花き温室

2013年10月10日 (木)

相模上臈ホトトギス

このところ、サガミジョウロウホトトギスが盗掘されたと嘆いている
ネットを2つ見た。その一つが、丹沢駆け巡りだ。山を大切に思う
人のブログである。

上臈ホトトギスには紀伊上臈ホトトギスと、相模と駿河があること
を知っているが、それ以外にあるかどうかはしらない。それぞれ
が産地名がついていて、駿河は静岡、相模は神奈川、正に丹沢
山中の個体を言っているものだろうが、紀伊上臈ホトトギスが花
も大きく、葉は照り場で、一番丈夫。、一般の園芸店で売ってい
るが、駿河は、その次、相模となると暑さに弱くまず、平地では
活着しないので、売っている山野草店は知らない。

もともと、山野草は暑さに弱く、特にこの頃の気候では、壊滅に
合う。それは、旅先などで、安い山野草を買ってきて見れば、
あっという間に現実を知ることができる。まして、標高1000を超え
る山から、温熱地獄の、大都会に、盗掘し、いたんだ根をだらだ
らつけて、すでに死にかかったような草花を持ちおろすのだから
結果を見るのに時間を待たない。そんな馬鹿を繰り返す人間が
いる。

上臈と言う符牒は美しい貴婦人という意味だそうだ。意味は少
し変化して使われているかしれない。kakionsituの写真を探せば
出てくるだろうが、今回はパス!

そのホトトギスの相模は、花の大きさが何センチ何ミリ葉裏に
微毛があり花茎はどうとか?花の中の斑紋は濃いの薄いの・・
・延々と学者と研究調査の話に加わってみると、頭が痛くなる。
多量の植物を扱ってみると、その地域性による個体の中の、さ
らなる個体差、「どっちよ!」と叫びたくなる混沌とした判断。花一
つにしても、100年も歳月が必要だと思える訳の分からない世界
にうんざりして「あ、そう!」と片付けたくなる。

高々10年か20年、二つ三つの花を調べて、判断できる世界では
ないな。毎年、気候による変化まで見て、広範囲に知らべて、よ
うやくいくらか雑談できる程度かと思う。

私は、自分が植物だとして、名前が違うの、そうだのと延々と議
論されるのが、楽しいかと
思ってしまう。その花と共に暮らす、地域の人間が、山仕事の行
き帰りに、出会う花に、ピンタボ、とか、ジジババとか訳のわから
ない名前を付けて親しんでいるのが、もしかして、正解なのでは
と・・・・ふと、思う。

??

2013年3月21日 (木)

赤ヤシオ

今朝、アカヤシオが咲いていた。

Img_5074

何とも美しい色。

Img_5075

こんな風にしてアカンベーみたいに開いてゆくんだ・・・・。この花は、ほかのツツジよりも早く咲く。然し、花弁が柔らかく、つまり、水を含んでいるのだろう。霜の被害を受けやすい。だから早く咲いてもらいたくない。毎年、被害にあっている。ぺちゃんとベージュ色になって枯れてゆく。今年は寒くて、雪も、ちょくちょく降ったが、一気に春が来た。このところの高温は、フエーン現象的だ。突風も、よく吹く。この時期余り暖かいと、山里で4月下旬に咲く桜のつぼみの膨らんで、霜の被害を受ける。つぼみが固いうちは、水を跳ねているが、つまり寄せ付けないが、膨らんでくると苞の隙間から水が入り込んで、それが凍るから、つぼみの状態で中が腐って咲かない。こんなことが、10年に一度ぐらいの割合である。

それに引き替え、めっぽう強いのは、北海道の蝦夷紫ツツジだ。大概2月上旬に雪をかぶりつつ咲き、しおっとしても、立ち直る。それが今年は、3月に、曙ツツジと大差なく咲いた。1週間早かったかしれない。

満開になった。初めてこんなに遅かった。薄い花びらなのに、そういうDNAで生きているんだろう。鶯も、キョ、キョ、ホーチョと、苦しくなるように苦労して、まさかホーチキス、と鳴くのではないかと、ひやひやした??あーー喉が苦しかった。

 

2010年8月24日 (火)

ど根性百合?

県道76号線のとある道端にちょっと白いものが目に付いた。???

Img_0340

花茎「が短く花は割りあい大きい。舗装道路の隙間から元気にのび

で、つややかに咲いている。高砂鉄砲百合だ。何でこんなところに?

昔の頃、百合を多量に作って、卸に出した事があった。

昔この地でも多量に栽培したことがあったが、動物の食害と病気で

仕事として成り立たずやめたという話を聞いた。

百合といえば、

「白百合の花びら青み暮れゆけば、拾い残せし骨ある如し」後藤美

代子の短歌を思いだすし、ヒルガオを見ると

「ヒルガオにこめつき涼む哀れなり」を思い出す。この如何にも弱々

しい花が、獰猛に夏の炎天下の地面を這う。見ると現実は大違い。

花には必ず思い出が付きまとう。つらいときだからこそ花がある。

有頂天に成っているときは花は目に入らない。苦しくてうつむくとき

其処には必ず花がある。ヒルガオを見ると、米搗き業ではなかった

が、父がふっ と出て来る。

2010年8月13日 (金)

軽石工作の結果読み

 4時少々前、にわかに雨が降り出し、4時半まで路面は、ばっち

り湿った。帰ろうと思っていて、少々の雨宿りに、棚を回ってみる

と、あらまぁ!予定通りにちゃんと夜叉ぜんまいが吹いて来てい

る。正解!

Img_0182

この軽石を工作するときは、掘るのに邪魔で、すでに草をつけて

それなりに成長している物に手を加えた。邪魔な草の上の部分を

付け根から切った。必ず生えてくる事は解っていた。この夜叉ぜん

まいが水の調節をしてくれる。使い方によっては欠かせない素材

なのだ。自信満々でやってみて、時に失敗もある。必ず原因はあ

るのだが。それにしても、思いがけずに、予定道理の結果確認が

出来て、まずはめでたし。羽蝶蘭も元気。水盤の水が無くなったら

如雨露で、普通に、ジャバーーンと水を掛けて、それでいいのだ。

2010年7月23日 (金)

猛暑の中に

 猛暑に成ってから、気分よさそうに咲いている羽蝶蘭を長々と、

眺めてしまった。球根が育って咲いてくると今までとは違う咲き方

をするものがある。その花を見て、その花のルーツを考えて見た

りする。

Simg_3490

下のほうが2花まで、奇形で咲きました。半透明の斑紋が、よし!

です。

Simg_3493_2

それからするとこの古い花は、こんなに花を咲かせても、並です。

Simg_3472

此花は別にどうと言う事もない三丁咲きですが、こんな風にびっし

り咲かせてみるのが念願でした。ささやかで、難しい念願です。

綺麗だなー。といつまで眺められる事でしょうか。

この日を最後に、生け花にされました。ご苦労様。

2010年7月 7日 (水)

あかばなイワタバコの咲いてくる季節

毎日羽蝶蘭の花を切り、点検片付けの日々。今日は消毒。

夏咲き赤花岩煙草の葉が大分育ってきた。普通のイワタバコから

すると、約1ヶ月は送れて咲く、葉も花も一回り小さいイワタバコだ。

少々手を入れておこう。今年は肥やしを、根本にねじ込んでやろう。

200972_102

この間お思いついて自生地に行ってみたら、木が茂って、まるで洞

穴の中にはいったようで何もわからなかった。

岸壁には、びっしり葉が垂れているが、これはギボシのようにも思え

る。もっとも、イワタバコだとしても、赤でも白でもない。並。興味ない。

この前、大昔にためしに種を撒き付けたイワタバコが、軽石の側面

で咲いていた。しらばっくれた色。念のために写真を撮っておこうと

思ったが、今年も撮りそこなった。普通の鉢に入っているものは、

皆くれてしまった。間違えては信用にかかわるからだ。然し軽石に

付いたイワタバコはこれひとつしかないから、剥がして鉢に入れない

限り、間違えようが無い、そのために此処で活かしておいてもらい、

実生の説明と言う、別のお役目が今回ってきた。どんないらないと

思うものにも役割があるんだなー。たとえば傍から見れば、???

の私にもだ。

2010年7月 5日 (月)

石細工?写真追加

昨日の二つ割の片方は、さてどうするか。まさかこの頭を切る馬鹿

はいないよな。

Simg_3421_0

ま、今日は素案を練って置いといて・・と・・・。

これ!

Simg_3423

これはリサイクル。然し、こんな石彫っていたら、面白くて面白くて

ドキドキ!。昨日の始末に困る石の格闘とは大違い。実は、これ

横からも撮って置けばよかったが、後ろに夜叉ぜんまいと、岩雪ノ

下が付いている、。作業に邪魔だから上を切ったが、、またすぐ生

えてくる。このやしやぜんまいの塊が、この、前のめりの石に、安

定感を与えている。ぜんまいに限らず、どんな草も、羽蝶蘭と一

緒に植えてはならない。いいのはその年だけ、猛然と増えて、羽

蝶蘭を締め付ける。必ず、外につける。

それで充分。岩雪ノ下も、一緒に植えると、大変なことになる。ネ

ジマワシで小さい穴を開けて、ねじ込むぐらいで、将来が丁度いい。

ランナーを飛ばして実にいい風情になる。石の気泡に根を張って

如何にも山野草と言う風情で咲く、むしって捨てたくなるような増

え方はしない。土がないところだから自生地模様である。山野草

は、それがいいのだ。獰猛に増えもしないが枯れもしない。それ

が理想なの。そして、これが現実なの。今日は超カンタン。たま

には楽しないと・・・・・・。

Simg_3426

説明不足を補うために今日は写真を撮ってきました。これが、背中に

付いて、前のめりの石を引っ張っている夜叉ぜんまいです。獰猛で、

石の気泡に、根を食い込ませて、株を増やしていきます。水盤に水を

張っておけば、8月の声を聞く頃、2度吹きしてきます。それなりにい

い風情です。8月の加湿は羽蝶蘭に好ましくありませんが、ぜんまい

が、水を吸ってしまうので、何の心配もありません。水は年中だぶつ

いていなければ、かけてもいいのです。軽石の気泡が吸ってしまい

ます。いちいち言わなくとも分かる!あ、そうですか。失礼しました。

2010年7月 3日 (土)

軽石付きの結果

この前植え込んだ軽石鉢の羽蝶蘭が咲いてきた。

Simg_3405

この前来たお客さんが、今日来て、軽石付きの羽蝶蘭を見て、軽

石を買っていった。1本100円の羽蝶蘭が、入荷して、惜しげもな

く遊ぶには、もってこ いなのだ。

当店も、転がっている石を少し手をかけてみることにした。普通の

鉢より、無造作に通年水を軽く掛けて、春には何よりも勢い良く発

芽する。忙しい面倒くさがり屋には、もってこいの やり方だ。

そこで、買ってから、7年も経つか?造作にかかって途中でやめて

いる軽石をかってきたがそれを見るたび、嫌な掘り方をしたもんだ

なーと思うことはそればっかり。手をかける意欲を失う・・・。掘った

ひとは、これで完成のつもりか、嫌に成って放置したか、ただ石の

質がとてもいいので、手を出した。それがこれ。

Simg_3403

何がいやかと言うと、能も無く、がま口見たいに大きい穴を掘りす

ぎて向かって左の渕が今にもかけてしまいそうな不安定さが、ム

カツク。

たすわけには行かない。それが、こういうものの始末の悪いとこ

ろだ。中央の高みにためらい傷のような、溝も気に入らない。これ

を見るたびこれをものにするのは大変だぞ。と思っていたが、本当

にどうするかと、久しぶりに長々思案した。

で、楽しく無い気分で完成。

Simg_3404

後ろ側に、非常に空白があったので2の池を造って置いた。この石

は物指しを当てて見せないので大きさは分からないでしょうが、羽蝶

蘭が100本から150本は植え込める大きさです。つまりそれほど

能もなく大きく掘り込んだ失敗作です。当方のやり方が正しいという

決まりは無いけれど、結果、植え込んだものが、良く育つか、そうで

ないかが決め手でしょう。この石の救いは背中に池を彫ってもまだ

余白が有る。それが、この石の保水力を助けることになるので、石

鉢としての効力は、充分でしょう。が、今日は羽蝶蘭を植える気に

はなれ無い。で、次に取り掛かる。

Simg_3410

ひょろ長い石を真っ二つ。

Simg_3411

ドリルで中をくりぬく。当然渕は多めに残す。それでも掘り進む

うちに、削れて小さくなってゆく。

Simg_3412

下のほうから薄いナイフ状の物を挿し込み、くり貫く部分を剥がす。

Simg_3413

バールでこじる。

Simg_3414

ポコッと剥がれて、無傷で出てくる。これは又ほかに利用をする。

Simg_3416

彫りの完成。この石はひょろ長く、小さいので、化粧彫りを多くす

ると、石に厚みがなくなり、石の保水力と断熱効果が失われてく

るので、軽く格好をつけるにとどめる。

Simg_3418

出来合いの羽蝶蘭のビニールポットをポコンと入れて完。

本植えは明日。

梅雨空の晴間に

3日ばかりの蒸し暑さにうちょうらんが育って花も開き、色も従来の

花の感じに成ってきた。

Simg_3389 

なかなか咲かなかったこの花が開いて、その美しさに、浮き立つ思

い。淡い虹系の兜が側裂片を持った、つまり、整形化に成っており、

そのきらびやかさと、優雅な色合いが、独特の雰囲気をかもし出す。

この下の写真の花の色も

Simg_3401

ばちり!。1点の切れが悪いですね。

sakujyo

今年此花が2輪のせいかとても大きく、こういう丸みを帯びた物も

いいもんだなと思ってみる。

2010年6月26日 (土)

羽蝶蘭の石付き

「うちは満開通り過ぎたのに、何で咲いていないの?」といわれるが

山と、都会とでは違うのです。いくらハウスがあっても、雪が降る霜

が下りる。4月までですよ、それも頻繁に・・・。おそ霜にやられた芽

がかなりあるんです。泣き言いっても始まらない、石のあしらいを

話していて、ふと、石付きでも作ろうかと思いつき、お客さんも帰った

事だし、ドリルを探し出し、放置しきっていた石をたわしで洗う。

どうと言うこともなく、第1号完成。

Simg_3339 

この軽石は、結構大きいので、経済効果を発揮して、中をくりぬいて

転がりだした小さい石で、こんな物を作った。

Simg_3349

ありゃ!全部写っていないジャン。おまけにピンボケ。

これです。

Simg_3350

水盤の中の右の石。

で、今度はこの石。

Simg_3334

変な格好の石を、じっと見て、完成図をイメージする。で、草を

あしらっておく。

Simg_3336

で、2本立ちの羽蝶蘭をポコンと入れる。

Simg_3337

で、苔をあしらう。

Simg_3338

完成!。簡単な物だ!中身はその日の気分で交換OK!。

で最後はこれ。

Simg_3341

はじめは、石を見る。どの面を上にするか、下にするか、横にするか

上にした場合はこういう出来になる。下を広げて安定感を出したらこ

ういう完成図になる。然しこの石は、小さいので、下を広げたら、植

えるものは小さな草に限られる。草ならばもっと薄い物でもいいが、

このぐらい厚みがあれば、羽蝶蘭が行ける。と言うことで決まり。

庭の石組みでも、石鉢でも、何処を正面にし、芯・受け・止めのあしら

いにするか、石を見せ、草を見せて活かすにはどうするか、段を貰っ

たときには、分からなかった。実地を何十年か積んで、免許を読んで

始めてしみじみ意味が分かった。この話をすると長くなるのでチョン。

切り。本当は皆が大好きな話満載なのに、今回サービスなし。

Simg_3342_2

荒削り完。茶碗のように薄く渕まで削るのは愚。チョキのやる

こと。

Simg_3345

化粧削り完。

Simg_3347

羽蝶蘭入れて、余白に草をつけて完。

初めて、軽石付きをはじめから思いついて写真撮っていたら、最後

の石を鑑定してから出来上がるまで、羽蝶蘭消毒し、水盤洗って乗

せて写真撮るまで25分だったなぁ。ふーーーん。こんなものか。

この写真を参考にしても、うまくは行かないこと、羽蝶蘭がうまく育っ

ていかないことがあるでしょうが、いくら語っても駄目です。それはな

ぜか、人は、見ないし、聞かないからです。聞く気が無いからです。

そんなことは無いとおっしゃるでしょうが、このことに語る本人が、初

めて気がつきました。それぞれの問題です。

さて、

何年ぶりかで、軽石掘ったけれど、やっぱり面白い、何でこんなに

面白いことばっかりある人生だろ。簡単に死んじやぁイランナイな。

散々炭鉱夫?をやった証拠見る?ほらこれなんだと思いますか?

Simg_3348_2

磨り減ったバールでござんす。これが2本目。ご苦労さん。我輩の骨

も磨り減ったけれど、お前も働いて働いて、減りましたねー。エライ!

オーシ!上出来。すべて上出来。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

5.6分間の遭難 | いよいよ咲いた | お盆の頃 | この色 | これも咲き分け | さつき | そのまんま東 | どっちが | どっちが本当 | どっちが本当? | どっちが正確か? | ひと夏の成果 | ふんわり咲き分け | まぐれ | やっぱりメタボ | イカリソウ | クレッション | グルメ・クッキング | シロヤシオツツジ | ストーブ列車 | スポットライト | チンドンヤ | ドライフラワー | パソコン・インターネット | パッチワーク | フィナーレ | ペット | ボランティア | ライトアップ | リサイクル | リサイクル万歳! | リサイクル時代 | 三つ葉躑躅 | 三ヶ木文化村? | 丹沢北麓お天気情報 | 丹沢山塊および近郊産 | 丹沢山塊桧洞丸 | 丹沢産 | 予想外 | 五葉躑躅 | 人の語りは1部 | 人命救助 | 今年の咲き具合 | 今年は不作 | 伊豆の三つ葉 | 余禄 | 余計なお世話 | 先生 | 全体図 | 六月の太陽 | 分かった方はコメントを | 初花の楽しみ | 加入道入山口 | 北丹沢山麓探訪 | 原因不明 | 去年と今年 | 参考写真 | 咲き分け | 咲くまでの経過 | 回顧主義 | 因果応報 | 城山かたくり | 執念 | 培養品 | 増やしましょう | 多忙な休暇 | 天晴れ | 奇花の中の奇花 | 学名 | 学問・資格 | 安房千鳥系 | 宝くじ | 実生の経過 | 実生の自生地 | 宮崎は東だらけ | 宮沢賢治もどき | 害虫 | 小さい塔婆 | 小屋番便り | 山の花・変種 | 山小屋業務 | 山歩き | 山野草の庭 | 山野草の庭は目の薬 | 山野草の花き温室から | 山野草・園芸 | 岩沙参 | 広告作用 | 庭植え大正解 | 当園符丁 | 当園符丁其の1 | 必然 | 忘れた頃に | 愛らしい | 感謝 | 携帯・デジカメ | 整理整頓 | 文明の利器にギブアップ | 新入生 | 新花の色 | 旅行・地域 | 昔の写真 | 時は巡り | 本咲き? | 本心 | 桧洞丸 | 桧洞丸青ケ岳山荘から | 植生保護活動 | 此れが犬越路の関所か | 此処にも川津桜 | 残りの9部 | 水と火 | 洞メモ | 潜在能力 | 片隅農業 | 犬越路 | 珍百景 | 現在過去未来 | 環境問題 | 用土と栽培法 | 異常気象 | 登場 | 的様 | 神の川から犬越路 | 秋の虫 | 秋球の成果 | 箱根米躑躅」 | 簡素 | 紀伊上臈ホトトギス | 経緯と観察 | 経験と雑学 | 絶滅危惧種か | 緑のSOSサイン | 羽蝶蘭は丈夫 | 肥料が大切 | 育ってました | 色々な花 | 花き温室 | 花き温室のうちょうらん | 花のあれこれ | 花の意思 | 花の感情 | 花の撮影天気次第 | 花の記憶 | 花もダイエット | 花鳥風月 | 芽吹き | 草木の心 | 葉芸品多数か | 要因 | 見飽き無い | 観察 | 記念切手 | 謹賀新年二十一年 | 貰った花 | 趣味 | 躑躅の里で | 遅咲き羽蝶蘭 | 野草のもみじ | 長寿番付け」 | 降りしきる緑 | 雪割草の芽吹き | 青ケ岳山荘ホームページから | 青ケ岳山荘ボランティア部 | 青ケ岳山荘ボランティア部写真展 | 青ケ岳山荘事務所 | 青ケ岳山荘事所 | 青ヶ岳山荘 | 駒草の庭造り |

最近のトラックバック

カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ