因果応報

2009年1月 8日 (木)

咲き分けを検証する④

なぜ開花促進剤を掛けると全部赤くなるか、なぜ移動させると赤くなるか?・・・・。

ところで、クリーブ・バックスターという化学者をご存知だろうか。(もとい、工学博士だったか?そこいらは専門家に聞いてもらおう)嘘発見器を使って植物の意思感情の有無を探ったという話である。

当方としては意思も感情もあると思うし危険を察知するのも分かる。単なる話として聞くのもいいだろうからお話しするが、植物も人と同じように普通ではない事態に合うと、これは異常事態であると察知し、早く花を咲かせ、実を結んで子孫を残して役割を全うする体制に持っていこうとするということである。そのため本来なら時期を得て自分らしい花を咲かせるのに急いで粗末な花を咲かせるという訳である。人間が頻繁に胃腸を痛めていると、それを補おうとする細胞が、いそいで粗末な細胞再生を繰り返して癌化していくとテレビの医療関係の話で見たがこれとどこか似ている。花が増えたら、二鉢の片方ずつ別々にして実験してみたらよくわかるだろう。毎日棚下や車の中、家に運んだり、天井近くの棚に置いたりして、片方は一箇所にじっと置いてみる。また片方には蕾が丸く見えたころ、商品名は言わないほうがいいだろうがつまり開花促進剤を1日おきぐらいに薄めてくれてみるとどうなるか、人の話は信じられないが自分の目は信じられるはずだからやってみるがいい。腐るわけではないから心配はない。3~4000倍ぐらいの薄い液肥を水代わりのようにちびちびとやっていると赤くなる。花を自分の都合に合わせようとする。その結果がそうなる。因果応報ということだ。半開きのときは白く咲き始める、白だと思ってにんまりしていと、?????ジワーッと色が載ってくる。

他の肥料で実験?した事はない。ただプロが我々が手に入らないような肥料で力んで作ってみな白になって頭に来ているのを一回知っている。白を咲かせるという事は花にとってもかなりの力が要るらしい。この花は面白い、色々な話題を提供してくれる。きっと未知数な事が一杯有るだろう。一生勉強という事だろうな。さて紅白殿ではないが、二重奏のほうで0009、白く咲き初めて開花促進剤を呉れてたちまち赤くなった花がこれ、下の花の中裂弁に赤みが差し始めた。こういう風に白が咲き始めたら、この状態から2~3日は水を控える。液肥なんかはとんでもない。白が5日で完全に固まる。こうなれば逆さまにしても赤くはならない。この花はこの2日前に液肥を呉れた。このあとたちまちジワーッと赤くなった。この写真は貴重な一枚となった。栽培について、次回いっておきたいことがもう一つある。

これをこうして書いたからといって、必要な人が見るかどうか?花を語るために四苦八苦して、パソコン教室に通ってみたら、見る人が居ない。年配者はパソコンなどというものとはご縁がない代物だった。それを気がつかないというのだからおめでたい。正月も松が取れて、めでたいといっても、己の馬鹿を言っているのだとわかって呉れるだろう。

では。

その他のカテゴリー

5.6分間の遭難 いよいよ咲いた お盆の頃 この色 これも咲き分け さつき そのまんま東 どっちが どっちが本当 どっちが本当? どっちが正確か? ひと夏の成果 ふんわり咲き分け まぐれ やっぱりメタボ イカリソウ ギャンブル クレッション グルメ・クッキング シロヤシオツツジ ストーブ列車 スポットライト チンドンヤ ドライフラワー パソコン・インターネット パッチワーク フィナーレ ペット ボランティア ライトアップ リサイクル リサイクル万歳! リサイクル時代 三つ葉躑躅 三ヶ木文化村? 丹沢北麓お天気情報 丹沢山塊および近郊産 丹沢山塊桧洞丸 丹沢産 予想外 五葉躑躅 人の語りは1部 人命救助 今年の咲き具合 今年は不作 伊豆の三つ葉 余禄 余計なお世話 先生 全体図 六月の太陽 分かった方はコメントを 初花の楽しみ 加入道入山口 北丹沢山麓探訪 原因不明 去年と今年 参考写真 咲き分け 咲くまでの経過 回顧主義 因果応報 城山かたくり 執念 培養品 増やしましょう 多忙な休暇 天晴れ 奇花の中の奇花 学名 学問・資格 安房千鳥系 宝くじ 実生の経過 実生の自生地 宮崎は東だらけ 宮沢賢治もどき 害虫 小さい塔婆 小屋番便り 山の花・変種 山小屋業務 山歩き 山野草の庭 山野草の庭は目の薬 山野草の花き温室から 山野草・園芸 岩沙参 広告作用 庭植え大正解 当園符丁 当園符丁其の1 必然 忘れた頃に 感謝 携帯・デジカメ 整理整頓 文明の利器にギブアップ 新入生 新花の色 旅行・地域 昔の写真 時は巡り 本咲き? 本心 桧洞丸 桧洞丸青ケ岳山荘から 植生保護活動 此れが犬越路の関所か 此処にも川津桜 残りの9部 水と火 洞メモ 潜在能力 片隅農業 犬越路 珍百景 現在過去未来 環境問題 異常気象 登場 的様 神の川から犬越路 秋の虫 秋球の成果 箱根米躑躅」 簡素 紀伊上臈ホトトギス 経緯と観察 経験と雑学 絶滅危惧種か 緑のSOSサイン 羽蝶蘭は丈夫 肥料が大切 育ってました 色々な花 花き温室 花き温室のうちょうらん 花のあれこれ 花の意思 花の感情 花の撮影天気次第 花の記憶 花もダイエット 花鳥風月 芽吹き 草木の心 葉芸品多数か 要因 見飽き無い 観察 記念切手 謹賀新年二十一年 貰った花 趣味 躑躅の里で 遅咲き羽蝶蘭 野草のもみじ 長寿番付け」 降りしきる緑 雪割草の芽吹き 青ケ岳山荘ホームページから 青ケ岳山荘ボランティア部 青ケ岳山荘ボランティア部写真展 青ケ岳山荘事務所 青ケ岳山荘事所 青ヶ岳山荘 駒草の庭造り

最近のトラックバック

カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ