人の語りは1部

2009年1月16日 (金)

咲き分けを検証する⑤

羽蝶蘭を栽培していて、鉢の中に肥料を入れることを非常に嫌がる人が居る。倒れるというのである。こちらは研究者ではないから、あの肥料この肥料、あの置き場この置き場と場所を変え水遣りの回数を変えてその結果を観察した事はない。10年20年経験できる範囲は知れたものである。それを助けてくれる事が、お客さんである。お客さんは様々な場所に居て、様々な肥料を使い、水やりも様々である。加湿気味のところで(霧がかかるところやハウスの風の通らないところ)水を多く呉れたら倒れるのはあたり前だろう。山では沢の水が始終滴り落ちるところにあると言って水なんか幾ら多くとも平気という人がいる。人の話はそこだけを聞いては危ない。山の気温をその人は語っていない。山の寒さでは水が多くとも腐りようがない。旨く行くという話をする人は全部を語らない。自分が無意識で作ったうまくいく一部分を語る。それをまねして失敗する。うまく行っているという人は、残る9の部分を語っていないからだ。それを失敗して気がつく。当園では栽培を聞かれても「それなりに花が咲いて楽しめるようならば、幾らこうしなさいと他からいわれても自分が今までやってきたことを変えない方がいいですよ」と答える。相手の場所を知ることができないからである。しかし咲き分けが咲分けないといういうならば何とかしてやらねばならない。そこで春5月6月に羽蝶蘭がばたばた倒れるという話は聞かない。馬鹿馬鹿しい説明をするようだが春は夏より涼しいからだ。そこで涼しい春に鉢の用土の中にマグアンプを入れる。小粒という大きさは2ミリほどある大きさで人によりこれを中粒と言っている人が居る。その粒を2,5寸のポットに2~30粒』回しいれる。芽から上は砂にする。水は用土の表面が真白に乾いてから2日は置く。つまり水を掛けない。当園は乾燥地帯で4~5日で呉れるが渇きの悪いところでは1週間もかかるかも知れない。花が咲くまで水はバケツに水を張って鉢を4分の3まで漬け、1秒2秒3秒と5まで数えてあげ、また放置する。つけっぱなしにしない。漬けっぱなしにしろといえば真夏でもつける。それもだぶだぶの水に何日もつける。冬でもつけて腐らせる人が居る。あいまいな事をいうと自分の解釈したいように受け取る。当園とて同じである。だからはっきりいう。ポットを持って軽いなーと思うまで、やらない。水をたっぷり掛けたものと比べてその重さを計ってもらいたい。本当に咲き分けを買ったものならば、もやもやを買ったのでなければ必ず咲分ける。八王子のお客さんで、うちから珍しい花ばかりを買ってはじめた人が居た。この人はこっちのいう事を100%信じて、いわれた通りに培養した。数がないから越水を吸わせ鉢を持って渇きをはかり、1年2年商売人のこっちのプライドが崩れるほど、球根を増やし、花茎を伸ばした。この人がもし羽蝶蘭を手がけて年数が経っていたら色々な知識で、惑いが生じとてもこうはいかないのではないかと思った。こっちは数が多いから水は頭からザーザー、一つ一つ渇きを見ることもなく、粗雑である。差がでるのは明白。去年の暮れには、鉢を開けるたびに、「うわーうわー!」喚声の連続である。早いもので3年経っている。という訳でこのようにできない人のために、花後直ぐ新しい用土で植え替えることをお勧めする。トーゼン・・・マグアンプKを抜いてである。これも心配だろうから、駄花で試して見られたらよい。咲き分けを検証するの2に乗せた咲き分け2本立ちの花。この花は非常に細い鉢に植わっていたため、咲分けの球根は大きい枝またになる性質があるために鉢のフチにぶつかるようになる。そのためこのあと直ぐに植え替え、非常に成績がよかった。信じられなければ遣らなければ良いだけのことである。

こんな眼の疲れる神経労働。事何の役にも立たない徒労ではないかと懐疑にまみれつつ・・・あーつかれた。12時過ぎた。

その他のカテゴリー

5.6分間の遭難 | いよいよ咲いた | お盆の頃 | この色 | これも咲き分け | さつき | そのまんま東 | どっちが | どっちが本当 | どっちが本当? | どっちが正確か? | ひと夏の成果 | ふんわり咲き分け | まぐれ | やっぱりメタボ | イカリソウ | クレッション | グルメ・クッキング | シロヤシオツツジ | ストーブ列車 | スポットライト | チンドンヤ | ドライフラワー | パソコン・インターネット | パッチワーク | フィナーレ | ペット | ボランティア | ライトアップ | リサイクル | リサイクル万歳! | リサイクル時代 | 三つ葉躑躅 | 三ヶ木文化村? | 丹沢北麓お天気情報 | 丹沢山塊および近郊産 | 丹沢山塊桧洞丸 | 丹沢産 | 予想外 | 五葉躑躅 | 人の語りは1部 | 人命救助 | 今年の咲き具合 | 今年は不作 | 伊豆の三つ葉 | 余禄 | 余計なお世話 | 先生 | 全体図 | 六月の太陽 | 分かった方はコメントを | 初花の楽しみ | 加入道入山口 | 北丹沢山麓探訪 | 原因不明 | 去年と今年 | 参考写真 | 咲き分け | 咲くまでの経過 | 回顧主義 | 因果応報 | 城山かたくり | 執念 | 培養品 | 増やしましょう | 多忙な休暇 | 天晴れ | 奇花の中の奇花 | 学名 | 学問・資格 | 安房千鳥系 | 宝くじ | 実生の経過 | 実生の自生地 | 宮崎は東だらけ | 宮沢賢治もどき | 害虫 | 小さい塔婆 | 小屋番便り | 山の花・変種 | 山小屋業務 | 山歩き | 山野草の庭 | 山野草の庭は目の薬 | 山野草の花き温室から | 山野草・園芸 | 岩沙参 | 広告作用 | 庭植え大正解 | 当園符丁 | 当園符丁其の1 | 必然 | 忘れた頃に | 愛らしい | 感謝 | 携帯・デジカメ | 整理整頓 | 文明の利器にギブアップ | 新入生 | 新花の色 | 旅行・地域 | 昔の写真 | 時は巡り | 本咲き? | 本心 | 桧洞丸 | 桧洞丸青ケ岳山荘から | 植生保護活動 | 此れが犬越路の関所か | 此処にも川津桜 | 残りの9部 | 水と火 | 洞メモ | 潜在能力 | 片隅農業 | 犬越路 | 珍百景 | 現在過去未来 | 環境問題 | 用土と栽培法 | 異常気象 | 登場 | 的様 | 神の川から犬越路 | 秋の虫 | 秋球の成果 | 箱根米躑躅」 | 簡素 | 紀伊上臈ホトトギス | 経緯と観察 | 経験と雑学 | 絶滅危惧種か | 緑のSOSサイン | 羽蝶蘭は丈夫 | 肥料が大切 | 育ってました | 色々な花 | 花き温室 | 花き温室のうちょうらん | 花のあれこれ | 花の意思 | 花の感情 | 花の撮影天気次第 | 花の記憶 | 花もダイエット | 花鳥風月 | 芽吹き | 草木の心 | 葉芸品多数か | 要因 | 見飽き無い | 観察 | 記念切手 | 謹賀新年二十一年 | 貰った花 | 趣味 | 躑躅の里で | 遅咲き羽蝶蘭 | 野草のもみじ | 長寿番付け」 | 降りしきる緑 | 雪割草の芽吹き | 青ケ岳山荘ホームページから | 青ケ岳山荘ボランティア部 | 青ケ岳山荘ボランティア部写真展 | 青ケ岳山荘事務所 | 青ケ岳山荘事所 | 青ヶ岳山荘 | 駒草の庭造り |

最近のトラックバック

カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ