残りの9部

2009年1月17日 (土)

咲分け余談

花を扱う仕事として、長く経つと色々な経験をする。皆この花はどこから仕入れてきたのかと聞く、あなたは農業大学をでて免許を持っているのかと言う者がでる。これは誰がやっているのか、誰がこの植え込みを作ったのか。と始まる。「私です」というと「うわー!」という「私ではありません」というと「そうでしょうね」という。ゲームをやっているわけではないが、どこから仕入れたかどこの店に売ったかと詮索を始める。何年にもわたってしつこく同じ話題をする人も居る。こっちは馬鹿正直でつい口から出る。それに対し「違うとどこそこの誰が言った」と始まる。そこまで来るとこっちは沈黙する。これ以上いえば人を傷つける・・・・・お前達はここに何しに来た。花を買いに来たのか。それとも珍しい植物を観察に来たのか。それとも・・・それともそうだ、こういうこともあった。年配の夫婦が来客した0012 が、栽培の難しいアツモリソウを買っていった。次の年にはでてこないと3年つづけて買って行って4年目「こんな次の年に腐るような不良品をうって今度は大丈夫か今度は大丈夫かと散々無駄金を使ってしまった。こんな店、もうコンリンザイこないからな!」とまくし立てる。珍しい剣幕に、吃驚して聞いているとその奥さんが「私が除草剤を掛けたのよついうっかりしてしまったのよ」と消え入るような風情でぷつぷつとつぶやくのである。私に言うでもなく夫に言うでもなくである。それを聞いていて、滑稽というか哀れというか「奥さんが除草剤を掛けたといっていますよ」といえばどうなるかその結末に傷つくその妻が哀れで、ただその珍しい夫婦の存在を観戦させて貰った。夫は妻に向かい「いくぞ!」と一通りの腹いせをして、どうだ俺は豪いんだ見たか!というように胸を張って出て行った。妻はすごすごと従った。このように直接妻と話ができずに、何かを介して自分の意思表示をする。卑劣というか芸が細かいというかこういう人間は日本人に良く見かける。といっても世界をまたに駆けて歩いたわけではない。夫が妻を教育するこういう教育の教材に結構お役立ちをさせてもらっている当園である。去り行くうしろすがたを見つつやや太り地味で背が低いのこの男性のズボンの裾は短めに切られて、荒くくくられている、その離れても分る糸目を見つつ、この人が夫のための手仕事という事が良く分る。このズボンの裾の印象深さがえもいわれぬマッチングだった。・・・・・ 我々はしっかりと現実を見てそれと向き合う事が嫌いな人種だろうか?すべてを知った上で改善する。受け入れる。それができにくい。皆弱い人間なのであろうか。そしてその弱い人間を際限もなく悪態もつかず人心を支えてゆく、花と緑が存在すると言う事。このように当園を訪れる人の目的と本心は数知れず。こんな珍しい花を持っているという自慢をしたい。この花の出所掛け合せのルーツを得々と語りたい。会のメンバーを引き連れて偉そうな先生?が得々と間違った花の説明を始める。それを黙って聞く苦しさといったらない。有名な店で特別分けてもらったと自分の存在価値を示したい。こんな山奥の人口600ぐらいの変んな狸だか猫だか分らないようなものがやっているような店から買ったなんていうのは恥ずかしいというあからさまな態度。この際はっきりと夏目漱石に聞いてもらいたい。我輩我輩と言うあれは猫ですか、本当にまだ名前がないのでしょうか?と・・・・・脱線しましたな。・・・・我輩はそれを見ながら、この人が本当に好きなものは花ではない花の向こうにある何かなのだと感じる。その何かのために生きる花の存在をありがたいと思うか哀れと思うか存在の語りつくせぬ残りの9部と思うかそれはその人の力量でしかない。いやだなと思うことにも含まれる教材。それを見つけることができるか、残る9部のうちの3か5か?今年は丑年。牛という文字は当て字という事を今日知った。牛といえば牛は水を飲んで乳を成し、蛇は水を飲んで毒をなす。という諺かなんか聞いたが毒も3年のアツモリソウを買って、四苦八苦対処を考えた芸の細かい旦那に会えば薬にも変わるだろう。どんな事も存在価値があるんだろうよ。

アーヤレヤレ終わりにしょう。

その他のカテゴリー

5.6分間の遭難 | いよいよ咲いた | お盆の頃 | この色 | これも咲き分け | さつき | そのまんま東 | どっちが | どっちが本当 | どっちが本当? | どっちが正確か? | ひと夏の成果 | ふんわり咲き分け | まぐれ | やっぱりメタボ | イカリソウ | クレッション | グルメ・クッキング | シロヤシオツツジ | ストーブ列車 | スポットライト | チンドンヤ | ドライフラワー | パソコン・インターネット | パッチワーク | フィナーレ | ペット | ボランティア | ライトアップ | リサイクル | リサイクル万歳! | リサイクル時代 | 三つ葉躑躅 | 三ヶ木文化村? | 丹沢北麓お天気情報 | 丹沢山塊および近郊産 | 丹沢山塊桧洞丸 | 丹沢産 | 予想外 | 五葉躑躅 | 人の語りは1部 | 人命救助 | 今年の咲き具合 | 今年は不作 | 伊豆の三つ葉 | 余禄 | 余計なお世話 | 先生 | 全体図 | 六月の太陽 | 分かった方はコメントを | 初花の楽しみ | 加入道入山口 | 北丹沢山麓探訪 | 原因不明 | 去年と今年 | 参考写真 | 咲き分け | 咲くまでの経過 | 回顧主義 | 因果応報 | 城山かたくり | 執念 | 培養品 | 増やしましょう | 多忙な休暇 | 天晴れ | 奇花の中の奇花 | 学名 | 学問・資格 | 安房千鳥系 | 宝くじ | 実生の経過 | 実生の自生地 | 宮崎は東だらけ | 宮沢賢治もどき | 害虫 | 小さい塔婆 | 小屋番便り | 山の花・変種 | 山小屋業務 | 山歩き | 山野草の庭 | 山野草の庭は目の薬 | 山野草の花き温室から | 山野草・園芸 | 岩沙参 | 広告作用 | 庭植え大正解 | 当園符丁 | 当園符丁其の1 | 必然 | 忘れた頃に | 愛らしい | 感謝 | 携帯・デジカメ | 整理整頓 | 文明の利器にギブアップ | 新入生 | 新花の色 | 旅行・地域 | 昔の写真 | 時は巡り | 本咲き? | 本心 | 桧洞丸 | 桧洞丸青ケ岳山荘から | 植生保護活動 | 此れが犬越路の関所か | 此処にも川津桜 | 残りの9部 | 水と火 | 洞メモ | 潜在能力 | 片隅農業 | 犬越路 | 珍百景 | 現在過去未来 | 環境問題 | 用土と栽培法 | 異常気象 | 登場 | 的様 | 神の川から犬越路 | 秋の虫 | 秋球の成果 | 箱根米躑躅」 | 簡素 | 紀伊上臈ホトトギス | 経緯と観察 | 経験と雑学 | 絶滅危惧種か | 緑のSOSサイン | 羽蝶蘭は丈夫 | 肥料が大切 | 育ってました | 色々な花 | 花き温室 | 花き温室のうちょうらん | 花のあれこれ | 花の意思 | 花の感情 | 花の撮影天気次第 | 花の記憶 | 花もダイエット | 花鳥風月 | 芽吹き | 草木の心 | 葉芸品多数か | 要因 | 見飽き無い | 観察 | 記念切手 | 謹賀新年二十一年 | 貰った花 | 趣味 | 躑躅の里で | 遅咲き羽蝶蘭 | 野草のもみじ | 長寿番付け」 | 降りしきる緑 | 雪割草の芽吹き | 青ケ岳山荘ホームページから | 青ケ岳山荘ボランティア部 | 青ケ岳山荘ボランティア部写真展 | 青ケ岳山荘事務所 | 青ケ岳山荘事所 | 青ヶ岳山荘 | 駒草の庭造り |

最近のトラックバック

カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ