花の感情

2009年1月 8日 (木)

咲き分けを検証する③

12年、大騒ぎの前に来たもう一つの雄、二重奏0008 この花がブレークするなでにはまだ暇が掛かる。この写真が始めて当店に来たときの写真。堅い花で、上のほうが白であったが、白を写すと赤が写らない、この花の詳しい事はまた説明します。という事でそんな中に一躍当店でも有名花になった紅白殿。うちでは咲分けないがあそこでは咲分けているかと買いに来るというよりも見物に来る客に、咲いてるか咲いてるかとせかされるようになって、開花促進の肥料を呉れてみたところまぁ!実に早く花が咲くには吃驚!なんだ?という有様になった。ババババーと一揆に花が咲き全部赤くなった。また、電力警備をかいくぐり時々やってくる抜き足差し足忍び足を警戒して、あちこちにしまって、それを移動する。全部赤。アー嫌になったと棚に放置する。すると花の終わりごろ、見捨てられた花は棚の片隅で18花め20花めに真白な花を上げている。展示花はかくして飾れず、販売用の分球子が飾る気が無いから放置しているものが、きっちり咲分け、6~7花ぐらいのチビを飾ってお茶を濁した事2年。ようやく花も人と同じように意思も感情もあるこの世の平等な生きものということを見せ付けられる。平等でないと思うのは思う人の自由だから、そこで議論する気はない。人にでさえ上下をつけたがる人を相手に議論しているのではない。あくまでも花の生存を語っているのであるから、ブログ上の文字を勝手に編集し他人に語らないで貰いたい。此処のところはくれぐれも申し上げておく。言ったこともないことをあそこが言ったと自分が言いたいのに言えないで、話題をこちらに向けて、意見を言わせ、それを編曲して相手に語る。簡単に言えば不満を持っている相手に自分が言えないことをこっちが言ったと言って気を晴らすという、カシコーーーーーイ人が結構居るということだ。言う人間は判らないと思って言うのだろうが、それが分ってしまうのだ。

という訳で、今年も?明けたから去年ですが、きた。感動しまくってかって行ってくれた彼は山梨県のお方。ところが増えた花が一つも蕾が開かない。親は咲いた。あれは確かなものか?そして次の年、親も咲き分けない!あれは確かなものか?そして増えたから同伴の友に、分けてやったというが、其の友はバチット咲分けている。あれは確かなものか?話を聞きつつその理由が手に取るように分った。うちではこのように肥しを呉れ、このように栽培しています、用土はこんなものを使い水はこのように呉れています。と鉢の中にマグアンプKを回しいれて見せると、「ウワー!」と悲鳴を上げた。「甲府は盆地だからとてもそんなことをしたら一発でくさる!」というのである。言わせて貰うが肥しは水があるから解けて効くのである。水が多いのである。こっちは忙しいから、4~5日に一度乾いたら水をやるというやり方、それでもこの場所は乾燥地帯。羽蝶蘭つくりには恵まれているところだ。自分の場所がどういうところか、それを把握する事が非常に重要と思う、これがいいという助言を鵜呑みにすると大失敗をする。いちいち客の家を訪問して、この置き場は、此処の風通しは、日照はと見る事は出来ない。極力話でしか察する事ができない。何よりも自由にならないのは、その人の性格で、誰もが共通して言える、「待つ」という極簡単で、一番難しいことが出来ない。乾くまで待つ。手を出さない。それができない。こうしてみると子育てにどこか似ているな~・・・過干渉の子は軟弱でパニックに倒れる。

ながくなるなー・・・以下次号。アーこんな事をするようになると分っていればあのもどきを写真に撮っておくんだった。もやもやしたもどきは売りたくないから株立ちになっていたの0013だよ。

あったあった。二重奏の咲分けた始めてきたときの写真が出てきた。ついでだから乗せておく。

追加編集。おー!いい花だ!

その他のカテゴリー

5.6分間の遭難 | いよいよ咲いた | お盆の頃 | この色 | これも咲き分け | さつき | そのまんま東 | どっちが | どっちが本当 | どっちが本当? | どっちが正確か? | ひと夏の成果 | ふんわり咲き分け | まぐれ | やっぱりメタボ | イカリソウ | クレッション | グルメ・クッキング | シロヤシオツツジ | ストーブ列車 | スポットライト | チンドンヤ | ドライフラワー | パソコン・インターネット | パッチワーク | フィナーレ | ペット | ボランティア | ライトアップ | リサイクル | リサイクル万歳! | リサイクル時代 | 三つ葉躑躅 | 三ヶ木文化村? | 丹沢北麓お天気情報 | 丹沢山塊および近郊産 | 丹沢山塊桧洞丸 | 丹沢産 | 予想外 | 五葉躑躅 | 人の語りは1部 | 人命救助 | 今年の咲き具合 | 今年は不作 | 伊豆の三つ葉 | 余禄 | 余計なお世話 | 先生 | 全体図 | 六月の太陽 | 分かった方はコメントを | 初花の楽しみ | 加入道入山口 | 北丹沢山麓探訪 | 原因不明 | 去年と今年 | 参考写真 | 咲き分け | 咲くまでの経過 | 回顧主義 | 因果応報 | 城山かたくり | 執念 | 培養品 | 増やしましょう | 多忙な休暇 | 天晴れ | 奇花の中の奇花 | 学名 | 学問・資格 | 安房千鳥系 | 宝くじ | 実生の経過 | 実生の自生地 | 宮崎は東だらけ | 宮沢賢治もどき | 害虫 | 小さい塔婆 | 小屋番便り | 山の花・変種 | 山小屋業務 | 山歩き | 山野草の庭 | 山野草の庭は目の薬 | 山野草の花き温室から | 山野草・園芸 | 岩沙参 | 広告作用 | 庭植え大正解 | 当園符丁 | 当園符丁其の1 | 必然 | 忘れた頃に | 愛らしい | 感謝 | 携帯・デジカメ | 整理整頓 | 文明の利器にギブアップ | 新入生 | 新花の色 | 旅行・地域 | 昔の写真 | 時は巡り | 本咲き? | 本心 | 桧洞丸 | 桧洞丸青ケ岳山荘から | 植生保護活動 | 此れが犬越路の関所か | 此処にも川津桜 | 残りの9部 | 水と火 | 洞メモ | 潜在能力 | 片隅農業 | 犬越路 | 珍百景 | 現在過去未来 | 環境問題 | 用土と栽培法 | 異常気象 | 登場 | 的様 | 神の川から犬越路 | 秋の虫 | 秋球の成果 | 箱根米躑躅」 | 簡素 | 紀伊上臈ホトトギス | 経緯と観察 | 経験と雑学 | 絶滅危惧種か | 緑のSOSサイン | 羽蝶蘭は丈夫 | 肥料が大切 | 育ってました | 色々な花 | 花き温室 | 花き温室のうちょうらん | 花のあれこれ | 花の意思 | 花の感情 | 花の撮影天気次第 | 花の記憶 | 花もダイエット | 花鳥風月 | 芽吹き | 草木の心 | 葉芸品多数か | 要因 | 見飽き無い | 観察 | 記念切手 | 謹賀新年二十一年 | 貰った花 | 趣味 | 躑躅の里で | 遅咲き羽蝶蘭 | 野草のもみじ | 長寿番付け」 | 降りしきる緑 | 雪割草の芽吹き | 青ケ岳山荘ホームページから | 青ケ岳山荘ボランティア部 | 青ケ岳山荘ボランティア部写真展 | 青ケ岳山荘事務所 | 青ケ岳山荘事所 | 青ヶ岳山荘 | 駒草の庭造り |

最近のトラックバック

カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ