青ヶ岳山荘

2016年4月 9日 (土)

お褒めのサイト

ボランティア部員の平野さんが、
「青ヶ岳山荘は褒められていますよ!評判好いですよ」と再三言ってくれる。

「うそー!うちをほめる人なんかいないよ、知り合いのネットを見たって褒めていないもん」という会話を再三していた。

で、数日前、何の気なしに青ケ岳山荘で検索して見てみると、昔の?小屋のボロ状態、違う電話番号、化石化した料金表と、相変わらずのサイトに出遭う。が、今まで見たことがなかったこんなサイトに出合った。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

:歩きはじめたら:というものでURLは

http://nikoman.exblog.jp/21070774/ でした。開口2番??こんな文字が!!

小屋の朝食
トン汁が最高に美味しかった。
小屋番さんは「うちはお代わりはないからね」って言う。
「お代わりが欲しかったらご飯を炊く前に行って欲しいから」
残った残飯の処理を考えての方針のようです。
自然を愛し、環境を大事にする小屋番さんの人柄がうかがえます。

小屋の寝床は2階にあるのですが、布団の清潔なことに感動しました。
山小屋の布団と言えばあまり綺麗とは言えない煎餅布団が多いのですが、こんなに綺麗な
山小屋の布団は始めて見ました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

仰天!!お褒めの言葉!確かに対面で皆さんがよく言ってくれることに、
「よく眠れました。山小屋でこんなに眠れたのは初めてです!」が圧倒的に多い。ほっとする。

もしかして、平野さんの言うことは本当かなと検索をしてみると、ありました、ありました・・・happy01

今年、2015年かれこれ6年になるが、人様のご厚意に甘えてほぼ小屋を放置していたが、皆さんが辞め、仕方なく

「自分の小屋だか仕方ない。小屋を建てたオヤカタさまが元気なうちは頑張ってやるか!」
と始めたものの、いの一番かび臭い布団に辟易。取る物取敢えず布団干し!
掃除洗濯、土方に大工とエスカレートしていった。

Img_0814

2010年いの一番が洗濯。夏の日は洗濯日和!

Img_0735

来る日も来る日も掃除洗濯布団干し!!

Img_0739

別の意味でぼろ雑巾を纏ったような小屋。まだ、ソーラーはそのまま。

Img_7154

悪戦苦闘の連続で、かくしてフカフカ布団、夏は毛布入れて敷き3枚、掛け2枚の出来上がり。新しい寝具も30枚あげました。

Img_0712

カビカビカビ、何もかもカビ。コツコツ毎日掃除。今までありがとう。

Dsc08389

上から流れてくる土砂が、小屋の壁を埋める。それを土嚢袋に詰めて崩れたところに、充てる。手当たり次第、目の前に必要とされていることから始まった。

Dsc07651

暇なときには、相模原公園で、山の緑化活動の為に、写真展。

Img_0680

来る日も来る日も、お掃除。素晴らしい写真なのにカビが生えて化け物状態。白カビ、黒カビ、紫カビ、グレーーカビ、時折ピンクカビ。きれいな色ほど不気味。

飾ってくれるときは、イソイソ、持ってきてくれる。ご無沙汰の後に、ごみ状態になっていると、顔をそむけて、こそっと帰る。
Dsc08508

始末とはよく言った言葉。始まりと終わり。それでひとつ。半欠けは不良品。

下げるごみガラスは、山のようで・・・・重かったーーー!!

Img_7224

自炊場の整備。こぼした食材の跡がカビだらけ。

Img_7235

トーチで焼いて、ワイヤーブラシで磨き・・・・。消毒兼整備、下地塗。乾拭き。

Dsc02557


「小屋主と言えども、人がやったソーラーに手を付けないでもらいたい。私が登って行ってやる!!」と、小屋番手伝いに叱責され、待つこと2年。破けた土嚢袋に草が生えたまま、小屋の正面が乞食状態。

いつまでたっても、来そうにない。一生待っているわけにもいかず、登山者も待っているわけでない。仕方なく、ソーラーを陽の当たるほうに、移動。やってみたら簡単。杭も15センチ?しか刺さっていなかった。押したらぐらっと揺れた。大変だー大変だーと言われたが、一事が万事、簡単で、何よりも面白かった!!!

Dsc07389

外したソーラーパネルの杭が、手動洗濯脱水機に早変わり。

Dsc08165

清掃、土方の本番。ちょうどこの時に、Hさんが来て半分杭打ち。残りは吾輩。一人。

Dsc08184

コツコツ毎日毎日、

Dsc00139

雪降る前に完成したのに・・写真が見つからない!??

Dsc08592

2児のパパ、この人にも・・・・

Dsc08365

この人にも・・・・世話になったな~!

小屋番の掃除病は、エスカレートし、大雨の時には、雨水で毛布の洗濯。

Img_7120

小屋のトタン屋根は布団干しの最新兵器。

Img_3524

雪が降っても、太陽が照れば、枕干し。布団干し、清掃洗濯病は末期症状。手伝わされる常連さんに嫌がられるほどなってしまった。

「この前も、干したじゃあないですか、もういいですよ!」
クワバラクワバラ・・・。
それでも、一晩経てば、
「イヤー・・・ぐっすり、よく寝れた!」で、一件落着。

Dsc07786s

雨が降れば、大工。炬燵が、湿気とガスと歳月でボロボロ!修理。

Img_7241

テーブル磨き、保護材の塗装。

Dsc07779s

裏の、資材置き場。台風直撃、毎年、毎年、同じ繰り返し。なんとかせねば。

Dsc07938

ひと夏経てば、台風でペンキがはがれボロボロ・・・・!しかるに、ペンキ塗り。

Img_1365

中に貼ってあったボッカさん募集を外に出した。効果は上がらず。

Img_2840

ごみ拾いもエスカレート。最後は、ビニール、空き缶、酒瓶と分別、小分けにして練炭の小袋に入れ、ボランティアさんを待つ。

Img_3680

晴れた日は、雨もりの補修。

Img_6741

雨の日は小屋の中の羽目板張り。

次々と、突撃!


Img_5759


最後は、休憩室と個室の修理と整備。角材で筋交いを入れる。これは、残念ながら宿泊の工事者に1日、手伝ってもらった。完成まであとは一人で2週間かかった。

と、一言でいえば簡単。この部分を解体するのに3日、縁の下はマイナスの絶景。末期症状かと思い、このまま蓋をしようかと悩んだ。然し、乗りかかった船と、大手術。ごみとカビを掻き出し、柱を入れ替え、炭を5表投入!一気に悪臭が消えた。見えないところでは、これが一番うれしかった。本当にうれしかった。ほかにも炭を投入した。炭の威力はすごい。

夏に始まった解体も、一事下山して、また登り、コツコツ継続、やがて秋になり、11月の連休前、追込みには、時計を見ながら、12時までやって、それからカレーの仕込みだ!と計算して、計画通りに終わり、この日、個室宿泊第一号は、小屋前の杭打ち協力者のHさんでした。2013年11月2日でした。連休前に完成でした。あまりにも思った通りに物事が進むので・・・・これが宿命。うまくいくのは宿命。???と思えど、ふと不気味。

次の年、大雪が降り、小屋が埋まったのですがこの角材の筋交いのおかげで、盤石の自信がありました。当然、平気でしたが、庇部分が沈みました。

であるからによって、次は、庇、、西の部分の整備です。次々と、際限もなく小屋は続くのでアール!

2015年は柱立替に挑戦。これは別窓で開く。過激な8月柱立てにhttp://kakionsitu.cocolog-nifty.com/blog/2015/09/8-6222.html表示しています。

Dsc00695s

実は小屋番になり、ボランティア部を立ち上げ、この写真が一番最初だったのです、神奈川県の公園課に請願して経路を整備してもらいました。

Img_2201_1s

これが、自分が一番初め小屋番で山には行った時の、状態でした。
工事している、山崎土木さんです。

波乱万丈の山小屋50年。まだまだ続きそう・・・。

小屋入りしてから早いもので7年たった。

ようやく登山者に是非ご利用くださいと知らぬうちに言っている、経営者になっていた。

今までは、言えなかった。

編集も続く。

2015年9月30日 (水)

青ケ岳山荘のソーラー発電部長

 一般的にソーラー発電と言えば、直流から更流に変換して、ようやく我々一般の者が、コンセントから取れる電気を使うという段取りだが、これを、直流で使えるようにすると経済的と、画期的な、工事をしてくれたのが、ヤマケイワールド・トップのルートで突如現れたプロ。
本職の電気屋さんでなければできない仕業。

一言で電気というが、これがなくて山で一番困るのが携帯の充電。照明も困ることは困るが、古代からの、兵器、石油ランプがある。これは原始的で強力な底力を持っている。。発電機というものもあるが、あの匂いと音で、ギブアップ。
黒パネルを買ったり、運搬に安心な専用の固形バッテリーも買って、金をかけて勉強をしたというところだが、山では問題が出ていた。

P2014_1004_202916_2
2014年10月4日、一日中暗くなるまで作業をして食事が8時29分。その時の言葉が
「涙が出るほどおいしかった・・・!」それを聞いてこちらの方がジーンとしてしまった。どんなにお腹がすいていたかと思う。

その後、2回目は、初冬。泊り込の作業をして帰った。
「また来ます」といって。

この小屋には、必要な人がきっとやってくる。

諸天善神万物のお蔭と言うが、捨てる神あれば拾う神だ。去りゆく神に、きたる神だろうか!一念岩をも通すというから、テレパシーが通じるのだな。一心に光ともる。

アットマーク!@

上記の記事は、9月30日青ケ岳山荘の小屋ないご紹介の項目で、照明の説明の段でリンクを貼って、記載したものだが、それから約、1週間余り、日本人が2人今年度のノーベル物理学賞を受賞した。

私には、病気を治す、土壌の中の成分も、素粒子もわからない。宇宙に関する、カミオカンデとか、ニュートリノとか、文字の響きがかっこいいなーとは思う。質量があるといわれたって、どうやって量るのと思うばかりだ。

然し、自分の生活に密着して、忘れられないのが同じノーベル賞受賞の中村氏の青色発光ダイオードの発明だろう。
車で、道を走っていても、夕日に光る信号は、今が何色なのか、青なのか赤なのか黄色なのか、判別がつかず、周りを見て突入したり、車を止めて、信号の確認をする人を見たことがある。危険極まりない状態だった。一番難しいというこの青色を発明するというか、発見するというかは、全人類の道行く人を助けたのである。目さえ見えれば、どんなバカにもわかる、光。松明をかざして歩いた原始の時代から、必要不可欠の光。世の中は、だんだん進化して、いろいろ助かっている。山小屋の灯りもその恩恵に浴している。誰の記憶も曖昧でもこの人の偉業は生涯消えないだろう。日本人ってすごいと思う。えらいと思うし、頭脳が凄いと思う。然し中村氏は今は、認めてくれない日本に見切りをつけて、海外に出てしまった。激しい怒りを持って、訴訟まで起こしたことは、記憶に新しい。
この狭い国土で、何を掲げて世界に打って出るのか、自分の国の才能だろう。もしかしたら人間資源とでも言うのだろうか、その宝を認め、伸ばしてゆかずに、何がある ???自国の民を誇りに思う、それがない。身近を見ても、出るものの頭を打つことばかり考えているような節が多くみられる。ほかの国はどうだろう??

素晴らしい日本人頑張れ!!

2015年1月16日 (金)

速報、16日の積雪の状態

昨夜は10センチ弱のシャーベットだった。この霙状態が、雪に変わって一晩降ったらどうなるかと、不安になった。開けて16日、雨だった。それも小雨。シャーベットは縮まり、凍結している。山は、アイゼンが絶対必要だ。14日は、林道も普通。つつじ新道はアイゼンがいらなかった。そのぐらい溶けていた。

予約もないから、誰もいかないだろうが、日帰りで登るものがいるかもしれない。積雪量を検索してみたが、昨日今日の情報はない。ケンさんが登るには少しあとだが、その情報は、またお知らせするとして、里山のひと山向こうは真っ白。

国道の通行は今、ひばり放送で警戒注意の放送があった。雨の中夜通しエンカリ撒くこともできないわね。気を付けましょう。

2015年1月 8日 (木)

誕生祝

今日は例年通り、Uさんの誕生祝。kさんが写真を送ってくださいました。記念になりますねーーー!

5_detail2
持参の赤ワインでカンパーーーイ!

お正月で、ごちそうが少々・・・・!ある。

15_large1
夜は更けてゆく・・・・。


寒いけど、きれーーーーい!


かくして夜は深けて朝が来る。


赤いですねーーちょっと崩れるかな?

皆さん元気でねーー!また来年!capricornus羊が笑ってるゎメーーーヘヘへ・・・!

終わり。

2014年6月20日 (金)

桧洞丸の今日の天気。。20日

とりあえず日の出。
6時半、晴れ。

Img00438

セミが鳴いています。ウグイスも鳴いています。ホトトギスも、ミソサザイも、知らないものも、色々鳴いている。
Img00439_7

電波を求めてに二階に行ったら、チビコが、、、死んでいる。
ショック!窓に激突したのか?ヒガラは、シジュウカラより少しおバカ。
踏まれないところに埋めてやろ。

2014年6月13日 (金)

桧洞丸の今日の天気。。13日

晴れ。
富士山。1年で一番美しくい。
Img00378_2


何故ならば、この山肌を浮き彫りにする、残雪があるからです!

2013年9月12日 (木)

桧洞沢

小屋に入るから、もう、しばらくパソコンと対面出来ない。

P9010261s

寒くなって、震えながらきれいな水を見ても、いまいち。

P9010319s 

見るだけでも、残暑厳しい夏に限る。

Dscf0543s

でも、11月の、連休に登る人がいる。

P9010301s

そのパーティは、心の友人たちだから、何とか情報を手に入れて
知らせたいと思っていた。

そんな今年、運よく、Yさんが登ってきて、撮った写真を見せてくれた。

Dscf9422s

有難い!でも小屋番が始まるからから、せっかくの写真も表示
出来ない。そこでありがたいココログ!一気に表示して山に行こう。

Sさんが台風直後に歩いて、えらい目にあった沢も、写真で見る
限り、落ち着いている。
詰めが、危ないかと経角沢方面に逃げない方がいいらしい。
倒木がすごくて大変と木の葉さんも言っていた。金山谷の崩落は
脅威だが、今は整備されて、桧洞丸から蛭ヶ岳方面の、険しい
道も去年の秋までの話になった。

写真を、見せてもらって昔がしのばれる、真冬に一回、夏に二回
昔登ったが、結構暴れた形跡は見える。でも、本当にきれいなと
ころだ。日本の庭園の根源だとIさんが言っていた。沢登りではなく
ちょっと、険しい河原歩きだ。

重ねて、Yさんに感謝。金山谷の詰めは、ヤマレコの:暑い丹沢の
夏は沢歩;きを検索してみてください。写真がはっきり出ています。

2012年9月28日 (金)

花の名

昔は、バイケイソウと言ったが、ごく最近、オオバイケイソウと言う
人がパラパラ現れた。花の名も、時代と共に遍歴するのかな??
昔、ガイドブックに間違えて、花の名を記入して、それ以来、花の
写真は載せても好いが、名前は書くなという時があった。名前ひ
とつでも大変なのだ。

Img_1280s

山でトリカブトを見ると種の付き方は正にホソバノトリカブト。花
そのものはちょっと花弁のふちが開いて、ヤマトリカブト。然し、
こんなつぼみの色ではない。図鑑のような大きさになると明らかに
紫色を帯びてくる。本当に小さいときは、葉の付け根で緑色でいる。
よくよく花を見て、図鑑をひも解いて訳が分からない分野にのめり
込んでギブアップ状態になる。
Img_2211s

檜洞丸で見るトリカブトの花は、上から咲いて、上から種をつ
け、今9月下旬は、上の方に指2本広げたような種をつけて
いる。葉は、広い。
今年は、トリカブトが咲いた。今までも壊滅状態ではなかったが、
めっきり減って、このまま無くなるのではないかという不安さえあった。
トリカブトは鹿が花を食べるという。私は見たことがないが、何十年
かの山暮らしの小屋主が見て語る。だから、鹿柵の中に咲いている
のかと思っていたが・・・雨か?としか言いようがないところにたどり
着く。結局は、憶測でしかない。トリカブトがどっと登山道わきの草地
に見ることができた。
今年は雨が多かった。5月の連休から6月のツツジの時期まで比較的
晴れたのは珍しく、終わったつつじの花の後から、つぼみのツツジが
雨にも打たれずに開いていたり・・・近年にない、ミツバツツジの花の
謳歌があった。しかしその後の雨で、
Dsc09664s

地下茎で増える菊としては、この雨が、花盛りを呈する引き金に
なったかもしれないと、訳が分からない中に考える。また、菊を鹿
は、絶対に食べないということも言えるかしれない。あの痛いアザミ
でも、何か知らぬ動物が食べている。然し菊は食べない。

今年は7・8・9月とよく降った。天候は植物に影響を与えるのは
当然。バイケイソウだけは5月の雹に3回やられてズタボロだった
けど、それでもところどころ咲いた。マルバダケブキも近年として
は好い方だった。
寒かったから遅くに次々開いて、結構見事な花畑が出現した。Img_2244s

その中で、何にも勝る驚愕のヤマシロキクだった。時期を外せば
なん十回登っても見ることはできないが、降り積もった雪の中を
行くような、隙間のない菊の花の密生が約1か月続いた。8月下
旬には咲き始めて、9月中ごろ最盛期で、下旬まで続いた。標高
の高いところから咲き始めて、当然高いところから終わる。終わ
るころは、花弁がそってくる。つまり下方に垂れてくる。頂花にそ
れが始まると終わりになってきたなと思う。この大群落は、再び
出現するかどうかわからない。同じ条件がそろえば、又、お目にか
かれるだろう。それがいつか・・・。わからない。

動画は沢山撮ったが、富士山が入っているのでひと手間かけてご覧くだ
さい。ユーチューブにして貼り付けました。

<iframe width="560" height="315" src="http://www.youtube.com/embed/7CCMy2OkGEQ" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

余りの見事さに数人の親しいつもりの人に、メールした。たった
二人来た。信用がないのである。それとも山に向かう方向が違う
のかも知れない。みな忙しいし・・・。

これがヤマシロキクか??つつじ新道を上りつつずっと、花茎の
短い花の葉と花を写真に撮りながら登ってきた。花弁がまばらな
物、元葉の形状、寸法など。大体いつもこんなことをしているから
1時間から2時間余計にかかる。最近の新記録は、青根から全て
の橋と、沢を写真を撮りつつ山に登ったら、12時間かかった。そ
の時は、なんとも思わないが、しばし時間がたって振り返ると、訳
わからないな????と、思う時がある。

Img_2479s
タテヤマか・サワシロか・ヤマシロキクのチビか・・・色々写真に
撮って・・・苦労した割にはピンボケ。

和名ヤマシロキク シオン属。別名シロヨメ。、牧野図鑑をひも解いて
みてください。

その他のカテゴリー

5.6分間の遭難 | いよいよ咲いた | お盆の頃 | この色 | これも咲き分け | さつき | そのまんま東 | どっちが | どっちが本当 | どっちが本当? | ひと夏の成果 | まぐれ | イカリソウ | クレッション | グルメ・クッキング | シロヤシオツツジ | ストーブ列車 | スポットライト | チンドンヤ | ドライフラワー | パソコン・インターネット | パッチワーク | フィナーレ | ペット | ボランティア | ライトアップ | リサイクル | リサイクル万歳! | リサイクル時代 | 三つ葉躑躅 | 三ヶ木文化村? | 丹沢北麓お天気情報 | 丹沢山塊および近郊産 | 丹沢山塊桧洞丸 | 丹沢産 | 予想外 | 五葉躑躅 | 人の語りは1部 | 人命救助 | 今年の咲き具合 | 今年は不作 | 伊豆の三つ葉 | 余禄 | 余計なお世話 | 先生 | 全体図 | 六月の太陽 | 分かった方はコメントを | 初花の楽しみ | 加入道入山口 | 北丹沢山麓探訪 | 原因不明 | 去年と今年 | 参考写真 | 咲き分け | 咲くまでの経過 | 因果応報 | 城山かたくり | 執念 | 多忙な休暇 | 天晴れ | 奇花の中の奇花 | 学名 | 学問・資格 | 実生の経過 | 宮崎は東だらけ | 宮沢賢治もどき | 害虫 | 小さい塔婆 | 小屋番便り | 山の花・変種 | 山小屋業務 | 山歩き | 山野草の庭 | 山野草の庭は目の薬 | 山野草の花き温室から | 山野草・園芸 | 岩沙参 | 広告作用 | 庭植え大正解 | 当園符丁 | 当園符丁其の1 | 必然 | 忘れた頃に | 感謝 | 携帯・デジカメ | 整理整頓 | 文明の利器にギブアップ | 新入生 | 新花の色 | 旅行・地域 | 昔の写真 | 時は巡り | 本咲き? | 本心 | 桧洞丸 | 桧洞丸青ケ岳山荘から | 植生保護活動 | 此れが犬越路の関所か | 此処にも川津桜 | 残りの9部 | 水と火 | 洞メモ | 潜在能力 | 片隅農業 | 犬越路 | 珍百景 | 現在過去未来 | 環境問題 | 異常気象 | 的様 | 神の川から犬越路 | 秋の虫 | 秋球の成果 | 箱根米躑躅」 | 簡素 | 紀伊上臈ホトトギス | 経緯と観察 | 経験と雑学 | 絶滅危惧種か | 緑のSOSサイン | 肥料が大切 | 育ってました | 色々な花 | 花き温室 | 花き温室のうちょうらん | 花のあれこれ | 花の意思 | 花の感情 | 花の撮影天気次第 | 花の記憶 | 花もダイエット | 花鳥風月 | 芽吹き | 草木の心 | 葉芸品多数か | 要因 | 見飽き無い | 観察 | 記念切手 | 謹賀新年二十一年 | 貰った花 | 趣味 | 躑躅の里で | 野草のもみじ | 長寿番付け」 | 降りしきる緑 | 雪割草の芽吹き | 青ケ岳山荘ホームページから | 青ケ岳山荘ボランティア部 | 青ケ岳山荘ボランティア部写真展 | 青ケ岳山荘事務所 | 青ケ岳山荘事所 | 青ヶ岳山荘 | 駒草の庭造り |

最近のトラックバック

カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ