桧洞丸青ケ岳山荘から

2016年11月30日 (水)

思い出の皆さん

 ココログが表示されなくなって、長いこと休んでいたから・・・・自動退会とか???この世界訳分からないこと多すぎるから・・・と思って、何日後にか??数回、ブログサービスココログをクリックしたら、出ました!

メンテナンスにしては長すぎる。なんだろうと思えど、マ!いいか!気になる記事を早く書いてしまおう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Photo

ザイちゃんこんにちわ!久しぶりにメールを貰って、思わず・・・・そうつぶやいてしまった。
この時は、彼女が2人で来る予定が相手の都合が悪くなり、一人になった。中止というところを
「一人では登れないという山ではありません。お出かけください」と、珍しいメールを送ったら彼女は来た。そして、同宿の酔っ払いと気が合って、次の日、一緒に下山。一夜経ち、酔っ払いは紳士に還って、誠心誠意サポートしてくれて、感激していた。然し変貌する紳士は、この後、2度と来なくなった。座る場所も明暗を分ける。もう一人の同宿者は、
「俺の息子の嫁になれ!」としつこく迫られ、あんな奴がいる時は2度と着たくないと辟易していた。

「お出かけください是非!」と言ってきてくれた登山者には言った手前、特別手料理で接待する。なんとなく、責任を感じる。一種の縁かと思う。自分が意識して、言ったこと、したことを忘れられないし、軽く流して生きられない人種らしい。ずっと心に残って私は口先だけの人間だ!と自己嫌悪に落ちる。それが何十年たっても忘れられない。だから、常に全力投球するから疲れる。あの酒好きの紳士たちが大酒のみ禁止の青ヶ岳山荘から、大酒が飲める、展望のいい山で、彼ら向きの心身の開放をしているのだろう。みな、本来自分が何を求めて、山に登るのか、自分のいるべき場所に帰ってゆく。死に変わり生き替わり!!???自分が納得するまで、満足するまで、その意味が、理論的にも体感的にも分かるまで人は繰り返す。執着はそれを手にしたときに消える。それを解脱というらしい。晴れ晴れと解放された存在!万人が憧れ、万人が手にすることができない難しい境地。

「こんな雄大な景色を見て自分の悩みがいかに小さいか、どうでもいいものだったかと思い知った」

と、人は語る。私も思う。然しまた、その愚かで、取るに足らぬ世界に、一歩一歩と帰ってゆく。そしてまた、疲れ、たとえ一瞬でも開放を求めて山に来る。一瞬の連続は永遠につながる。解脱への道のりは、明暗ちりばめられた彩のドラマだ。

解脱に遠い小屋番は、さて彼女の好物は・・・ひとしきり調理を考える。今回はめでたく 2人。もしかして貸切になるかな?この日、他に予約はいない。

apple今回は、リンゴケーキではないナ!この前は、食べきれないケーキを持って帰った美女二人。彼女たちも、もう会わない。広い山岳を闊歩しているのだろうな!みんなとりあえずは元気でね・・・・!!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Simg_1173

2015年だって、とても面白かったのは、この赤いシャツと、緑のトレパンはいた男性。
ちょっと泥だらけだったので小屋の着替えを提出。それがまた、やけに似合って・・・・本人はこんな派手な信号みたいな衣類を着たことがないらしく、
「冥途の土産!冥途の土産!」と、とても喜んでいた。そのハシャギぶりが、面白くて全員で笑った。楽しいと楽しくないとの、その分かれ道は、些細なこと。たった一つのキーワードを持っているだけで、人生変わる。

この人にまた会いたい!・・・・名前などさっぱり忘れたが、有難う。見てもいまいが・・・。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Simg_2328

ちょっと遠いところから来たグループ。石油ランプをとても喜んで、何枚も写真を撮った。
ホームページに載せてくれ。楽しみにしていると言われてから、一年以上たってしまった。
酒は、これでお仕舞です!と、小屋番のストップにめげもせず、左の男性が、だんだん危なくなってきた。仲間も止めるが聴かない。で、立った拍子に・・・・おっとっと!!になった。

本当に不思議なんだけれど、運動の後の所謂水の1種の酒ののど越しが、旨いのだろう。
小屋番に入った人は数年後、アル中もどきになって去ってゆく。目的は酔っぱらいたいのか、それとも、味覚か??ありがたいことに青が岳山荘の一家は全員アルコールアレルギー。酒が飲めない。
酒で失敗する人を見て居ると、まったくありがたいことこの上なし。酒飲みから見たら、つまらない人生なのだろうな(爆笑)山に登らない人は、登る人を見てなんというばかばかしい労力の浪費だろうと思い、登る人は、何という素晴らしい世界に対面できない気の毒な人達だろうと思う。どっちも(爆笑)。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

80toukyoutosidaigaku

懐かしい写真です。3人そろっています。これは、3年前になりますか?
今年感謝祭の缶バッチを作ったとき、平野君の写真だけがどうしても見つからなかったので載せられなかったのです。東京都市大学ワンゲル出身の8人がカンバッチの中に載りました。とても残念でしたが、それが今出てきたのです。ピクチャの整理整頓が必要です・・・が・・・。

S4841

次々仲間も現れ・・・3年のうちにはたくさんの思い出が出来ました。先輩は家族で来てくれます。
初めて来たときは、ボッカができる近場を探していた。と言ってきました。2016年の今年は小親分が就活です。院生卒、さて、どんな展開になるのでしょう。
先輩の、南極行きはどうなるのでしょう。希望に輝く青春です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Simg_2206

2015年10月17日と記録ざれています。出発の朝、雨が降り、突然思いつきで、大きなビニール袋を、雨具代わりにして出発!この袋は、神奈川県の公衆トイレのちり紙を運び上げる時に、雨や汚れ防止の為に出てきたものです。ガムテープにチリ紙と書かれています。全員が大爆笑。彼もVサイン。学校でこんなことがあったら、いじめの大騒ぎ。本人も周りも、どういう感覚か?それが大事かも。彼は、この時スターでした。

アイヘブレイン!アイヘブペーパ!・・ン・・・・!!アイヘブ天神(アマカミ)!!1年後にたどり着いた言語。   山口リーダーによろしくお伝えください。自分の可能性に挑戦するトップです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Simg_9807

おなじみ眞田さんと、珍しい伊藤さんです。伊藤さんは母親の介護の為に、年に一度ぐらいしか山に来れません。犬を連れているので、人があまり歩かない、源蔵尾根が好きで、よく道を間違えます。小屋に来たご縁は、道間違えでした。間違えやすい源蔵尾根を何度も歩いて、この地点が間違えやすいと登山道のコース詳細を小屋に提出してくれ、アクセスのページに記録しました。その後ボランティア部の酒井さんが丁寧に検証、アクセスのページに貼り替えています。

彼が初めて小屋に泊まった時は、もう一人登山者がいました。その方は、中高年でやはり母親の介護をしており、伊藤さんとよく話が合い、二人で介護の話に熱中していました。小屋番は傍らでその話を聞き、自分の親を思いました。誰も逃れられないが、その時まで、他人事の世界。誰も笑うことができないが、自分がその時まで他人事の世界。酒もまわって、話がエスカレートしていつもすっかり名前を忘れてしまう、その時だけの登山者が、
「俺は、親の首を絞めてしまうんでないかと思ったよ」・・・・ビックリするというより、あらゆる場面で生き抜く生きものの姿かたちを小屋番はこの時ほど心に刻んだことはなかった。晩年の自分の父の姿。自分のあり方・・・・人生のドラマはいたるところにあり、果てしない修練と対面が続くのだナ。

伊藤さんの愛犬は初という甲斐犬で、とても賢い。犬は年を取るのが早く、もう会わなくなって何年もたつ。どんな形でも、生きて人を看取る人はエライ。

人は、騒ぐなという不思議な通念を持っている??「お騒がせしまして」などという、旨く生き抜く事が、人生の達人なのだろうな。だから人に相談もできず、自殺する人がでる。たった一回の、これっきりの人生、用心して生きるといったって限度がある。他人が行くからこの道だろう。我々は見えない道を予想して人生の登山をするようなものかしれない。遭難なんか、絶対しないと信じて・・・・。その時まで。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Vcm_s_kf_repr_962x540_32

懐かしいですね。2児のパパ。

随分前に、ホームページに載せました。通過の登山者です。休憩してコーヒーを飲んでくれました。小屋の周りの整備を手伝ってくれた人です。

杭打ちを手伝ってくれました。10分ぐらいだったと思います。男の子が二人いて、そのうち一緒に登山をして、この杭はパパが打った杭だよと、話ができるのが楽しみ!と言って帰った。お礼にと差し出した小さなぬいぐるみ。喧嘩するので同じものを2個と言って、どんなに家族を愛しているのか・・・子育てに大変なのに、僕はこうして山に来ている・・・・と、ぽつりと言って、早足で駆け上がった後姿がとても印象深かった。

仲良きことは美しきかな!・・・ね!ずーっとずーっと家族仲良くお幸せに!

-------------------------------------------------------------------

2016年9月 5日 (月)

MEGE CRISIS

9月4日日曜日,NHKの放送で、メガクライシス (巨大危機 異常温暖化)なるテレビ放送をしていた。

温暖化が叫ばれて久しい。記憶を遡って30年以上も前から、我々一般の耳にも温暖化が届いていた。

人類は何で滅ぶか、温暖化、否、低温化、細菌、野生生物と・・・学者は騒いでいた。学者でなくても危機感はあった。じわじわと、変化し、最終的には一気に落ちる。一度放出したガスは回収の手段がないと言われていた。極地を守るオゾン層は何億年もかけて生成されたものという。

私は、学者でも研究者でもないから、まして何億年前の地球を見たこともないから、明確な変化は語れない。然し、丹沢の50年はみてきた。

Img_4587

(青が岳山荘の前から、南方向の原生林。1963年5月25日とある)

北極のメタンガスの温暖化による放出が危険なだけではない。どこもかしこもという気がする。悪循環というのはまさにその通りで、便利な生活を、捨てることはできないのだろう。経緯を知ろうともしないで、部分を切り抜いて目の前に置いてどうこう言ったって知れている。

「こんなことは今まで生きてきて初めてだ!」と、被災地の老人が語る。

茶化すわけではないが、私なんか、初めての経験だらけだ。あの、食糧難の戦後、疎開した、叔母の子供たちと、一個のじゃがいもを 争って、食べた日の記憶。闇米を買ってはいけないという規制を守って、というより手に入らなかったのだろう、餓死した若いおまわりさん。今、浮浪者でも餓死はしない。期限切れで捨てられるコンビニ弁当で、生きていける。

家の前を流れていた用水路は、清水のようにきれいだった。車がなかった。その時代からバスが増え、車を洗う水が用水路に流れるようになって、ギラギラと油が川面を流れるようになり、その変化は、一気に加速した。早かった。

車がなければなんなのさと言えば馬車と、リヤカーだった。冬、橇で締めつけられた雪面は、つるつるに凍って、通学時にそのうえで、よく転倒した。いかに転ばないで歩くか、それが通学時の課題の一つだった。

語れば、限がない。車を持つなどということは考えられないことだった。それがどう!!一軒に何台かの車を持つようになった。すべてが、初めての経験の連続だ。

あの戦後の、進駐軍が押し寄せた時代。オンリーとかになった教師がいた。受け持ちだった。

列車の窓から、色の白い人形のような、進駐軍なのだろう、どこに行くのか、若い米兵がびっしり乗っていて、乞食のようなチビな我々に、キャラメルや菓子を投げてよこした。はたまた、蔑みの表情で、鼻をかんだちり紙を投げた。それを、気が狂ったように拾う仲間がいた。
「やめろ!」流石に子供ながらののしっても、拾った子供は、かたくなにちり紙を握りしめて捨てなかった。多分、親が、何でも拾って来いと、言って居たのだろうと思う。その時の、子供心に情けない思いは、忘れられない。
「こんな国は、嫌だ、こんな国に生まれて来たくなかった」そうおもった。それが今は、海外から、快適な国と言われている。移住さえもある。何もかもが、初めての、ビックリ経験の連続としか言いようがない。きっと、ビックリは続くのだろう。

というわけで、50年前の桧洞丸の小屋の前から撮った原生林を表示しておこうと思う。

さて、丹沢の写真を探し、スキャンをするか、手っ取り早く写真にとってアップするか、ちょっと悩む。写真が光って、見難いですね。目的は記録で、芸術ではないので、これで、ok!
他にも、ウワッ!というのがありますが次回。今ならば、動画か、スイングパノラマなのですが、昔は白黒。カラーもなくて、使い捨てカメラもなく、・・・・あぁ…歴史ですね~!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、ここで、やっぱりテレビ番組の詳細をちょっと記録しておこうと思う。これは、ココログがアウトになってアメブロに記入したものを、関連性が強いここにまとめようと思った。

11月23日坂上彰のテレビ番組で、地球温暖化をやっていた。北極の永久凍土の溶解。閉じ込められているメタンガスの噴出。炭疽菌の出現。氷の減少で海水面の温度上昇。すざましい悪循環だった。当然気象も変化する。

本来、日本にいなかった虫、蚊の渡来。天狗熱。マラリア。温暖化により、天狗熱の発生は、北上し、青森に到達しているという。巨大台風の発生。今年のトリプル台風。大雪。

人が死ぬ原因のトップが細菌と言うが、2位に、人間が原因とも言って居た。直接原因は殺人だろうが、間接を入れたら、人間がトップのような気がする。

我欲と、快楽を追及して、やみくもに走り続けた結果、今、騒いでいる。

 

トランプ次期大統領が、パリ協定の離脱表明。温暖化対策の一部を失った。

 

昔、(跡見よソワカ)ということを何かの本で読んだ。ソワカとは般若心経の中の末尾にある一文で、娑婆訶という文字を当てている。ある親が子に対して

「後を振りかえって、後の人が困るような有様でないように」という、生き方の姿勢と、慎みを教えた言葉という。それが誰だったかさっぱりと忘れた。情けない。

然しこの言葉は、ずっと心に残った。

この期に及んで、今私たちに何ができる??!!

よく聞く言葉に、

「私一人が何かやったって、何の役にも立たない」・・・・だ。塵でもあるまいし、生き方に理由をつけないほうがいい見苦しい哀れだ。塵以下になる。自分だったな。

私一人が100億人集まってやったことかもしれない。関心を持つこと、見ること。いつだって始まりはそれ。そしてとりあえずは不必要な照明を消そう。こんなことは誰にでもできる。

毎日、マイフォトの削除を繰り返し、使用している写真の量を半分に減らした。今日は久々に写真挿入がかなった。記念すべき日。視力の重労働の日々だった。約、10年の間にココログも変わった。迷惑メールも来ない設定だし、とても、いろんなことに煩わされることもなく、業務にまい進できた。ありがたいと思う。

@

@

2016年5月24日 (火)

今年の春に活躍したボッカさん!

P2016_0522_161615

凄いごみを、5段重ね!
P2016_0522_161524

なぜか、余裕・・・!

P2016_0522_161837

何も、荷物しょってから、靴ひも結びなおさなくても・・・!!(笑)

P2016_0522_162007

何も、走って山頂まで駆け上がらなくても・・・元気とあとは下げる荷物が段ボールと使用済み発砲食器。ふふふ・・・種明かし!青根におろして、ごみの焼却場行き。山の衛生は住民の水源を守る陰の功労者。一番隠れた部分でありがたい。できる限り続けたい。

買った、ジュースや水のペットボトルを置いていきたい人がいる。買ってやったんだから容器は引き取れ!ということだ。
「ここは、空きのボトルを持っていくんだってよー」と声高に・・・・。話している人がいる。ペットボトル込みで販売しています。というのが鍋割山荘。全くその通り!たった一軒の山小屋と言えども、毅然としたその山を守る姿勢は、心強い。荒廃してゆく丹沢、自然を守る今と、これからの姿勢、山に携わる人々への警鐘や教育、問題提起をしているのだと思う。

人だから、いろいろあります。感じなかった失敗。意識外の失礼。承知していて、やった失礼。
人だから、歳月とともに考えも変わる。状況も変わる。この飲み物は、自分の今の命の継続の、水。権利と責任。そして丹沢の保全。そう思ってもいい。
何よりも、この山に向かって、敬いと感謝があってもいいはず。山に向かうということは、自分の命に大きな存在価値を無意識のうちにでも認知していることだから。今の命なければ山には行けない。

2015年9月24日 (木)

朝陽に輝く晩秋の霧氷

Dsc00243

11月の声を聴くと初雪が降る。ぱらっと4~5センチ!ガラッと変わる白の世界。一瞬の白!この変動が地球の片隅から、宇宙の存在を平手打ちされるように寒波と共に降りてくる。マイナス5℃、10℃そして15℃の世界。そして緊迫の時に、甘く降り注ぐ陽の光!過酷な世界もひと時であれば、ときめきの刺激!ひと月であれば地獄。
ここに生きる幸せと非幸せ・・・・・!

2015年4月19日 (日)

天気は変わる、寅吉ギャラリー

4月15日水曜日。

天気予報は大荒れ。最後まで天気図を読んで決断したのでしょう。仲間と登山。朝は快晴。昼にいきなりの本降り。小屋に入って、セーフ!然したちまち晴れて、夕方には稜線が見渡せ・・・・!
ブラボー!!

R0013124

小屋に火がともり・・・!残光残る空に星がひかり、街に明かりがともる!

R0013131

山頂に向かって階段をトコトコ数歩登ると・・・・それなりに絶景!小屋と夜景のここならではの景色。

R0013130

裏に回ると袖平と青根から続く藤野の街灯り、山襞に食い込んだ道志村の灯りと、じっと見ていると人々の息遣いまでがふと伝わる。

R0013132

右にカメラを振ると・・・蛭ヶ岳。

R0013129

富士山は雲を絡めて、暗闇に突入寸前の別れの色。

R0013127

次の朝、街灯りが名残を惜しんでいる。

R0013134

そして変わり映えもしない朝焼け!久しぶりなので気分はアップ!

帰り道の、おまけ!ひろいましたー!

Dsc_0028

以上傑作集です。終わり。???否、後は省略です。サイト編集記者の独断と偏見という言い方で啓上しました。

また写メールを。楽しみにして待ちましょう!






2014年12月24日 (水)

拡大写真①

Img_7338s

山頂からは展望が利かない。小屋は土日しかやっていない。自信満々と語る登山者がかなりいる。
小屋の中から話し声が聞こえることさえある。50余年継続してこの小屋を調査しているのだろうか、無責任なことは言わない方がいいでしょう。

当事者の話より他人の話を信じたい人間ってなんだろう。取材にしても
「あそこでこう言っていた」等と言って電話をかけて来る記者がいる。あそこでいっていた話を信じているのなら、あそこの話を聞いてあそこでいっていた話と銘打って記事にしたらいい訳で、それを当事者にいうということは、告げ口をしたいのだろうか??それとも気が変になっているのだろうか??

昔は木が茂ってちらちらとしか富士も見えなかった。今はめきめきと木が倒れ、富士もばっちり。西に寄らなくてもベンチを手前に、富士もよく見える。普通の目があったら、見てください。

何を信じるよりも、自分の目と耳を信じることです。

2014年12月 2日 (火)

桧洞丸の今日の天気、夜景。

Img00620_4


窓が窓があっかなーい?! 
凍みている!

2014年10月23日 (木)

今日の北麓は

夜半雨。路面がびっしょり濡れている。然し6時には止んでいる。里山に霧がからみついていている。

Img_6657s

つい先日までは真っ青だった北麓の里もチラリと紅葉。

又、降りだしました。不安定です。霧雨。時間が出来たらこの後の編集をいたします。

スマホで撮って更新しようとしましたら、本日は電波が立ちません。こんなこともありますか???平地ですよ。一応相模原市の緑区の町です。ほぼ山ですが・・・。

2014年7月26日 (土)

檜洞丸の今日の天気

陽射しは暑いけれど、爽やかな風が吹いてます。蛭ヶ岳の方は霞んでいます。暑いせいか、今日はまだ一人しか見かけません。

@

@

2014年6月25日 (水)

桧洞丸の今日の天気。。25日

朝は、雲海と青空が、うっそぉ!と、言う展開でした。
今は霧、曇り。
Img00473_2
山頂の祠に、ガラス瓶の破片をお供え??いえ、地表から浮き出た酒瓶の破片です。台風や大雨の後に出現します。
つまり、昨日の午後の雷雨の凄さを物語っています。
今朝の雲海が凄かったので、カメラをもって、慌てて来て、結局素手でごみを拾って、一時保管場所。不埒千万と、罰もあたらない。あまり多い時は袋をもって来るまで、脇っちょ拝借。袋と、火バサミがいるな。
一面に銀紙の破片がびっしり。ビニールがところどころ。空き缶がなくなったな~
それだけ、表土が減っていることだな。
??今朝の雲海?あぁ言いましたね!

Img00477

な、、、、、、んと幸せ!

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

5.6分間の遭難 | いよいよ咲いた | お盆の頃 | この色 | これも咲き分け | さつき | そのまんま東 | どっちが | どっちが本当 | どっちが本当? | ひと夏の成果 | まぐれ | イカリソウ | ギャンブル | クレッション | グルメ・クッキング | シロヤシオツツジ | ストーブ列車 | スポットライト | チンドンヤ | ドライフラワー | パソコン・インターネット | パッチワーク | フィナーレ | ペット | ボランティア | ライトアップ | リサイクル | リサイクル万歳! | リサイクル時代 | 三つ葉躑躅 | 三ヶ木文化村? | 丹沢北麓お天気情報 | 丹沢山塊および近郊産 | 丹沢山塊桧洞丸 | 丹沢産 | 予想外 | 五葉躑躅 | 人の語りは1部 | 人命救助 | 今年の咲き具合 | 今年は不作 | 伊豆の三つ葉 | 余禄 | 余計なお世話 | 先生 | 全体図 | 六月の太陽 | 分かった方はコメントを | 初花の楽しみ | 加入道入山口 | 北丹沢山麓探訪 | 原因不明 | 去年と今年 | 参考写真 | 咲き分け | 咲くまでの経過 | 因果応報 | 城山かたくり | 執念 | 多忙な休暇 | 天晴れ | 奇花の中の奇花 | 学名 | 学問・資格 | 実生の経過 | 宮崎は東だらけ | 宮沢賢治もどき | 害虫 | 小さい塔婆 | 小屋番便り | 山の花・変種 | 山小屋業務 | 山歩き | 山野草の庭 | 山野草の庭は目の薬 | 山野草の花き温室から | 山野草・園芸 | 岩沙参 | 広告作用 | 庭植え大正解 | 当園符丁 | 当園符丁其の1 | 必然 | 忘れた頃に | 感謝 | 携帯・デジカメ | 整理整頓 | 文明の利器にギブアップ | 新入生 | 新花の色 | 旅行・地域 | 昔の写真 | 時は巡り | 本咲き? | 本心 | 桧洞丸 | 桧洞丸青ケ岳山荘から | 植生保護活動 | 此れが犬越路の関所か | 此処にも川津桜 | 残りの9部 | 水と火 | 洞メモ | 潜在能力 | 片隅農業 | 犬越路 | 珍百景 | 現在過去未来 | 環境問題 | 異常気象 | 的様 | 神の川から犬越路 | 秋の虫 | 秋球の成果 | 箱根米躑躅」 | 簡素 | 紀伊上臈ホトトギス | 経緯と観察 | 経験と雑学 | 絶滅危惧種か | 緑のSOSサイン | 肥料が大切 | 育ってました | 色々な花 | 花き温室 | 花き温室のうちょうらん | 花のあれこれ | 花の意思 | 花の感情 | 花の撮影天気次第 | 花の記憶 | 花もダイエット | 花鳥風月 | 芽吹き | 草木の心 | 葉芸品多数か | 要因 | 見飽き無い | 観察 | 記念切手 | 謹賀新年二十一年 | 貰った花 | 趣味 | 躑躅の里で | 野草のもみじ | 長寿番付け」 | 降りしきる緑 | 雪割草の芽吹き | 青ケ岳山荘ホームページから | 青ケ岳山荘ボランティア部 | 青ケ岳山荘ボランティア部写真展 | 青ケ岳山荘事務所 | 青ケ岳山荘事所 | 青ヶ岳山荘 | 駒草の庭造り |

最近のトラックバック

カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ