感謝

2010年10月 2日 (土)

忘れられない閲覧者②

 今日で最終日と言う26日、もう写真を印刷してもって行く気にもなら

ず、なんとなく物足りなくて、ブログの:何を見て生きてきたのか:を印

Simg_1128

刷し、A4四枚の紙にして、ぺたぺたと貼った。この日、途中で座をは

ずしたが、私が居る内にこの印刷物を読んだ人が、たった一人い

た。皆写真は見てくれるが、長くなると説明文も省略される。日に1

Simg_1127

~2人ぐらい、熱心に見てくれる人が必ず居る。あまり人ごみでない

時には

「閲覧ありがとうございます」と声をかけると、人によっては質問をし

てくれる。この日は、高齢のご婦人が、本当に隅から隅まで丁寧に

見てくれ、こちらの挨拶に、微笑んでお辞儀をしただけだった。この

方は、この日の印刷物も読まれ、逆コースで入ってこられたので、

写真展についてと言う、挨拶文を、最後に読まれ、会場を出るとこ

ろで立ち止まり、振り返って、丁寧にお辞儀をされた。当方は、珍し

い事なので、じっと背を見ていたので、バッチリ双方の目があった。

当然こちらも御礼をしたが、2週間のうちでこんな事は初めてだっ

た。そのまなざしと丁寧なお辞儀には

「あなたはこんな事をやっているのですか、ありがとう」と言う意味

に受け取れた。あのデジカメの方といい、今日のご婦人といい、

山に来て、空き缶の3つも下げて上げましょうという人ではない。

山のボランティアに、直接は何一つ役立つわけではないが、働く

者に感動と励ましを与えるパワーがある。それを与えてくれるのも

かけがえのないボランティアだ。閉館間近、2週間も公園に来て、

あまり公園を知らないなーとちょっと又あの水鳥が気に成って外に

出てみると、あのご婦人が歩いていた。シャッターを切る当方に気

がつくわけもなく、通り過ぎた。

Ssimg_1136_2

ありがとうございましたーと心の中で叫んだ。帰り際に、撮った花の

美しい事。

Simg_1137_2

でしょう。

Simg_1138_2

ですよね。

Simg_1106_2

いいですよねー桧洞丸の樹々の中から、空を仰いでいるような気

がする。今いるところは狭い空間だが、目指す空は晴れ々と広い。

きっと平塚のAさんご夫妻も、見てくれたような気がする。

「感動しました。応援します」と署名してくださった。すみません。

悪いのは水鳥です。ミーーーンナミズトリガワルイノデス!ボラン

ティアをする人と言うのは、こういう碌でない事を平気で言うのです。

モグッ。

その他のカテゴリー

5.6分間の遭難 | いよいよ咲いた | お盆の頃 | この色 | これも咲き分け | さつき | そのまんま東 | どっちが | どっちが本当 | どっちが本当? | どっちが正確か? | ひと夏の成果 | ふんわり咲き分け | まぐれ | やっぱりメタボ | イカリソウ | クレッション | グルメ・クッキング | シロヤシオツツジ | ストーブ列車 | スポットライト | チンドンヤ | ドライフラワー | パソコン・インターネット | パッチワーク | フィナーレ | ペット | ボランティア | ライトアップ | リサイクル | リサイクル万歳! | リサイクル時代 | 三つ葉躑躅 | 三ヶ木文化村? | 丹沢北麓お天気情報 | 丹沢山塊および近郊産 | 丹沢山塊桧洞丸 | 丹沢産 | 予想外 | 五葉躑躅 | 人の語りは1部 | 人命救助 | 今年の咲き具合 | 今年は不作 | 伊豆の三つ葉 | 余禄 | 余計なお世話 | 先生 | 全体図 | 六月の太陽 | 分かった方はコメントを | 初花の楽しみ | 加入道入山口 | 北丹沢山麓探訪 | 原因不明 | 去年と今年 | 参考写真 | 咲き分け | 咲くまでの経過 | 回顧主義 | 因果応報 | 城山かたくり | 執念 | 培養品 | 増やしましょう | 多忙な休暇 | 天晴れ | 奇花の中の奇花 | 学名 | 学問・資格 | 安房千鳥系 | 宝くじ | 実生の経過 | 実生の自生地 | 宮崎は東だらけ | 宮沢賢治もどき | 害虫 | 小さい塔婆 | 小屋番便り | 山の花・変種 | 山小屋業務 | 山歩き | 山野草の庭 | 山野草の庭は目の薬 | 山野草の花き温室から | 山野草・園芸 | 岩沙参 | 広告作用 | 庭植え大正解 | 当園符丁 | 当園符丁其の1 | 必然 | 忘れた頃に | 愛らしい | 感謝 | 携帯・デジカメ | 整理整頓 | 文明の利器にギブアップ | 新入生 | 新花の色 | 旅行・地域 | 昔の写真 | 時は巡り | 本咲き? | 本心 | 桧洞丸 | 桧洞丸青ケ岳山荘から | 植生保護活動 | 此れが犬越路の関所か | 此処にも川津桜 | 残りの9部 | 水と火 | 洞メモ | 潜在能力 | 片隅農業 | 犬越路 | 珍百景 | 現在過去未来 | 環境問題 | 用土と栽培法 | 異常気象 | 登場 | 的様 | 神の川から犬越路 | 秋の虫 | 秋球の成果 | 箱根米躑躅」 | 簡素 | 紀伊上臈ホトトギス | 経緯と観察 | 経験と雑学 | 絶滅危惧種か | 緑のSOSサイン | 羽蝶蘭は丈夫 | 肥料が大切 | 育ってました | 色々な花 | 花き温室 | 花き温室のうちょうらん | 花のあれこれ | 花の意思 | 花の感情 | 花の撮影天気次第 | 花の記憶 | 花もダイエット | 花鳥風月 | 芽吹き | 草木の心 | 葉芸品多数か | 要因 | 見飽き無い | 観察 | 記念切手 | 謹賀新年二十一年 | 貰った花 | 趣味 | 躑躅の里で | 遅咲き羽蝶蘭 | 野草のもみじ | 長寿番付け」 | 降りしきる緑 | 雪割草の芽吹き | 青ケ岳山荘ホームページから | 青ケ岳山荘ボランティア部 | 青ケ岳山荘ボランティア部写真展 | 青ケ岳山荘事務所 | 青ケ岳山荘事所 | 青ヶ岳山荘 | 駒草の庭造り |

最近のトラックバック

カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ