どっちが

2010年1月 1日 (金)

新年のリサイクル

 去年が終わり、新しい年が始まった。だからといって、別に変わっ

たことが起きるわけではない。其れなのに松を飾ったり、餅を供

えたり、いそがしい日々がことさら忙しくなる。

面倒だと思い、何とかカッコウつけようかとNさんがくれた花飾りに

Img_0302

松をジクジク刺して真ん中に賀正と書いて玄関にはっ付けた。年の

初めにお古を使うとは 縁起でもないと年寄りに怒られそうだが、

もうどうでもいい気分になった。じゃあ何でそんな物を飾るのかと

いわれそうだが、元旦に配達に来る配達員にご挨拶をしてやらな

いと可哀想かなと思うことと、このi家のジーバーちゃんは死んじゃ

ったのかい?と心配させるのもこれまた年の初めから可哀想だ。

正直年賀状も書きたくない。今年は、欲張って本当に大変だった。

然しこれも、出さない人から、元気?などと日本の端っこのほうか

ら電話が掛かってくる。年寄りになると、年賀状の意味も違ってくる。

毎日毎日なんでこんなに忙しいのかと思う。昨日は何をしたのか

思い出そうとしてもパット出てこない。そうだ、昨日はHP記事の北西

丹沢の概略図を作るのに1日掛かったのだ。図形を使い塗りつぶし

効果を使ってかなり念密に作ったのだ。で今日はようやく庭の掃除。

雑草という名前でない、しぶとい雑草をむしり、クマガエソウとシラネ

葵に落ち葉と土を盛って冬の寒さに備え、落ち葉を掛ける前にそっと

土を除けてみたら、大きい花目がごろごろ!万歳!!上の段のアカ

ヤシオ花芽がびっしり!万歳!。日陰ツツジも花芽がかなりある。

ニンマリ。そうなのだ。リサイクルの正月飾りよりも、皆が楽しみにし

ている山野草の庭のようすのほうがよっぽどアクセスが上がるのだ。

花の書き込みを怠っていたら、長野からすっかり見限られてしまっ

た。モーシワケナイ。というわけで明日あたり、ころころした花芽でも

写して、久振りに花談義でもしようか。草木にかかわっていると本当

に楽しい。命そのものに触れている気がする。天気がよければやに

わに山に行く支度だったが、今日は雪までちらついた。風も強く、

さぞ山は荒れているだろうと思った。風がうなっていた。こんなとき

地獄のそこから呪っているような死に神の声を、一人の山小屋でじ

っとこの唸り声を聞いていると、なにか昔悪いことでもしていたっけ

かと、頭をかきむしる。命の瀬戸際のぎりぎりで、ひどく消耗する

のも又得がたい手応えなのだ!?。そうだやっぱり山に行こう。とこ

ろでこのブログ記事は花き温室か、それとも山小屋か、どっちが?

その他のカテゴリー

5.6分間の遭難 | いよいよ咲いた | お盆の頃 | この色 | これも咲き分け | さつき | そのまんま東 | どっちが | どっちが本当 | どっちが本当? | どっちが正確か? | ひと夏の成果 | ふんわり咲き分け | まぐれ | やっぱりメタボ | イカリソウ | クレッション | グルメ・クッキング | シロヤシオツツジ | ストーブ列車 | スポットライト | チンドンヤ | ドライフラワー | パソコン・インターネット | パッチワーク | フィナーレ | ペット | ボランティア | ライトアップ | リサイクル | リサイクル万歳! | リサイクル時代 | 三つ葉躑躅 | 三ヶ木文化村? | 丹沢北麓お天気情報 | 丹沢山塊および近郊産 | 丹沢山塊桧洞丸 | 丹沢産 | 予想外 | 五葉躑躅 | 人の語りは1部 | 人命救助 | 今年の咲き具合 | 今年は不作 | 伊豆の三つ葉 | 余禄 | 余計なお世話 | 先生 | 全体図 | 六月の太陽 | 分かった方はコメントを | 初花の楽しみ | 加入道入山口 | 北丹沢山麓探訪 | 原因不明 | 去年と今年 | 参考写真 | 咲き分け | 咲くまでの経過 | 回顧主義 | 因果応報 | 城山かたくり | 執念 | 培養品 | 増やしましょう | 多忙な休暇 | 天晴れ | 奇花の中の奇花 | 学名 | 学問・資格 | 安房千鳥系 | 宝くじ | 実生の経過 | 実生の自生地 | 宮崎は東だらけ | 宮沢賢治もどき | 害虫 | 小さい塔婆 | 小屋番便り | 山の花・変種 | 山小屋業務 | 山歩き | 山野草の庭 | 山野草の庭は目の薬 | 山野草の花き温室から | 山野草・園芸 | 岩沙参 | 広告作用 | 庭植え大正解 | 当園符丁 | 当園符丁其の1 | 必然 | 忘れた頃に | 愛らしい | 感謝 | 携帯・デジカメ | 整理整頓 | 文明の利器にギブアップ | 新入生 | 新花の色 | 旅行・地域 | 昔の写真 | 時は巡り | 本咲き? | 本心 | 桧洞丸 | 桧洞丸青ケ岳山荘から | 植生保護活動 | 此れが犬越路の関所か | 此処にも川津桜 | 残りの9部 | 水と火 | 洞メモ | 潜在能力 | 片隅農業 | 犬越路 | 珍百景 | 現在過去未来 | 環境問題 | 用土と栽培法 | 異常気象 | 登場 | 的様 | 神の川から犬越路 | 秋の虫 | 秋球の成果 | 箱根米躑躅」 | 簡素 | 紀伊上臈ホトトギス | 経緯と観察 | 経験と雑学 | 絶滅危惧種か | 緑のSOSサイン | 羽蝶蘭は丈夫 | 肥料が大切 | 育ってました | 色々な花 | 花き温室 | 花き温室のうちょうらん | 花のあれこれ | 花の意思 | 花の感情 | 花の撮影天気次第 | 花の記憶 | 花もダイエット | 花鳥風月 | 芽吹き | 草木の心 | 葉芸品多数か | 要因 | 見飽き無い | 観察 | 記念切手 | 謹賀新年二十一年 | 貰った花 | 趣味 | 躑躅の里で | 遅咲き羽蝶蘭 | 野草のもみじ | 長寿番付け」 | 降りしきる緑 | 雪割草の芽吹き | 青ケ岳山荘ホームページから | 青ケ岳山荘ボランティア部 | 青ケ岳山荘ボランティア部写真展 | 青ケ岳山荘事務所 | 青ケ岳山荘事所 | 青ヶ岳山荘 | 駒草の庭造り |

最近のトラックバック

カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ