異常気象

2012年4月17日 (火)

ソーラー黒パネル設置

今年はやけに木道間近に誘引トラップを設置している。

Dsc09423s

中には小さい虫が半円描いてる。虫は、長さ2ミリで幅1ミリもないか
短い脚で、ぴょんぴょん跳ねるように飛んでいる。中の容器の壁に
数匹停まっている。???なんだこれは??

Dsc09455s

今年の4月3日午後の突風は記録的。

Dsc09437s

この景色、今まで見たことある??。長さ4メートル厚さ5センチ
幅25センチの雨に濡れた重い板が木の上に乗っている。2本。
すごい台風以上の風だったかもしれない。

Dsc09433s

これ何???トイレの入口の戸。おそらく氷雪でトイレに入れなかった
人が、ピッケルか何かで突いてこじ開けようとしたか、扉に近すぎて
・・・????。果てしなくクレッション。断りもなく応急処置。

Dsc09439s_2

黒パネルもこれからの季節に東に向けて設置。ウン、黒い!

Dsc09438s

忙しかったボランティアはスタコラ山頂目指して帰る。

Dsc09443s

懐かしや、遊んで歩く箒はここで生きていたか???!。

Dsc09432s

ふっ飛んだ電話版

Dsc09441s

ふっ飛んでズタボロ、ヘガヘガのボランティア掲示板。捨てる風あれ

ば、拾って中に入れる神あり・・・。まさに青が岳ボランティア。ダナ。

よしよし

2011年2月26日 (土)

春は吃驚!

この日は実に暑かった。車に乗っていても窓を開けては閉め、開け

ては閉めた。あけると風が、ゴーと入って凄い、で最終的にエアコン。

春になると色々勢いが出るし、ボーットもする。20℃近いい気温にな

ったこの日、珍しい物を見た。

Simg_1225_2

バスが止まっていたのだけれど・・・。運転手さんが・・・。

Img_1227 

バスの傍でアクロパットを始めた。

Simg_1228

横むきになり、仰向けになり・・・・延々と演技が続く。凄い熱心。

?????????・・・・・・・・・・・・・・!!!!!!!!!!!。

吃驚して山に行けば、雪は手品のように溶けて。

富士山も頭もやもや・・・・・・・。

Simg_1250

そして、昨日の今日・・・運転手さんの地べた踊りよりも吃驚。

死んだ金魚が生き返って泳いでいた。半分泥に埋って、腐って

いくようで、掬って捨てようか、面倒くさいなと思っていたら何と!

キンギョも踊っていた水の中で・・・。朱文金と言う種類。コメット

サンは冬眠しなかった。マーー何と言っても春と言うことだな。

こっちも吊られてアットマークを忘れていた。春はボンクラ。@

2010年4月 6日 (火)

入山情報かな

久々の晴れ。水を汲みながら神の川を点検。まだ山肌に桜の点々

は、見えない。4日の日曜日トンネルを抜けて、青根側に車が通れ

2010040415440001

なかった。土砂崩れで・・・。

そして今日、孫衛門もガシーーーン!!確認。

Simg_1209

上の土砂避けのフェンスが左が折れてる。

Simg_1210

見えないな。肉眼なら分かるのに。

Simg_1211

脇のフェンスもぐちゃぐちゃ。どっちから落ちたか・・・!。

何よりタマゲはこれ。

Simg_1213

イマイチ分かりにくいかな。道路に穴が開いている。陥没。人間

ならば、間違いなく即死。

手前の孫衛門の沢は水量が多く

Simg_1205

超、綺麗!。縮めないで見てもらいたいが、乗らないので御座るよ。

サイズが大きいとはじかれてしまう。

Ssimg_1208

ナンカサ!これも綺麗。ナンテイウカサ!

そのとおりだよな。

何なんだこの下線。我輩は知らないよ。つまりさ、何を言いたいの?

異常気象でね、こうやって岩が緩んで落石と言うことになるわけ。

今年は多いので、気をつけないと。

フサザクラはHPにのせた。こっちは猫柳。

Simg_1221

猫柳って、こうやって見上げることもあるんだねーーー。

ダンコウバイ・ヤシヤブシ・マメブシ・フサザクラ・ヤマブキ

そんなところが咲いていました。ヤシャブシはもう黒ずんできてい

ました。今回は、滝がメインでした。

2009年9月17日 (木)

山野草の行方

早い秋です。

岩沙参の咲くのもはやっかったし、二季咲き的に咲く、

深山霧島つつじの咲くのも10月が9月に咲いている。

マユミもはじけた。

Dsc04365

早く咲いたつつじ

Dsc04363

それなりにきれいです。

ところで今年の羽蝶蘭はどういう夏をすごしていますか?

皆さんのところはいかがですか。写真を撮りそびれてしまったので

次回悩みたいと思っています。

この異常気象到来というべき世紀に地を守る草木は

どうなっていくかと思案に落ちますね。

高速道路は土日が1000円。みんなが殺到して渋滞して

いらぬ排気ガスを吹き上げる。エコ時代というのに

クレッションだらけ、ただという話しに成って行きそうだが

ただといわずにうんと安くして通年にしたら?

ただになれば、料金所も係員も要らぬというが

料金所を撤去するには亦いらぬ エネルギーを使う

それで生活している就労人材の確保もある。

やってみてまずかったかなというところはみんな素直な気になって

軌道修正すればいいのにな・・・・?ちがったか??

2009年3月20日 (金)

あけぼの躑躅

001今朝戸を開けてみたら、あけぼの躑躅が咲いていた。アカヤシオというのが学名なのか、正に曙という色で心002躍る。大体この花は4~5月に咲く花。早くても四月中ごろ。このところの4日ばかりの異常な暖かさで、一気に開いてしまった。このまま行っても不気味だが、必ず寒の戻りが来る。それで花は目茶目茶になるだろう。ふツーーーーが一番。

003 ふツーーーが一番。

あけぼの躑躅の増やし方は、実生か、挿し木か、去年挿し木をしてみたが、夏になったら枯れてしまった。今年は心がけて、密閉ざしをした。密閉ざしをすると、かなり難しいものが活着する。今年の秋の結果ご報告。

翁草は微毛に包まってその分丈夫。蕾を上げてきた。よそではカタクリの花が咲いているのに、家の庭は寒いので頭も見えない。去年の記録を見てみると、「今頃カタクリ」という記事を4月中頃に乗せている。まだ1ヶ月早い。びっしり落ち葉を乗せておく

翁草の増やし方は、実生。ジャバジャバ増える。根ぶせでも増える。ふやそうと思わなくても勝手に種がこぼれて増える。

何の気なしに生ログというものを引いてみたら、姫ラッキョの植え替えという事のために、kakionsituを検索している人がいた。増やし方という人もいた。コメントで聞いてくれば、分る事ならお答えいたしますのに・・・。という訳で、これから、都合で増やし方、植え替えを話してみようかなと思った。どのくらいお役に立てるか・・・。さて大分の方、姫ラッキョは、植え替えますと、花が咲かなくなり、何故か何年も咲かない年数が続きます。花を咲かせようと思うならば毎年肥しを欠かさず呉れるという事のようです。それに増え方も獰猛に増えません。こんな程度の知識でごめんなさい。

その他のカテゴリー

5.6分間の遭難 | いよいよ咲いた | お盆の頃 | この色 | これも咲き分け | さつき | そのまんま東 | どっちが | どっちが本当 | どっちが本当? | どっちが正確か? | ひと夏の成果 | ふんわり咲き分け | まぐれ | やっぱりメタボ | イカリソウ | クレッション | グルメ・クッキング | シロヤシオツツジ | ストーブ列車 | スポットライト | チンドンヤ | ドライフラワー | パソコン・インターネット | パッチワーク | フィナーレ | ペット | ボランティア | ライトアップ | リサイクル | リサイクル万歳! | リサイクル時代 | 三つ葉躑躅 | 三ヶ木文化村? | 丹沢北麓お天気情報 | 丹沢山塊および近郊産 | 丹沢山塊桧洞丸 | 丹沢産 | 予想外 | 五葉躑躅 | 人の語りは1部 | 人命救助 | 今年の咲き具合 | 今年は不作 | 伊豆の三つ葉 | 余禄 | 余計なお世話 | 先生 | 全体図 | 六月の太陽 | 分かった方はコメントを | 初花の楽しみ | 加入道入山口 | 北丹沢山麓探訪 | 原因不明 | 去年と今年 | 参考写真 | 咲き分け | 咲くまでの経過 | 回顧主義 | 因果応報 | 城山かたくり | 執念 | 培養品 | 増やしましょう | 多忙な休暇 | 天晴れ | 奇花の中の奇花 | 学名 | 学問・資格 | 安房千鳥系 | 宝くじ | 実生の経過 | 実生の自生地 | 宮崎は東だらけ | 宮沢賢治もどき | 害虫 | 小さい塔婆 | 小屋番便り | 山の花・変種 | 山小屋業務 | 山歩き | 山野草の庭 | 山野草の庭は目の薬 | 山野草の花き温室から | 山野草・園芸 | 岩沙参 | 広告作用 | 庭植え大正解 | 当園符丁 | 当園符丁其の1 | 必然 | 忘れた頃に | 愛らしい | 感謝 | 携帯・デジカメ | 整理整頓 | 文明の利器にギブアップ | 新入生 | 新花の色 | 旅行・地域 | 昔の写真 | 時は巡り | 本咲き? | 本心 | 桧洞丸 | 桧洞丸青ケ岳山荘から | 植生保護活動 | 此れが犬越路の関所か | 此処にも川津桜 | 残りの9部 | 水と火 | 洞メモ | 潜在能力 | 片隅農業 | 犬越路 | 珍百景 | 現在過去未来 | 環境問題 | 異常気象 | 登場 | 的様 | 神の川から犬越路 | 秋の虫 | 秋球の成果 | 箱根米躑躅」 | 簡素 | 紀伊上臈ホトトギス | 経緯と観察 | 経験と雑学 | 絶滅危惧種か | 緑のSOSサイン | 羽蝶蘭は丈夫 | 肥料が大切 | 育ってました | 色々な花 | 花き温室 | 花き温室のうちょうらん | 花のあれこれ | 花の意思 | 花の感情 | 花の撮影天気次第 | 花の記憶 | 花もダイエット | 花鳥風月 | 芽吹き | 草木の心 | 葉芸品多数か | 要因 | 見飽き無い | 観察 | 記念切手 | 謹賀新年二十一年 | 貰った花 | 趣味 | 躑躅の里で | 遅咲き羽蝶蘭 | 野草のもみじ | 長寿番付け」 | 降りしきる緑 | 雪割草の芽吹き | 青ケ岳山荘ホームページから | 青ケ岳山荘ボランティア部 | 青ケ岳山荘ボランティア部写真展 | 青ケ岳山荘事務所 | 青ケ岳山荘事所 | 青ヶ岳山荘 | 駒草の庭造り |

最近のトラックバック

カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ