お盆の頃

2010年8月16日 (月)

若き縁者との死別

昔、自分の縁者に戦死者がいることを明確に覚えていなかった。

千鳥が渕に桜を見に行って、靖国神社をお参りしても、何の感慨も

湧かなかった。それがある機会があり、大分詳しく、事情を知った。

ちょっと語りきれない、長い話になるので、省略して、これも縁ある

人から2・3、話を聞いて、号泣した。そして何故こんなに泣けるのか

と不思議でならなかった。よくよく考えてみると、その戦死者の苦し

みは、ある部分、自分が味わった苦しみであり、泣けるのは、自分

と同じ苦しみを苦しんだ彼に泣けるのであり、つまるところ、自分の

苦しさに泣いているのだと思った。その位人間は身勝手な生き者

なのだと思った。経験した事でなければ、わからない。そう思いな

がら、戦争体験者の話を、別の意味でつらく虚しく聞く。

 彼の、個別の苦しみをまるっきり解らないわけでもなく、必死に

命の存在にすがった、最後のあの姿を思い出すと、あの若さで、

命の終わりを、刻々と感じる思いとはいかばかりのものだったか

と背筋をきられる思いがする。怪奇現象めくので、この話はこれ

で終わって、

Img_0194

 さて山の仲間の田中正志さんがなくなってどのくらい経つだろう。

山の写真を整理していて、おびただしい彼の写真が出てきた。こ

のひとの時も、身を折り曲げて泣けた。一番思い出の多い人か知

れない。最後に山から帰る彼の後ろ姿に、言葉を掛けたが振り返

らなかった。こんなことは無かった事なので、あれ?何だか変だな

、と思った。虫の知らせか、はがきを出した。これも珍しい事だっ

た。そのはがきを見た彼の御母が、当方に電話をよこした。

「今、寝ているんです。皆が、見舞いに来てくれるかもしれないか

ら、2階に寝ていては、世話を焼かせるから、此処に寝ていると下

の部屋に寝ているんです。・・・・正直、もう駄目なんです」

と涙声になった。突然の事に絶句して言葉が出なかった。あっとい

う間だった。横須賀の仲間に知らせたが、もう、病院に運ばれ、面

会謝絶だった。温厚で、やさしい表情をしており、いつだったか

「兄は、僕とは全然違って、凄く優秀で、仕事も出来ないと思う事も

やってしまうんだ。いまさらながら尊敬している。ああいう兄を持っ

て誇らしいよ」と語った事が、深く心に残っていた。思いやりも有り

どのくらい山を好み、小屋の手伝いをしてくれたか知れなかった。

その彼が、身体に病気を囲っているように成っていたからか、ふと

彼らしからぬ事がちらちらと見えた。体がつらかったのだろうが、

本人も、大病を疑う 事はなかったのだろう。後悔は色々あるが、

どうして?で過ぎてしまった、言葉のたりなさ、思いやりの無さ、そん

なあんなが悔やまれる。一番つらいのは、見舞いに来てくれるか

もしれないからと待っていた彼を、見舞うことなく逝かせた事だ。

さぞ寂しかったろう。横たわって友を待つ彼の姿が目に浮かぶ。

Img_0193

 あの、山登りをしたこともない御母が、追悼登山で山腹の隅にう

まるようにして、顔を両手で覆って、泣いている姿か写っている。

ご両親も早や亡くなり、どのくらい経とうか。若い人の死は、身に応

える。今年あたり33年ではないのかな。遅くなったけれど、明かりImg_0188

を灯そう。いつまでも心和む明かりで照らしたい。貴方が、誇りに

思う人がいたように、我々も貴方たちの存在が誇りです。

その他のカテゴリー

5.6分間の遭難 | いよいよ咲いた | お盆の頃 | この色 | これも咲き分け | さつき | そのまんま東 | どっちが | どっちが本当 | どっちが本当? | どっちが正確か? | ひと夏の成果 | ふんわり咲き分け | まぐれ | やっぱりメタボ | イカリソウ | クレッション | グルメ・クッキング | シロヤシオツツジ | ストーブ列車 | スポットライト | チンドンヤ | ドライフラワー | パソコン・インターネット | パッチワーク | フィナーレ | ペット | ボランティア | ライトアップ | リサイクル | リサイクル万歳! | リサイクル時代 | 三つ葉躑躅 | 三ヶ木文化村? | 丹沢北麓お天気情報 | 丹沢山塊および近郊産 | 丹沢山塊桧洞丸 | 丹沢産 | 予想外 | 五葉躑躅 | 人の語りは1部 | 人命救助 | 今年の咲き具合 | 今年は不作 | 伊豆の三つ葉 | 余禄 | 余計なお世話 | 先生 | 全体図 | 六月の太陽 | 分かった方はコメントを | 初花の楽しみ | 加入道入山口 | 北丹沢山麓探訪 | 原因不明 | 去年と今年 | 参考写真 | 咲き分け | 咲くまでの経過 | 回顧主義 | 因果応報 | 城山かたくり | 執念 | 培養品 | 増やしましょう | 多忙な休暇 | 天晴れ | 奇花の中の奇花 | 学名 | 学問・資格 | 安房千鳥系 | 宝くじ | 実生の経過 | 実生の自生地 | 宮崎は東だらけ | 宮沢賢治もどき | 害虫 | 小さい塔婆 | 小屋番便り | 山の花・変種 | 山小屋業務 | 山歩き | 山野草の庭 | 山野草の庭は目の薬 | 山野草の花き温室から | 山野草・園芸 | 岩沙参 | 広告作用 | 庭植え大正解 | 当園符丁 | 当園符丁其の1 | 必然 | 忘れた頃に | 愛らしい | 感謝 | 携帯・デジカメ | 整理整頓 | 文明の利器にギブアップ | 新入生 | 新花の色 | 旅行・地域 | 昔の写真 | 時は巡り | 本咲き? | 本心 | 桧洞丸 | 桧洞丸青ケ岳山荘から | 植生保護活動 | 此れが犬越路の関所か | 此処にも川津桜 | 残りの9部 | 水と火 | 洞メモ | 潜在能力 | 片隅農業 | 犬越路 | 珍百景 | 現在過去未来 | 環境問題 | 用土と栽培法 | 異常気象 | 登場 | 的様 | 神の川から犬越路 | 秋の虫 | 秋球の成果 | 箱根米躑躅」 | 簡素 | 紀伊上臈ホトトギス | 経緯と観察 | 経験と雑学 | 絶滅危惧種か | 緑のSOSサイン | 羽蝶蘭は丈夫 | 肥料が大切 | 育ってました | 色々な花 | 花き温室 | 花き温室のうちょうらん | 花のあれこれ | 花の意思 | 花の感情 | 花の撮影天気次第 | 花の記憶 | 花もダイエット | 花鳥風月 | 芽吹き | 草木の心 | 葉芸品多数か | 要因 | 見飽き無い | 観察 | 記念切手 | 謹賀新年二十一年 | 貰った花 | 趣味 | 躑躅の里で | 遅咲き羽蝶蘭 | 野草のもみじ | 長寿番付け」 | 降りしきる緑 | 雪割草の芽吹き | 青ケ岳山荘ホームページから | 青ケ岳山荘ボランティア部 | 青ケ岳山荘ボランティア部写真展 | 青ケ岳山荘事務所 | 青ケ岳山荘事所 | 青ヶ岳山荘 | 駒草の庭造り |

最近のトラックバック

カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ