此れが犬越路の関所か

2009年3月19日 (木)

樹木精霊

Dsc02930_3 何十年か前の2月27日。そして今年、奇しくも季節は一ケ月と違わないこの3月15日、犬越路探索で、我輩とも有ろうものが道に迷った。原因はこの樹だ。

登るときにはまるっきり気がつかなかった。久しぶりに通る様子の変わった山道の行き先を捜すのが精一杯という状況で、この木のそばを通る道は失せていた。登りつつ、あの木は今どうなっているだろう・・・枯れてしまったか?それとも・・・と心の隅に掛っていた。目的の鞍部に立ったときは、晴れ晴れとした景色の美しさに追いやられて、あの樹のことは消えていた。然し、下って行くと目の前にドーンとこの樹が現れた。えーっ!!あの樹ジャン!ここですっかりこの樹以外の思惑が飛んだ。あのぎっくり曲がった樹形。妙に印象深くて、此処を通ったときに写真を撮った。始めて丹沢に登ったのが、何故かわざわざぐるっと回ってこの反対側の犬越路地点からだった。そして今、間違いない。数年前の集中豪雨で崩れた砂利の堆積の中に、堂々と立っている。何倍にも育って。幹肌は活き活きとして、弱っている風ではない。上から見るとまるっきり違う。下に降りて行って写真を撮ろうと回り込むと傾きかかった陽が逆光となってまるっきり撮る事ができない。そこで樹の周りをぐるぐる回る。犬越路ぐらいと、馬鹿にして確りめのスニーカーで、よしとしたがズズズーと足が潜り、この丹沢特有の角々した砂利の痛いこと。予想外の蟻地獄。山道は馬鹿にしてはいけない。そこで漸く何とか写真を撮り、根元はかなり埋まっているが胸までというほどではない。根元ごと土ごと押されたという感じではない。何十年ぶりのご対面。そうか生きていたのかそれもこんなに大きくなって・・・良く生きていたなー逆境にも耐えて!!初めにあったのは何時だったろう、帰ったら調べてみよう。懐かしい、お前は偉い、尊敬!たった今は花よりももしかして「アナタサマガスキ!」何時の日か再び逢う事があるだろうか?無いかもしれない・・・・。無いかもしれないなー・・・・。ふと見ると道が無い。エーッッ!!見渡す周りは河原毛地獄。うろうろして良くみると左の山手に一直線の筋が見える。そうかあそこが道か。仕方ない。四つんばいで登り、上りきった道の杉木立の中Dsc02931からパチリ。まるで此れが仕切りで、鉄格子であっちとこっちに隔てられたようにみえる。此れじゃあ分らない。人並みの時間で下りていけそうかと思っていたが、私も逢いたかった!お傍にどうぞ!と、この樹に呼ばれ、此れが我輩には関所となった。50分のところを1時間越えた。

Photo_2

昔の写真を調べるまで4日かかった。

又いつか会えるか。

又いつかあえることがあろうか。

その他のカテゴリー

5.6分間の遭難 | いよいよ咲いた | お盆の頃 | この色 | これも咲き分け | さつき | そのまんま東 | どっちが | どっちが本当 | どっちが本当? | どっちが正確か? | ひと夏の成果 | ふんわり咲き分け | まぐれ | やっぱりメタボ | イカリソウ | クレッション | グルメ・クッキング | シロヤシオツツジ | ストーブ列車 | スポットライト | チンドンヤ | ドライフラワー | パソコン・インターネット | パッチワーク | フィナーレ | ペット | ボランティア | ライトアップ | リサイクル | リサイクル万歳! | リサイクル時代 | 三つ葉躑躅 | 三ヶ木文化村? | 丹沢北麓お天気情報 | 丹沢山塊および近郊産 | 丹沢山塊桧洞丸 | 丹沢産 | 予想外 | 五葉躑躅 | 人の語りは1部 | 人命救助 | 今年の咲き具合 | 今年は不作 | 伊豆の三つ葉 | 余禄 | 余計なお世話 | 先生 | 全体図 | 六月の太陽 | 分かった方はコメントを | 初花の楽しみ | 加入道入山口 | 北丹沢山麓探訪 | 原因不明 | 去年と今年 | 参考写真 | 咲き分け | 咲くまでの経過 | 回顧主義 | 因果応報 | 城山かたくり | 執念 | 培養品 | 増やしましょう | 多忙な休暇 | 天晴れ | 奇花の中の奇花 | 学名 | 学問・資格 | 安房千鳥系 | 宝くじ | 実生の経過 | 実生の自生地 | 宮崎は東だらけ | 宮沢賢治もどき | 害虫 | 小さい塔婆 | 小屋番便り | 山の花・変種 | 山小屋業務 | 山歩き | 山野草の庭 | 山野草の庭は目の薬 | 山野草の花き温室から | 山野草・園芸 | 岩沙参 | 広告作用 | 庭植え大正解 | 当園符丁 | 当園符丁其の1 | 必然 | 忘れた頃に | 愛らしい | 感謝 | 携帯・デジカメ | 整理整頓 | 文明の利器にギブアップ | 新入生 | 新花の色 | 旅行・地域 | 昔の写真 | 時は巡り | 本咲き? | 本心 | 桧洞丸 | 桧洞丸青ケ岳山荘から | 植生保護活動 | 此れが犬越路の関所か | 此処にも川津桜 | 残りの9部 | 水と火 | 洞メモ | 潜在能力 | 片隅農業 | 犬越路 | 珍百景 | 現在過去未来 | 環境問題 | 用土と栽培法 | 異常気象 | 登場 | 的様 | 神の川から犬越路 | 秋の虫 | 秋球の成果 | 箱根米躑躅」 | 簡素 | 紀伊上臈ホトトギス | 経緯と観察 | 経験と雑学 | 絶滅危惧種か | 緑のSOSサイン | 羽蝶蘭は丈夫 | 肥料が大切 | 育ってました | 色々な花 | 花き温室 | 花き温室のうちょうらん | 花のあれこれ | 花の意思 | 花の感情 | 花の撮影天気次第 | 花の記憶 | 花もダイエット | 花鳥風月 | 芽吹き | 草木の心 | 葉芸品多数か | 要因 | 見飽き無い | 観察 | 記念切手 | 謹賀新年二十一年 | 貰った花 | 趣味 | 躑躅の里で | 遅咲き羽蝶蘭 | 野草のもみじ | 長寿番付け」 | 降りしきる緑 | 雪割草の芽吹き | 青ケ岳山荘ホームページから | 青ケ岳山荘ボランティア部 | 青ケ岳山荘ボランティア部写真展 | 青ケ岳山荘事務所 | 青ケ岳山荘事所 | 青ヶ岳山荘 | 駒草の庭造り |

最近のトラックバック

カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ