青ケ岳山荘事務所

2018年8月13日 (月)

丹沢. 桧洞丸の今日の天気。 8月から

ご存知、猛暑の2018年、7月が終り、8月の今日も負けじと室内、33℃が最高。北麓事務所。
4時45分で1℃下がる。
丹沢北麓でこの暑さ。

今日は、カツニイが小屋番。
涼しくて、生き返る!が感想。然し、そこに行くまでが地獄。

Dsc_0886

7月、一杯、
異次元の世界に行っていました。
お天気情報を止めて
、その楽さ加減に病みつき。
おまけにpcがストライキ。この暑さにパソコン教室に行くわけない。

然し、皆が心配しているらしい。其の割りには、メール1本来ない。心配しているのはほぼお世辞。有り難いなお世辞。
こっちだって、メール一本出していない。
😢💨💨
又、漫談的情報発信を心がけます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

8月3日、山は静か、
20時、気温20℃。今日の最高気温は29℃。
もう、蛍はいませんね。やっぱり7月下旬です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
5日、久々に館さんボッカ。すでに神の川で、滝の汗。ヤタオネ、無風で蒸し風呂情態。前代未聞の4時間。
もって來た水が足りない不安は始めてとか。異常気象の前では、手も足も出ない。
今日は、カツニイも来てペンキ塗り。山頂の涼しさに名残り惜しみつつ、下山。

小菊の群れ。

20180805183001


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
8月6日、猛暑日。
17時、雷雨。15分でおわる。
その後、19時、爆発的雷音。今度は長くふる。山が崩れなきゃ良いけど----!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

8月9日、曇り。昨日?も小雨。台風13号は千葉県を通過のよう。丹沢北麓、緑区青根は、割合静か。台風はやっぱり緊張します。北麓はしずかでも、山はどうかな?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
8月11日、晴れ。
夕立ちあり。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
8月12日、早々と雷雨。
予約のお客樣バス停で雷雨。
雨をやり過ごし登るため、遅くなる。と、メールあり。

登山者の
YさんはBSを見て、青ケ岳山荘のカレーを食べたいと数度、挑戦。この前は友人の都合と小屋の都合で断念。
本日、悪天候の中、小屋に到着、ようやくカレーと対面。
(旨いを連呼、感動して居ます。我が事のようにうれしいです。私は山で、今日もカレーを食べて居ます。贅沢して居ます)と、小屋番手伝のカツニイが言う。

うれしい、有り難いはこっちの台詞。
散々食材を吟味し、奔走し、燻製づくりには在庫切れの桜の木を求め、農道の倒木をみつけ、1日掛りで鋸仕事。こちらは何をやっても面白いと思う性分だが、同行者は、凄いブーイング。
(買って済ませられないの?誰がこんな苦労を分かる⁉大変過ぎるよ)
こっちは、面白くてたまらないから、ただ、沈黙。
ある時、小屋で登山者に
燻製づくりの苦労話をしたところ、白けた顔をして
(なんでそんなことするんですか?)と一言。頭から水をぶっかけられた気がした。絶句した。それは言葉を交わす次元では無い雰囲気だった。
その言葉を翻訳すれば
(こんな山のこんな小屋に、旨い何かを食べようと思って、誰もわざわざ来ないでしょう!旨いものを食べたければ、手っ取り早く市街地で間に合います!)なのではないか?
もっともだ!と、思う。然し、反論する気は更々無く、心の中で、
(貴方、旨い物よりまずい物を食べたいの?楽しいことよりつまらないことが好きなんだ?)と、思っていた。
解らぬことも無い。
此の世の中は悪徳業者で溢れている。わたしだって苦労して、山に来て、二度と来ない通りすがりの者に嘘付いてでも金を儲けたいと、此の店は思っているのではないかと、疑うことが山とある。

山も、山勘、人も同じ。

然し、予約も無く、一人で来ても、手作りカレーはない。一人前のカレーは作らない。パック食品になる。一番の原因は、無断キャンセル。当日キャンセル。
お客樣は来るも来ないもキャンセルも、自由自在。全く羨ましい。

そう言う中に雨を突いて来てくれる。此が有り難くなくて、なにが有り難いか。
カレーなんか、他にもいっぱいあるだろう。よっぽどカレーが好きな人と、片付けるレベルではないか知れない。

カレー好きのIさん、泉さんで良いか!
(私が知ってるカレーの中で、青ケ岳山荘のカレーは2番目に旨い)という。光栄ですね!
一番は、○000円?(笑)

そして今日は、8月13日、
久々に小屋の前で話題のお客樣の
写真。中央がYさんです。
改めて、
有り難うございました。13日の朝です。


20180813064836

横になってしまいました。
パソコンが故障につき、修正出来ません。ごめんなさい。


Dsc_2455
写真は、カツニイです。昼までは、まあまあの天気でした。

今日は、BBさんが水のボッカ18リッター。
雷雨の中、悠然と出て行く。

もうちょい待って!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

8月14日、カツニイの撮影です。

Dsc_2468

雲海の上にすっきり鎮座。

Dsc_2471

山小屋の回りに、ヤマアワがびっしり!まるで豊作の稲穂です。良い景色です!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

8月15日、
山は霧。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
8月16日、
山は風有り。霧。登山者者情報では、途中までは、晴れ。快適だったが、山頂近くなるに従い、霧風が強くて、参る。

この日、山陰地方、日本海側は、豪雨被害だった。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

8月17日、
晴れ。昨日、飛び入りのお客さんは、今日の天気に満足して下山。何よりでした。
お盆休み中は、山の天気は悪く、長袖でなければ居られない時もありました。
山は晴れ。平地はジリジリと相変わらず猛暑日。それでも夜、外に出てみたら、今までに無いヒンヤリと涼しい。あれ!秋に向かったのかな?と思わせる夜でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

8月18日、快晴。
Dsc_0914_2

林道から町道の接点間近からの大室山、左やや中央の
窪みが犬越え路です。ここからちょっとずれるともう、犬越路は見えてません。際どい地点。
山も里も、よく晴れ。珍しく爽やかです。

今日の富士山です。
20180818174739

ガラケイを
横にして、撮ったので、縦に挿入。
パソコンに取り込むと修正出来るのですが、スマホなので、ご勘弁。


Dsc_0916

山荘の家族?も今日は晴れてもしのぎ良いです。
何しろ羽毛が脱げ無いのでお気の毒。
山では、人間が半袖で寒い!
山頂は、11,5℃です。
20180818184421
6時半過ぎ、空が八重の虹色に輝いた。
こんな時、山にいる幸せをしみじみ感じるよね。
苦労して登った甲斐が有ったと言う物❗


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
8月19日、曇り勝ち。涼しい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
8月20日晴れ。風有り。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

8月23日、晴れ。時々曇り。夕方雨。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
8月24日、雨。北麓はどちらかと言うと、小雨。
20号台風が低気圧にかわり、風を撒きながら日本海に抜けたよう。
西の方は、やっぱり被害がある。
明日の気温は上がるとか?
憂うつです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
8月26日、やっぱり台風の威力は凄い。林道に落石があって、戻って山中湖まわって、246。大幅に遅れる。
皆、明日の早朝のパール富士山を見るためだ。

満月に照らされ、冷やされた稜線の空気をかき分けて、そぞろ歩く山は最高。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
8月27日、晴れて絶好のパール富士日和。眠い目をこすりつつ、山頂から熊笹へ。

Image1_1

狙っていた鈴木さんのシャッターチャンス。

Dsc_0940

そして、月は沈み、明るむ空に陽が昇り、赤々と映える赤富士。
小屋番の撮影です。
白い二つの雲が2018年8月27日です!と語って居ます。雲は弁士です。再び巡り遭え無いこの日を語っているのです。
僅か数人の撮影会でしたが、この日この景色の観賞会に選ばれた人なのですね。感動の叫びが立ち上ります!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
8月28日今日も猛暑日。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
8月30日晴れ。朝、桧洞丸周辺は霧。切れ間から青空。
昨日、対馬さんからパール富士の写メールが届きました。アップします。


Image1_1_2
沈み初め。

Dsc01251_2
半分沈み。

Dsc01253_3
完全に沈みました。
なんか凄いですね。登っている人達のライトが絵になっています。
8月の最後に良い思い出が出来ました。
8月も明日で終わりです。

2018年3月22日 (木)

2018年の春の彼岸は大雪。

今日は、春の彼岸の次の日の22日。今年の春は、鶯が1回啼いただけ。突如気温が20℃になったり、21日は7℃とか、それは市街地の話で、山懐に食い込んでいる青根の地では0℃だった。

嘘!みたいに突如花の蕾が膨らみ、咲いた花もあった。

Simg_8043

3月12日には、北東に向かっている山肌が谷筋にチョンチョンと残雪。大室山の雪も消え、鶯が鳴いた。

あ~~~春だな~~と思いつつ3月のドカ雪が心配と思わないではない。

Simg_8047

見渡せば、あまりの寒波にお茶の木は枯れ、椿の葉は枯れ、

Simg_8051

キンカンは全滅。


Simg_8054_3

ブルーベリーの枝はアウト。何十年振りとかの大寒波とか。

Simg_8058_2

それなのに、急激な気温上昇に毛布のようなガクにくるまって、冬を乗り越えたコブシが、あっという間に開き、

Simg_8059
黒ボケの、プチプチ蕾が膨らみ、

Simg_8053_2

アカヤシオの眼も覚める色がのぞいた。

Simg_8072

ところがどっこい!やっぱり来ました雪。咲いた梅に雪。

3月21日朝、昨日からの雨が雪に変わった。


Simg_8066

寒さに強い北海道のエゾ紫ツツジ。

Simg_7974

昼過ぎには毎度おなじみモンスターの出現。今年3回目。

が・・・何せ今回の雪はすれすれの気温で、だらだらと溶けつつ降って、あっという間に溶解。

積雪は最高で20㎝。夕方には霙状態になった。
山は、雨ということはないから、さぞかし凄いことになっているだろう。多分60センチ前後か?2日降り続いたからもっと行って居るか??オソロシヤ!!

21日、奥多摩で13人のパーティが下山不能に落ちてSOS。季節の変わり目が一番恐ろしい。天国と地獄が背と腹、一体化している。美しい景色は天国、それを見る行動は地獄。

22日の今日は朝のうちはまだ雨。昼前に晴れる予報。然し気象衛星の情報を見るとうす雲がびっしり・・・・・!

22日、9時14分。雨は止んで霧。雲の切れ間からまだまだ、勢力争いに勝てそうにない太陽の光が力なく光っている。もうチョイ!

Simg_8077

雪につぶされながらエゾ紫ツツジも咲き、

Simg_8075

実生40年のシロヤシオツツジも折れそうにしなりながら耐えている。

激動の、よく聞いた数十年振りの冬がようやく終わり時か・・・・!!

日本全国、何十年ぶりの気候変動に振り回さた冬でした。

@

@

2014年10月21日 (火)

桧洞丸の今日の天気

今日の北麓は、曇り。夜半小雨が降る。

当然、桧洞丸は雲の中。天気予報は、目安。現実はどう変わるか??明日の歩荷が心配。

2014年10月14日 (火)

19号台風一過

予報では18号ともども、おどかされました。被害の大きい地域もあり、お見舞い申します。様々な自然災害がありますが、究極、命を落とさないで次の日に迎えるということを、良しとして、明日に向かって歩こうか!

登山者の皆さんは快晴の今日、登山意欲を掻き立てられるでしょうが、山の降水率はなかなかのものが予想されます。沢の増水で、進退窮まることもあります。丹沢山塊も、南北東西の地形で大幅にちがいます。周到な情報収集と、警戒態勢で臨んでください。

ちなみに北麓は、本降りの雨はなく、夜中にゴーッと風の音が一回、それだけで朝を迎えました。斜面に刻まれた水あとは、なかなかの降水量を感じさせます。山中ではさぞかしと思わせます。くれぐれも土砂災害、沢の増水に注意してください。

2012年3月13日 (火)

ソーラー黒パネルの実験

  この前は、

「今朝、携帯電話を充電したらできました」と、持ってきた機材が、

「ピュン・・・!」と音をして切れて、にっちもさっちもいかなくなった。

Dsc09250ss 

四苦八苦して、撤回。

営業のお兄様は、注文取るのが仕事で、工事関係は100%ではない

のだ。

で、こっちも散々電話をかけて、質問しまくり。機材製造元に聞きまくる。

「山ではこうだったああだった。山に行ってからでは困る、事前によく把

握する必要がある、で、これ以上、この機材を山で使うに当たり、知って

おくことはないか」

「いやーー・・・十分だと思います、なんでそんなに詳しいんですか」

「苦労したんです・・・・」人にはわかるまいが・・・。

Dsc09255ss_3

で、新しいバッテリーを持ってきてもらい、2日ばかり、日に当てて、

いざ!。ついたじゃん・・・。

そして最後の詰めで、

「こういうことを言ったが、それはどういう意味か、いまいち理解し切

ってていない。でそうなったらどうなるか」と、またもや製造元・・・。

「ゲーッ!!」みたいなことがあって、それもクリア・・。山で、払下げ

パネルを生かすことができるかも・・・。変換機の状態で、やっても

もう一個だけかもしれない。バッテリーは上げればいいが、変換機が

どうかだな。

そんな、バトルとは、われ関せずの、親方様は

「プラグを乾かすんだ」・・・・とチエンソーの手入れ。

ブルブルブルーーーン・・!!

Dsc09257ss_3

痩せても枯れてもオトコノコ。

でも、又、ペション!今度は太陽乾燥。ブルブルブルーーン。かくして

チエンソーも荷揚げとなる。

メデタシか?親方様!

2012年3月 7日 (水)

遊んで歩く箒。

柳川さんが撮ってくれた写真。

Cimg0774s_2

まぁまぁ・・・これは、箒でどこをはいてくれたんでしょうか・・・。

Rimg0146

ラララァ・・・?箒が消えた。

娘の写真。座布団の位置も変わっている。ふーん?

Img_0466

オッ!!箒がいたぞ。

Wさんの写真。

この箒には足があるんだな。夜な夜な掃除魔の怨霊が現れて

暗闇の中をザザーザザーと不気味な音をさせて、掃除をする・・・・。

朝日の気配にあわてて・・・消える・・・・。箒を片づける暇もなく・・?

おそろしや~。

2011年9月 8日 (木)

楽しいバス時刻改正

山から下りてきたら

山のような郵便物と仕事が待っている。その1つにバス時刻の

改正。

西丹沢発のバスを検索していたら面白い物に出会った。

Dsc07645

なんだと思いますか。

動画です。

Dsc07648 

西丹沢から新松田に向けて

「次は箒沢です」「次は山市場です」とか言いながら進む。

なんか自分が観光者になって車に乗っている気分で実に面白か

った。忙しいのに、しばらく暇をつぶしてしまった。運転手がひどく

せき込むのがそのまま録音されていて、気になった。

暇なら最後まで見ていたい気分だった。なまじ知っているところだ

から、そうだよなとか思いながら、聞いて見てしまう。何となく新商

売に通じそう。

2011年4月 7日 (木)

恐怖のバス時刻改正

4月に成ってバス時刻の改正。

Img_0001

問題は神奈中バス。

他のバスは自動的に更新されている。

仮名柱と、もう検索からして、こうだモンネ。

Img_0002

それで、検索して現われた神奈中バスの中から

この時刻表検索<50音検索>をクリックする。東野と分かっていても

ほかのことをしては駄目。迷路が待っている。

Img_0003

するとこういうボックスが出るから、東野の<ひ>をクリックする。

Img_0004

と地名のボックスが現われて東野が表示されているから、その

文字をクリックして

Img_0005

ずずずーと画面をスクロールして次へをクリックすると

Img_0006

このダイアログボックスが出る。普通はこの画面で用が足りるのよ。

それがさ、!?・・・ここで地震。11時36分。長いよ。携帯が鳴らない。

と言うことは、離れたところの大地震ではないな。

で、この表示をリンク設定すると

Img_0009

こうなるわけ。

他ならこんな事にはならないで自動的に更新していくの。

なーーーーんなんダ!!。

Img_0007

何故か、青根方面はここまで出さないと駄目なわけ。更新に2時間

だゼ!。むかっ!!。

いちいちここまで出すわけ。なーーーーんなんダ!!。

そしてもっと不思議な事は、秦野とかは自動更新するわけ、

なーーーんなんダ!!。

登山者が、

「この時刻表は訳分からないんです検索できないんです」と言って

電話が来た。当方だって訳分からないんでござるよ。

 

2010年12月 3日 (金)

ご無沙汰いたしました。山から帰還いたしました。

入山には、神の川の林道の崩落にて413号線に戻り山中湖に出て

246から箒沢林道で東沢に入り、入山致しました。俺の丹沢主宰者

佐藤氏が入山してくださり、助かりました。道中、三國峠から富士山

が素敵でした。

Img_1326

又、この日のツツジ新道から見る富士山も綺麗でした。

Img_1355

ね!

1ヶ月を越える長逗留で、楽しい話がびっちり!順次ご報告に付き

乞うご期待!!

今日は、これにてチョン!。デス。 下でたまった仕事が忙しいの!

2010年10月14日 (木)

サイトの復活

 ウエブサイトが甦生しました。サイトが白紙に成って、こんなにアク

セスが上がるとは。人が白紙になったら、どれほど上がるでしょう

か。興味津々。皆さんに気にしてもらっているという事ですね。感謝

。原因は、ブログ並みに更新を続けて、インターネット上のファイル

が、満タンに成って、ギブアップしたのでした。これからは、更新を

怠けようと思います。人並みにデス。

それにしても丹沢駆け巡りは大変な人気のHPなのですね。其処か

ら入ってくる閲覧者が7人です。いや、14日の今日は12です。新記録

ですね。たいしたもんです。老舗と言う感じです。今回は写真がない

のです。それもつまらないかと・・・

Simg_1249

はい!ビールです。

Simg_1256

はい!スポーツドリンクです。今日は450キロ積んで車が沈みまし

た。ヘリで荷上げです。賞味期限の長い物を注文して無理言って、

そこいらじゅう駆け回って、対応してくれたのがグルメシティでした。

これを一旦下ろすのが、重労働なのだ。夜中の花の写真の理由

が分かるかな。これで合計4回運んだな。これで安心して食付が

出来るだろう。やれやれ・・・・!人気のない山小屋もそれなりに

楽じゃあない・・・・。それなりに面白い。マッチ練炭も200個ぐらい

調達したから、もしかして、ずっと山に居れるかも・・・・。

なおさら人が来なくなるか・・・・爆笑!。

ところでこの前NHKの喉自慢で、癌を克服した中年の婦人が、楽

しく歌っていて、突如声が引っかかった。その一瞬の後に彼女が

言った言葉が何だと思う!??!

「ドンマイ!」だよ。全員爆笑!。そして司会者が

「ドンマイと言う歌詞はありません」又爆笑。すばらしいねーーー。

全てドンマイだ!。ドンマイと言う言葉の明確な意味は知らねども、

つまりはオーライ!的な肯定の発露だろ。人生全てドンマイだよ

!!。一生懸命癌と闘い、嬉しくて、一生懸命喜びの歌を歌い、

間違っても、ドンマイ!。

こちらバンザイ!だよ。万歳三唱。では。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

5.6分間の遭難 いよいよ咲いた お盆の頃 この色 これも咲き分け さつき そのまんま東 どっちが どっちが本当 どっちが本当? どっちが正確か? ひと夏の成果 ふんわり咲き分け まぐれ やっぱりメタボ イカリソウ ギャンブル クレッション グルメ・クッキング シロヤシオツツジ ストーブ列車 スポットライト チンドンヤ ドライフラワー パソコン・インターネット パッチワーク フィナーレ ペット ボランティア ライトアップ リサイクル リサイクル万歳! リサイクル時代 三つ葉躑躅 三ヶ木文化村? 丹沢北麓お天気情報 丹沢山塊および近郊産 丹沢山塊桧洞丸 丹沢産 予想外 五葉躑躅 人の語りは1部 人命救助 今年の咲き具合 今年は不作 伊豆の三つ葉 余禄 余計なお世話 先生 全体図 六月の太陽 分かった方はコメントを 初花の楽しみ 加入道入山口 北丹沢山麓探訪 原因不明 去年と今年 参考写真 咲き分け 咲くまでの経過 回顧主義 因果応報 城山かたくり 執念 培養品 増やしましょう 多忙な休暇 天晴れ 奇花の中の奇花 学名 学問・資格 安房千鳥系 宝くじ 実生の経過 実生の自生地 宮崎は東だらけ 宮沢賢治もどき 害虫 小さい塔婆 小屋番便り 山の花・変種 山小屋業務 山歩き 山野草の庭 山野草の庭は目の薬 山野草の花き温室から 山野草・園芸 岩沙参 広告作用 庭植え大正解 当園符丁 当園符丁其の1 必然 忘れた頃に 感謝 携帯・デジカメ 整理整頓 文明の利器にギブアップ 新入生 新花の色 旅行・地域 昔の写真 時は巡り 本咲き? 本心 桧洞丸 桧洞丸青ケ岳山荘から 植生保護活動 此れが犬越路の関所か 此処にも川津桜 残りの9部 水と火 洞メモ 潜在能力 片隅農業 犬越路 珍百景 現在過去未来 環境問題 異常気象 登場 的様 神の川から犬越路 秋の虫 秋球の成果 箱根米躑躅」 簡素 紀伊上臈ホトトギス 経緯と観察 経験と雑学 絶滅危惧種か 緑のSOSサイン 羽蝶蘭は丈夫 肥料が大切 育ってました 色々な花 花き温室 花き温室のうちょうらん 花のあれこれ 花の意思 花の感情 花の撮影天気次第 花の記憶 花もダイエット 花鳥風月 芽吹き 草木の心 葉芸品多数か 要因 見飽き無い 観察 記念切手 謹賀新年二十一年 貰った花 趣味 躑躅の里で 遅咲き羽蝶蘭 野草のもみじ 長寿番付け」 降りしきる緑 雪割草の芽吹き 青ケ岳山荘ホームページから 青ケ岳山荘ボランティア部 青ケ岳山荘ボランティア部写真展 青ケ岳山荘事務所 青ケ岳山荘事所 青ヶ岳山荘 駒草の庭造り

最近のトラックバック

カテゴリー

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ