水と火

2018年9月 1日 (土)

縄文

暑かった8月も終わった。
9月2日まで、上野の博物館で縄文(特別展)をやっていた。途中下車で6月下旬それを知った。
観たいと思ったが数日前だった。

ところが、その後猛暑日が続き躊躇っている内にいよいよ終わりが近くなり、曇りの28日やにわにでかけた。
やっぱり、暑かった。
凄い人で小一時間行列した。

中には、三内丸山遺跡も有った。昔と言えるころ、青森に行って、遺跡をみた。その時の事をブログに残した。
案内人に、ここは世界遺産に成りますね。と、言うと彼女は、否定した。やっと10年経って、登録に向けて動いている。

誰もその時代に生きた人が、今、いるわけでないから、それぞれ観る人の解釈でしかないわけだが、これは何を表しているのか戦々恐々としている。
人ごみの隙間から、ちらちら見てまわって、帰ってきた。
ユリの木の下で座った。
上野とか新宿御苑にはユリの木の大木が多い。育ちの良い木なんだな⁉
桧洞丸のブナも負けるが、枝模様は桧洞丸の高度に太刀打ち出来ないだろう。
暑い夏、大衆の熱気の中、水と火炎の模様の土器を観て、火炎に焼かれる魚を見て、暑さ倍増!先端には立体的に穴が空いていて、紐を通して自在鉤から下げたりと操作したんだな⁉
と勝手に思った。凄い大きい物は宴会用、お祀り物かな?
1万年前、??
人は人だったんだな。1億年前はどんなだったんだろ⁉
やっぱり、火と水を使っていたのかな⁉山火事かな?火山かな?

それぞれの時代にも、木々が繁り、ジャングルで、煮炊きに困る事は無かったろうな。むしろジャングルと戦いだったかしれない。
1万年前の人間は、1万年後の危機を考えたろうか?
過去は、足跡で探れるが未来は過去を読むより難しい。
読めても、いかんともしがたい、焼かれる魚レベルだろうか。魚も熱かったろうが、
神奈川県も、山梨県も、上野もアチい❗
温暖化?

Dsc_0963

このコーナー以外撮影禁止でした。


人は、思う。
然し、行動はなかなかしない。今あるのは、行動の所以。
焼かれる魚以前に気がついて、行動したんだな⁉

2010年12月24日 (金)

無人島で暮らす?

 昨日テレビを見ていたら、無人島で暮らすという、娯楽番組をやっ

ていた。無人島といえば、南国の島をなぜか思い浮かべてしまうが

其処は結構寒いところのようだった。所々、拾ってみて、最後まで見

ないで終わったが、彼ら3人だったか、原始的手法で火を起こす苦

労たるは並大抵の物ではなかった。然し其処には、水を確保する苦

労がなかった。その分、幸せだろうな。山で火を起こすとなったら、ま

ず不可能だろう。ライターがない、人力がない、持ってきたホカロン

を使い果たして、死ぬだけだろう。下まで無事に降りるという道がな

ければ・・・。

今、小屋にあるものに虫眼鏡があった。それを使って、ランプのホヤ

の油受けにのこっている灯油を、黒い布でふき取り、火が付きやす

い状態にして、太陽の光を利用して火を起こす道を選ぶしかない。

これなら一人でも出来る。ガスも灯油も電池もライターも何もない。こ

うなったら、きっと虫眼鏡もないと思わなければならないだろう。そこ

で最後に探すのは、ニックキ塵だろうか。捨てられた酒瓶の底は、

虫眼鏡の代用になりそうである。まだまだ山には、探せば山とある。

極限の人は、何に助けられるか分からない。何が何でも生きるのだ

と言う極限には、予想外の世界が展開する。37日間水が不足する

山から下りて、バッテリーが上がってない事にほっとして、近場でガ

Img_0456

ソリンを入れた。店員がワイパーを上げて、窓を拭くとき、窓に溜ま

った落ち葉を笑いもせずに、ムンズと3回かき集めて捨てた・・・・。

それを車の中から見ていて、何とか言おうかと、言葉を捜しただけ

で終わった。途中、ローソンによってこれ幸いと、トイレに寄った。

Img_0467

綺麗なトイレは、手をかざすと水の出る最新式。トイレの中で、ぐる

ぐると周りを見回した。紙を捨てないでくださいという張り紙が、どこ

かに貼っていまいか?!?!?ありえないことと分かっているはず

Img_2267

なのに、山と里との接点が切れているのだ。海外旅行後の時差的

感覚にいきなり普通の暮らしが、取り戻せないのだ。駐車場でとめ

て、食事をしてはいけないらしいが、早速違反をした。制服を着た

自衛隊がお回りに見えて仕方ない。哀れなほど、善良な市民だな。

食品は色々おいしいくて。特に、スプーンですくって食べるケー

キと言うのは最高だった。それにすしを買って食べたのだが、とても

不思議な事があった。

でもこれは折角感謝した、ローソンの名誉を傷つける事になるかも

しれないなと思うのでやめる。

Img_0468

とてもおいしい寿司で、このぐらいおいしいと、この値段では何処で

も買えないと思う。トイレにも手を合わせるほど感謝した・・・・・・・・。

山中湖周辺にはローソンが1杯有るが、津久井周辺にはひとつもな

い。あのおいしいケーキをまた食べてみたいと思う、それをなぜか写

真に撮らなかった。お寿司とおでんは撮ったのに、残念。

その他のカテゴリー

5.6分間の遭難 いよいよ咲いた お盆の頃 この色 これも咲き分け さつき そのまんま東 どっちが どっちが本当 どっちが本当? どっちが正確か? ひと夏の成果 ふんわり咲き分け まぐれ やっぱりメタボ イカリソウ ギャンブル クレッション グルメ・クッキング シロヤシオツツジ ストーブ列車 スポットライト チンドンヤ ドライフラワー パソコン・インターネット パッチワーク フィナーレ ペット ボランティア ライトアップ リサイクル リサイクル万歳! リサイクル時代 三つ葉躑躅 三ヶ木文化村? 丹沢北麓お天気情報 丹沢山塊および近郊産 丹沢山塊桧洞丸 丹沢産 予想外 五葉躑躅 人の語りは1部 人命救助 今年の咲き具合 今年は不作 伊豆の三つ葉 余禄 余計なお世話 先生 全体図 六月の太陽 分かった方はコメントを 初花の楽しみ 加入道入山口 北丹沢山麓探訪 原因不明 去年と今年 参考写真 咲き分け 咲くまでの経過 回顧主義 因果応報 城山かたくり 執念 培養品 増やしましょう 多忙な休暇 天晴れ 奇花の中の奇花 学名 学問・資格 安房千鳥系 宝くじ 実生の経過 実生の自生地 宮崎は東だらけ 宮沢賢治もどき 害虫 小さい塔婆 小屋番便り 山の花・変種 山小屋業務 山歩き 山野草の庭 山野草の庭は目の薬 山野草の花き温室から 山野草・園芸 岩沙参 広告作用 庭植え大正解 当園符丁 当園符丁其の1 必然 忘れた頃に 感謝 携帯・デジカメ 整理整頓 文明の利器にギブアップ 新入生 新花の色 旅行・地域 昔の写真 時は巡り 本咲き? 本心 桧洞丸 桧洞丸青ケ岳山荘から 植生保護活動 此れが犬越路の関所か 此処にも川津桜 残りの9部 水と火 洞メモ 潜在能力 片隅農業 犬越路 珍百景 現在過去未来 環境問題 異常気象 登場 的様 神の川から犬越路 秋の虫 秋球の成果 箱根米躑躅」 簡素 紀伊上臈ホトトギス 経緯と観察 経験と雑学 絶滅危惧種か 緑のSOSサイン 羽蝶蘭は丈夫 肥料が大切 育ってました 色々な花 花き温室 花き温室のうちょうらん 花のあれこれ 花の意思 花の感情 花の撮影天気次第 花の記憶 花もダイエット 花鳥風月 芽吹き 草木の心 葉芸品多数か 要因 見飽き無い 観察 記念切手 謹賀新年二十一年 貰った花 趣味 躑躅の里で 遅咲き羽蝶蘭 野草のもみじ 長寿番付け」 降りしきる緑 雪割草の芽吹き 青ケ岳山荘ホームページから 青ケ岳山荘ボランティア部 青ケ岳山荘ボランティア部写真展 青ケ岳山荘事務所 青ケ岳山荘事所 青ヶ岳山荘 駒草の庭造り

最近のトラックバック

カテゴリー

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ