要因

2010年8月21日 (土)

虫対策

今日も、蚊に起こされてしまった。5時前なのに鳥が鳴き始めた。ま

だ鶯が鳴き、もう8月の21日だ。ちょっとおかしいんじゃあないのか

な。山鳩が、せどのしだれ桜の天辺にとまって、野太い声で、鳴き

はじめた。外は霧。と言うより、重く垂れた空・・・・。Img_0325

暗いので、フラッシュが光る。鳥はとても敏感で、フラッシュを家の中

から光らせてもとんでゆく。動いてもとんでゆく。良く見て居る。全身

神経だ。鶏の声、鶯の声、山鳩、わからないチィッチィと言う声、これ

は飼っていた鳥を放したなと思うケバケバシイ甲高い鳴き声、その

内、蝉が鳴き始めるだろう。夏は暑いし、虫が出るし、この点は本当

に嫌だ。昔はこんなに虫に反応しなかったのだが、ちょっとした手術

に使った薬のせいか、ものすごく腫れて、うっかりすると化膿するよう

になって、相当熟睡しても、目が覚める。ありとあらゆる、虫対策。蚊

取り線香、キンチョールから始まり、虫コナーズ、揮発性の置物、戸

Img_0327

に張るもの

それとこれ、誘蛾灯と言うのでは?。何処から入ってくるのか解らな

い。戸から窓からには違いない。日中お客が来たな、と思うときは、

必ず夕方まで潜んでいた物が現れる。今度山に行こうと思って、虫

対策に、薬局に行って、これを買った。顔に直接噴けるんですか、と

聞いたら、一度手のひらに掛けて、それを首に塗るようにしてつける

と、顔には寄ってこないんですと!。やっぱりジャの道は蛇。この

前、神の川で引き返したときに、もって行って沢数の検証にバッチリ

だった。嬉しいーーーーゼ!・・・・・・ゼだ!アブにはどうか?これが

問題だ。一番小さい高さ10センチぐらい、携帯に便利。アブに効けば

S先生に教えたい気分だ。この前5月に登ったときは、スズメバチジェ

ットをぶら下げていった。10回ぐらい蜂に刺されているから、最後の

蜂の時は病院に一泊したから、今度はアウトだろう。5分ぐらいで逝く

というからある意味楽だ。2~3万で注射もあるって。

色々な季節があるが、季節はやっぱり春がいい。その春は、嫌な冬

があっての春だからな。秋もいいが、春のあの芽吹きの色が、一番

好きだ。昔は道志街道の紅葉も素晴らしかったが、今は温暖化に成

って、いい紅葉をしない。

崖崩れも岩を侵食する雨の成分が問題化している。いろんな要素が

あるんだろう。虹の大橋から、清川村の64号線あそこらは山が深く、

沿道には、細いながらも樹がびっしり。あれを見るとほっとする。然し

近隣の里では、ダムによる開発で、サルの被害に悩まされている。

猿も追われると、あちらこちらと移動をして、隣町また隣町、そして今

年は、又わが町と、集団移動をするようだ。脇坂村では今も人間が

金網の中で暮らし、サル様が、大自然を闊歩しているのだろうか。住

めば都と言うけれど・・・。かなりつらい都かも。

今日は蝉でなく秋の虫が鳴き始めた。気温は夏でも、そうなのかー

秋なのかー。

2009年6月24日 (水)

1輪目と2輪目

1輪目が咲いた。

なーんかシカメッツラみたい。

20096_190

2輪目が咲いた。しわがよってきた。

20096_226

3輪目が咲いた。 何だこの穴!。

20096_227

今年2年目、そっくり同じ模様が2つとない。しばらく楽しいぞ。

その他のカテゴリー

5.6分間の遭難 | いよいよ咲いた | お盆の頃 | この色 | これも咲き分け | さつき | そのまんま東 | どっちが | どっちが本当 | どっちが本当? | どっちが正確か? | ひと夏の成果 | ふんわり咲き分け | まぐれ | やっぱりメタボ | イカリソウ | クレッション | グルメ・クッキング | シロヤシオツツジ | ストーブ列車 | スポットライト | チンドンヤ | ドライフラワー | パソコン・インターネット | パッチワーク | フィナーレ | ペット | ボランティア | ライトアップ | リサイクル | リサイクル万歳! | リサイクル時代 | 三つ葉躑躅 | 三ヶ木文化村? | 丹沢北麓お天気情報 | 丹沢山塊および近郊産 | 丹沢山塊桧洞丸 | 丹沢産 | 予想外 | 五葉躑躅 | 人の語りは1部 | 人命救助 | 今年の咲き具合 | 今年は不作 | 伊豆の三つ葉 | 余禄 | 余計なお世話 | 先生 | 全体図 | 六月の太陽 | 分かった方はコメントを | 初花の楽しみ | 加入道入山口 | 北丹沢山麓探訪 | 原因不明 | 去年と今年 | 参考写真 | 咲き分け | 咲くまでの経過 | 回顧主義 | 因果応報 | 城山かたくり | 執念 | 培養品 | 増やしましょう | 多忙な休暇 | 天晴れ | 奇花の中の奇花 | 学名 | 学問・資格 | 安房千鳥系 | 宝くじ | 実生の経過 | 宮崎は東だらけ | 宮沢賢治もどき | 害虫 | 小さい塔婆 | 小屋番便り | 山の花・変種 | 山小屋業務 | 山歩き | 山野草の庭 | 山野草の庭は目の薬 | 山野草の花き温室から | 山野草・園芸 | 岩沙参 | 広告作用 | 庭植え大正解 | 当園符丁 | 当園符丁其の1 | 必然 | 忘れた頃に | 感謝 | 携帯・デジカメ | 整理整頓 | 文明の利器にギブアップ | 新入生 | 新花の色 | 旅行・地域 | 昔の写真 | 時は巡り | 本咲き? | 本心 | 桧洞丸 | 桧洞丸青ケ岳山荘から | 植生保護活動 | 此れが犬越路の関所か | 此処にも川津桜 | 残りの9部 | 水と火 | 洞メモ | 潜在能力 | 片隅農業 | 犬越路 | 珍百景 | 現在過去未来 | 環境問題 | 異常気象 | 登場 | 的様 | 神の川から犬越路 | 秋の虫 | 秋球の成果 | 箱根米躑躅」 | 簡素 | 紀伊上臈ホトトギス | 経緯と観察 | 経験と雑学 | 絶滅危惧種か | 緑のSOSサイン | 羽蝶蘭は丈夫 | 肥料が大切 | 育ってました | 色々な花 | 花き温室 | 花き温室のうちょうらん | 花のあれこれ | 花の意思 | 花の感情 | 花の撮影天気次第 | 花の記憶 | 花もダイエット | 花鳥風月 | 芽吹き | 草木の心 | 葉芸品多数か | 要因 | 見飽き無い | 観察 | 記念切手 | 謹賀新年二十一年 | 貰った花 | 趣味 | 躑躅の里で | 遅咲き羽蝶蘭 | 野草のもみじ | 長寿番付け」 | 降りしきる緑 | 雪割草の芽吹き | 青ケ岳山荘ホームページから | 青ケ岳山荘ボランティア部 | 青ケ岳山荘ボランティア部写真展 | 青ケ岳山荘事務所 | 青ケ岳山荘事所 | 青ヶ岳山荘 | 駒草の庭造り |

最近のトラックバック

カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ