丹沢北麓お天気情報

2014年2月19日 (水)

記録しておこうか・・・。

Img_3925

通行止めのでも、介護の車は走っている。

Img_3920

さっぽろ雪まつりならぬ、青根の雪祭り準備??

Img_3886

とりあえず、でたり入ったりしなければ・・・。

Img_3902

車に積もった雪を・・・よいしょよいしょ・・・・!

Img_3938

あっちも心配。こっちも心配。ここにたどり着くまで3日。

Img_3930

雪国どころの話でない。

Img_3934

屋根より高く・・・忍者みたいだなーー??!!

Img_3922

大室山です。

Img_3905

親方の出番。

Img_3892

妙に楽しそうな顔じゃあないかい??・・・・ガンさんにサービスです。

Img_3939

イナバウワ~!

おしまい。

2013年4月20日 (土)

里は春爛漫

どう!・・・この水の色。緑の色・・・。

Img_5296

な・・・!曇っているから、いまいち冴えないが、ま我慢して。

Img_5297

今日は足を延ばして、珍しい景色を見た。この景色の意味・・・・・延々と・・・・・・・・・・首をかしげる・・・・・・多分・・・・・・・・そういう意味だろう・・・・・。

2013年4月17日 (水)

早、シロヤシオツツジ。

確かに、寒い日もあることはある。でもあったかい。

Img_5289

百姓をしていて、ふと見たら、シロヤシオつつじのつぼみが膨らんでいる。ゲッ!何故かゲッ!早い!北麓ですよ!誤解無いように!

Img_5285_2

えらい暇掛けて斑入りスズランの花も咲いた。今日は異常に暑かった。

Img_5286

コアジサイもムクムクつぼみを上げてきた。挿し木で、JAVAJAVA増えるから・・・・。

Img_5290_2

千島桔梗です。可憐ですよね。

Img_5292 

何とも言えない色合いです。かりんです。

Img_5287

関係ないけど、キュウリも出ました。これが順調にいかないと、山にも行けない・・・。

2012年7月12日 (木)

雲の形

11日の夕方、こんな雲が出ていた。天気予報が外れて、結構毎日
いい天気。山の方を見ると、熊笹の峰が良く見えて、桧洞丸が41
3号線から山頂が見えた。西側に雲を巻きつけていたり、飛ばした
りしている。

Img_1378s

それが、昨日の夕方、明日はきっと降ってやるぞー!!みたい
な雲の形。宇宙船みたいな巨大な雲の塊。

Img_1379s

丹沢の方は沸騰する湯のように雲が吹きあがっている。

Img_1380s  

大したことがないように見えるでしょうが、肉眼で見ると、蚊取り線
香のように渦を巻いている。この方がもしかして一番見たことがな
い雲かしれない。明日は結構派手かもしれないな。とおもったら、
やっぱりかなりの風が吹いている。せっかく林道をはいてもらった
のに、また崩れるのか・・・・・!?

2012年3月14日 (水)

又も、雪。

13日は快晴だった。夕方、曇ってきて・・・ぱらっと来た。

14日の朝は、消えた畑の雪が・・・・。

積雪1センチだろうか?。路面にはない。

2012年2月29日 (水)

やっぱり来た春の豪雪

東京が雪だというからには、こちらが雨ということは無い。

Dsc09213

夜中から降って、一時止み、やれやれと思っていたらジャンジャン・・。

Dsc09211

おまけに昼ごろには雨になり、また雪・・・!。

Dsc09214

他は知らないが、ここは、36センチ。

景色?景色なんてうんざうり。

でも山の景色は・・・。

そうです!最新情報は昨日のこれ!

3日娘が行ってきました。

Rimg0143

杭が・・・きれいに行列しています。転がっていた棒で水平取ったん

です。

Rimg0131

それに柳川さんが27日に行った時とたった一日でこんなに雪が、

減るんですね。

それに

Cimg0774s

箒が・・・・?

Rimg0146

ない。

座布団の位置が違う・・・。

娘が箒を片づけてくれたのかな。

今日の大雪で明日は駄目。明後日はもしかのYさんか?

それにしてもありがたい。去年は不審者に小屋を荒らされまくった。

今年は、味方が大勢出来て、かわるがわる小屋を見回ってくれる。

感謝感激雨あられ。、ちょっと待て!雨やあられは少々休憩で、

いいかな~気分。

2012年2月21日 (火)

まだ真冬。

昨日用事に出たら、いきなり道路の凍結。トラックが動かない。

運転手が、長靴はいて外に出て、歩くのにバランスとってゆらゆら。

Dsc09183

オートバイも動かない。ようやく脇をすり抜けて、ひやひや・・。

事故はうんざり。

北麓は字のごとし、北。少ない降雪で、ブルも出ない。悪い状態

が続く。あーーーイヤダ。

2012年2月18日 (土)

山の天気はくるくる変わる。

あれから夜中に、おそらく日が変わってから、降ったのだろう。

轍も消えている。雪質はあられ。

定番景色。情報の大室山。

Dsc09181

着雪しているので、山の霧氷もよかったでしょう。

15日の映像を見ると、結構黒いところが広がっていた。また、

戻ってしまった。

17日はいきなり降った。里も変わるが、山の天気はもっと変わ

る。

用意万端、くれぐれも気を付けてもらいたい。行くなと言っても、

ハイということばかりなら何事もないし、人の行動を左右する権

利もない、ただ、情報を伝えて、注意喚起をするだけが務め。

電話を受けてみると、初めて冬、上るという人が結構いる。おま

けに縦走だ。雪に埋まった、あの鉄橋をどうやって渡るかと、

想像しただけで、寒気が2倍。

一般登山道も、溶け残った腐れ雪の上に今回の新雪が積もっ

ている。大きくぬかるところがあるので、注意万端の必要あり。

1300以上の稜線の方が、危ないかもしれない。最初トレースを

つける人の、良識と、力量に期待したい。

2012年2月17日 (金)

油断も隙もありゃしない!

Dsc09163

朝は久々の天気だったの!。たまった用事に出かけてみると。昼

ごろから、雲が多くなり・・・。用事が終わらないうちに、雪か???

雪だよー!

Dsc09166

中野から必死で三ヶ木へそして、青野原・・・勘弁してよーこれでは

山手はアブナイジャン。

Dsc09167

トラックものろのろ。

Dsc09170

いよいよ青根間近・・・。

見上げる山は、雪に決まってる。なにこれ?カビ?牡丹雪の

映像です!。

Dsc09172

いよいよ路面は白くなり・・・・。ぶつかってくるなよーー。

Dsc09173

神奈川県で一番高い国道だそうです。寒いわけです。恐ろしい。

  Dsc09178

おーー無事帰ってきたわィ。

なんか気が付かない・・・?桃の木が、ブッツリでしょう。吾輩が

アクロパットよろしく、木に登って、選定したのジャョ・・・。

出来ないと思っていたけど、やってみれば何でも簡単なものだね。

然しさーーー。

お出かけ日和と思ったのに油断も隙もありゃしない!。

山がなー・・・どのくらい降ったか・・・。山中湖を超えられるか・・・。

東沢が通れるか?

2012年1月24日 (火)

桧洞丸の天気

日曜日の午後、姫次から登山者が降りてきたのにあった。

「すごい雪だったでしょう」というと

「はい」

そしてまた少しして、一人降りてきた。4時20分のバスに乗るらしい。

道を聞くので教えた。

驚いたことに、後からの人は、大倉尾根から来たという。日帰りで

雪山を歩くなんて、大した健脚だ。雪はひざ下、多いところでこの位

とストックで表示する。65センチぐらいだ。桧洞の方には、踏み跡が

2人ぐらい。蛭が岳までは多かった。という話だった。この人の荷物

は、小さかった。日帰りの人の特徴だ。

久々観測地点の写真を撮った。

Img_0008

国道413号線の山梨に入った地点。だんだん大渡の地点に進

んで行くと、手前の山に隠れている桧洞丸が見えてくる。

アップしてみるとかなりの雪。アップしなくてもかなりの雪。

さらに進んでゆくと・・・・

山の左が見えてきて・・・

金山谷に下る稜線が・・・えーー!?あんなに急だっけ!?。

あんなに長く降りたっけ!??!??。どこまで降りるんだ?。

と、大渡(おわた)の地点に向かうと

ようやっと、下降線が、水平になる。

こんなことをして、うろうろしている間に、山には霧が掛かって

きた。朝は晴れていたのにな。一番寒い日は-6.7℃だった。

今日は、-4.9℃。最低気温の話。です。

26日、北麓の未明の最低気温はマイナス6.1℃。山は北麓より

8℃ぐらい低いので今年最低の14℃前後でしょうか。

25日は陽が射して、日中、雪が溶けました。

24日朝、またこんな景色になってしまいました。この前と違うと

ころは、晴れ。夜雪が降ったということです。

気温マイナス4.0℃。

昨日の夜、テレビの放映では、八王子がなかなか立派な雪降り

でした。

今朝、9時のNHKのニュースでは1都6県でスリップ事故が1,100

件。電車も影響でているということでした。

おお雪になってしましましたね。

陽が射してそれなりにきれいです。

22日は曇りで、気温、1,4℃です。 着雪した木の枝から、雪は

全て落ちて、地表の雪の上に黒いシルエットをさらしています。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

5.6分間の遭難 | いよいよ咲いた | お盆の頃 | この色 | これも咲き分け | さつき | そのまんま東 | どっちが | どっちが本当 | どっちが本当? | ひと夏の成果 | まぐれ | イカリソウ | ギャンブル | クレッション | グルメ・クッキング | シロヤシオツツジ | ストーブ列車 | スポットライト | チンドンヤ | ドライフラワー | パソコン・インターネット | パッチワーク | フィナーレ | ペット | ボランティア | ライトアップ | リサイクル | リサイクル万歳! | リサイクル時代 | 三つ葉躑躅 | 三ヶ木文化村? | 丹沢北麓お天気情報 | 丹沢山塊および近郊産 | 丹沢山塊桧洞丸 | 丹沢産 | 予想外 | 五葉躑躅 | 人の語りは1部 | 人命救助 | 今年の咲き具合 | 今年は不作 | 伊豆の三つ葉 | 余禄 | 余計なお世話 | 先生 | 全体図 | 六月の太陽 | 分かった方はコメントを | 初花の楽しみ | 加入道入山口 | 北丹沢山麓探訪 | 原因不明 | 去年と今年 | 参考写真 | 咲き分け | 咲くまでの経過 | 因果応報 | 城山かたくり | 執念 | 多忙な休暇 | 天晴れ | 奇花の中の奇花 | 学名 | 学問・資格 | 実生の経過 | 宮崎は東だらけ | 宮沢賢治もどき | 害虫 | 小さい塔婆 | 小屋番便り | 山の花・変種 | 山小屋業務 | 山歩き | 山野草の庭 | 山野草の庭は目の薬 | 山野草の花き温室から | 山野草・園芸 | 岩沙参 | 広告作用 | 庭植え大正解 | 当園符丁 | 当園符丁其の1 | 必然 | 忘れた頃に | 感謝 | 携帯・デジカメ | 整理整頓 | 文明の利器にギブアップ | 新入生 | 新花の色 | 旅行・地域 | 昔の写真 | 時は巡り | 本咲き? | 本心 | 桧洞丸 | 桧洞丸青ケ岳山荘から | 植生保護活動 | 此れが犬越路の関所か | 此処にも川津桜 | 残りの9部 | 水と火 | 洞メモ | 潜在能力 | 片隅農業 | 犬越路 | 珍百景 | 現在過去未来 | 環境問題 | 異常気象 | 的様 | 神の川から犬越路 | 秋の虫 | 秋球の成果 | 箱根米躑躅」 | 簡素 | 紀伊上臈ホトトギス | 経緯と観察 | 経験と雑学 | 絶滅危惧種か | 緑のSOSサイン | 肥料が大切 | 育ってました | 色々な花 | 花き温室 | 花き温室のうちょうらん | 花のあれこれ | 花の意思 | 花の感情 | 花の撮影天気次第 | 花の記憶 | 花もダイエット | 花鳥風月 | 芽吹き | 草木の心 | 葉芸品多数か | 要因 | 見飽き無い | 観察 | 記念切手 | 謹賀新年二十一年 | 貰った花 | 趣味 | 躑躅の里で | 野草のもみじ | 長寿番付け」 | 降りしきる緑 | 雪割草の芽吹き | 青ケ岳山荘ホームページから | 青ケ岳山荘ボランティア部 | 青ケ岳山荘ボランティア部写真展 | 青ケ岳山荘事務所 | 青ケ岳山荘事所 | 青ヶ岳山荘 | 駒草の庭造り |

最近のトラックバック

カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ