神の川から犬越路

2009年3月18日 (水)

丹沢山塊⑤青根から犬越路避難小屋

Dsc02927

さて、立派なトイレの中には

張り紙が一杯。張り紙どうりに

Dsc02926

この張り紙のしたにあるレバー

というものをギコギコ力一杯

動かしてみたがようやっと、

ポシャン・・・。

と便器の中の水が動いた。さもありなん、

此処は山ジャ。

・・・とそこえ聞きなれない音。トレレ探検に

埋没していたのにあわてて外に飛び出す。

登山者が大室からラジオを鳴らしつつ降りて

きたのだった。「こんにちわー」でトイレ探検

終わり。登山者と取り留めの無い話をしつつ

写真を撮り、なんといい天気だろうと、

あくまでも美しい桧洞丸の稜線に別れ、

1昨日の台風ごとき突風の後の晴天に

感謝しつつ下山。振り返れば、はや犬越路が

Dsc02917

遠い。右手の小屋、ひだりての

指導標が愛らしく見える。

下りつつ犬越路の急登がつらかった。

Dsc02922という記録帳がきになり

どこよ急な登り

なんてあったっけと思いつつ下る・・・が

此処かなーと犬越路直下の場所を思う。

登山者は様々。初心者、高齢者、健脚、学生

体調不良、又天気でも道は変わる。

我々は急なのぼりといえば手を使う程の場所。

然し急と思う人もいるでしょう。普通の人の

3分の1ぐらいの速さで歩ける人に聞いても、

「フン、なんでもないいける」なんていう返事は

ガイドにはならない。

交通の便の都合上、犬越路に来ても用木沢

に下りる。自然教室までバスが入るという事は

魅力なのだ。

したがって、神の川と犬越路間は情報の空白

をきたしていた。電話の問いかけにも明確な

返事が出来ない。それと県民の森もそう

県民の森は其処までは素晴らしい道。

その上が評判悪い。

我々山小屋の人間は、小屋にしていながら

方々からやってくる入山者から情報を得る事

ができる。先週まで確りしていた道が崩れた、

今日通ってみたら大木が倒れて通れない。

獣道に迷い込んで半日かかった。

迷って何度も往復するから本来の道よりも

確りした道になってしまうという現実。

だからこのコースで登山者がいなくなった

といえばそれはどこにいるかということが

一発で分るのが小屋番。

その情報が取れないのが仕事で毎週の

小屋番が入らないコース。登山者が当山荘

まで来るのに利用しないコース。此れがいまの

神の川~犬越路の間だった。

やれやれ念願かなったワイ。

登りにに1時間半のところ3時間近くも係り、

下りは並だろう思ったら何の!道に迷った。

河原地獄で。

登山は下につくまで登山のうち。

では。この項終わり。

その他のカテゴリー

5.6分間の遭難 | いよいよ咲いた | お盆の頃 | この色 | これも咲き分け | さつき | そのまんま東 | どっちが | どっちが本当 | どっちが本当? | ひと夏の成果 | まぐれ | やっぱりメタボ | イカリソウ | クレッション | グルメ・クッキング | シロヤシオツツジ | ストーブ列車 | スポットライト | チンドンヤ | ドライフラワー | パソコン・インターネット | パッチワーク | フィナーレ | ペット | ボランティア | ライトアップ | リサイクル | リサイクル万歳! | リサイクル時代 | 三つ葉躑躅 | 三ヶ木文化村? | 丹沢北麓お天気情報 | 丹沢山塊および近郊産 | 丹沢山塊桧洞丸 | 丹沢産 | 予想外 | 五葉躑躅 | 人の語りは1部 | 人命救助 | 今年の咲き具合 | 今年は不作 | 伊豆の三つ葉 | 余禄 | 余計なお世話 | 先生 | 全体図 | 六月の太陽 | 分かった方はコメントを | 初花の楽しみ | 加入道入山口 | 北丹沢山麓探訪 | 原因不明 | 去年と今年 | 参考写真 | 咲き分け | 咲くまでの経過 | 因果応報 | 城山かたくり | 執念 | 多忙な休暇 | 天晴れ | 奇花の中の奇花 | 学名 | 学問・資格 | 実生の経過 | 宮崎は東だらけ | 宮沢賢治もどき | 害虫 | 小さい塔婆 | 小屋番便り | 山の花・変種 | 山小屋業務 | 山歩き | 山野草の庭 | 山野草の庭は目の薬 | 山野草の花き温室から | 山野草・園芸 | 岩沙参 | 広告作用 | 庭植え大正解 | 当園符丁 | 当園符丁其の1 | 必然 | 忘れた頃に | 感謝 | 携帯・デジカメ | 整理整頓 | 文明の利器にギブアップ | 新入生 | 新花の色 | 旅行・地域 | 昔の写真 | 時は巡り | 本咲き? | 本心 | 桧洞丸 | 桧洞丸青ケ岳山荘から | 植生保護活動 | 此れが犬越路の関所か | 此処にも川津桜 | 残りの9部 | 水と火 | 洞メモ | 潜在能力 | 片隅農業 | 犬越路 | 珍百景 | 現在過去未来 | 環境問題 | 異常気象 | 的様 | 神の川から犬越路 | 秋の虫 | 秋球の成果 | 箱根米躑躅」 | 簡素 | 紀伊上臈ホトトギス | 経緯と観察 | 経験と雑学 | 絶滅危惧種か | 緑のSOSサイン | 羽蝶蘭は丈夫 | 肥料が大切 | 育ってました | 色々な花 | 花き温室 | 花き温室のうちょうらん | 花のあれこれ | 花の意思 | 花の感情 | 花の撮影天気次第 | 花の記憶 | 花もダイエット | 花鳥風月 | 芽吹き | 草木の心 | 葉芸品多数か | 要因 | 見飽き無い | 観察 | 記念切手 | 謹賀新年二十一年 | 貰った花 | 趣味 | 躑躅の里で | 遅咲き羽蝶蘭 | 野草のもみじ | 長寿番付け」 | 降りしきる緑 | 雪割草の芽吹き | 青ケ岳山荘ホームページから | 青ケ岳山荘ボランティア部 | 青ケ岳山荘ボランティア部写真展 | 青ケ岳山荘事務所 | 青ケ岳山荘事所 | 青ヶ岳山荘 | 駒草の庭造り |

最近のトラックバック

カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ