桧洞丸青ケ岳山荘から

2019年9月 1日 (日)

丹沢山塊桧洞丸の今日の天気―'19-9-1~

9月30日、快晴。

曇り、霧、雨模様の予報は、何処へ⁉️

連日の晴れ。

ここは、相模原、関東だよね⁉️😀

――――――

――――

9月29日、日曜日。早朝は、曇り。

なかなか、陽射しあり。る

天気予報が、悪いので、登山者は居ないが、ヒガラや、虫や、蝶々が、我が丗の春?秋かな?と、ばかり動き回っている。

20190929162729

すばしっこくて、頭が良くて、ヒガラやシジュウカラとは、違う。なかなか飛び回って掴まらない。三回捕まえ、宿泊されて、事故に合っても困るので、外に、連れだして、放してやる。

一番綺麗な、声で囀ずる。ジ鳴きからすると、驚くほど素晴らしい囀ずりを聞くと、一発でファンになる。

山は、やっぱり素晴らしい。人が居れば、人との語り、いなければ、鳥や景色が、語る。

―――――――――

―――――――

9月28日、土曜日。朝は、快晴。昼近く雲が多くなる。

県境の道志村では今日も、行方不明の小1の女児が見つからないようで、道志村ではそのはなしで持ちきり。昨日のヘリは、低空飛行で、探して居たと言う。昨日で、7日。今日で8日。自衛隊がやぶ山を登っている映像が、流れている。

住民に、見かけたら、頼む!と、お触れが、6日目に初めて出たと言うが、顔写真もなく、いくら人口の少い村と言えども、難しい。

桧洞丸でも、遭難騒ぎの時、どこの人ですか?と、聞くと、プライバシーが有るから言えない。と、いわれた。低空ホバリングのヘリに、金山に行こうと、するので、そっちでない!あっち!と、山を指差した。すると若い青年が、綱を伝わって降りて来たから、今日は、青いカッパ着た男が一人いっただけ、遭難なら、西!あっちあっち!と、山頂方向西を指した。その遭難者は、西の沢で死んだが、その場にいる山小屋の人間に、言わせると、早く、適切。が命の分かれ目。腹立つほど馬鹿らしい遭難を見た。あの時、あのオーイ、オーイの男が、姉が行方不明と、一こと言っていれば、助かったかもしれないのに、くやしかったな。

昔の遭難事故を思い出してしまった。

道志の事故は、30人の団体キャンプというから、隅々目を配るのも大変。ヘリコプターの飛来も、丹沢の、大室山や、桧洞丸の工事の資材揚げと、混同してしまうね。気がかりなニュースです。

―――――――――――

―――――――

9月27日、早朝の空は、晴れ。

陽が短くなって、5時では、グレーの空で、曇りか晴れか、判然としませんね。

20190927_071245_20190927071501

このところ、朝晩が涼しい日があり、ハヤトウリの花のツルが、目に見えて伸びて来た。良く良く見て見ると、大豆より小さいか⁉️どうかと思う実がプチプチとついている。これが、1ヶ月経つかどうかの頃、大きく育つ。

去年は、10月末か?早い霜がきて、あっという間に、ぐちゃぐちゃになる。一ツル、300個と、困るほど、稔るハヤトウリが、余り食べることもできなかった。種を確保するのも大変で、今年の春には、もらったり、買ったり、苦労した。

用心して四ヶ所に植えた。瓜地獄がや ってくる。取らぬ狸の皮算用で、どうなるかわからない。こんな猛暑の夏は、突然寒さがやってくる。

と、色々用心していたら、残暑は、弛まない。浅はかな知恵。無駄なあがき‼️

去年は、丁度下山間際の頃、初なりのハヤトウリが、山に挙がり、飛びこみの登山者に野菜炒めの惣菜を出した。

当然、絶賛。

最初こんなものどうしょう。悩む始末の悪さ。

ところが、山のお勝手に、転がしておいて、12月が過ぎる頃も、痛まない。常備野菜の王者と言える。

然し、調理方法がわからない。最初は、苦労した。

だんだん知名度があがり、店長の奥さんは、毎日でも良いと言う、絶品食。

嬉しいな、眞田さんには、早々メールで経過報告。店長にも届けて貰おう。

キュウリは終わり、トマトは、まだまだ頑張っている。

今年の夏は、野菜の分配に忙しかった~❗

とうとうBBさんは来なかった。もしかして、彼岸の頃、尊敬している、炭焼きヤー爺をお参りに来るかと、待っていたが、来ないで代わりに思いがけなく、清水さんが来た。

嬉しかった。自己満足だろうが、肩の荷が下りた❗と言うほど、嬉しかった。

お礼がしたい!青ヶ岳山荘のお礼。ボランティアに応えるボランティア。

今、私に出来る百姓がボランティアだね。

台風の雨に来た清水さん。

逞しい❗野菜は雨の日には駄目。

百姓は、天気次第。

――――――――

―――

9月26日、朝の内は雲がある晴れ。

さて今日は、どんな天気になるのでしょうか?

一日中晴れました。

昨日今日と、晴天で、山の整備工事の荷揚げか、ヘリコプターが飛んでいます。

―――――

――――

9月25日、雲のある晴れ。

20190924_085608

大室山が、薄の穂をあしらって、すっきり❗

秋の始まりでは、あります。

かなり、蒸しています。

Dsc_6976

大文字草が、物陰にワンサカ咲いていました。と、奥澤さんの写メールです。

夜は、すっきり山波が見渡せました。

―――

――――

9月24日、晴れ、て雲あり。

―――

9月23日、朝、5時半、豪雨。

たちまち水溜まり。すぐ止んで、小降り。突然清水さんが、登山。

風は、8時に突如吹き出し、これも止んで、静かになる。雲の合間から忙しく太陽の光が射し、回転する台風の雲の動きが、察しられる。

10時、台風は、日本海、富山の沖で温帯低気圧に変化とか。

お騒がせでした。

清水さん、もう、神之川に、降りたったかな。上の林道かな?12時、事務所帰着の予定。一緒に野菜の収穫が出来るかな?

今は、生姜が出来はじめ、ネギ、まだトマトが採れるし、大根も小さいが葉っぱが、美味。

清水さんには、いつも、水やら容器やら、イベントの余りを頂いて、何のお返しも出来ず過ぎている。ここで、偶然会えるのは、神のお助け。ありがたい、お返しの真似ごとが出来る。

忙しい方だから支度して置こう。

20190923_105313

毎度代わり映えしないが、ピクルス。瓶が、館さんから、帰って来たばかり。今度は、清水さん。今年初の生姜の甘酢漬け、つまりガリと言う物かな。あとは、弁当に、ピーマン味噌、キュウリの古漬け、ほろ苦さが人気のゴーヤのクラコン佃煮。パンに、絶妙、ゴーヤジャム。好みかナァ👌ま、味見してもらって、だね!

不思議に皆さんトマトが好き。

これも館さんのお蔭❗こんな上手いトマト食べたことない!で、単純さんが、トマト植えまくりで全員にトマト配布!あのひと言がなければ、トマトは1~2本。あれから毎年30本~今年は40本。それは困るでしょう🎵

だから、嬉しいし、有難い。いつか、終わる日まで……。

―――

―――――――

9月22日、日曜日、朝は晴れ。

千葉の台風被害の映像と共に、17号台風情報に、脅され、三連休は、オドオドと空を見上げながら指を咥えて、白い雲、青い空を見上げて終わるのか!

全員キャンセル❕嘲笑。

22日朝、九州に上陸してもいない。

何しろ、用心、注意は必要。然しあまりに大袈裟な情報も、どうかと思う。それがわかっているから、皆、降る前に対応しないで、降ってから対応始めて外に出て事故に合う。

言う者聞く者、人だから間違いだらけで生きていく。

今日は、館さんのボッカ。予報の雨が降る前に、帰路に着けるよう、6時半に出発。

長材なので、歩きにくい分、軽く20キロ。固く11時には到着でしょう。

到着は10時。やっぱり早い。

雨は、昼過ぎ漸くぽつり。北麓は5時頃、雨模様。が、降らず。

白ヤシオの色付きが鮮やか❗

Dsc_6894_20190922205901

奥澤さんの撮影。

きまりわるいほど、予報は、外れました。奥澤さんが来て、下山はゆっくり。

―――――――

―――――――

9月21日、土曜日、曇り。台風17号の騒ぎが凄かった関東だが、免れそう。通過地点の場所は、本当に大変。

明日の雨の前に、今日、竹ファミリーがボッカ。

誰にも合わず、静かな空に、燕の行列が飛んでいた。初めてみた❗そう。

明日は館さんのボッカ。明日は降られそう。

今日の山は静かで、誰にも合わず、あつからず、寒からず、気持ちいい登山です。夜は、星が少し見え❗

――――――

――――

9月20日、星もない夜。未明の空ですが、晴れ。山は霧が流れています。晴 れ、霧。晴れ、くもり。山は落ち着かない天気。

――――――

――――

9月19日、霧雨。のち晴れ。午後霧。

山鳥兜か長く咲いています。

Dsc_6559

冴えざえとして、見事な色です。写真は、奥澤さんです。

Dsc_2391

眞田さんが、雲の晴れ間に、シャッターチャンスを捕まえました。

―――――――

―――――

9月18日、予報に反して、雲の多い晴れ⛅

Image2_5

5時の気温11℃

ぶるぶる❗

Image1_8

鈴木さんの撮影です。

菊の花が風にそよいで居ます。

10時半、突然にわか雨。すぐに止んで、霧。

――――――――

―――

9月17日、今日は、久しぶりに鈴木さんのボッカ。快晴の猛暑。

午後、雲が湧き、涼しい。

―――――

――――

9月16日、小雨降り始め。四時半。

さて、今日はどんな一日になるのでしょうか?

結局昼過ぎまで、小雨ですね。

今日になってBBさんが熊笹の峰の菊の群落を写メールしてくれました。

Kimg0533_20190916200201

考えてみれば、9月ですね~🌠

早いものです。 菊の季節です。

静かで人影もまばらで、まるで雲の上を歩くような別世界。ツツジの頃は、心が湧く。菊の頃は花に沈む。

二度と再び、あの喧騒の暮らしに帰ることが、出来ないのではないかと、異次元に迷いこむような不安がよぎる。

何か…現実社会に、重大な忘れものをして来たような、落ち着かぬ満足と、酩酊に引かれて、20分30分、この道が永遠に続くかと錯覚しつつ…菊の花を漕いでゆく。

――――

―――――――――

9月15日、快晴。雨が降る予報で、キャンセルの親子連れさん、超気の毒❗

私は、よく言う。天気予報はあたっり当たらなかったり、ずれたりしますから、当日の朝、決定して下さい。 

久々の登山日和。暑からず寒からず、さわやかな登山です!と、竹内ファミリーが、ボッカで喜んでいる。

Kimg0528_20190916045601

秋の花大文字草も、咲き初めました。

BBさんの撮影です。

奥澤さん、高田さん、BBさん、竹内ファミリーと、賑やかな初秋ですね🎵

Dsc_6685_20190916045801

🌄は、ダイアモンド蛭ヶ岳を通り越して、南に移動。

Dsc_6694_20190916050301

勿論!富士山も、雲一つ無し✌️

早朝は、紅富士だったと、高田さん。

小屋番は、見に行けず😂😢


―――――――――

―――――

9月14日、霧。曇り。寒い。

――――――――――――――――――

―――――――

9月13日、曇り。午後。あめ。山は肌寒い気候に移動。

――――――――――――

―――――――

9月12日、薄曇り。山は霧。夕方雨。急に涼しい。

――――――

―――

9月11日、山は霧。晴れ。雲あり。

霧、夕方雨。変わりやすい天気でした。

―――――――――――

―――――――――

9月10日、晴れ。

夕方、雲が異常な、広がり。美しいと言えば美しく、不気味と言えばぶきみ。

不安定な、空模様。

昨日、奥澤さんが、神の川林道を偵察。いつも人力で動かせる落石は、片付けてくれる。今回の台風は、広河原が犠牲。

消防署の査察が、又々延期かな?

帰りに、沢の入り口で白髭草を見る。

Dsc_6673_20190911055801

こんな小さな弱々しい花が台風の雨に打たれて、折れもせず艶々として咲いていて、不思議に思う。

Dsc_6665_20190911060001

山は不思議。

――――――――――――――

―――――――――

9月9日、夜中に、突風のように、風が断続的に唸っていた。雨風が凄い。山小屋が揺れる!台風15号❗

北麓は、朝になって見ると、倒木 が見当たらない。

微妙に、南を通過したからだろう。

丹沢の陰になった正にお陰もあるかも。

BBさんのメールでは、秦野では倒木が凄いと、言う。

三ヶ木も、中々の風の被害。

テレビで見る、横浜や千葉が凄い被害。

Dsc_6631_20190910092401

山では、奥澤さんが、ボッカしました。❔‼️

白ヤシオの紅葉と、富士山の写真も撮影。

台風一過。

山は爽やか。

小屋番は、台風の風の後片付け。

三木さんが、寄付して下さったダイソンの掃除機が大活躍。感謝感激。隅の埃も、蟻の死骸もサッパリ🙆

20190901080727

事務所のダイソンを一々上げて、気になる掃除をしていたが、まるで、別世界。

――――――――――――――

―――――――

9月8日、日曜日です。はれ。雲が少しある。

日曜日の今日は、スワンちゃんと石川さんのボッカ。

おまけに、床に柿渋塗り。ご苦労様。

和製ペンキですね❗

20190908164126_20190911212601

乾くと良い艶と虫避けとか。

道具置き場は、奥澤さんの活躍です。

皆さん総動員で、手伝ってくれますね。

帰りは、雨に降られそう。

予報によれば午後から、雨とか。心配。

午後、やっぱり雨。

―――――――――――――――

――――――――――

9月7日、夜中の空は、星一つ見えない。台風13号と15号が、どう影響しているでしょうか?

3時には何も見えない空に星一つ。5時には、薄い曇りぞら、6時には、まるっきり晴れ。ところどころ、薄い絹雲が浮かんでいる。

そよ風が、寒~い!

―――――――――――

―――――――

9月6日、快晴。5時半。昼には、どうなるか?現在不明。

1日中快晴の猛暑日。

――――――――

―――――――

9月5日、曇り、山は霧。

――――――――――

――――

9月4日、曇り、山は霧。夕方あめ。

――――――――――

――――――。

9月3日、晴れ。雲が多く、山は霧。17時、小雨。

横浜は、集中豪雨。テレビの映像が、凄い。

――――――――――――――――

―――――――――

9月2日、快晴。平地は、晴れも山はいつも曇りだったり。霧だっり、時には小雨だった。

今日はスッキリ。

昨日は、G谷さんと、館さんのお陰で、山のような野菜がはけて、すっきり。

20190901_101617_20190903060401

食べて残ったピクルスを全部持って言ってくれるかと思ったら、ピクルスだけ残った。リュックに一杯と、手提げに一杯。

農作業に、二人で汗だく。曇りがやにわに陽射しあり。😭

然し、今朝は又、🥒が採れ、

20190903_061321

ミニトマト、中トマトがゴロゴロ

20190903_061657

アリ地獄的に、わいてくる❗

然し9月に、なってキュウリが落ちた。

コオロギは、とっくに鳴いている。銀ヤンマも滑空して、如何にも秋を感じさせるが、暑さだけは衰えない。

来週、三木さんが青根回りで登山と、言うので、野菜の分配も、これが最後かな。

嬉しい悲鳴と言うべきか、大豊作の農園?だった。

こんな旨いとまとを食べたことがない❗

館さんの一言から、始まった天国と地獄。

―――――――――――――――

――――――

2019年9月1日、濃霧。雲海。陽射しあり。

写真は、奥澤さんです。

Dsc_6424_20190901213701

雲が綺麗❗

Dsc_6415

雲海の下は霧雨。

Dsc_6458_20190901214202

陽が射すと、別世界。

20190901_214530

ヤマアワの穂が揺れて。

今日は、館さんのボッカ。凄い久しぶりです。夏うち、アルプスを闊歩していたのかと、思いましたら、白山一個❕

何十年前の白山と、変わらず、朝は神社から、ラジオ体操の音楽が流れ、神官が下駄履きのまま山頂の奥宮に登り、祝詞を上げているのでしょうか?

登山者代表で玉ぐしを、上げたっけ!なつかしい❗

そう、あの朝も、霧でした。白い着物に、水色の袴、綺麗な桐の下駄を履いた神官が、山で、空に手を掲げて説法を説いた。たまたま写真を撮ったので、岩さんに見せたら、えらく感動して、その感動ぶりが、又、不思議だった。

私は玉ぐしのほうが感動だった。岩道を登るとき、岩桔梗が咲いていて、神官の下駄のように汚れていないで、ツヤツヤしていた。


20190923_105313_20190923105901

2019年6月 1日 (土)

丹沢山塊-桧洞丸の今日の天気―2019'6~


6月30日、霧雨、本降り、晴れ間と、変化が激しい。

―――――

―――――

6月29日、未明まで、霧雨か?、草がびっしょり濡れいるが、水溜まりはない。朝も小雨続き。

―――

―――

6月28日、朝は曇り。雲が低くなれば霧。高くなれば、曇り。雲の多い青空から、日が射すと言う空だった。

台風騒ぎは、嘘のように、過ぎた。

―――――

――――――

6月27日、曇り、晴れ間あり。雨。と、変動的。午後、夜も雨風あり。

――――――――――――

―――

6月26日、晴れ。雲海。

――――――――――――――――――――――

――――――――――

6月25日、地震と雨を心配して、眞田さんが登山道の見回り。異常無しです。

―――――――――――――

――――――

6月24日曇り。雨。

――――――

―――――――――――――

6月23日、日曜日は、曇り。晴れ間あり。

――――――

――――――

6月22日、雨。山は寒く、ストーブつける。ボッカの竹ちゃんずぶ濡れ。

――――――

―――――――――――――――――

6月21日、曇り勝ち。

―――――――――――――

――――――

6月20日、晴れ。

―――――

―――――、

6月19日、晴れ。雲あり。

20190619_220323

この映像は、オワタから。午後2時です。午後4時半、雲が霧となって、桧洞丸の山頂から、熊笹の峰をふんわり撫でています。

どんなに快晴でも、朝から晩まで雲一つないと言うことは、まれです。

―――――――――――――――――――――――――

6月18日、晴れ。雲あり。

――――――――――――――――――――――――――――――

6月17日、晴れ。

――――――

―――――――――――――――――――

6月16日、晴れ。

写真は、BBさんです。

20190616_211558_3

今日は、竹さんファミリーと、BBさんで臨時小屋番サポートになりました。登山者割合多かったです。

―――――

――――――――

6月15日、雨。

―――――

―――――――

6月14日、霧。曇り。

――――

――――

6月13日、霧。陽射しあり。

―――――――

――――

6月12日、曇り。夕方雨。

鈴木さん、ボッカ。途中会った登山者ゼロ。入梅時期の山です。

―――――――――――

――――

6月11日、濃霧、小雨。

―――――――――――

―――――

6月10日、曇り。時に薄日。

―――――――――

―――

6月9日、曇り。

―――――――――――――

――――――

6月8日、日曜日、小雨。館さん休日で、ボッカ。心配したが、小雨でおさまった。

雨の昨日、予約され、雨の今日、キャンセルのかたがいる。とても心配したが、安堵しながら、複雑怪奇な気持ち。

―――――――

――――――

6月7日、金曜日、雨でも山に登りたい登山者がいます。雨の山が好き。

気持ちは、わからない訳ではありませんが、お気をつけて。

昔、人っ子一人いない、雨の山を歩いて見て、行軍訓練みたいな気分だった。

おもしろくなかった。

―――

―――

6月6日、はれ。

―――

――――

6月5日、曇り。

―――――

――――

6月4日、未明の空は、星と霞んだ夜景。

快晴の空ではないが、晴れ。稜線が良く見える、4時数分前。暖かい。

――――――――――――

―――――――――

6月3日、曇り。時に霧。そして、薄日。

昨日、天気予報を見たら、金曜日から日曜日まで傘マーク。3日連続の雨。

しかし天気予報も変わるので、明日はどうなるかと今朝見たら、なんと❗月曜日まで傘マークが増えた。4日連続。

これでは、入梅じゃないの?

警戒するしかない。

―――――――――――――

――――――――――――――

6月2日、霧。今日は、ひんやり。

流石に登山者は少ないと、思ったら、日中は、ぞろぞろ。

20190603_044831

バイケイ草の上に、花弁がポトッ。

さすがに、時期です。最後です。

隙間だらけの枝、不作と言われる通りかな。これだって、ましなポイント。

奥澤さんの撮影です。

―――――――――

6月1日、晴れ、

昨夕から、雲の流れが美くしい。大きなカメラを持ったお客さん、動画で撮りたい❗と、言っていました。



2019年5月 1日 (水)

丹沢山地‥桧洞丸の今日の天気‥2019-5~

 

5月31日、霧。早朝の気温は8℃です。風があり、山陵が霧雲に隠れたり出たり、忙しい。

____________________-___-_

5月30日、晴れ。すぐ雲がわく。

花は、咲き切っていない花だから、雨や風にも、花はピンピン。

まだ蕾もある。傍のツツジのはなし。全山見てあるいていないけど、

分岐の大木も、これから10日は、咲くでしょうね。もっとかな。

咲いたばかりだから。


5月29日、雲の多い晴れ。か、曇り。か?

20190529_073846_2

なんと言えばいいか?

つまり、雲海。霧。曇り。雲海。晴れ。霧。

そして、夕方5時頃、お天気雨。山陵がくっきりみえて、パラパラ

ひとしきり降る。30分位降る。

夜は、小田原方面は夜景。

5月28日、地平線に霞と、薄い雲がありますが、真上は晴れ。

さて、今日は天気がどう動くか?たちまち雲が広がり、

8時と言うのに、稜線が隠れ始め。

 

昨日の、花情報は、写メールがアルバムに入らず、アップ出来ません。

小屋番、ボッカさん、常連さんの写真では、

良いとこ撮りですから、綺麗です。分岐の大木も、七分咲き。真っ白い塊になって、見事です。

仕方ない、近場をパチリ。

20190528_062331

満開とは言えないですが、七分咲きですね。

 

20190528_062418 

これは、満開。

ここまで来ると、1400メートル地点は、満開と言う登山者の話は、うそっぽいな?

花はないな。

自分が見たものしか、信じられない。


5月27日、晴れ。

20190528_120027

石棚山の稜線からです。

ところどころ、絶景があります。富士山とシロヤシオ。

ボランティア部の眞田さんの撮影です。

アップするのに四苦八苦しました。

今日の三つ葉の花情報は、三分咲き。

20190527_084558

これは、五分咲き!?

20190527_084742_1 

朝陽に色が、飛んでいます。

 


5月26日、快晴。

日曜日、BBさんが犬越路方面をていさつ。

木道よりも、咲いている。

と言うので、期待‼️

20190527_134831

何?

パラパラジャン。オマケに蕾。

まるっきり花時期本来の25日過ぎに、戻っている。

咲いていない。

 

20190527_135406

これでは、興味ない人は、花は、気がつきませんでした。

ですね。


5月25日、快晴。

今日は、ツツジ新道の分岐直下のシロヤシオの写真がアップ出来ます。

現在オフラインだって。

20190525121224_2 

やれやれ、1日遅れて、アップ。

知る人ぞ知る、分岐地点の大木。

そうか!木が、倒れていたと、いうので

あの大木が!と、びっくりしたが、手前の古い倒木の話し。

見慣れた、景色でも、人間なんて、

わかっちやいないもんだな。

わからないと言えば、霧の22日、荒天後に、スキッとしたのは、朝だけ、

大体霧の夕方、道を聞きに登山者が一人、山頂から、降りてきた。

ツツジ新道に、行きたいという。西丹沢ですね。と、言うと、ツツジ新道だ!と、言う、さて、ここから、漫才が始まる。

山頂がわからない。祠がわからない。ツツジ新道と言う指導標は、ないと、一点張り。

深い霧の中を、歩いて、行けども行けども、目的のツツジ新道がない。ここはどこ?ワタシはどこ?になってしまって、

ひたすら、おかしい?なぜだ!をまくし立てる。

参ったな~!このパニック男に、なんと説明したら良いか?遭難されては、かなわない。

サンチョウ?ホコラ?ニシタンザワ?

ちんぷんかんぷんの男を相手に、ツツジ新道と言う指導標は、ありません。

貴方か行くのは、ニシタンザワです。そこから、バスに乗るんです。

サンチョウとは、山のてっぺんです。ホコラとは〰️?〰️?ちっちゃな石の建物が立ってます。神様を祭っているものです。

サンチョウから、イヌコエジ、ヒルガタケ、ニシタンザワと分かれます。

指導標が出ています。貴方は、反対側のヒルガタケの方に来たのです。サンチョウに戻ってください。

すると男は、ぶったまげる一言を放った。

【落ち着きなさい‼️】

私から見れば錯乱状態の男。男からみれば、分けの解らない事をまくし立てる小屋番。

それは、判れば、こんなこと言ってここに、いない。

その時、ふと、思ってしまった。箒沢でないよな!西丹沢だよな?

時代と、共に変わる地名。昔は箒沢と、言った。

錯乱男に、カセテしまった。つられてしまう。

人間の、不確かさ。

様々な意味で、驚きの、一日の終わり。

7時20分、時計を、見た。

あー、あのおじさん、終バスに間に合ったわ。今頃、中川を過ぎたかな。

最後まで、この山に来た登山者の無事が気になる。

因果な性格。

人って見ているようでみていない。さいていた。咲いていない。木が倒れていた。

いろんなこと、あたりまえ。

信じられるのは、せめて写真。


5月24日、雨上がりの後に、綺麗な黄色い半月が出ています。真夜中の、3時過ぎ、良い日の出になりそうです

20190524_111210

遅々として、進みがのんびり。

20190524_111236

本来の歩みですね。

ここ3年ばかり、15日が

満開だったから。今日は良い天気。

20190524_054538

山の向こうの、市街地に、雲がなく、霞の中から出ました。。

登山日和。

 


5月23日、晴れ。              

有さんが来て、木道のツツジの写真を見せてくれました。

20190523_202626

まるでご飯粒をばらまいたようなシロヤシオの蕾。

この木は特に花だらけ。後の木は、いまいち。

20190523_202727

東国三つ葉ツツジは、

パラパラまだら。

小屋周りのほうが、びっしり蕾。

新緑に、映えますね~❗


5月22日、朝、5時は、霧。その前は月夜。さっぱりしない日々です。

雨が止んだら、登山者ぞろぞろ。

ゴーラ沢渡れないぞ!と大騒ぎだった〰️と。

渡れても渡らないほうが、安全です。家にいればもっと安全!

20190522_125235_1

山頂周りの三つ葉ツツジは、こんな。

もう少しですね。芽吹かない木の芽が半分以上だものね。


5月21日、霧。風雨。

まるで小型台風見たいに、風吹く。

13時小止み、14時、止み。17時青空。

20190521_170034

久しぶりに、青い色を見た気がする。

やれやれ、何回送信したか!電波立ち悪い。


5月20日、霧雨。まるで山は入梅。

Tさんが、臼ヶ岳方面に、ツツジの偵察。

昨日、石棚山をきて、板小屋沢の頭で、

少ない花が、チラチラ。の情報。

途中2、3本、大木に蕾がついている。

ものすごいのが、一本あった。

又、ボランティアのbbさんの話では、ヤタオネは、下は散っていた。

三つ葉ツツジは、これからで10日前後は、遅れている。

で、Tさんが、臼ヶ岳方面から帰ってきました。

写真を見せてもらいましたが花と花の間隔が

開いている。隙間なく着いている木もある。

三つ葉ツツジは、まだ、蕾。下旬になりそう。

コーヒー一服。小雨のなか下山。軽い足どり。羨ましい❗


 5月19日、霧。寒い。今日の、楽しい仲間。丹沢が庭の皆さん。

花よりも美しい物は、団子と笑顔かな。

20190519_120330_2 

1,5MBまで縮小したのに、何回挿入したか!

電波が立たないのです❗

やれやれ、嘘ツキになるところだった。


 

5月18日、霧、雲海、晴れ間。忙しい天気。


5月17日、久しぶりに、晴れの景色。芽吹き始めた木々の向こうに、

丹沢の稜線が、袖平から、同角までぐるーっと見える。

その向こうは、、朝靄、そのうえは、ピンクの空の色、

その上は、グレー、その上は、

オレンジ、その上は青空。今時の晴れの色

やがて太陽が昇る前の、4時半。あ、昇った!

せっかくの晴れが、玄倉峠から、雲がバウンドして、攻めてきて、

ちぎれ雲が空を覆い、たちまち霧。まだ九時ですぞ!

結局、日が暮れるまで、さっぱりしない空模様。


5月16日、未明、凄い星ぞらから、北から霧が流れ、東から雲海がバウンドして、

稜線をかくし、たちまち霧の山になり、霧雨まで降った。

電波は立たないし、お手上げ。

それでも、日中は、曇りぞらで、とどまる。4時からはれて、山が見渡せ、青空がみえる。

この2~3年季節の巡りがはやく、毎年今頃は花が咲くようになった。

今日も、花が咲いているかと、登ってくる登山者に会ったと、Aさんが言う。

2月が高温続きで、この分だと、今年も早いかと思っていたら、4月に二度の雪。

すっかり冷えた山は、咲いてしまった岩ツツジは雪でグシャグシャ。つぼみで難を逃れたツツジは、今咲いている。

東国三つ葉ツツジは、本来の5月25日から6月にかかりそう。

ちょっと見た事がない程、つぼみがついて、10日後、写真を撮ってAさんに、写メールするのが楽しみ。

去年は、白も紫もすごかった。半ばに咲いていた。今年は寒くて、白もさかない。

いくら、教えても、信じないのか、見ないのか?。力むほど馬鹿らしい。ま、気楽にいきましょ。


5月15日、晴れと言うべきか?曇りと言うべきか?

 

20190515_051918

東南は毎度雲が賑やか。

10日に咲く山桜も、昨日の雨風で何か------終りかな?

5時の気温は、5度。寒いな!青空が広がってきました。

晴れです。稜線もくっきり。


5月14日、霧。9時雨が降り始め、すぐに止んで稜線がみえ、又降りはじめる。雷5月13日、霧。日中の気温は、12°です。

午後2時に、雨が止む。山が見え隠れしている。

夕方七時半、風が吹きだした。


 

5月12日、晴れ。夕方小雨。雷がなる。

20190512_194152

今日は、ボッカさんが大勢来て、情報が入り、待望の

シロヤシオの花が出現しました。

随分下のほうで早咲きの一本です。それもたった一輪。

一杯咲くのはまだ先のようです。

 

20190512_194247

コイワザクラも、まだ盛り。

20190512_194319

キクザケイチゲも、ツヤツヤ。

かんさんの撮影です。

やれやれ、漸く写真の挿入が完成。


5月11日、晴れ。陽射しが強く一日良い天気。

20190512_123853

ブナの種が、発芽しています。

20190512_124037

咲きそびれた三葉ツツジがまだつぼみ。

20190512_124339

アジサイの花みたい?

20190512_124826

木道には、山桜か真っ盛り。

すみれも咲いていたし、太陽の光の欠片のようにツルキンバイも、群生している。

必死に、シロヤシオのつぼみを探してみたが、二つ三つ白い膨らみが見えた。

まだまだはやい。


5月10日、テレビでは、真夏日の騒ぎ。


5月9日、朝は晴れ。雲が多い。山は濃霧。

日中暑い。

夕方は晴れ。一面の鱗雲が綺麗。


5月8日、朝は晴れ。今日は、1日晴れるか!はれました。日中風があり、朝晩は肌寒い。


5月7日、晴れ。山はたちまち霧。

バタバタと、連休が終わりました。

昼過ぎ雲が広がって、小雨。


5月6日、曇りで、山頂は霧。

今日は、先輩がボッカ二便。降らないで良かった。


5月、コイワザクラの咲く頃。5日の映像。奥澤さんの撮影です。

山頂付近の山肌が、絆創膏を貼ったように見えます。痛々しいですね。

Dsc_5067_2_3

5月5日、晴れ。1日中穏やかな天気。


5月4日、晴れ。昼過ぎ雷雨。

一時、雹がふる。夕方は晴れて、スッキリ。


5月3日、晴れ。

昼過ぎ雷鳴があったが、雨は降らず。


5月2日、雨止み、山は霧。北麓は雲の多い晴れ。青空と、靄雲が半々。早朝5時にしては、体感ふんわり。

湿った真綿にくるまった感じ。

皆さんが気になるゴーラ沢の増水は、問題なく渡れます。

今朝、登山者二名山頂に到着。

天気は解放に向かっています。


5月1日、雲の多い晴れ。桧洞丸の今朝の気温は、6度。霧も出る。

午後雨が降る。

Dsc_4874_4

この写真は、4月28日の夕方。

まだ雪がたっぷり。

今は溶けてしまいました。

どうにも写真挿入ならず、保存はできず、記事は消え

最悪のメンテナンスが続いています。一時は、写真が横向きに入り

どんな事をしても駄目、😀

それがメンテナンスで完了。やれやれ❗まだまだ苦難の道が続くかな?

2018年11月 3日 (土)

丹沢山 桧洞丸の今日の天気(2018年11月)

11月2日、晴れて気持ちいい山。
ぽかぽか陽気が夕方一変、3℃。
雲が多くダイアモンド富士山は見れず。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
11月3日の映像。
Image1_7

紅葉は、中腹辺。

Image2_1

鈴木さんの写メールです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
11月5日、西麓は早朝小雨。夜通し降ったか、水溜り。紅葉がうつくしい。

山は、大ブナ群の辺まで、霧の中の紅葉がしじみ ...。
時々雨。
Dsc_1034

大木は、風情あります。

Dsc_1048

ね!
Dsc_1109

コアジサイの黄色も良いものです。

Dsc_1102_4
途中、良くすれ違う男性と合いました。
丹沢大好きな登山者みたいです。

Dsc_1145

稜線は台風被害でズタボロ。木道、鹿柵ボロボロ。
気になる木は---

Dsc_1191_5

あー、無事だ!枝が1本折れている。

Dsc_1197

もう一本、道端に迫った根元露出の、手当ての木。
土嚢も大丈夫。枝は小さいものが1本折れている。やれやれ。


Dsc_1195

春と同じ、皆で手当するのは2年後か?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
11月6日、霧、雨、風、色々。少しずつ、止んだり降ったり、一時音を立てて風が吹いた。日中の気温は9℃。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
11月7日、霧で風はなし。6時の気温は、8℃。
朝8時ごろ、霧が取れて、見晴らしが効いた。雲が美しかった。
この時季、気温が高過ぎる。だから晴れない。キンキンに冷える空に、正視できない程、刺すように光る太陽が
朝焼けの稜線に架からなければ駄目でしょ!
だが、寒いのは嫌いだ✨

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
11月8日、昨夜から早朝は晴れ。

Dsc_1210_3

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
11月9日、霧。風少々で。気温は、10℃。
昼過ぎ本降り。17時、やにわに雲が切れて、全山現れる。雲海の切れ間から南の街灯りが見え、刻々と雲が消え、星が現れる。明日の快晴は、約束された。
20時、気温は9℃。何としても暖かい!??
南風が吹いている。11月9日とは思えない風の温かさ?いつもなら初雪が降るのに、異常気象と言うことか?!
不安になる。
雨の中、やってきた登山者の為にも、久々の晴れ間を、
とりあえず、喜ぶか!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
11月10日、霧、曇り。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
11月11日、霧。毎日サッパリしない天気!憂うつ‼
ボッカさんボランティアさんが集まったので、
餅を焼く。

Dsc_1217_5

BBさん差し入れの豆餅。こんがり具合いが芸術です。
一袋完食。ごちそうさまでした。
今日は、ボッカの竹さん、感動やのMちゃんが久々の久しぶりにやって来て、カレーが旨いの小屋が綺麗だのと褒めちぎってくれる。恐れ多い。
蒲団干し、洗濯したい病の小屋番ですが、この頃の天気の悪さにお手上げ。
10日朝の晴れ間に慌てて枕丈、干した。太陽の香りがする。
やっぱりこの匂い、いいな~🎶

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
11月12日、朝は霧。
午前から高曇り、太陽も光り、全山見渡せた‼
長いグレーの世界だった。今日は、脱却。
Dsc_1218

もしもし、天気予報さん11時から晴れて居ますよ。
雲は多いですが青空もみえ、太陽も射しました。
只今20時、小田原の夜景はみえます。
相模原は市街地の上に雲があります。夜景はみえません。

しも~し!聞こえましたか⁉

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
11月13日 、日が変わる頃雨の音、
あれ?1時の雨マークが当たったか?窓を開けて見ると、どんより高曇りの空から降っている。通り雨の様に街灯りと、稜線が見える。み回すと、相模原方面から霧が這い上がっている。
さて、 只今3時、雨は止んで小田原方面、山北の夜景が ぼーっと見える。南東から雲が這い上がっている。
下から見れば雲。
ここから見れば霧。さて、もう3時間後にはどう変わるか?乞うご期待!
只今の時刻は、5時半、霧です。
霧になる時間は早く、3時半でした。南東から、つまり横浜の海から霧が責めて、稜線を越え、あっさり桧洞丸まで来ました。
最期まで、山梨県側の夜景が見えました。
山梨県は、晴れて居るでしょう。ただ、霧に閉ざされたこの山からは見えない丈、5時45分。明るい霧。
太陽が雲の上から光を届けているのでしょう。
雨の心配はなさそうです。
志○さん予定通りおいでなさい。訳の分からぬ天気予報に振り舞わされないで。然し、どこの天気予報を見ているんだろう。ここは相模原ですよ。青ヶ岳山荘のホームページを見るのが一番確か。
ウェザーニューズはリンクしているし山の上からブログを送っている。
いくら送っても見なければ、無いもおなじ。こんな馬鹿が、ブログを送っているんです。
皆さんに、検索できない訳がない。ついこの前まで、パソコン持っていて、何で検索しないんだ!
検索しろ!と散々怒られていた。
言い方代えれば助言頂いていた。世の中、親切な人が一杯いる。車の運転ではないが、金はらってでも身に付けたほうが、一生便利。
そうこうしている内に、6時。霧に厚みがないので、予報通りに、晴れて来るかな?

7時10分前の気温は、5℃。

結局、1日霧だった。
夜、23時50分、雨の音がする。窓を開けて見ると、外は真っ暗。これは本格的。気象情報を見ると雲の塊が
関東に掛かっている。これが東に異動すれば、青空。明日、6時から晴れの予報。期待しよう。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
11日月14日
ウワッ!初氷!何か、妙にしらばっくれていると思ってよーく見ると、樹氷?
霧氷ではない!氷りだもの。透けている。
ア~ようやっと冬だ。好きでないけど冬だにならないと晴れないもの。毎日霧、霧、霧雨、ウンザリだ。
8時半、晴れそうにないな。
気温は、2℃だけど氷りが張る時間はもっと寒かったかも?

ところで予報の結果ですが
のろまのおばかのどっかっかー✴は
10時10分に北から雲が千切れ、蛭ガ岳が見え始めた。
登山者と一緒になってアーではないコーで はない、アーだ違うだろ‼
滑った転んだ転落だ!天気予報の翻訳に
ガヤガヤガヤガヤ-----全く疲れた😣💦⤵

Dsc_1236_7
夕方、霧がぶり返したが、夜は満天星。一番ではないがなかなかの夜景。寒い。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
11月15日、快晴❗


Dsc_1240
夜明け前。真赤!


Dsc_1242_2


珍しくないけど久しぶりだから乗せるね!

Img_20181115_090958

光が海を金の延べ板に代えて、その上を次々と船が滑り出して行く。まるで開放された、囚われ人のように、一目散に広い海にむかって行く。まるでその先に続く宇宙に向って二度と連れ戻されまいとするかのように。すべてが宇宙に続く海の彼方で、オーバーランをして彼らの心は冒険の空を泳ぐのだろうなーーー?

日中は、春の暖かさ。快適!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
11月16日、霞んでいた夜空が
星で一杯になる。

朝は、山際に雲が多い晴れ。
南西の風が吹いている。7時の気温は、6℃。風のせいか寒い。
蛭ガ岳の山頂に
変な笠雲が顕れ。その内渦をまきはじめた。風の向きは解りにくい。
草木は揺れても解りにくい。然し、雲の流れを見ていると、良くわかる。南を見ると右から左に流れ、低い雲は早い。そして東を見ると、稜線の雲が、北へ流れ、蛭ガ岳に、笠雲が出来たり、巻いたりする。写真をちょっと入れてみます。


Dsc_1255

肉眼て、見るような訳にわ行かないか?
8時半、風の音は止みました。それでも雲は流れて居ます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

11月17日、夜中に風が、音を立てている。風の音を暫く聞いて、4時、漸く窓を開けて見ると、山北の夜景に、形の判然としない雲が伸びている。星は見えない。気温は、4℃。
サッパリしない朝だが、たちまち陽が射し気温上昇。
最近1番の登山日より。
Dsc_1258_13

今日は、ボッカさんと、コアジョグトレランのYさんが昼食に寄ると言うので、今日も囲炉裏に火を入れる。
囲炉裏の餅焼は、毎日でもいいな。

本当に久しぶりに、トレランの多い、1日でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
11月18日、朝は、如何にも晴れそうで、すく霧。
曇ったり、陽が射したり。

泉さんが来て、ボランティア作業。
小屋の作業がコツコツはかどって、又ひとつ完成。
館さんもボッカ。二人で仲良く昼食後、解散。
雨が降らないで良かった!。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
11月19日、4時は霧。ずっと霧になりました。
電波立ちません。クラッシュ繰返しです。
休憩しますか?
頑張って5時の気温、3,5℃。
うっすら夜景。星は見えない。
日中は、薄日がさした時もあるが、ほぼくもり。時々霧。夕方雨がぱらつく。
夜、どょんと雲の間から夜景が見える。
今日は、
人っこ一人見かけず、凄くのんびり仕事ができた。没頭!ふと、時計を見ると、13時30分。夕方かと思った暗い曇り空。今日は良い日。
明日も、多分良い日。明日は倉庫の棚造り。
晴れるんだって!キシラデコールが塗れるか☀
泉棟梁のお陰様で順調その物‼
写真載せるか?止めとくか!
止めとく!

19時半、バラビラ雨。
窓を開けて見ると、夜景が見えて、ま、天気雨?
当然、20時前には止んで居ます。21時も夜景。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
11月20日、5時、夜景と稜線が見え、
その上は、何層もの雲がある。今時分の5時は真っ暗。
気温は、3,5℃。7時には最低気温になる。
結局、1日曇り空。丹沢は雲の中に侵入していたと、言うことですよ。
夜になって、月、星、夜景、となる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
11月21日、昨夜から、星の夜だが、気温は高いので、さてどうなるか?
4時ごろからどんどん冷え込み、
6時、一面の霜。バケツの水はガチガチ‼
一気に、大幅ダウンで6時10分、マイナス2℃です。
西風が吹いている。その後、気温は、更にさがって、マイナス3,5℃。
太陽が、雲のなかで半熟卵をつついたように、分散して、暇かけて昇ってきた。然し、気温が低いせいかホーっと、体が弛む程の暖かさにはならない。山は冬だ。モヤモヤ暖かい11月も終わりか?その代わり晴れる。
今日は、1日、良い天気。夜も、曇らず月がでた。月齢はいくつか、かなり丸いが、蛭ガ岳の上から昇って、久しぶりに、雪のなかの景色を思い出した。そうなんだ、普通なら、今時分、5センチや10センチの雪が降るのだ。黄金の霧氷や、真赤な、稜線をみたのは丁度今頃。
今更ながら、儲かったな。あれ以来、見ない。
そして真夜中、霧雨がばらつく。気温は、高いので霧氷にはならず。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
11月22日、5時は霧雨。5時半、南の夜景と稜線が見える。今日は、雨や曇りの予報だが???回転が早まるか?それとも又、小雨が降りだすのか?
天気は、結果。予報は、当たって半分。当たらないで半分。
😄
今日はアッキーがやってくるだろ。何故か今回、
食材が山とあがった。こんな事は、珍しい。おいで!
と、声かけたが天気も良いのにほぼ効果無し。
そんな中、アッキーが、今日、休みです!行ってみます。だって!日帰りだけど、肉も昨日の鈴木さんがぼっかしたし、野菜も調味料も全部そろった。絶品カレーを目指して、腕をふるうか!ポテトサラダは造りおきはしない。豚汁は、どうするか?いくら大食漢でも二つはたべられないな。この前2日掛りでコトコト煮た金時豆が大評判だった。今回は青大豆のみぞれ煮。ピリカラ切り干し大根の甘酢漬けは、とっくに完成。菊芋の角豚甘辛煮は完成。定番ハヤトウリの煮付けは、2回目。これで難しいのは青大豆で。硬くては駄目。煮すぎて駄目。付いていないといけない。さて、さて、ちょっと忙しいかな。私の住み込みは、もう少しで終わり。選手交替。いる内にベスト。
分かっているのは、大ちゃん。是非行きます!!だっ
て何となく、有り難し🎵

と、暇潰しタップしている内に、6時17分、
高曇りの空からは日の出は望めない。

7時半、確かに良くない景色。

Dsc_1259

然し、昼頃、パラパラとにわか雨。すぐ止んで、1日、まぁまぁの天気。

16時半、天気が快復、満月が丹沢の稜線上にくっきり!
良かったですね。明日の登山は約束されました。

00490001_8

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
11月23日、快晴。
稜線の向こうに、入道雲のような雲が棚引いている。
写真撮ったが、電波立ちが悪いので
、入らないかも知れない。久し振りにスカイツリーが見える。

Dsc_1266

あ!入った❗

気温はーー日の出前は窓が凍結して開かなかった。
7時10分、直射日光が当たる壁は10℃。日中と朝晩の気温差は、大きいでしょう。
用意してください。まだまだ気温はあがりす。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

11月24日、夜中に雪がぱらつく。
月の西からの光に、明るく、一面真っ白。積雪5ミリ。
夜景も、稜線もくっきり見えるが、空には雲が多い。
さて、さて、予想外。
今日は、どんな、天気になるかな?
で、4時になりまして、気温はマイナス2℃です。
日の出頃、マイナス,4,5℃。
分厚い雲に遮られて、日の出は、暇がかかった。

今日は西丹沢でマラソン大会がある模様。
車でのお出では、遠慮されたほうが賢明かと。なにしろ、日中は警戒!
おっと!25日の日曜日です。40回だって!

今日の天気は、おおまか晴れ。時に雲があり、4時頃、霧もでる。変わりやすい天気でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
11月25日、月が出て、屋根の真上。窓から半分身をのり出し真上の月を見る。かなり丸い。
月の出が遅くなって、眠ってから昇るんだな。夜中にチラチラ窓の外を見ると、うっすら街灯りが見えたり、霧が流れたり、すっかり隠れたり、又、でたり、かなり急がしい。

そして日の出の頃、真赤な、朝焼け。稜線の向こうに分厚い雲。太陽か出るのに暇がかかりそう。
気温は、マイナス3℃。そのご確認すると、最低気温マイナス4℃。最高気温は、7℃。でした。

1日、良い天気でした。
月が、蛭ガ岳の左側に、大分移動して、6時ごろ昇っていました。良く見ていないと言うことです。
筋雲に遮られて判然としませんが、なかなか丸いです。
今日は南の夜景が綺麗です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
11月26日、夜中に曇りと、思ったら雪がぱらつく。
一面真っ白。霜ではない。雪。
今年は、こんな降り方ばかり。積雪5ミリ。

4時半、晴れ。クラッシュ!只今5時、3度目に挑戦。

夜中は、電波が立つのに、昨日今日は駄目。
うっすら霧氷です。初霧氷かな?貧弱な霧氷なので、
朝まで持たないかも。さて、
又、クラッシュの無駄骨か?2時間無駄にした。

あ!送信完了。

2度も3度も同じような記事を打って、最後はクラッシュのムカつきばなしで星と月、夜景と稜線の情報はどこに行ったか?!

今日の最低気温はマイナス1℃。最高気温は、7℃。
風もなく、割合温暖。
11月としては、穏やか。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
11月27日、6時霧雨。南の風少々。
気温は2℃。
予報では、6時から快晴。今のところ、当たっていないが、
7時には、晴れるかも?空が明るく、なってきた。
日の出の時間です。
今日は日の出はないでしょう。10分後に劇的に晴れれば、太陽が現れるでしょうが!
7時2分前、青空。と、思ったら霧。
ちょっともたつくかも。
雲海の上から太陽です。南から雲が丹沢の稜線を撫でて、蛭ガ岳が出たり引っ込んだり、霧がこっちまで来そうてしたが、思わず『しっ!来るな!』と、言ってしまいました。
だからでは、ないでしょうが、雲のからんだ稜線を延々と、見て居ました。
天気は、快復しましたが、風があり、
思ったほど暖かくなりませんでした。


Dsc_1288_3

夜8時、真赤な、🌓が東に昇った。
南の夜景と、星空がひろがっている。???
なんだ???これで明日は雨なのか???改めて天気予報を見て見ると、何と!予報が変わっている。28日も29日も晴れ。
マーッタク天気予報って良いなーーー自由自在で、散々心配して、登山者の身を案じ、2日続きの雨マークでは、ゴーラ沢渡れなくなったらこまる。桧洞に丸には来ないほうが、無難。信じる私がアホなのか、自由自在がパーなのか!
登山者に、お詫びのメールをしないと…。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
11月28日、5時半の時点で晴れ。
朝焼けの上に黒い、筋雲が
見える。

丁度、窓を開けたら、同角の頭の鞍部の辺りに、目立つ灯りが動いている。メキメキ動いて下に隠れた。
夜行登山と言うことか⁉
月の光とライトを頼りに、山を歩く。
昔は良くやったし、多かった。今は、ほぼいない。この人、桧洞丸の稜線に、6時10分頃まで着かないと、日の出は、見られないですよ。だから、あの早さかな。

今日は見晴らしも良く、暖かい1日となる。最高気温は、14℃。最低気温は0℃。然し、星も月も、
夜景も、みえない夜で夜中に霧雨。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーー
11月29日、朝、5時の時点で、霧。
6時15分に、晴れ。日の出20分。山際に雲が多くその後、曇りと、霧の繰返し。
気温は、0℃。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

11月30日、4時、空には星。上弦の月?夜景と、山波が広がって、この時間では、晴れ。予報も晴れ。今朝はマイナス。多分-5℃。後で確認します。寒くて、見に行きたくない。いい加減なことを言っていると思うでしょうが、予報並みに当ります。
足掛10年、飛び飛び50年、当たって当たり前。

アラー、外れました。-4℃です。山小屋50年の赤っ恥。どこかでカラスが笑ってる。
ガガガ、ゴゴゴ、ゴホンゴホンーーーー声の悪いカラスだこと。おまけに風邪引いたのかな🎵

11月も、今日で終わり。
記念すべき、事としては小屋回りの清掃整備の完了。これで、小屋の中がさらに片付く。コツコツ、コツコツ、一心不乱に、進めて、きました。
皆さん、大勢の人々に、手伝ってもらいました。
今日は、眞田さんが来ました。やさねさ

眞田さんにも、手伝ってもらいました。思い出話に花が咲き、ついでに、第2展望ベンチの指導標に、ペットボトルか、濡れた袋に黴が生えて、塵以外の何物でも無い有様で、ぶらさがっている。撤去をお願いしました。白ヤシオに、食い込んだ、トラロープを外して、置いてある、ロープの片付けも、頼みました。なまじ良いつもりでやったことも、植生保護の害悪だけ残している事が多い。新しい登山道が出来たり、状況が変われば、ワイヤーで縛りつけられた、木も、一刻も早く、解放するべきだ。山を守るため、植生を守るため、われわれは、山の仕事に関わり、生業を得ている身なれば自分の仕事にプライドを持ち、感謝し、大衆の命綱の、水源に立つ重大さに心して、他人に、こんな仕事は、嫌だと、闇雲に連発すべきではない。
と、エラソーーに言っているが、誰だ~??早く小屋番を降りて、温泉に行きたいと、ピーピー言ってるやつはは??
それでも、許可を得て、ワイヤーを切って、撤去できたことは、有り難い。まだまだやらねばならぬ事は、一杯。
人は、同じみちを何度も歩いて、気がつかない。あの、忘れ物の
塵になった、ボトルも、11月5日にどろどろになってぶらさがっていた。あれから1月経つのに、誰も気がつかない。
おこがましいが、うちのボランティアさん、ボッカさんは、優秀です。塵を拾って歩いています。
皆さんは、健脚で早い。
私でも、下りに、もって降りようと、拾ったゴミを、道端に置いて、帰りに見つけられない事がある。確かにここだと、探して見つけられない時の、自分の不甲斐なさに、かなり、がっかりする。

人からみれば、些細なこと。人が嗤うようなこと。そこに、どんな価値を見いだせるか、自己満足でも、良いだろう。自分が爽やかな気分になれば。
最後に、やっぱり思う。
どうして、
これが見えないの???不思議で不思議で仕方ない。あるボランティアさんと、短距離を
歩いて、
語ったことがある。
彼曰く、
『びっくりした~!足元から、向こうの山の木まで、指摘するんだよ。全然、気がつかなかった。』
山が好きな良い青年。もう来なくなった。嫁探しの言葉に引かれ、、、今はいずこ?幸せにやってて貰いたいな!
彼が普通ならやっぱり私が、変り者。そんな私でも見落とす。気がつかないで当たり前と思わなければ話しが進まない。


2018年10月 1日 (月)

桧洞丸の今日の天気 2018年10月

10月1日、晴れ。
台風は、突風を伴い。木をなぎ倒していった。ショック!😱⤵⤵

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
10月3日、山は雲海の上。
富士山がボーッと…。
Dsc_0993

朝の内は青空にうろこ雲が美しかった。
稜線では新たな倒木。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
10月5日、曇り。後、夕方から小雨。風はなし。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
10月6日、未明に、風あり。霧雨。風は無し。
日の出と共に、天気が良くなり、かなり暑くなる。
カツニイさんが台風で荒れた熊笹方面に向い、落ちた木の枝片付け、登山道の整備。感謝。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
10月7日、未明に風あり。かなりの突風。

日中、陽射し有るところは、猛暑。
市街地は、10月には珍しい。
今日も台風と、突風の被害の木を撤去。登山道整備に忙しい日。カツニイが、一人でコツコツ。

jImg_20181008_122050


Img_20181008_121849


Img_20181008_121428


Img_20181008_124335


Img_20181008_132150_2


最後に富士山が、凄い笑顔でご苦労様と、言ってくれたような、、、、何と無く、雲海が自己満足の潮のようにヒタヒタと身に染みてくる。此方もありがとう❗全員がありがとう🎵

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
10月8日、青空と白い雲が綺麗。たちまち雲が広がり、昼前に凄い雨。
暫くして小降り。のち曇り。何としても雨が多い。
連休にはソーラがバッテリー切れ。ランプの灯りにお客さまは、大喜び。小屋番は😢泣き。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
10月10日朝の内は青空。昼過ぎ、雲が沸き稜線を撫でている。

Dsc_0994_2
それにしても、台風24号の土砂崩れ被害は、いつ解決するだろう?ホトホト参る。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

10月13日、曇り午前の気温は4℃。
寒い。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
10月14日、曇り。台風で折れた枝の、9月9日に続き本日第二弾、撤去。
9月9日の枝折れの、写真は、9月の天気に掲載しております。
Dsc_2968_1_3


足場が悪いし、大木だから、超苦労。

Dsc_2978_2

元気だった姫沙羅もこんなになっている。
これでは、次々枝が折れ、強風でも来ればこの空洞から折れるのは時間の問題。


Dsc_2976

折れたら、トイレ直撃、トイレご利用のみなさん、気をつけて下さい。径路も気をつけて下さい。
早速、
神奈川県自然環境保全センターのトイレと径路担当の課には、15日朝に、報告、請願しておきました。
台風被害が多く、大変のようです。
青ヶ岳山荘のボランティアも、有志がまとまる事がなかなかなく、一人では大変危険でした。
でできる限りのことはしました。後は皆さんに注意を呼び掛けるしかありません。皆さん、くれぐれも用心してください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
10月16日、雲が棚引く晴れ。
夕べ15日の雨が、富士山の頭は雪になっています。
眞田さんが、ツツジ新道倒木の写真を写メールしてくれました。完全に倒れていて危険性はありません。
2本のうち、1本は山手に迂回ですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
10月20日(土)晴れ。

Dsc_0995

山は紅葉が進んでいます。

20181020141939
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
10月24日、水曜日。雲が多い晴れ。
ボッカの鈴木さんの写メールです。上のベンチ周りが、最高ですね。

Image2


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
10月26日曇り。
道間違えた登山者、1名飛び込み。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
10月27日、小雨後晴れ。未明、風がつよい。朝の気温は、2℃でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

10月28日、晴れ。泉さん、BBさんボランティア作業。晴れて何より❗
山頂付近は、すっかり葉が落ちました。富士山が良く見えています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
29日、30日、朝晩冷え込み、快晴。
登山日和。
明日で10月も終わり。26号台風が話題に上がらなくなった。
心配なくなったのか?ひたすら西に進んでいるようだ。

2018年9月 1日 (土)

桧洞丸の今日の天気2018年9月

9月1日、
曇り勝ち。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
9月2日、
曇り。時々小雨。今朝の気温は、13,5℃。ちょっと寒い。
BBさんが来た。すぐ帰る。登山者は歩いていない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

9月4日、朝曇り、たちまち強雨。雨で仕事休み、退屈したのかカツニイが漸く富士山の写メールをよこした。

1秒2秒の差で色がかわる。良い瞬間を撮りました。


Dsc_2584


21号台風が、広範囲に荒らしている。北麓は、4日の夕方、風が凄い。山が心配。林道も心配。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
9月6日、雲多し。めっきり涼しい。
朝飯前の一仕事をして帰ってきたら、北海道地震。3時8分マグニチュード6強。とか⁉
青森も影響有ったとようす。災害が南から北から、休む暇もありません。我身にいつなにが起きるか、戦々恐々。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
9月9日、雨。後曇り。

今日は、館さんボッカ。
トイレの径路にヒメシャラが倒壊。
台風20号の成せる業。


Kimg0169

トイレの入り口では仕方ない。先端は、小屋の壁にザバ~ン。館さんハッスル。

Kimg0171_2

たった一人で短時間の働き。ご苦労様。
立派です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

9月11日朝5時、北麓はたった今、雨が止んだところ。路面も草木も、びっしょり。
山は霧雲の中。予報ほど、ヒンヤリしませんね。
然し、小雨が降って来たら、ゾーっとしました。
なんか爽やかと、言うわけにはいかないのかな?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
9月12日、曇り、時々小雨。午前の気温は9℃。寒い。

小屋をめざして、林道を行けば、ガーン!!落石だ。
これも、台風21号の仕業。
大幅に遅れる。

Image1_3

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

9月13日、曇り。
最低気温は7,5℃。最高は13℃。
北麓青根の里からは犬越路は見えるがその上は霧か、雲。雲間から陽射しあれど耐え難い時は過ぎたかな?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
9月14日曇り、雨、曇り。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

9月15日、曇り、雨、曇り。
今日は、竹家族がボッカ。
雨でも行きます❗出発したら本当に雨。
雨のボッカは気持ち悪いだろうな😭⤵⤵


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

9月16日、曇り8時半晴れ。

20180916082933
夜が明けたか❗気分。

今日は、BBさんが大文字草の写メールです。
秋の花が咲いているのですね。


Kimg0020_2

BBさんは、先週、館さんが片付けたヒメシャラの倒木の残りをさらに綺麗にする。カツニイは小屋番と曲がった煙突の修復。眞田さんは、水運び。BBも相変わらず水運び。連休ですから、少し集りました。
皆さんありがとう!
昼前から晴れて猛暑日に逆転。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
9月17日、曇り。雲はあれど、青空ですね。
日の出が蛭ケ岳の右肩から昇りました。これからは冬に向かってまっしぐら!暑い日が続いてはいても、ちゃんと陽は縮まる。


20180917053749

夕方、猛烈な勢で雨が降る。その後落着きが雨は日が変わる今、23時半も降っている。
明日の朝まで降るのかな?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
9月18日、雲が多いが青空。
久々に一時下山。林道の落石を管轄に報告すると、早速見に来て、巨大な石を、ギリギリ避けてくれた。
やたらうれしい

🎵😍🎵

Image1_3
ビフォー


20180918170435

アフター

あぶない❗車があぶない❗

20180918170925
あぶない❗人間があぶない❗


20180918171134

両方あぶないジヤン❗

時々思うのよ、登山者は良いな。なにもいわないで無言キャンセル!音信不通。何日連絡しても音信不通。
無視。

小屋番もキャンセルしたいよ❗無言キャンセル。山の中て、電波が立たないんだもんな。

とっちの命も平等なはすだよね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
9月21日、1日中弱雨。寒い。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

9月22日、早朝月の光りで明るい。あっという間に霧。小雨と思ったら曇り、忙しい天気。昼にはれ。北麓は陽の光りが見えても、山は霧。ところが夕方は山は雲海。

大室が見え、石棚方面は、滝雲❗カッコイイ🎵

20180922164109
大室山。


20180922164321

白ザレの頭、石棚方面の滝雲。
珍しい❗


20180922165514

雲海に挟まった富士山。
ボッカの館さんが久々に良い景色が見えた。
ブロッケンも見えたし、当りだったとご機嫌。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
9月23日(日)
昨夜は大分円みがかった月が出たのに、すっかり曇り。
連休なのにやや残念。
日中は陽射しあり、やっぱり猛暑日を思い出させる。
9月の太陽は、まだ夏。
夜になると、月がでる。うろこ雲の中に光る月が綺麗。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
9月24日、予報は曇り後雨だがさて、4時半、薄い色で星が出ている。
暑からず寒からず、理想ですね。
然し、現実は、晴れたり霧が出たり。
変わりやすい天気。それでも夜には、月が煌々と光っている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
9月25日、北麓は曇り後小雨。夕方本降り。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

9月27日、朝霧雨。非常に寒い。る
昼過ぎ回復。夜、星が見える。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
9月28日、金曜日。日が変わる頃から外が明るかった。
3時半、あまりの明るさに、外を見ると、
いきなりオリオン!数日の雨で、
芯から塵が払われた夜空に、
月が煌々としている。
幾らか、右が欠けて見える?
久々に、晴れの日がやって来たか!
予報では午後曇りとか?
爽やかな秋の1日になって貰いたい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
9月29日、雨。

2017年11月23日 (木)

丹沢・桧洞丸の今日の天気。霧氷や初雪情報 11月から

1月30日、雲多し。12月からアメブロに移行します。電波が立ちますので。作業が楽です。

ココログには、お客様の写真を編集アップします。よろしく。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

11月29日、快晴。春の暖かさ。 山もぽかぽか!

----------------------------------------------------------------

11月28日、快晴。

--------------------------------------------------------------------

11月27日、曇り。風強い。 今日は、平地で燻製焼いて失敗。

----------------------------------------------------------------

11月26日、曇り。

------------------------------------------------------------

11月25日、快晴!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

11月24日、晴れ。さわやかな一日。先輩が歩荷に都合付けてやってきた。久しぶりに会って、笑い話。忙しくて、写真も撮らなかった。

倉庫が、リセットされて、口あんぐり!小屋サイドだけが解る話だけれど・・・・・

「そっちもって!ブロックの向こうに刺すんだ!けとばせ!トタンを蹴飛ばせ!駄目だ!ブロックを手前に引いて・・・・ちょっと引いて!そうそう!ほら、行ったジャン!ゲッ!何で垂木がななめなの??もういい!おまけ!!」

「お客さんが来た???!!何で準備中にしておかなかったの!!??・・・・ぎぃえ~!清水さん!もしかして援護???嘘!連れを迎えに行く???帰ってきた!お茶?ごはん??えっ!カレーにしますか??正解!今回はバッチリ!」

日曜日だからしかたない。バタバタゴタゴタ・・・・・!

寒風の中、あの苦戦は一体なんだったの!!!???(大爆笑)

飛田精鋭は、ショックのあまりメールに返信なし。

師匠は、淡々と

「助かります!」

ヤマケンにはメールする勇気なし!

そりゃあそうだ!もうちょい早く来てくれたら全員すごーく助かった!音信不通でもう駄目なものと思っていたら・・・・師匠の言うとおり。結果良ければすべてオーライ!!

山って馬鹿馬鹿しいほどおかしいな!ふーーーしぎな世界。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

11月23日、雨霧。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

11月22日霧。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー------------------

11月21日、晴れ。空域が冷たい。今日の快晴で登山者は4~50人。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

11月20日、夜景と星の楽園。寒波の地獄。
1時半-8℃。今季最低。
2時頃、南から霧が湧き3時、あられ、路面が斑に白い程度。草霧氷。痩せた霧氷が着いているが、霧の中の霧氷は、判然としない。
5時には、完全に霧の中。

--------------------------------------------------------------------

11月19日、快晴で明け、舞い上がる。

相模湾が、虎斑模様。波立っているのか?見た事無い景色。不思議???と、思っているまに高曇り。風が冷たい。
朝陽に騙され、登山者多い。
山小屋では、創庫の改築。

続々、早々と、援護隊の到着。
長ければ伐る。短かければ足す。
規格にはまると、人生窮屈。自由自由❗
何だって閃き💡
あっと言う間に🎵完成❕
吹けば、飛ぶよな飛ばないよな、創庫の完成。まだ、壁が無い。11時から、3時まで。闘いは寒波❗

*一刻も早く帰りたいのに、なぜか豚汁をムシャムシャ❗
*一生恩に着るかな?着たくないから、早く死んじまぉ!
*冗談じゃあない。そんなに早く死なれてたまるか、ずっとご飯作ってもらわなきゃ!。
*あの創庫には、隊長を寝せて、僕は、二階に寝るんだ!
*村田さん、別荘ができた!なんて、騙されたら大変。一晩で凍死。
*今度、鍋会で皆に、これは、僕が作ってんだって言うんだ!
*アっ、大変!コロゲテ、降りる時間だ!
*挨拶は、良いから早く帰って!又、なにを恃まれるか危険だぞ!
*ア、飛田さんスパッツ取れてる!

ガヤガヤ、ガヤガヤ----❗

解散❗

ゼーンゼーンお天気と関係無いな!
あります‼

寒くて、
はかどりませんでした。気温は-1℃。風プーピー。
夜は、もっと下がって、-6℃。日がかわる23時には-7℃。
夜景が、沸騰している。

----------------------------------------------------------------

11月18日、なんと❗山と夜景?
ワワッ❗霧氷だ❗
黒い山並みをバックに白い霧の華。
薄暗がりが中に金山谷方面が真っ白!
只今気温は、昨夜と同じ-2℃。
寒いけど、壮観。遅かったな~!
初雪も遅かったし。
珍しい今日は10人の宿泊者。雨の予報で大概の登山者は、キャンセル。それなのに、びくともせずに決行。

山の今の季節を知っているのかな?
祝福を送りたいね。この日、絶対日の出はないだろう。
出てしまったら、5分で終わりかな。
さて、又、外を見て見るか!
3時、気温は-3℃。
霧氷が、暗くて見えない。さっきは見えたのに、なぜ?
そうか、さっきは、雲が有って、反射していたのか?
月は、この前随分欠けていた。月明りの霧氷は望み薄。
とすると夜景の灯り?
スマホは、駄目でもデジカメで撮って見るか?
5時、高曇り。南の夜景は光っている。
南風。5時の気温は0,5℃。気温上昇。霧氷は消えた。

さて、日の出は?ボーッと出るのでは?
早立ちの宿泊者
5時10分の食事で6時に出発。
一番のバスに乗れるかな?

6時になっても6時半とになっても、
日の出なし。

同角の頭が霧にかぶさった。塔ノ岳の鞍部から霧が流れて来た。
目前、真っ白。早かったな。

日中は高曇り。雲が忙しく流れ。

夕方一時的に雨がぱらつく。
すぐ止んで、稜線がばっちり。
夜景が素晴らしい。

----------------------------------------------------------------
11月17日、星空に、夜景。
真夜中に、なぜあんなに灯りを点けなければならないのか、不思議だな~🌠考えて見ると、月明りって経済的だね。排気ガスも出ないし。金もかからない。

真夜中の気温は-6℃。
霞んだ日の出。
高曇り。
昼には曇り。気温-2,5℃。
眞田さんか来て、二人で廃材の釘抜きをする。
南風なのに、超寒い。
この前は、植生保護。
色々世話になったな~‼
ありがとう❕
------------------------------------------------

11月16日、ゆうべから、星空。丑三つ時まであと3分。幽霊が出る時間だ。気温は、-5℃。
いくらシート掛けたって、凍みるだろ。憂鬱。見に行きたいけど、見に行きたくない。

丑三つ、丑四つ、丑五つ、丑六つ、六は何時ごろだろ。
確か一が一時間ではなかった。
昔のこういう言い方って、
1日24時間ではないのだよな。

今は丑六つに突入の身だ。
意味不明?丑は牛、モーロク!。
意味わかった?

昨日の生コン打ちに興奮して、寝付けなかった。
それなのに、
丑三つにばかり起きているから、睡眠不足で牛が増えるのだ。それに、牛の次は、とら。確か丑四つ4時半とか、聞いたきがする。信用するな?
モーロクの話しだよ。落語だよ。
そのうち酪農家だ!

あ~12時に起きると暇。

3台時、同じ-5℃。なのに、分厚い氷が
張っている。
1時の時は、水だった。圧しても破れない。二時間でこんなになるんだ?
-5℃。って見違えじゃあないのか?
気になるな~🌠
3時40分、-5℃、換わらず。柄杓を持ったら、バケツごと動く!ぎょ!
風がないから窓を開けて星を見る。じっと見ていると、不気味。地球と、似たようなものがこんなに、
もじゃもじゃあるなんて----もしかして眼に就かないところに、太陽が有るか知れない。

あ~暇。

快晴の朝になり、喜びも昼まで。
急に寒くなり、ふわふわと雪がパラつく。18時の気温は-3℃。霧。
6時半にはつまり18時には、夜景と山並み。星はなし。その後星空。もう少しで明日、23時半、-6,5℃。今季最低記録。氷は、溶け切らず又、凍る。

雪は、3回パラついたが、今回が一番多い。積雪5ミリかな?(笑)
早朝の青天に誘われたか、今日は若い女性が多い。

----------------------------------------------------------------

11月15日、霧。5時の気温は1℃。
昨夜の空はどこに行った?

今日の生コン打設作業は上手くいくか!
相模原市の天気は?桧洞丸の天気は?気象衛生は?
色々見るが、余りにもずれている。

山の上で、霧の目かくしされたら、先も読めない。
アウト。
風は南西の微風。
いつもなら、雪が降っている日にち。暖かいのだな。

ずっと霧で、夜7時で星空?
変なの。
------------------------------------------------------------
11月14日、霧。雲海状の霧の中から、山が出たり、沈んだり。4時前の気温は2℃。
体感的にも暖かい。昨日は-2だったかな?忘れた。
日誌を見ないと?
クラッシュ繰り返し何時間?
大概根負け、客に呼ばれて中断。これで夕方まで仕事で中断。忘れて当たり前。
いいんだわ!半日位遅れたって!
ほかは3日も空白がざらだから。
青ヶ岳山荘はまじめ。😏
暇だから。本当は、真夜中の、2時に送信すると順調。
5時、6時頃からだめ。5時に送信はできない。山小屋の、お食事タイム。忙しいのだ。電波も混雑するのかな?
パソコンなら此はない。山でスマホ発信は、なかなか無理。
理由にならないけど。グズの言い訳。
夜中の2時は、どんな人も暇だろうけどな?

4時半、霧の中に稜線。霧の中に三日月。夜出た月が、欠けつつ、朝に出るんだ!と、たっぷして又、窓の外を見ると、大概消えている----?ありゃま!出ているわ?。ほぼ墨絵です。陰気臭?

宿泊者いないので、もう一度寝ようにも目玉パチパチ!

しょうがない、メールでも打つか?

もう一度外を見て、アッと!月の色が
濃くなっている。霧が消えたのだ!

と、喜んではいられない。黒過ぎる、山際の霧が怪しい。風の音もしてきた。5時。日の出は無理だな!

今日は、何しょうかな。椅子を造るか?
昨日は、材料に防腐剤塗りしたが、いまのところ、やる気しない。服が臭くなる。

6時、霧はすっかり消えて、高曇り。
伊豆の山の上が光っている。さて、大番狂わせか?
6時半、高い雲の間から太陽!

雲が綺麗❗薄日射し、登山日和。
12時前に40分くらい、にわか雨。17時にも小雨。
止んだら夜景❗雲が美しい、変わりやすい天気でございました。
18時の気温は、1℃。
稜線くっきり。この次点では星は見えない。

20時、満天の星。南の夜景が素晴らしい✨

--------------------------------------
-----------------

電波立たない。クラッシュ!繰り返し。
霧と風の1日。17時、雨。
久しぶりに本格的にふる。長くは降らない。

---------------
--------------------------------------------------

11月12日、5時の気温は、-3,8℃。まだ星空。
日の出は、もう少し先。快晴の兆し❗

   ----------
------------------------------
11月11日、風が強くて、目が覚めた。
0時40分。雨は降っていない。
蛭ヶ岳の上に、傘雲が出ている。街灯りが良く見える。
星は見えない。
1時半、昨日の作業の、資材が飛ばされていないか?気になって、とうとう起きてみる。金山谷を風が唸っている。
起きたついでに、気温を見る。1,5℃。
雲の切れ間から星。
まるで街灯りも風で揺れるように、揺れている。樹の枝がシナシナと揺れている。その間に光る星が、振り落とされそうだ。
あ~ぁ、此の音を聞きながら、
朝まで嫌だな。風は雨より嫌いだな。

2時半、月がやや南東の空に出てるいる。稜線には雲が少し、絡んでいる。
今日の日の出はどんなかな?
6時半、霧雨。
9時晴れ。登山日和となる。
20時-2,5℃。近日最高の夜景となる。
--------------------------------------------------------

11月10日、霧風。朝の気温は、1℃。
日中の気温は、4℃。南西の風が吹いている。
風が強くて、
外で休憩出来ない登山者、数名、小屋に避難?
風でバーナー使えない。

電波立たない。クラッシュ20回。

-------------------------------------------------------
11月9日、4時の気温は1℃。
月は大分欠けて、銀杏レベル。星と夜景の夜明前。
今の季節の今の時間は、やや北寄りの東の空に、柄杓のパターンの星座がある。星の事、宇宙の事が分かったら、楽しいだろうな!

昔、小学五年生の頃、教室の真中に太陽に見立てた珠を置き、東西南北を設定し、地球に見立てた同じ大きさの
珠を、我々生徒に持たせて太陽と言う珠の回りを歩かせた。太陽の回りを回転しながら、季節の日照を教えたかったらしいが、誰一人理解していず、次々と怒られていた。当時は体罰もあったので、びくびくしながら回ったら、運良くまぐれ当たりて、癇癪持ちのイメージに沿ったらしく、よし!といわれた。
熱意は分かるが、ここが日本と、印も着けず、確かドッチボールと、当時はいった珠を、
クルクル回されたら本人だって訳分からなくなるだろう。熱意は分かるが、馬鹿な先生だった。
教室の思い出は、不思議に勉強ではなく、変わった出来事だった。

ある時、一人の
悪がきのせいで、生徒全員が体育館にならび、一人の責任は皆の責任た!と、次々ビンタをくれていった。
生徒数は45人で、途中、手がいてぇ!と、スリッパに持ち換えて、残りの生徒をひっぱたいた。

大げさに、ぶっ倒れる女子学生が一人いた。

若い、大学を出たばかりの、ガキ大将みたいな先生だった。
まだ生きているかな?死んだかな?

-------------------------------------------------------------------

11月8日、霧風気温は5℃。日中も上がらす。
夕方から晴れる。
21時、4℃。月と夜景と星の夜。

-----------------------------------------------------------------

11月7日、
昨夜の雲海は消え、山稜が黒々とよこたわっている。星の夜。鹿の泣き声がする。最近余り聴かない。この二ヶ月で数回。2時半の気温は-1℃。

鹿の哭き声で目が覚めてしまった。
明るい夜。月は山頂を越えたろうか?

今日の日の出は立派!
登山者が手を合わせたので、隣で真似をしました。
写真は!一番下に入ります。

今日は、陽射しが強く暖かく、土木工事が忙しく、日中の気温は、見なかったが夜、21時の気温が5℃だった。
異常に暖かい1日だった。

霧雨が降りだした。風も吹いてきた。か
------------------------------------------------------------

11月6日、霧。風有る。5時の気温は1℃。南風。昼頃一時的に晴れ。最高気温は5℃。
19時、晴れて月夜となる。雲海は南から流れ、山稜を隠し、見えるのは蛭ヶ岳のみ。
-------------------------------------------------------

11月5日、-5℃。初氷張る。霜柱は数回め。晴れ。

-------------------------------------------------------

11月4日、5時の空は薄曇り。所々に薄い色で星が見える。山塊は明るいグレーの空に、黒々として、無風。気温は4℃。風がないせいか、体感温度は暖かい。今日も、南側の夜景が見えるのみ。17時、にわか雨、霧。20時、晴れて夜景が見える。今夜は、東の夜景まで、ばっちり!

白い雲の塊と、月。みなさんは、この景色みないで休んでしまったかな?
塵を払った雨は広範囲だったのかな?久しぶりの夜景の輝き。
-------------------------------------------------------

11月3日、5時、雲が棚引いている。
稜線は雲海の上によこたわっている。

5時の気温は5℃。南側、小田原方面の夜景は少し見え、、首都圏は見えない。
まだらな雲の切れ間から、星が光っている。変動しそうな、空模様。日の出は、霧の上からか?
予報は時々曇り晴れ。降水量0%

結果、最高の天気。日中の気温は13℃。
勿論、ペンキ塗り、土方。登山者は午前は少なめ。
夕方まで、良い天気。夕方雲が増えた。
1日遅れて、ダイヤモンド富士山を大勢で見に行きました。キャー素敵~🎵

写真は後で!

夜8時の気温は、5℃。
暖かいのではないでしょうか?11月の山ですよ!

----------------------------------------------------------------

11月2日、2時半、星ぞらです。気温は0℃。小田原方面山北の夜景は良く見え、首都圏は霞んでいます。
今日は晴れ。気温上昇15℃。まで上がる。
春の陽気でした。

霧氷の季節より、中腹では紅葉の真っ盛り。
桧洞丸から見るダイヤモンド富士は茜雲に遮られアウト!!雲の美しい夕方でした。
日が変わる頃、やにわに俄雨、南の夜景は見えています。

-------------------------------------------------------

11月1日、3時の天気は霧。気温は、2,7℃でやや西よりの南風。
登山道情報では、21号台風通過後からゴーラ沢は、飛び石も流され、膝下の渡渉です。
昨日、10月31日も大勢の登山者が紅葉と展望を求めて、山頂に立ちました。ゴーラ沢の水量は膝下、又はふくら脛の上と、さほど変わりません。倒木も有りますが登山者は、通過しています。苦情は、聞きますが遭難に発展してはいません。水が冷たくなる季節がら、足を保護する靴下と、ビニール袋を持参すると便利です。

Dsc_0367

9時、
雲が忙しく風に飛び、青空に白い雲の模様が美しい景色となった。かなり強い南風が吹いて、まるで春か?11時の気温は10℃。暖かいから仕事が出来る。
なんたってついてる事。奇跡の1日❗

Dsc_0374

で、夕方5時半、やにわに南から黒い霧。アッというまに冷たい霧。

7時、霧の中に月。気温5℃。11月としては、暖かいでしょう。
Dsc_0377_3

11月2日の夜明です。
5時の気温は1℃。

Dsc_0385

2日の日の出。

Dsc_0392

久しぶりに集まったボランティアのみなさん。
なにかと心強い!

めったに見られぬ景色に出合いました。

Image1_4

あらら‼
2日のダイアモンド富士山です。
スワンチャンの写真です。
違うページに貼る積もりが、誤操作です。
Dsc_0433

 

2017年11月21日 (火)

2017年初霧氷

写真アップならず❗

Dsc_0504

ようやく!
丸1日掛り。異常ですね。
モウヤメ✈

2017年10月31日 (火)

10月最後の日の華

雨も降って居ないのに、
休憩させて下さい。と、四人のパーティー。
珍しいですね!

一頻り話しに花が咲いて、
お別れタイム。作業中の看板抱えてはい!チーズ🎵
春風みたいな 美男美女でした。

またね!と、
丑六つが言いました。

丑七つを目指して、
明日も頑張って行きましょう!

Dsc_0365

作業中断。
Dsc_0366

雨と台風の10月でしたが、
素敵なグループに締めてもらって、
終わり良ければ全て佳し!の気分。

ありがと😉👍🎶

2017年10月28日 (土)

又、台風が!?本当に!?

又、又、台風?

Dsc_0332_5

27日朝日🎵


Dsc_0335_9
東側から、雲が盛り上がり、蛭ヶ岳に被ってきた。
こっちまで来るぞ?と、思ったら金山谷を昇らない。


Dsc_0336

蛭ヶ岳が出たり、引っ込んだり。


Dsc_0337

昨日から、ずっと見えるのらは同角の頭だけ。

風もなく、本当に明日??
ネットでは、まだ沖縄。首都圏には29日の
夜と言う。
毎週、全員キャンセルだから吹こうが降ろうが関係ないが、ボッカさんが来る。
それが心配!

------------------------------------------------------------

28日2時前、小雨が降りだした。
5時、つまり17時にはどう変わっているか?
霧雨です。
風もなく、まるで入梅。
夜9時、霧が妙に明るい。もしかしたら、月が霧の上で光っているのでは?少し前、山頂に半月が架かっていた。店長なら月齢とやらに詳しいのにね。

夜10時、何のきなしに外を見たら、小田原方面の夜景!台風だぞ!?斉藤さんだぞ!ペッ!
稜線、傘被ってくっきり。風が音を立てている。寒くない、南風。

明日、朝から晴れたりして…✌


Dsc_0338

一応、
証拠写真。スマホ変えたら夜景が全然駄目!
哀れな灯り……。肉眼ではそれなり立派。

剣君、言って見るもんだな本当に晴れたら奇跡だぞ?

何か……衛星画像が…きわどい!

-----------------------------------------------------------------

日が変わって
29日、1時、霧雨。
南の風。気温7℃。ビックリ!ヤッパリ台風てすかね。
6時、雨、風。この時点では暴風雨ではない。
気温は7,5℃かな。8℃ではない。超えている。
サァ、ボッカが心配!山麓は小雨なのか!?


Dsc_0339_6

木の枝が、少し揺れています。
時々、音をたて、時々鎮まります。

Dsc_0358_3

雨の中到着。雨の中出発。
16時、台風らしい風が吹き初める。その頃、
彼等は地元の温泉。お疲れ様でした!
これから夜中まで、叉、風の音を聞くのかな。

否、21時で終わりました。気温は6℃。
何か、気配がしたので窓の外を見て見ると、目も眩む夜景と、月。真上からやや、山頂寄り。つまり西に寄り、半月です。

東風が少し吹き、月に照らされた白い雲の塊が流れている。満天の星。稜線もくっきり、台風22号が過ぎた様です。18号や21号に比べたら、10分の1位でした。
天気予報を確認して見ると、18時~24時、80%の降水確率とある。終わってますょーょーよっと!

やれやれ、飽き飽きしました。

Dsc_0360_3

暗い写真ばかりでした。最後に10月30日の
日の出🌅


より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

5.6分間の遭難 いよいよ咲いた お盆の頃 この色 これも咲き分け さつき そのまんま東 どっちが どっちが本当 どっちが本当? どっちが正確か? ひと夏の成果 ふんわり咲き分け まぐれ やっぱりメタボ イカリソウ ギャンブル クレッション グルメ・クッキング シロヤシオツツジ ストーブ列車 スポットライト チンドンヤ ドライフラワー パソコン・インターネット パッチワーク フィナーレ ペット ボランティア ライトアップ リサイクル リサイクル万歳! リサイクル時代 三つ葉躑躅 三ヶ木文化村? 丹沢北麓お天気情報 丹沢山塊および近郊産 丹沢山塊桧洞丸 丹沢産 予想外 五葉躑躅 人の語りは1部 人命救助 今年の咲き具合 今年は不作 伊豆の三つ葉 余禄 余計なお世話 先生 全体図 六月の太陽 分かった方はコメントを 初花の楽しみ 加入道入山口 北丹沢山麓探訪 原因不明 去年と今年 参考写真 咲き分け 咲くまでの経過 回顧主義 因果応報 城山かたくり 執念 培養品 増やしましょう 多忙な休暇 天晴れ 奇花の中の奇花 学名 学問・資格 安房千鳥系 宝くじ 実生の経過 実生の自生地 宮崎は東だらけ 宮沢賢治もどき 害虫 小さい塔婆 小屋番便り 山の花・変種 山小屋業務 山歩き 山野草の庭 山野草の庭は目の薬 山野草の花き温室から 山野草・園芸 岩沙参 広告作用 庭植え大正解 当園符丁 当園符丁其の1 必然 忘れた頃に 感謝 携帯・デジカメ 整理整頓 文明の利器にギブアップ 新入生 新花の色 旅行・地域 昔の写真 時は巡り 本咲き? 本心 桧洞丸 桧洞丸青ケ岳山荘から 植生保護活動 此れが犬越路の関所か 此処にも川津桜 残りの9部 水と火 洞メモ 潜在能力 片隅農業 犬越路 珍百景 現在過去未来 環境問題 異常気象 登場 的様 神の川から犬越路 秋の虫 秋球の成果 箱根米躑躅」 簡素 紀伊上臈ホトトギス 経緯と観察 経験と雑学 絶滅危惧種か 緑のSOSサイン 羽蝶蘭は丈夫 肥料が大切 育ってました 色々な花 花き温室 花き温室のうちょうらん 花のあれこれ 花の意思 花の感情 花の撮影天気次第 花の記憶 花もダイエット 花鳥風月 芽吹き 草木の心 葉芸品多数か 要因 見飽き無い 観察 記念切手 謹賀新年二十一年 貰った花 趣味 躑躅の里で 遅咲き羽蝶蘭 野草のもみじ 長寿番付け」 降りしきる緑 雪割草の芽吹き 青ケ岳山荘ホームページから 青ケ岳山荘ボランティア部 青ケ岳山荘ボランティア部写真展 青ケ岳山荘事務所 青ケ岳山荘事所 青ヶ岳山荘 駒草の庭造り

最近のトラックバック

カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ