 伊豆の三つ葉 | 余禄 | 余計なお世話 | 先生 | 全体図 | 六月の太陽 | 分かった方はコメントを | 初花の楽しみ | 加入道入山口 | 北丹沢山麓探訪 | 原因不明 | 去年と今年 | 参考写真 | 咲き分け | 咲くまでの経過 | 回顧主義 | 因果応報 | 城山かたくり | 執念 | 多忙な休暇 | 天晴れ | 奇花の中の奇花 | 学名 | 学問・資格 | 実生の経過 | 宮崎は東だらけ | 宮沢賢治もどき | 害虫 | 小さい塔婆 | 小屋番便り | 山の花・変種 | 山小屋業務 | 山歩き | 山野草の庭 | 山野草の庭は目の薬 | 山野草の花き温室から | 山野草・園芸 | 岩沙参 | 広告作用 | 庭植え大正解 | 当園符丁 | 当園符丁其の1 | 必然 | 忘れた頃に | 感謝 | 携帯・デジカメ | 整理整頓 | 文明の利器にギブアップ | 新入生 | 新花の色 | 旅行・地域 | 昔の写真 | 時は巡り | 本咲き? | 本心 | 桧洞丸 | 桧洞丸青ケ岳山荘から | 植生保護活動 | 此れが犬越路の関所か | 此処にも川津桜 | 残りの9部 | 水と火 | 洞メモ | 潜在能力 | 片隅農業 | 犬越路 | 珍百景 | 現在過去未来 | 環境問題 | 異常気象 | 的様 | 神の川から犬越路 | 秋の虫 | 秋球の成果 | 箱根米躑躅」 | 簡素 | 紀伊上臈ホトトギス | 経緯と観察 | 経験と雑学 | 絶滅危惧種か | 緑のSOSサイン | 羽蝶蘭は丈夫 | 肥料が大切 | 育ってました | 色々な花 | 花き温室 | 花き温室のうちょうらん | 花のあれこれ | 花の意思 | 花の感情 | 花の撮影天気次第 | 花の記憶 | 花もダイエット | 花鳥風月 | 芽吹き | 草木の心 | 葉芸品多数か | 要因 | 見飽き無い | 観察 | 記念切手 | 謹賀新年二十一年 | 貰った花 | 趣味 | 躑躅の里で | 遅咲き羽蝶蘭 | 野草のもみじ | 長寿番付け」 | 降りしきる緑 | 雪割草の芽吹き | 青ケ岳山荘ホームページから | 青ケ岳山荘ボランティア部 | 青ケ岳山荘ボランティア部写真展 | 青ケ岳山荘事務所 | 青ケ岳山荘事所 | 青ヶ岳山荘 | 駒草の庭造り |

最近のトラックバック

カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ