残りの9部

2017年10月19日 (木)

桧洞丸の今日の天気 2017年10月から


10月28日、何気なく、外を見たら、大きな雲が東からバウンドして、蛭ヶ岳を飲みこんだところ。蛭ヶ岳以外の山は、くっきり見える。珍しい景色。
丹沢、塔の岳も消えた。熊木沢になだれこんでいる。間もなく桧洞丸に攻めて来るだろう。0時40分。
小田原方面の夜景は見える。

5時、立派な霧。一時通りあめ、地面は塗れない。
非常に暖かく、7時の気温は4℃。東北の微風。雲海が金山谷をゆっくり流れています。
丹沢山塊の稜線がちらっと見えたり隠れたりしている。昨夜から変わらず見えるのは、同角の頭。
8時の気温は5℃。
12時、霧。気温は5℃。プラスです。
予報の雨は、何処で降っているのかな。市街地かな?
台風の動きは、変わらないように見えますね?
衛星画像では?
-------------------------------------------------------

10月27日、5時の空は星空。東の夜景は、霞み、小田原方面山北の夜景は、くっきり。5時の気温は-1℃。
6時の気温は-1,8℃。
初霜です。
憂鬱ですな!風は無い。
朝日は、霞み状態の雲の上から出る。
1日中、雲が湧かず暖かい日になる。
平日にしては、登山者が多い。

屋根から降りたり、登ったり気ぜわしい。

とうとう手のひらに血豆が出来て、破れて痛い。

夜10時、南の夜景は見えるが東側は、0。暖かく気温は3℃。雲の切れ間から星か見える。月は山頂を越えたか、窓からは見えない。

-----------------------------------------------------------------

10月26日、晴れて寒い。5時の気温は体感温度は
-1,4℃位寒いが、ブラス1℃。風が吹いている。東風。風がふくと、寒い。
今日こそペンキ塗り日和。固く心に誓い、然し、未だ布団から出ない!
当たり前‼
5時から、ペンキ塗りしたら発狂物。
助っ人も来る。背に腹は替えられない。天気と時期がペンキ塗りの命。限界。マイナスに入ると、ペンキが凍結して、粉のように剥がれる。

然し、こんな雨だらけの年は初めてかな!8、9、10月とよく降りました。

今朝は、流石に見事な日の出🌅。
相模湾が見え、真鶴半島がくっきり。
今日は大島が見えない。

と、言う訳で、疲れてひっくり返る程、屋根の上!
助っ人が遅い‼
1日暖かい天気でした。感謝感激陽の光。
今日は、スマホと、携帯と、デジカメを持って
屋根に登ったんですが、ペンキ塗りに熱中の余り、何も撮りませんでした??

撮りました。小さなイナゴ??何故か塗ったばかりの屋根の上で、上手く動けず、もがいている。足がペンキに貼り付くのだ。何か……高い空の上から見たら、屋根の上でもがいている、私ではございますがな?
何か……ベージュ色の小さなバッタ?

-------------------------------------------------------

10月25日、曇り、霧、雨、霧雨と変わっています。
5時の気温は3℃。
結局1日雨。
日中の気温は上がらず、18時には0,5℃。東の風。
7時やにわに晴れて、夜景が見事。
雨でもペンキ塗り。

屋内ですよ!

-------------------------------------------------------
10月24日、夜景が見事な4時半。
星は見えない。
気温は、2℃。正確に言うと、1,7℃かな?相当2に近い。


雲が多い分と朝焼けが凄い❗スマホでも撮ったが、アップする程でもないかな?

今日は、晴天を信じて、眞田さんが着たが、曇りであてが外れ。
気になっていた、登山道脇のブナの根元の保護に、用意した土を運んで、空洞化した所に投入。
久しぶりの、植生保護活動。小林さんが来た時は、大雨で作業が出来なかった。

この小さなブナを見ながら、
木道の北を見ると、ブナの大木がねじれて、折れている。数少ない、堂々たるブナ。
ショックで頭を
抱えてしまう。倒れ倒れ方向は、東から南西に向いている。
あの、風の音。ヤッパリ唯ではすまなかった!

太い枝が、ねじれるように白い切り口を見せて、巨大な枝を、まだ生き生きとした紅葉の葉を繁らせて、倒れている。まるで生け花のようだ。

作ったばかりの鹿柵にかかっている。
あの大木は、大きく葉を繁らせている巨大な木であったのが、風の力をまともに受けてしまった。まるで、狙い撃ちのようだ!
これで又、宝が、無くなる。

眞田さんが、あの
ボランティアのページのトップに表示している。あの蛸足状態の枯木も倒れた。当然、
構造階段を直撃!

今日は、雨は降らないだろうがかなりの曇りかも。

1日、雲の多い日で、雲海が東北から流れる、珍しい日。気温は低く、最高気温が7℃。夕方1℃。
それでも、屋根の修理をした。

長いこと出来なかった雨漏り整備、ようやく完成!寒かった。
----------------------------------------------------------------

10月23日、0時15分、慣れた風の音……。
いきなりドーンと来た。
窓が外れそうな風の勢い。得体の知れない音がする。
カーテンの隙間から、ヘッドランプを照らして外をみると、水をはったバケツの水が飛んでいる。南の風。ドドドドドドバァンと揺れるのは、トタンの壁か??
屋根か??取り敢えず、起きて小屋の中を見回る。
変な所から、雨漏り!二階に行って見る。
窓は開けられ無い。ヘッドランプをガラスに押し付けて外を見るが判然としない。
ガラスに砂粒を叩きつけるようにシャーと言う金属音!
18号より凄いなか?
ドーンと何かがぶつかる音、シュパン!シュパン!
ザザザザー!ドドバァン!
色んな音がしている。疲れるな!この音。明日は雨垂れの原因を付き止めないと。
せっかく小屋に居るんだからな。
今、2時、約2時間経った。
18号の時は、夜の、9時から明け方の3時まで吹いた。今度は何時迄かな?
然し!このエネルギーを何かに利用出来ないものか?
いまいましい!!
今回も樹が倒れるぞ!この風では凄いぞ!
昨日は夕方5時頃、金山谷方面で風が唸っていた。

何の文句があるの!はっきりと判る様に、言ってみな!……おもわず独り言。


気温は何度だろ?暖かいよな?……窓は開けたくない。
ドロドロ……小屋が揺れる。ドーン!地震だ!
賑やか!


もう1回見回るか、2時間過ぎた。
眠いけど、目が覚めた。
実況報告は、一時中断。
然し、この場所は風を避ける場所。不思議な場所。
偶然。

間のあいまを見て、温度計を見ると、7℃。

取り敢えず、雨漏りの下にバケツを置く。
小屋の中の静かな場所を探して、
布団を被る。4時頃頃か???風が静かになる。


明るんで、それが見ると、、きのはが落ちて、山がしらッぱくれて見える。相模湾が見え、ざっと見る限り被害無し。
明日でなく、今日の作業は、屋根のトタン板を剥がし、屋根の上はポカポカ!暫し景色を見ながら、ボーッと、する。3時、山頂の樹の影に太陽が入ると、
寒い。真っ茶に錆びたぼろぼろのトタン板が出現。
応急処置の怠け者の証明書だ。お恥ずかし!!
明日、新品に交換。今日の作業はここまで!

富士山に雪。
いそがしくて、写真も撮らない。

夜、台風一過の久々の、夜景。月夜なら申し分無いのだが、真っ暗。
-------------------------------------------------------

10月22日は昨夜から引き続き、霧雨。又は、小雨。


昨日の二人も、全員草臥れて、
この雨の音を子守歌のビージーエムとして熟睡するバイタリティーがあるか?
更にバテバテで起きてくるか?

3時の気温は、8℃で、東南の風。暖かいですが……。
沢の増水が、心配です。

と、言う訳で、石棚山から県民の森に下山、玄倉のコースを選びました。
若い2人ですからスムーズに行きました。
小屋ては風雨の音を聞きなから、大工です。
まぎれます。

-------------------------------------------------------

10月21日、霧。木に付いた水滴が、間遠に、落ちています。5時の気温は、6℃。
7時小雨。9時、本降り。
午後7時、小田原方面の夜景が、見えた。雨は止んで
いたが、又降りだし、不安定。
-------------------------------------------------------

10月20日、霧。6時の気温は3℃。
東南の風が吹いている。金山谷の方からゴーゴーと音がする。
9時、雨が止んだ。一時的なものか、気象衛生の画像をみると、前線の雲が切れている。
それが、何故、霧。雨が続くのか?………分からない。

11時、太陽の光✴まぶしい‼
3時の気温は、17℃。夜、8時で7℃。
暖かいですね。

-------------------------------------------------------

10月20日、霧雨。又は、霧。
5時半の気温は-0,8℃。夜中に霙降る。
いよいよマイナスの世界に突入だ!
今朝、記事の更新していて、手が冷たかった。
日中、雨が降ったり止んだり、風もあり、厳しい1日となり、夜になって気温が3,5℃まで上がる。

----------------------------------------------------------------------
10月18日、日が変わって、今のところは晴れ。
小田原、山北町方面の夜景は良く見える。
相模原、新宿方面は、霞んでいる。久々の、お日さまマークの天気予報。又、久々のトラサンボッカ。何日振りだろう。
カレーは🆗✌、スープ、湯剥きした、トマトのマリネ風ピクルス、おやつのお汁粉は、バッチリ!
これでバタバタしないですむ!まだ天気が良いと、トマトがゴロゴロなる。雨だからさ!続いたから、今日は、
ボッカが挙がらないかもしれない。皆、トマトが
大好き😍!先輩も、館さんもまだトマトがあるんですか?と、目玉キラキラ❗ジカモギでパクりが最高らしい。こんな旨いトマトを食べた事がない❕……で、今年は35本。トマトジャングル!色々ジャングル‼皆が
喜ぶのが嬉しい🎵😍🎵……最高だろ!
味の違いか判るんだから!メデタシだな!

とか、とか記事の編集して、窓を開けて見ると、いきなり霧になって居たりする。
ほら!やっぱり霞んで来た。然し、星が出ている。
今日も、もろ手を上げて喜べないかもよ。
変わりやすい天気かも。

と、記事の編集を閉じたら、ガラケイにメールがびっしり。次々返信。眞田さんも、今日の天気の合間にやって来る。
元大さんも来るし、賑やかかな。

で、又、外を見ると、星🌠!夜景復帰。やっぱり変わり安い。そうこうして居るうち、3時。丑三つ時も過ぎて、4時の声を聞くと、朝だ。
さて、今日はどんな1日に成るのだろう。

4時の気温は、0,6℃。どう見ても1℃は無い。


未明の景色も、日の出も新しいページを作ってアップしました。
久々の、晴れで水道水を運んでくれる眞田さん達が到着。山を見ながらお食事。もみじの山を見ながら、まったりと、コーヒータイム。カレーも提出し、小屋番のお役目完了。お二方に後を任せ、
自分は一人屋根に登る。
当然、ペンキ塗り☀有難い事に昼過ぎまで、晴れ。
天気の崩れを予想して、薄く塗る。合間見て、晴れた日に二度塗り。

-------------------------------------------------------
10月17日、4時の空は霧。
東北から長く風が吹いていた。
気温は、
1,5℃で、まるで接着剤でくっ付けたように、昨日の明け方から、変わらない。
気温が上がりました、日中の最高気温は、7℃。
どこそこちがう。
4時、やにわに雲が消え、全山見渡す。山肌に絡む雲が美しい。街には霞みのような、雲海が立ち込めている。
夜景は無理かも。
------------------------------------------------------------
10月16日、
4時半の天気は、霧雨。今日も、下手な催眠術を掛けるように、音とも言えないような、えもいわれぬ音をたて、霧雨が降っている。
トタン屋根を叩く雨の強さはなく、たまに、ビチャンという音がして、雨樋を流れる小さな低い音。
……お前はだんだん馬鹿になる。お前は半分死んでいる。
ほら、右手があがらない。目が開かない。携帯メールがなっても、うごかない。だんだんだんだん馬鹿になれ……れ、れではない!れの前の、る!?行き過ぎてしまった。これじゃ右手が動くのがバレバレジャン。

……宿泊の方が起きた音。
しかたない!催眠術遊びは、終り!


昼過ぎ、雨がやむ。毎日雨に打たれ風に煽られ、裸枝が目立つようになった。ヤッパリ12日なのか!
珍しい今日の登山者霧雨の中、紅葉が綺麗でした。
これから中腹に降りてゆく。
------------------------------------------------------------
10月15日、早、朝3時半、小田原方面の街明かりが見える。
日が変わって、昨日の霧が消えている。なんてこった!当たらぬ予報に右往左往して!
稜線くっきり!
但し、星は見えない。風もなく、気温は??

まだ見に行きたくない。多分10℃。???
昔から、当たるも八卦、あたらのぬも天気予報と言ったのだ??誰も悪い訳じゃない。
仕方ない!見るか!目が覚めたが、運の尽き。ペンキ塗り、錆び落としの余波が、続き、肩痛い、背中痛い、腰痛い。寝てらんない!
6℃だわィ❗昨日より大幅ダウン。
もしかして、薄曇り程度に行くかな?ムムムム!
となるとペンキ塗りか!

ウワッ!
5時、霧。何も見えない!

万歳~!ペンキ塗り休み。


昨日は雨降りで、屋内土方。湿気ッポイお勝手に、整地して、コナズミ投入。かなりの労働。
爽やか~!やっぱり掃除は気持ちいい爽やか🎵
我が身は泥だらけ。掃除の次はお洗濯。竹炭洗剤をちゃんと持って、小屋入り!山は大事。ご心配なく✨

6時、小雨が降りつつ、稜線が見える。

青い山、白い雲海、赤茶色のブナの紅葉。らくだ色の下草に覆われた山肌に立つ黒い幹。
なかなかの色彩の世界です。

つまり、小雨、中雨の1日です。
BBさんが水を18リットルボッカ。カッパかぶって、誰だか不明。
こんな雨の日にどうしたのか?
あれ!いつも日曜日に来るとのにどうしたの Bちゃん?
今日は、日曜日ですよ。
あまりに静かで雨の平日と思った。ボケ屋敷?
アービックリ!太陽見ないと体内時計が狂う?とか、
体裁の良いことを言って、誤魔化そうとしとしても、見え見え、単なる馬鹿!
これは、自画自賛のうちに入らない。こっちの勝ち!

-------------------------------------------------------

スマホで天気のページを出して、こころくをクリックしても、記事が出なくなった⁉
開設者がきじを閉じた可能性があります‼
だって。
山にパソコン持ってきてないから、駄目だ!
ココログをお気に入りに
登録でもしていれば見れるけど、そんな、気の利いた人ばかりでなし、この先、徒労か?
原因はリンク貼った霧氷の記事を再編集と下書きして更に保存、つまり記事をアップしたわけ。
スマホでは、そこまでは込み入った事が
出来ないのかも?
店長は何も言って来ないな!

10月14日、桧洞丸は霧雨。気象衛生を見ると、
薄い筋雲ですね。日の出は
厚い霧の中。
これで気の無い降り方な訳ですね。
6時の気温9℃。
小雨が降り続いていたが昼から雨が止み、4時頃蛭が岳が雲海の中から、見える。頭の部分だけ、他は、真っ白い雲のした。振かえると、桧洞丸の木々が山肌にくっきり!
明日も霧かな?

-------------------------------------------------------

10月13日、霧風。霧雨。
6時の気温は10℃。
7時から断続的に雨。小雨レベル。
昼過ぎ、小康状態。
又、小雨と、濃霧。長い休憩時間も、辛いよね。
4時半の気温は、7℃。風がでてきました。

--------------------------------------------------------------------

10月12日、桧洞丸の3時の空は、霧雨も止み、星と南の街明かりが細く見える。新宿方面は見えない。
どちらの方面も厚い霞みがある。
風も吹いている。昨日より強い。星のひかりは、昨日ほどではないが、霞んではいない。月は、真上。稜線は、この時間帯ではくっきり。気温は、8℃。

さて、待望の日の出は、立派……!山塊の上に、雲が一切なく、すっきり!太陽はだいぶ南に移動している。
天気予報は、昼まで晴れ。
南の海上に、雲が有るが、あれがどのくらいのスピードで、山塊の上に達するか?
早ければ、8時半、遅ければ10時半。今6時半。
屋根が乾くな!昨日擦り捲ったトタン屋根に、錆び止め位は塗れるか?頭の中は、そればっか❗
快晴の青い空を見ると、
ペンキに見える。

雲は細切れで来るか、塊で来るか?
何か肉屋の店頭の、会話ですね。

結局今日も錆び落とし、実に消耗する。腰は曲げっぱなし、太陽はジリジリっぱなし!
そこへ、お客様❗
ビックリした~✴真田さん!
屋根から降りてお茶も出さなかった!
ごめん10回!
午後1時半。きっちり霧になる。
昨日と同じ。
写真挿入。
最後尾に出るんだよね。

----------------------------------------------------------------------

10月11日、コソコソと風の音がする。
窓を開けて見ると、煌々と月明り!
地面が明るい!木の影が地面に縞模様を写している。
🌔はどこ?と、探せば真上。星も、掘り込んだように!クリク珍しい。樹幹の間から光る星を見ていると、まるでイルミネーションを思わせる。
これぞ山ならでは。
月明りに光る星は月の光に負けて薄い。星は木に飲みこまれる。この星は、木の枝を焼いている。珍しい!
吹いている風も冷たくなく、3時の温度計は9℃。
なんだろう?お馴染み、霧の襲来かと思えば?星空!
天気予報は、曇り。山頂の予報を見てみると晴れ。気温は、15℃。これは、北麓の青根の5月の気温なんだけど????何かおかしい?
温度計が壊れているのかあっちの気温計みたりこっち見たり、壊れていそうもない???おまけに予報も当たらない。
ここ3日ばかり晴れて、街が埃に覆われ、ぼやけている。夜景が見えない。
小田原方面が光っている。
日の出は、如何に?

日の出は、なかなか立派です。が昨日のような快晴で、最後まで、
行けるか?
9時半、南から霧が沸いては消える。
不安定。雲海と紅葉の良い眺めも1時半で終わり、濃霧。
今日の最高気温は、17℃、
20時の気温は12℃。暖かいと感じますね。
-------------------------------------------------------

10月10日、4時過ぎのそらは薄い星がみえる。
南側の夜景は、しっかり見え、東は霞み。気温は、7℃。
流れ星1つ。何十年振りかな?流れ星みたのは!


今日の日の出は、立派。1日、良い天気で行くかな⁉
行きました。久しぶりに太陽がジリジリ。
結局、ペンキ塗り☀
トタン屋根が沸きこんで熱い。暑いのと熱いので滝の汗!

お手柄の1日でした。登山者めっきり少なく。
蛭が岳に4名。

-------------------------------------------------------
10月9日、2時半の時点では霧。
4時15分、晴れ。
稜線くっきり、星🌠
なんじゃ⁉ビックリ!
気温は、6℃!
ペンキが乾くぞ!ありがとう!
あなたの幸せ自画自賛?
私の幸せ自画自賛。
天気がいいのも自画自賛!

所が、例によって9時には雲が広がり、山塊を隠し始める。それでも雨の気配はない登山日和で、連休最後の登山者の賑わい。然し、昨日より少ない。

B.B本日も水道水20リットル。
頭が下がります。

山の色づきか実に美しい‼
夕方、メキメキと雲が消え、
雲海になる。大した事ないだろう!
と、思いつつ、山頂に行くと、ちょっと大した眺めだった!残念ながらスマホは持たなかった。富士山の周りに雲がなく、すっきっとして遠い雲を夕日が染めて、
見応えあり。雲海も低からず高からず、気になる隙間もなく、荒ぶる乱れもなく、犬越路でピタリと止まる流れは、微風も無いことを示している。
この前の雲海は、突風に煽れ、スマホのカバーの紐がレンズの前でビュンビュン回って、何を撮って居るのか?
(爆)かなり面白い動画がとれたろう。
下山してのお楽しみ。
--------------------------------------------------

10月8日、雲の多い晴れ。6時の気温は、9℃。
過労で、動きたくない屋主に付き合ったか、道路の渋滞の真似してるか?
酒井さん、ヤタオネ登るって!厚木から虹の大橋通って、牧馬入り口の裏街道に出るんだね。413号線にでる、裏街道!。
久しぶりですね~‼
コーヒーとカレーが待っています。屋根の錆び落とし、話し、コーヒーのおかわり。相当忙しいと思うよ?何時に帰るんだろ?
来ないうちから、帰る時間の心配だ🎵

今日の日の出は、雲のなか。
雲が綺麗で稜線は、バッチリ!写真を撮ったがアップする程ではない。
8時には、雲が山脈を覆い、今日も駄目じゃん。
それでも、ペンキ塗りは、やった。
-------------------------------------------------------

10月7日は雨、霧雨。
5時の気温は7℃。5℃も高いと暖かい。ラクチン。
この降り方では、沢の増水が心配。林道の落石も心配。
まだ、登山に障害の伏兵かいた。東名高速の渋滞。事故
。県道76号線の渋滞。東丹沢宮ヶ瀬から縦走を心みて、ヒルの猛攻撃に遭って、撤退。山登りも、登る前から、登り始めから困難が待っている。Mさん、連休だからと大縦走を計画しないで、すんなりヒルのいない桧洞丸を目指したが、無難でしたね。
夕方17時、雲がとれて新宿方面は霞みが有るが、小田原方面はすっきり!夜景が美しく、
22時、月🌔と星🌟✨!
久しぶりです。本当に久しぶりです。星を見るのは。
明日は快晴か‼たまには天気予報も当たってくれ!
ペンキが塗れるかも。かも……~ん?そうだ!明日はかもがタマネギ背負ってくるんだ❗かもじゃない、かもじゃない!しっかりしろ!武田進言様?だ。ヤタオネ1時間半❗でボッカと、宣言?小屋番は、異常事態に大混乱!懐疑と不安!心配と期待。ペンキ塗りは手に付かないだろうな!
ビックリがもう1つ。
真夜中、
月見て、夜景見て、ふと、温度計を見て、ビックリ⁉
9℃。朝は7℃で喜んでいたのが、
9℃。暖かい1日でした。働き過ぎて、関節炎!
痛くて目覚めた。
礒さ~ん90%位の自画自賛でした。80かな70かな?

疲れて、ジュース一気飲み!お茶ものますに午後3時。
毎日、賞味期限きれたジュースを飲んで、
今日は新品。
新品飲んでも、人間新品にはならない。くたびれる。
----------------------------------------
10月6日、3時時点では、夜景が、良く見える。
霞みっぽい雲がかかっているが、稜線は良く見える。
3時に、これだけ見えるのは、月明かりかな。西に傾いているだろうけど。
4時、温度計を見て見ると2,5℃。昨日より暖かい。
東北の夜景がめきめき薄くなってゆく。
今夜は、大雨の予報?さて、どうなるか!

5時、霧風。
高曇りの雲が降りて来て、蛭ガ岳の頭をかくした。棚沢の稜線は、すれすれ。風が少し吹いている。
その内に何も見えなくなるか?
2時雨。その後、本降り。
夜中にも強く降る。
---------------------
-----------------------------

10月5日、雲の多い晴れ。夜景が、南も東も、光っている。5時の気温は、1℃。もう少しでマイナス!
初めて、寒いと思った。風がないのに。
日中は、曇り、霧や霧雨で、夕方から晴れて夜景が見える。
毎日、同じパターン。
逆なら良いのに……。
-----------------------------------------------------------------
10月4日、霧。曇り。4時半の気温は5℃。戻ったね。
日中晴れの予報が待てど暮らせど霧。
小雨。
此の分では、明日の天気も信用できないな!
夜になって月が見え夜景も見え、霧が沸いて消え、又、みえ、忙しい天候。
霧雨の中、登山者ポツ~ンポツ~ン。
退屈で材料を伐る。思案して命中するはずがずれる。
なんたって迷人だから。
礒さあ~ん?
これも自画自賛って言うかなぁ🎵

----------------------------------------------------------------
10月3日、霧雨。南風。
7時の気温は南側庇の下で14℃。
東側吹きっさらしで12,5℃。
何か……暖かいんでないかい?
昼頃、猛暑が訪れた。モヤモヤした霧の中から太陽が光。
青空が出てきては消え、何だこの暑さ‼
温度計を見ると28℃。夏日。
下界も猛暑とか。

山襞に霧が食い込み、雲が多い。いつ変わるか分からない景色。
4時過ぎ、筑波山の方からヘリコプターが丹沢の上を桧洞丸から塔の岳という回りかたで、元へ消えた。
偵察飛行かな?
霧が出たり引いたり、外を見ると、いつの間に夜景と満月。小田原方面は駄目ですが、新宿から北へ……🎆💯
-----------------------------------------------------------------

10月2日、霧。日が替わったばかりなので、変わるかも知れない。
予報が良く無い。半日の大快晴で終わりか!
又、霧の日々か?
雨垂れの音が超喧しい。
------------------------------------------------------------

10月1日、まだ夜中の2時ですが、小田原方面の夜景がが見えます。夕べは、三日月でした。半月。
夜景は比較的見えますが夜明けの頃、相模湾から雲海が沸き立ち、此のところ日の出の頃は、霧に覆われる日々です。さて、今日は?もう少し、お待ちください。

もう一度、お休みなさい!と決められるかと思いましたが、駄目でした。久しぶりの星空です。新宿の夜景は、薄い!
Dsc_0195_2


今日はバッチリ✨見事な日の出🌅
さい先良い10月となるか?⁉今日1日快晴でありますように!
ペンキ塗りたい❗


Dsc_0207_14

ペンキを塗りましたぞ!
陽が射し、風がそよ吹き、最高のペンキ塗り日和。
塗りながら乾いてゆく。

ところがどっこい!高曇りになり、2時頃霧が沸き、
風をともなって、キリション。
ペンキ塗りは、昼前に完了。思いがけない助っ人がいて……それがペンキ屋さんに勤めたことがある人、
どこまで行っても付いてる我輩ジャン!
まるで、作りばなしか?
付いてるわりには、宝くじは当たらない。
原因は、買わないから。か?

Dsc_0217_2
3日の夜景。

Dsc_0291_4

餓鬼岳で熊に、出会った話しをした。
大きさは、丹沢で会った熊の比ではない。
腕の皮がダブダブと揺れて、山道で双方にらみ合い。
発煙筒を
焚いて、大声を上げたら凄い勢いで山を掛け上がり、静止して、見る。発煙筒を焚きながら逃げたが、腕が熱かった!発煙筒は、効く❗
ひとしきり、熊談義をして帰った。
発煙筒だって❗発煙筒❗

2009年1月17日 (土)

咲分け余談

花を扱う仕事として、長く経つと色々な経験をする。皆この花はどこから仕入れてきたのかと聞く、あなたは農業大学をでて免許を持っているのかと言う者がでる。これは誰がやっているのか、誰がこの植え込みを作ったのか。と始まる。「私です」というと「うわー!」という「私ではありません」というと「そうでしょうね」という。ゲームをやっているわけではないが、どこから仕入れたかどこの店に売ったかと詮索を始める。何年にもわたってしつこく同じ話題をする人も居る。こっちは馬鹿正直でつい口から出る。それに対し「違うとどこそこの誰が言った」と始まる。そこまで来るとこっちは沈黙する。これ以上いえば人を傷つける・・・・・お前達はここに何しに来た。花を買いに来たのか。それとも珍しい植物を観察に来たのか。それとも・・・それともそうだ、こういうこともあった。年配の夫婦が来客した0012 が、栽培の難しいアツモリソウを買っていった。次の年にはでてこないと3年つづけて買って行って4年目「こんな次の年に腐るような不良品をうって今度は大丈夫か今度は大丈夫かと散々無駄金を使ってしまった。こんな店、もうコンリンザイこないからな!」とまくし立てる。珍しい剣幕に、吃驚して聞いているとその奥さんが「私が除草剤を掛けたのよついうっかりしてしまったのよ」と消え入るような風情でぷつぷつとつぶやくのである。私に言うでもなく夫に言うでもなくである。それを聞いていて、滑稽というか哀れというか「奥さんが除草剤を掛けたといっていますよ」といえばどうなるかその結末に傷つくその妻が哀れで、ただその珍しい夫婦の存在を観戦させて貰った。夫は妻に向かい「いくぞ!」と一通りの腹いせをして、どうだ俺は豪いんだ見たか!というように胸を張って出て行った。妻はすごすごと従った。このように直接妻と話ができずに、何かを介して自分の意思表示をする。卑劣というか芸が細かいというかこういう人間は日本人に良く見かける。といっても世界をまたに駆けて歩いたわけではない。夫が妻を教育するこういう教育の教材に結構お役立ちをさせてもらっている当園である。去り行くうしろすがたを見つつやや太り地味で背が低いのこの男性のズボンの裾は短めに切られて、荒くくくられている、その離れても分る糸目を見つつ、この人が夫のための手仕事という事が良く分る。このズボンの裾の印象深さがえもいわれぬマッチングだった。・・・・・ 我々はしっかりと現実を見てそれと向き合う事が嫌いな人種だろうか?すべてを知った上で改善する。受け入れる。それができにくい。皆弱い人間なのであろうか。そしてその弱い人間を際限もなく悪態もつかず人心を支えてゆく、花と緑が存在すると言う事。このように当園を訪れる人の目的と本心は数知れず。こんな珍しい花を持っているという自慢をしたい。この花の出所掛け合せのルーツを得々と語りたい。会のメンバーを引き連れて偉そうな先生?が得々と間違った花の説明を始める。それを黙って聞く苦しさといったらない。有名な店で特別分けてもらったと自分の存在価値を示したい。こんな山奥の人口600ぐらいの変んな狸だか猫だか分らないようなものがやっているような店から買ったなんていうのは恥ずかしいというあからさまな態度。この際はっきりと夏目漱石に聞いてもらいたい。我輩我輩と言うあれは猫ですか、本当にまだ名前がないのでしょうか?と・・・・・脱線しましたな。・・・・我輩はそれを見ながら、この人が本当に好きなものは花ではない花の向こうにある何かなのだと感じる。その何かのために生きる花の存在をありがたいと思うか哀れと思うか存在の語りつくせぬ残りの9部と思うかそれはその人の力量でしかない。いやだなと思うことにも含まれる教材。それを見つけることができるか、残る9部のうちの3か5か?今年は丑年。牛という文字は当て字という事を今日知った。牛といえば牛は水を飲んで乳を成し、蛇は水を飲んで毒をなす。という諺かなんか聞いたが毒も3年のアツモリソウを買って、四苦八苦対処を考えた芸の細かい旦那に会えば薬にも変わるだろう。どんな事も存在価値があるんだろうよ。

アーヤレヤレ終わりにしょう。

その他のカテゴリー

5.6分間の遭難 | いよいよ咲いた | お盆の頃 | この色 | これも咲き分け | さつき | そのまんま東 | どっちが | どっちが本当 | どっちが本当? | ひと夏の成果 | まぐれ | イカリソウ | ギャンブル | クレッション | グルメ・クッキング | シロヤシオツツジ | ストーブ列車 | スポットライト | チンドンヤ | ドライフラワー | パソコン・インターネット | パッチワーク | フィナーレ | ペット | ボランティア | ライトアップ | リサイクル | リサイクル万歳! | リサイクル時代 | 三つ葉躑躅 | 三ヶ木文化村? | 丹沢北麓お天気情報 | 丹沢山塊および近郊産 | 丹沢山塊桧洞丸 | 丹沢産 | 予想外 | 五葉躑躅 | 人の語りは1部 | 人命救助 | 今年の咲き具合 | 今年は不作 | 伊豆の三つ葉 | 余禄 | 余計なお世話 | 先生 | 全体図 | 六月の太陽 | 分かった方はコメントを | 初花の楽しみ | 加入道入山口 | 北丹沢山麓探訪 | 原因不明 | 去年と今年 | 参考写真 | 咲き分け | 咲くまでの経過 | 因果応報 | 城山かたくり | 執念 | 多忙な休暇 | 天晴れ | 奇花の中の奇花 | 学名 | 学問・資格 | 実生の経過 | 宮崎は東だらけ | 宮沢賢治もどき | 害虫 | 小さい塔婆 | 小屋番便り | 山の花・変種 | 山小屋業務 | 山歩き | 山野草の庭 | 山野草の庭は目の薬 | 山野草の花き温室から | 山野草・園芸 | 岩沙参 | 広告作用 | 庭植え大正解 | 当園符丁 | 当園符丁其の1 | 必然 | 忘れた頃に | 感謝 | 携帯・デジカメ | 整理整頓 | 文明の利器にギブアップ | 新入生 | 新花の色 | 旅行・地域 | 昔の写真 | 時は巡り | 本咲き? | 本心 | 桧洞丸 | 桧洞丸青ケ岳山荘から | 植生保護活動 | 此れが犬越路の関所か | 此処にも川津桜 | 残りの9部 | 水と火 | 洞メモ | 潜在能力 | 片隅農業 | 犬越路 | 珍百景 | 現在過去未来 | 環境問題 | 異常気象 | 的様 | 神の川から犬越路 | 秋の虫 | 秋球の成果 | 箱根米躑躅」 | 簡素 | 紀伊上臈ホトトギス | 経緯と観察 | 経験と雑学 | 絶滅危惧種か | 緑のSOSサイン | 肥料が大切 | 育ってました | 色々な花 | 花き温室 | 花き温室のうちょうらん | 花のあれこれ | 花の意思 | 花の感情 | 花の撮影天気次第 | 花の記憶 | 花もダイエット | 花鳥風月 | 芽吹き | 草木の心 | 葉芸品多数か | 要因 | 見飽き無い | 観察 | 記念切手 | 謹賀新年二十一年 | 貰った花 | 趣味 | 躑躅の里で | 野草のもみじ | 長寿番付け」 | 降りしきる緑 | 雪割草の芽吹き | 青ケ岳山荘ホームページから | 青ケ岳山荘ボランティア部 | 青ケ岳山荘ボランティア部写真展 | 青ケ岳山荘事務所 | 青ケ岳山荘事所 | 青ヶ岳山荘 | 駒草の庭造り |

最近のトラックバック

カテゴリー

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ