絶滅危惧種か

2011年9月 2日 (金)

プロフィール

この前、と言っても大分前、知らない世界に侵入してきました。

Img_0031_2

先生に教わり、わが人生の集大成。プロフィールを作ってきました。

Sdsc07610

何と可愛い赤ちゃんでしょう。私の生まれたときです。

Sdsc07613

毎日元気に太陽の子として遊び、真っ黒け。

S110220_134355e5b1b1e9a082e381aee99

長じるに従い、白く輝く時期も有ったのです。

Sdsc07617

おたまじゃくしではないが、短い足も生え山に登った時期もありま

した。

Sdsc07612

然し、青ケ岳山荘で小屋番するようになって連日の布団干しや掃除

に明け暮れ、紫外線に当たって真っ黒け。

私を見た登山者は

「あなたが上ってきたの」と化け物を見るように眺めまくります。

そーーーです。私は化け物です。

  Sdsc07614

化け物も、来る年波に勝てず、病に伏せている昨日です。

いきなり今日は元気です。

(本人としてはこのくだりが一番面白いな)

Img_0032_2

先生の見本を見つつ

Sdsc07616

  完成!。・・・・・・・・50週記念のプレゼントです。

要らないと言われるのが分かっているので安心して言って見ました。

こんなことをして、一生遊んで暮らしたいよ。

奇人変人羽蝶蘭で言えば奇形、絶滅危惧種。早く絶滅しろと言う声

多数。ルンルン・・・。死んでやらナ~~~ィ。

2010年6月11日 (金)

植生保護活動③羽蝶蘭について

昨日かな、うちょうらんの写真を撮った。育っていた。もっと大きく

なるうちょうらんだ。

Simg_3223

うちょうらんといえば、

植生保護の検索フレーズランキングに西丹沢うちょうらんと言う文

字があった。見るべきことでも書いてあるかと思って検索してみた

ら、看板詐欺みたいな文字だけが孤立している物だった。内容は

何一つなかった。

あるとき、2年前になろうか?

「丹沢のうちょうらんは安全に絶滅しました」とある知人がやって

きた。

「冗談でしょう。そういう人がいたとしたら、それは、自分が知ってい

る場所から、自分が採ったか、人が採ったか、無くなってしまったと

いうことでしょう。ある人はうちょうらんは絶滅しない。するわけ無い。

人が寄り付けない岸壁に苗代のように生えている、恐ろしいのは

植林した跡に、ヘリで撒く除草剤だ」とある人が言ってましたが。

今となれば、なんと言う馬鹿なことをと思っても、その時はそれが

必要と思われたわけである。

Simg_2322

(これを目にしても、読んでいる人も、実行している人もほぼいない)

うちょうらんでも、コイワザクラでも、目に付くところにあれば、毟って

行かれる定めだ。いくら犯罪だといったとて、罪の意識が無いのだか

ら平然とした物である。ましてみている人がいないところで、採る訳だ

から、いかんともしがたいというのが現状だろう。駒ヶ根の千畳敷み

たいに望遠鏡で見て、マイクで山に鳴り響く大音響でガナリ立てられ

でもしたら、効くか知れない。一斉注目だ。丹沢にはそれも無い。

  

うちょうらんのある場所は、林道のフエンスの中にあったものを、一

度見たことがある。くれるといっても要らないような細い貧弱で色の

悪い花だった。

後は、ある沢筋の崖の上だった。遠くに点々と赤い花が、滴るような

緑の中にあった。とても常人が寄り付くことの出来る場所ではなかっ

た。この話は何度かこのブログで語っている。この山に自生してい

るうちょうらんの事は語りきれない。転落死も居る。無念にもその人

とは前の日にあっている。ある沢には、貧弱で無い凄い花を産出す

る場所があって、その花は趣味の本にも載った程の花だ。確かに山

採りも現実としてあった。たった今日も、

「山草を採りに行ってきた」

「何をとってきたの」

「春蘭とえびね」

そういう会話を隣で聞いてきたばかりだ。自分の庭の続きの山は自

分の庭なのか知れない。それを

「犯罪ですよ」といえば、一発で村八分だ。言い方を考えなければな

らない。

「時々監視員が回っているけれど、見つからないでよかったね、気を

つけないとね」

ぐらいだろう。駄目だよと、首に縄をつけておくわけにも行かない。

犬では無いんだから・・・。

こちらは山野草を商っている身として一番むかつくのは

「何処から取ってきたの?山から取ってきたのか?」だ。自分が盗っ

て、罪悪感が無いからいえる言葉か、常識が無いというより、嫌がら

せ、ねたみ、無知なのかも知れない。

不審に思ったら、まず調べてみること、それから言うことだろう。

然し、くれても貰いたくないうちょうらんを、命がけで撮りに行く気は無

いし、筋力も技術も道具(装備)も無い。それを持っている人がいる。

それはスリルと、収穫の快感を求めて、行くのだという人も居るだろ

う。農耕民族の遺伝子が騒ぐのだろうか。それとも狩猟民族か。スリ

ルも結構だが、死んでまで挑戦するとしたらあまりに内容がお粗末だ。

 

とっくの昔から、その道の開拓者が、何百坪か何千坪かの工場のよ

うなところで生産している。われわれ小売業は其処から買っているわ

けだ。結果的に商業宣伝するようなことだから、文句も言われまいが、

村樫バイオ  此処はホームページを開設しているので、居ながら

にして、工場を見ることが出来る。此処を検索すると貴方の知らな

い世界が見られるだろう。うちにはほかに3箇所から仲買人を介し

て工場から花が入っている。ほかはホームページを開設していない。

  

いつかは説明してやらねばならなかろうと思ってはいたが、何を言

わせたかったか・・・内情を知ってがっかりしたかな。内情は白だよ。

その他のカテゴリー

5.6分間の遭難 | いよいよ咲いた | お盆の頃 | この色 | これも咲き分け | さつき | そのまんま東 | どっちが | どっちが本当 | どっちが本当? | どっちが正確か? | ひと夏の成果 | ふんわり咲き分け | まぐれ | やっぱりメタボ | イカリソウ | クレッション | グルメ・クッキング | シロヤシオツツジ | ストーブ列車 | スポットライト | チンドンヤ | ドライフラワー | パソコン・インターネット | パッチワーク | フィナーレ | ペット | ボランティア | ライトアップ | リサイクル | リサイクル万歳! | リサイクル時代 | 三つ葉躑躅 | 三ヶ木文化村? | 丹沢北麓お天気情報 | 丹沢山塊および近郊産 | 丹沢山塊桧洞丸 | 丹沢産 | 予想外 | 五葉躑躅 | 人の語りは1部 | 人命救助 | 今年の咲き具合 | 今年は不作 | 伊豆の三つ葉 | 余禄 | 余計なお世話 | 先生 | 全体図 | 六月の太陽 | 分かった方はコメントを | 初花の楽しみ | 加入道入山口 | 北丹沢山麓探訪 | 原因不明 | 去年と今年 | 参考写真 | 咲き分け | 咲くまでの経過 | 回顧主義 | 因果応報 | 城山かたくり | 執念 | 培養品 | 増やしましょう | 多忙な休暇 | 天晴れ | 奇花の中の奇花 | 学名 | 学問・資格 | 安房千鳥系 | 宝くじ | 実生の経過 | 実生の自生地 | 宮崎は東だらけ | 宮沢賢治もどき | 害虫 | 小さい塔婆 | 小屋番便り | 山の花・変種 | 山小屋業務 | 山歩き | 山野草の庭 | 山野草の庭は目の薬 | 山野草の花き温室から | 山野草・園芸 | 岩沙参 | 広告作用 | 庭植え大正解 | 当園符丁 | 当園符丁其の1 | 必然 | 忘れた頃に | 愛らしい | 感謝 | 携帯・デジカメ | 整理整頓 | 文明の利器にギブアップ | 新入生 | 新花の色 | 旅行・地域 | 昔の写真 | 時は巡り | 本咲き? | 本心 | 桧洞丸 | 桧洞丸青ケ岳山荘から | 植生保護活動 | 此れが犬越路の関所か | 此処にも川津桜 | 残りの9部 | 水と火 | 洞メモ | 潜在能力 | 片隅農業 | 犬越路 | 珍百景 | 現在過去未来 | 環境問題 | 用土と栽培法 | 異常気象 | 登場 | 的様 | 神の川から犬越路 | 秋の虫 | 秋球の成果 | 箱根米躑躅」 | 簡素 | 紀伊上臈ホトトギス | 経緯と観察 | 経験と雑学 | 絶滅危惧種か | 緑のSOSサイン | 羽蝶蘭は丈夫 | 肥料が大切 | 育ってました | 色々な花 | 花き温室 | 花き温室のうちょうらん | 花のあれこれ | 花の意思 | 花の感情 | 花の撮影天気次第 | 花の記憶 | 花もダイエット | 花鳥風月 | 芽吹き | 草木の心 | 葉芸品多数か | 要因 | 見飽き無い | 観察 | 記念切手 | 謹賀新年二十一年 | 貰った花 | 趣味 | 躑躅の里で | 遅咲き羽蝶蘭 | 野草のもみじ | 長寿番付け」 | 降りしきる緑 | 雪割草の芽吹き | 青ケ岳山荘ホームページから | 青ケ岳山荘ボランティア部 | 青ケ岳山荘ボランティア部写真展 | 青ケ岳山荘事務所 | 青ケ岳山荘事所 | 青ヶ岳山荘 | 駒草の庭造り |

最近のトラックバック

カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ